真「伊織、ちょっと良い?」

伊織「何? なんか用?」

真「用って言うかさ、伊織に聞きたい事があるんだ」

伊織「ん? 別に良いわよ?」

真「伊織ってさ」

伊織「うん」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「ん?」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「……はぁ?」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「今の「はぁ?」は聴こえないふりしてあげるからココで話を切り上げなさいと言うサインだったんだけど」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「何なのよさっきから 突然何?」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「ちょっと、真、落ち着いて、どうしたの?」

真「どんなパンツ穿いてんの?」

伊織「バグッてんのか!! アンタには教えないわよ!!」

真「え?」

伊織「え? じゃないわよ、何でアンタに教えなきゃいけないのよ!!」

真「え? いや、伊織の穿いているパンツがどんなのか知りたいから」

伊織「どんな知的好奇心だ!! 願わくばもっと別の分野でその好奇心を活躍させろ!!」


--------------------------------------------------


真「雪歩~~」

雪歩「え? なぁに? 真ちゃん」

真「伊織にどんなパンツ穿いてるの? って聞いてくれないかな?」

伊織「はぁっ!!??」

雪歩「えっと、伊織ちゃん、どんなパンツ穿いてるの?」

伊織「アンタも素直に聞いてんじゃないわよ!! 教えないわよ!!」

真「え!?」

雪歩「え!?」

伊織「え!? じゃないわよ!! さっきより強めに驚いてんじゃないわよ!!」

真「さっき、伊織、ボクには教えないって言ったから雪歩に頼んだのに」

伊織「ソレは真限定で教えないって意味じゃないわよ、誰にも教えません!!」

雪歩「伊織ちゃん、ソレは私でも?」

伊織「何でアンタはアンタで「私なら教えてくれると思ったのに」みたいな雰囲気出してんのよ!!」

真「え~~?」

雪歩「は~~?」


--------------------------------------------------


真「え? 何で?」

伊織「何で?」

真「何で隠すの?」

雪歩「何で?」

伊織「次から次へとうざったいわねぇ~、じゃあ逆に!! 何で教えなきゃいけないわけ?」

真「質問に質問を返すとか愚か者のする事だよ伊織」

雪歩「マナー違反だよ」

伊織「人の穿いてるパンツの事聞くヤツラがマナー云々言ってんじゃないわよ!! ムカツクわね!!!!」

真「だからさ? 伊織」

雪歩「伊織ちゃんが穿いているパンツの事教えてくれればそれで終わるのに……」

伊織「も~~あったまキタわ!! 絶対教えない!! あんた達には絶対教えない!!」

真「雪歩、これは」

雪歩「うん、手に負えないね」

伊織「全体的にコッチの台詞なのよ!! それは!!!!」


--------------------------------------------------


真「たかだか穿いているパンツの話なのに」

雪歩「何でそんなに必死に……」

伊織「9割はアンタ達の態度のせいかしらね」

真「凄いの穿いてるとか」

雪歩「ふんどしなの?」

伊織「知らない」プイッ

真「もう、紐と見まごうような」

雪歩「ふんどしなの?」

伊織「知らないわよ、もうこの話はお終い」

真「幽霊が頭につけてる奴なの? みたいな」

雪歩「ふんどしなの?」

伊織「…………」

真「…………」

雪歩「ふんどしなの?」

伊織「ふんどしふんどし煩いわね!! 違うわよ!! ふんどしでは断じて無いわよ!!」

真「おぉ」

雪歩「ふんどしじゃないの!?」

伊織「何で「まさか!?」みたいな感じで言ってんのよ!! どんだけ私が普段ふんどし穿いてる物と思ってたのよ!!」


--------------------------------------------------


真「雪歩、こんな風に調べていって残った選択肢が伊織のパンツだよ」

伊織「質問ゲームみたいな風に言っているけど、答えないわよ」

雪歩「…………」

