前作:響「自完マン」


雪歩「春の~うらら~の~♪ 隅田川~~♪」

雪歩「ふーふふん……あれ? ふーふ…………あれぇ!?」

雪歩「えっと、次の歌詞って何だっけ……あの、何か舟が関係していたような気がしたんだけど……うぅ……」


響「はぁ!!!!」シュバッサッ


雪歩「あ、響ちゃん」

自完「違う! 自分は! 自分、完璧、だからな!! でお馴染みの自完マンだ!!」

雪歩「次官マン?」

自完「違う!! 立場も機能も勢いも!! 全てにおいて自分が一番!! 自分完璧だからな!! 自完マンだ!!」

雪歩「えっと……あの、うん、そう、なんだ、うん」

自完「何か、お困りかな?」

雪歩「あ、あのね? 春~の~うらら~ら~の~♪」

自完「綾瀬川~~♪ イエスッ!」

雪歩「あ、別に困ってないや、響ちゃんは、なんていうか、もう、いいかな」

自完「話してごらん?」

雪歩「いや、正直、お役に立ててもらえなさそうだから、もういいかなって」

自完「話してごらん?」

雪歩「えっと…………春の麗の隅田川、この次の歌詞が出てこないの」

自完「自・完・マンにお任せだ」シュバ・シャキ・シュピーン!!!!

雪歩「知っているの?」

自完「今、スマホで調べる」

雪歩「えーーーーそれは何かガッカリだなぁ!! 凄くガッカリだよ響ちゃん!!」

自完「えっと、じゃあ、メロディーはどんな感じ?」

雪歩「ふーふふん♪ ふふふふふふん♪ ふーふふーふーふーー♪」

自完「こうもり~♪ うさ~ぎ~の~~♪ や~いた~や~~つ~~♪」

雪歩「春、全っ然っ関係ないよぉ!!」

自完「え? 春って題名なの?」

雪歩「冒頭で春のって言ってるでしょ?」

自完「…………」

雪歩「もういいよ……自分で調べる」

自完「もっかい!! もっかいチャンス頂戴!!」

雪歩「最後だよ?」

自完「……ね~こ~とか~~♪ いぬと~~か~が~♪ さ~~かり~~ま~~す~~♪」

雪歩「もういいっっ!!」

自完「違う! 今のはちょっとした経験談だから」

伊織「上り~下りの~ふ~なび~と~が~♪ でしょ」

雪歩「……」

自完「……」

伊織「……え?」

自完「この通り!! 自・完・マンに!! お任せだ!!」シュバッシャキッシュピーーン!!!!

雪歩「あ、えっと、あの、うん、ありがとう」

自完「困った時はまた呼びたまえ!! さらばだ!!!! ヒュバッシュワッハッ!!!! 痛っっっっ!!」ガンッッ!!!!

雪歩「派手なアクションだけど、パーティションに肩ぶつけて痛そうだった響ちゃーーん!! カムバーーーーーーッック!!!!」

伊織「何かごめんね~~響~~~~」

-