このあとは、「ミッドナイトBOX」、「双海亜美の"深夜にMY進"!!」をお送りいたします。
ブーブーエスラジオが、2時をお知らせします。



ピッピッピッポーン




亜美「おはおは~、亜美だよ。早速だけどゲストはこちらっ」

あずさ「皆様、こんばんは。三浦あずさと申します」

亜美「やったー!あずさおねーちゃん!来てくれてありがとう!」

あずさ「うふふ。こちらこそ。呼ばれて嬉しいわ」

亜美「もう、待ちわびたよ~。今日は本当に楽しみなんだよね。サッソクはじめよう!」

亜美「双海亜美の"深夜にMY進"!! 竜宮小町スペシャル!」



OP曲『YOU往MY進!』




亜美「改めてこんばんは~。竜宮小町のスタートスター、双海亜美だよ~」

あずさ「改めまして、こんばんは。竜宮小町のフルムーン、三浦あずさです」

伊織(亜美)『竜宮小町のサンシャイン、水瀬伊織です、太陽拳!』

あずさ「あらあらw」

亜美「打ち合わせ通りばっちり決まったよん。そういえばさ」プツッ



亜美「えっと何?しゃべりすぎ?ごみんごみん」

あずさ「ごめんなさいね~。時間、大丈夫かしら?」

亜美「多分ね、ここまでのくだり、ざっくりカットされるんじゃない? 収録って便利」

あずさ「ふふふ」

亜美「じゃ、コーナーいこう。ジツはコーナーも楽しみなんだよね」



亜美「『嘘つきだね、そうあずさおねーちゃんに言われたい』のコーナー!! はくしゅー!!」パチパチ

亜美「あずさおねーちゃんの『隣に…』を使った歌ネタだよ」

亜美「何と!今日は! あずさおねーちゃんがアカペラで披露してくれることになったよ!!」

あずさ「そうよ~。がんばるわ」

亜美「いよっ。リスナーの兄ちゃん姉ちゃん、シアワセ者っ」



亜美「んじゃ、一個目。ラジオネーム亜美ちゃんのCD2枚買ったよ!の兄ちゃん。おお、ありがとー」

あずさ「ふふ。良かったわね」

亜美「こういうのは嬉しいねぃ。…また脱線しそうだし、この辺で。あずさおねーちゃん、よろしく!」

あずさ「は~い」



あずさ『♪側にいると約束をしたあなーたはーーーー』

亜美『しゅk』

あずさ『♪嘘つきだねーー』



亜美「ちょいちょい、あずさおねーちゃん」

あずさ「どうしたの?」

亜美「打ち合わせ聞いてた? 『♪あなたは』のあと、ちょっと待っといてよ」

あずさ「あらあら~、そうだったわ。ごめんなさいね」

亜美「大丈夫大丈夫、これ便利な収録だから。テイクツーよろよろ~」



あずさ『♪側にいると約束をしたあなーたはーーーー』

亜美『宿題やったけど、持ってくるの忘れました』

あずさ「それは困ったわね~」

亜美「ちょっ。あずさおねーちゃんっ」

あずさ「…あ。『♪嘘つきだねーー』」



亜美「…これねー。よく使ってる人みるけどさ、ほぼほぼ嘘だよねぃ」

あずさ「あら…さっきのはオーケーなの?」

亜美「失敗した分はキレイにつまんでくれるはずだから。スタッフの兄ちゃんはチョー優秀だから任せちゃおう」ハハハ

あずさ「うふふ。ごめんなさい、よろしくお願いしますね~」

亜美「まあ、次は歌い終わってから反応してねー」

あずさ「はーい」

亜美「それにしてもあずさおねーちゃん、ホントに歌うまいよねぃ。こんなに間近で聴けて亜美はシアワセ者だよ」

あずさ「うふふっ、ありがとう。でも、竜宮小町ではいつも一緒じゃない」

亜美「そうだけど、今日は聴くことに集中出来るからカクベツだねぃ。あと2回もよろよろ~」

あずさ「こちらこそ、よろしくね~」

亜美「その前に曲行くよ。なんと!放送局のカキネをこえて、幻の音源が手に入ったよん」

亜美「天海春香で『MYTHMAKER』in SCC カラオケバージョン!!」

あずさ「あらあ」プツッ


♪~


ーーーーーCMーーーーーー

春香「来るぅ、きっと来るぅ」

真「…春香、最近AMラジオのCM出すぎじゃない?」

春香「だってさ、SCCは他局だから出来ないんだもん」

真「しかもさ、パーソナリティより目立ってるという」

春香「そんなこと…あります!天海春香です!」

真「もう…というか雪歩、何かしゃべろうよ」

雪歩「省エネ」

真「おいw」

春香「『雪歩と真のオールナイト765』毎週×曜深夜2時50分からです!」

ーーーーーーーーーーーー



亜美「われらがあずさおねーちゃんと、亜美がシンマイをナウオンエアー」

亜美「あずさおねーちゃん、はるるんの歌の感想をどうぞ」

あずさ「え…っと。とても、かわいらしい、歌に、なったんじゃ、ないかしら…?」

亜美「竜宮小町の打ち上げでさ、採点する機械あったじゃん? あずさおねーちゃんが90点代連発してたやつ」

あずさ「あったわね~」

亜美「この歌、あれと同じ機械で、60点だったって。ちなみに、普通60点より下は出ないっぽいよ」

あずさ「っw」

亜美「亜美の『太陽のジェラシー』でも77点だったよね。はるるんバージョンを、あんだけふざけて」

あずさ「ふふww」

亜美「もうね、『MYTHMAKER』ってのも失礼だよね。失敗の『"MISS"MAKER』でいいよ」