伊織「ほら、雪歩もこの茶番に辟易としているのよ、難しい言葉を使わせて頂くけど辟易としているのよ!!」

真「雪歩……」

伊織「はい、じゃあ、この話はお終いね、全く、伊織ちゃんもヒマじゃないのよ」

雪歩「ねぇ、伊織ちゃん」

伊織「ん? 何かしら、雪歩」

雪歩「本当に、ふんどしじゃないの?」

伊織「さっきから小難しい顔してるなと思ったらまだ考えてたのか!!」

真「どうなのかな? 伊織、雪歩のためにも真意に答えてくれないかな!?」

雪歩「伊織ちゃんっ!!」

伊織「……わたくし、水瀬伊織の穿いているパンツは、ふんどしではございません」

雪歩「そんな……」

伊織「私的には雪歩がどうしてそんなにふんどしに執着してんのかが逆に気になってきた所よ」

真「じゃあ、形状と色と素材とメーカー!! これだけ教えて!!」

伊織「だけのレベル超越してんのよ!! もうそれは職人に頼めば100%の品が出来上がるレベルの情報よ!!」


--------------------------------------------------


真「え? じゃあ、アレか?」

雪歩「ソレだ」

伊織「アンタ達のツーカーは私方面には伝わらないから出来るだけ詳しく説明してくれるかしら」

真「伊織、ボク達のパンツの事知りたいんだ」

雪歩「ギブ&テイクだ」

伊織「残念ながら全く興味が無いわ、完全なトリビア(無駄知識)だわ、私にとって」

真「へぇへぇへぇへぇへぇへぇ」
雪歩「へぇへぇへぇへぇへぇへぇ」

伊織「っるせぇ!!!! 上手にハモリやがって!!!!」

真「じゃあ……雪歩から、かな///」

雪歩「えぇ/// ま、真ちゃんからだよぅ///」

伊織「知りたくねぇっつってんだろ!!!!」

真「伊織!! アイドルの、パンツだよ!?」

雪歩「万札が飛び交う世界の話だよ? 伊織ちゃん!!」

伊織「人によってはそうだろうけども……」


--------------------------------------------------


真「当ててみようか? 雪歩」

雪歩「えぇ///」

伊織「……」

真「今日は月曜日で、先週の着替えの時、水色でシルクのフルバックだったからぁ」

雪歩「も、もう/// 真ちゃんったら……」

伊織「……」

真「ローテーション的に、今日はぁ……」

雪歩「デケデケデケデケデケデケデケデケ///デケデン///!!」

伊織「……」

真「白の……紐だ!!」

雪歩「ぶっぶー!! 真ちゃんのボクサー(灰色)でした~~!!」

伊織「……」

真「たっは~~!! やられた!! こりゃやられた~~!!!!」

雪歩「も~~真ちゃんったら、おっちょこちょい☆」コツン




伊織「消えろ!!!!」




雪歩・真「えぇ!?」

伊織「消えろ!! 今すぐ私の目の前から消えうせなさい!!」

真「伊織、考えてもみてよ」

伊織「何よ!?」

真「今、雪歩のワンピースの下は、ボクのボクサーなんだよ?」

伊織「それが!?」

真「凄く、興奮しない?」

伊織「するかアホ!! アンタらのプレイに私を巻き込んでんじゃないわよ!!!!」


--------------------------------------------------


真「さ、雪歩のパンツも解った事だしさ」

雪歩「ね」

伊織「……」

真「伊織はどんなパンツ穿いてんの?」

伊織「教えないわよ」

雪歩「え……」ガタッ

伊織「崩れ落ちてんじゃないわよ!! アンタのパンツなんて知りたくも無かったのよ!!」

真「伊織、酷くない?」

雪歩「うぅ……うっう…………」サメザメ

伊織「酷いのはアンタらの頭の中身よ!!!!」

真「しょうがない……この手は使いたくなかったんだけど……」ジリッ

伊織「な、何よ!?」ジリッ

雪歩「強情な伊織ちゃんがいけないんだよ」ジリッ

伊織「何よ!? ち、力ずくってわけ!?」


--------------------------------------------------


真「……ふふふふふ」

雪歩「……げへへへへへ」

伊織「イヤ……イヤよ、近寄らないで!!」

真「……やよい~~」

雪歩「ちょっと、コッチに来てくれるかな~?」


やよい「あ、は~~い?」


伊織「なっ!!!!」

やよい「呼びましたか~~?」

真「あ、やよい、ちょっと耳かしてくれる?」

やよい「う? はい、こうですか?」

真「ごにょごにょごにょりん」

やよい「う? ……はい、はい……はい」

真「と言うわけなんだけど、お願いできるかな?」

