真「おはようご「はにぃぃ!!」」

真「うわっ!」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

雪歩「えっと…おはよう、真ちゃん」

真「…前が見えない」

あふぅ「はにぃ」

雪歩「…と、とりあえず、ソファまで行く?」

真「…連れていってくれる?」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」



真「さて、この発情期あふぅ、どうしようか」

雪歩「そうだね」

あふぅ「はにぃ」

真「このままでは困るけど、無理矢理引き剥がしたら大泣きするし」

雪歩「うーん」

あふぅ「はぁにぃ」

真「代わりに出来そうなのは、社長とプロデューサー、あとはまこちー」

雪歩「何とかしてくれそうなのは、ちっちゃんと…ぬいぐるみで響ちゃん」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

真「…嫌な予感がする」

雪歩「うん、社長はわからないけど、皆ロケとかで午後まで戻らないみたい…」

あふぅ「はにぃぃ」

真「どうしようか」

雪歩「…えっと、と、とりあえず、お茶いれてくるね」

真「ありがとう………ちょっと、このままじゃボク飲めな「はぁにぃ」」

真「…多分、聞こえてないよね」

あふぅ「はにぃ」



真「仕方ない、自力で説得してみよう」

あふぅ「はにぃぃ」

真(ちょっと引き剥がす、この一瞬が勝負!)

あふぅ「はにぃ!はにぃ!」ウルウル

真「きゃるるるるーん!プリティーキュートな女の子、菊地真ちゃんなりよ!まっこまっこりーん!」

あふぅ「…」

真「…」

あふぅ「はぁにぃぃぃ!!」

真「うわっ!…ふりだしに戻る」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

真「うーん、一か八か奥の手使ってみようか…あんまり気は進まないけど…」

あふぅ「はにぃ」



雪歩「おま」

真『ねぇ、あふぅ』

あふぅ「はにぃ!」イケボ!!

雪歩「たせぇぇぇ」イケメンボイス!!

真『オレの話を聞いてくれるかい』

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

真『このままでは、お前の目を見て話せないんだ。少し離れてくれないか』

あふぅ「はにぃぃ!」

真『よし、いい子だ。ご褒美にたくさんなでてあげよう』

あふぅ「はにぃ」

真『あふぅ、このまま聞いてくれ』ナデナデ

あふぅ「はぁにぃ」

真『オレはこれから1人で行かなきゃいけない所があるんだ』

あふぅ「はにぃ!」

真『大丈夫。用事を済ませたらすぐお前の元に戻ってくるよ』

あふぅ「はにぃ」

真『だから、それまでいい子にしてくれないか? オレとお前だけの約束だ』

あふぅ「はにぃ…」

真『まだ不満なのか、欲張りだな。仕方ない、今はこれで勘弁してくれ』

あふぅ「はにぃ?」

真『(耳元で)愛してるぜ』

あふぅ「はにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」

真『…』

あふぅ「…」パタリ

真『…』

あふぅ「zzz」

真「…勝った」



真「はぁ、名付けて北風と太陽作戦。うまく行ったけど正直複雑だな」

真「ますますボクが女の子って理解してもらえなくなりそうだし、毎回やるのもなぁ…」

あふぅ「…」zzz

真「ふふっ。こうやって寝てる分には可愛いんだけどな」

真「あ、そういえば雪うわっ」

雪歩「…」

真「えっと、雪歩だよね? 急に目隠しされたら困るんだけど」

雪歩「は、は、は」

真「ん?」

雪歩「はにぃ…」

真「…」

雪歩「…」

真「え?」

雪歩「はぅぅ。はにぃ…」

小鳥(は、鼻血が)

あふぅ「zzz」おわり



真、誕生日おめでとう!