あずさ「ちょっとwww亜美ちゃんwww」



あずさ「ごめんなさい、ラジオの前の春香ちゃん。春香ちゃんの歌は機械では計れない魅力があるから、大丈夫よ」

亜美「その点は同感だねぃ。うちのDの兄ちゃんもはるるんの歌、デビューの時から好きだからねぃ」

あずさ「だから、頑張ってね。春香ちゃん」

亜美「フォローしたところで二個目行くよん。ラジオネームまっこまっこり~ん♪の兄ちゃん」



あずさ『♪側にいると約束をしたあなーたはーーーー』

亜美『出身地?えーと、金沢あたり?』

あずさ『♪嘘つきだねーー』



亜美「ばっちり決まったね、あずさおねーちゃん!」

あずさ「そうね、よかったわ~」

亜美「本当は田舎育ちなのに、ミエを張ったっていうネタらしいんだけど、そもそも金沢ってどこだっけ?」

あずさ「そこからなの?w 石川県の県庁所在地よ」

亜美「……九州?」

あずさ「違うわよw 北陸地方よ。日本海側で、富山県や岐阜県の隣で…」

亜美「?」

あずさ「あら…そうだ。本州の真ん中くらいの、こういう形をした」

亜美「ああ、それね。その手の形わかりやすいねぃ」

あずさ「亜美ちゃんの学力がちょっと心配だわ…」

亜美「亜美テキにはそれだけ知ってるのに、よく道に迷うあずさおねーちゃんが心配だわん…」

あずさ「そ、それはね、ほら、地図で見るのと、実際見るのとは違うから…」




亜美「はい、じゃラスト。ラジオネームアリエル?の姉ちゃん…あずさおねーちゃん、耳ふさぎながら歌ってくんない?」

あずさ「ええ、いいわよ。でも、何で?」

亜美「歌い終わってから内容見せるから。亜美が手をあげたら、嘘つきって歌ってあげて」

あずさ「はーい」



あずさ『♪側にいると約束をしたあなーたはーーーー』

亜美『はるるんがカラオケで100点』ハイ

あずさ「…『♪嘘つきだねーー』」



亜美「ばっちりだよ、あずさおねーちゃん。はい、じゃあどうぞ」

あずさ「何かしら…あらあらwww」

亜美「いやあ、狙ってるねぃ。一回その話題が終わったと見せかけて」

あずさ「ふふふwww」

亜美「優勝者はED曲の後に発表するねぃ。以上、『嘘つきだね、そうあずさおねーちゃんに言われたい』のコーナーでした」



ED曲『トリプルAngel』



亜美「全国14局に亜美とあずさおねーちゃんのSexyボイスをお届けしました」

亜美「先に予告しとこう。来週は『○○チャレンジ』第四弾をお届けするよん」

亜美「まだ見ぬモノマネは果たして見られるのか? こーご期待!ってことでね」

亜美「それと、来週はリスナーの兄ちゃん姉ちゃんに『ミッドナイトBOX』からのお知らせもあるよん」

亜美「もう既に来月の番組表を見た人はわかると思うけど、シンマイでは来週お伝えするから、お楽しみに~」



亜美「さ、あずさおねーちゃん。優勝者を決めてちょーだい」

あずさ「優勝者は…アリエル?さんです。おめでとうございます」

亜美「おめでとー!」

あずさ「春香ちゃん、目指せ高得点!」

亜美「いちおー、SCCで94点も出してるんだけどね」

あずさ「あらあら。そうだったの」

亜美「点数出た後、感激して泣いたんだよね…あ、でもさ」

あずさ「どうしたの?」

亜美「その後すぐ切り替えて進行し始めたから、亜美の仮説では、『あざとい嘘泣き』ってことになってる」

あずさ「ふふふwww もう、亜美ちゃんwww」



亜美「さ、シメようか…とその前に。カモンカモン」

あずさ「あらあら、律子さんに伊織ちゃん。いつの間に」

亜美「2人ともおいでおいで。ほらほら」ガチャ バタン

亜美「はいっ。自己紹介!」

伊織「こんばんは~。竜宮小町のリーダー、スーパーアイドル水瀬伊織ちゃんです」

律子「こんばんは。プロデューサーの秋月律子です…結構収録長引いてるわね」

亜美「いやあ、あずさおねーちゃんとのラジオ楽しくって楽しくって」

伊織「次の仕事もあるんだから…」

あずさ「ごめんなさいね~」

亜美「じゃ、これからTVのお仕事いってくるよん。ということで、最後に告知して終わろう!」イオリン

伊織「本当にシメ直前だったのね…『星井美希と水瀬伊織のWe're Super Girl!』毎週×曜21時から、よろしくね」アズサ

あずさ「は~い『三浦あずさと四条貴音の迷走RADIOラビリンス』毎週×曜20時から、よろしくお願いしますね」リツコサン

律子「はい。『高槻やよいのおしゃべりアワー』毎週×曜15時から、よろしくお願いします」

亜美「…りっちゃん、もう一個もやってもいいよ?」

律子「あら。前にシンマイではその話題を出すな、って言ったから遠慮したんだけど」

亜美「いや、この前、案外楽しかったし。亜美が許可する」

伊織「アンタ何様よ」

律子「ふふっ。『秋月律子のゲームは1日24時間』は毎週×曜23時からです」

亜美「もちろん、シンマイもよろしくね。それじゃ、おしまいだよっ。ぐっばい!」




(あとがき等)https://twitter.com/harufa1231