雪歩「私からもお願い、やよいちゃん」

やよい「はい!! おやすい御用です!!」

伊織「ちょ、ちょっと!! アンタ達!! それは卑怯よ!!」


--------------------------------------------------


やよい「伊織ちゃん」

伊織「う……な、何よ」

やよい「今日は、どんなぱんつ穿いているんで~す~か~っ?」ニコ

伊織「く、くぅ……」クラッ

真「ほらほら、伊織ぃ~?」

雪歩「やよいちゃんが聞いてるよ? 伊織ちゃん~?」

やよい「伊織ちゃん」

伊織「ふぐ……」

やよい「今日のぱんつはどんなので~す~か~っ?」キラキラ

伊織「うぐぅ!! ……わ、私が今日……穿いているパンツは……」

真「パンツはぁ!?」

雪歩「パンツはぁ!?」

やよい「ぱんつは~!?」

伊織「こ、これよぉ///!!」ガバッ!!


--------------------------------------------------


真「こ、これは……」

雪歩「ま、まさかの……だね……」

伊織「そ、そうよ///!! 私がこんなクマちゃんパンツ穿いているなんておかしいでしょ///!!」

真「……いや、伊織、良いと思うよ」

雪歩「うん、クマちゃん、凄く可愛い」

伊織「真……雪歩……」

真「伊織、勇気を出して告白してくれてありがとう」

雪歩「ナイスパンツ、伊織ちゃん」

伊織「……ゆ、雪歩こそ、ナイスパンツだったわよ、にひひ!!」

真「YES、ナイスパンツ!!」

雪歩「ALL RIGHTナイスパンツ!!!!」

やよい「あれ? って言うか、伊織ちゃん、ソレって」

伊織「………………流石ね、やよい、気付いちゃったかしら」

やよい「私の、だよねぇ?」

伊織「そう……ね、その通りよ、やよい」


真・雪歩「え!?」


--------------------------------------------------


伊織「この間、レッスンの帰りに、つい、ね」

やよい「無くなったと思ったらこんな所に~」

真「立派な窃盗だよ、伊織……」

雪歩「そうだよ伊織ちゃん……」

伊織「だって……だって、しょうがないじゃない、目の前にやよいのパンツがある、そしたら、穿かない訳にはいかないじゃない」

やよい「伊織ちゃん……」

伊織「……幻滅したでしょ? やよい、私は貴女のパンツを穿いているような女なの」

やよい「伊織ちゃん……そんな事!! そんな事無いよ!!」ガバッ

伊織「それはっっ!!」

やよい「そう!! 伊織ちゃんのぱんつだよ!!」

真「なんと!?」

雪歩「まぁ!?」

伊織「てっきりお風呂場で無くしたと思っていたお気に入りのピンクのパンツ……」

やよい「どんなのかな~って、シルクのぱんつって、どんなのかな~って……」

伊織「やよい……」

やよい「でも!! 伊織ちゃんのぱんつだから手を出したんだよ!! 他のぱんつだったら絶対手を出さなかった!!」

伊織「やよいっっ」ダキッ

やよい「い、伊織ちゃ……」

伊織「解ってる、ありがとう、やよい」ギュウ

やよい「伊織ちゃん……うん、うん!!」ギュウ

真「……へへ、コレもまた、ナイスパンツ!!」

雪歩「そうだね!! ナイスパンツだよ、真ちゃん!!」


--------------------------------------------------


P「……この事務所のモラルはどうなっているんだ」


春香「え? 私も千早ちゃんのパンツ穿いてますけど?」

千早「春香のは必ずリボンのワンポイントが付いてるわよね」

貴音「響のは【GOYA】とプリントされた物が私のお気に入りです」

響「貴音のはちょっと過激なのが多すぎるぞ……」

亜美「亜美もたまに真美の穿いてる時あるよ」

真美「まぁ、私達は普通に間違ってるだけだけどね」


P「何て事だ……こんな文化が浸透しているなんて……」

律子「ちょ、ちょっと、全員が全員だと思わないで下さいよ?」

小鳥「そうですよ、ちょっと仲良すぎる子が多いだけですからね?」

P「よかった、二人は違うのか」

律子「当たり前ですよ、全く……でもまぁ、私も下着が何枚か無くなる事件は発生しています……」

小鳥「あ、それ、私もです……誰か他のアイドルの子が穿いているんでしょうか……」

P「あぁ、それなら俺です、律子のはちょっと小さくて窮屈なんですけど音無さんのはお尻大きいのか助かってます」


律子「」

小鳥「」


P「……二人とも、ナイスパンツ!!」


--