春香「わわっ!」グラッ

やよい「春香さん、危ないですっ!」バッ

ゴッチーン!!!

やよい「うげぉ!」

春香「けぇぶ!!」

バタン!!

千早「春香! はいつも通りだとして…高槻さん!」

伊織「ちょ、ちょっと大丈夫!? 二人とも、頭ぶつけたみたいだけど…」

響「やよい! しっかりしろ、やよい!」
やよい「………」

千早「た、高槻…さん…?」

やよい「………」

千早「……………………嘘」



それから数日後、事務所…

千早「………」

伊織「千早…アンタ今日もここにいるのね」

千早「そういう水瀬さんこそ…」

伊織「家に篭ってるとおかしくなっちゃいそうだから…」

伊織「でも、失敗ね…ここにいると、どうしても思い出しちゃうわ…」

千早「そうね…」

響「あ、千早…伊織…」

千早「我那覇さん」

伊織「アンタ、今日はドームライブじゃなかった…?」

響「ハム蔵に任せてあるから大丈夫だぞ…」

伊織「そう…」



響「やよいのいない事務所…まるで、明かりが消えちゃったみたいだな…」

千早「高槻さん…うっ、本当に…もう…」グスッ

伊織「やめなさいよ! ますます湿っぽくなっちゃうじゃない…」

千早「だって、こんな…私、耐えられないわ…!」

響「やよい…天国で幸せにしてるといいけど…」

千早「………」

伊織「千早?」

千早「…そうだわ」

響「? どうしたの?」

千早「高槻さんの後を追えばいいのよ…! そうすれば、きっとあの世で高槻さんに会える…!」

響「!! そうか…!!」

伊織「いいかもしれないわね…」

千早「そうと決まれば、早速準備しましょう…! 生きる希望が湧いてきたわ…!」



千早「水瀬さんと我那覇さんは、本当にいいのね?」

伊織「ええ。やよいのいない世界に未練なんてないわ」

響「みんな一緒なら怖くないぞ!」

千早「フフフフフフ…」

伊織「ニヒヒヒヒヒヒ…」

響「エヘヘヘヘヘヘヘヘ…」

伊織「あ、ちょっと待って。どうせ死ぬなら保険金かけましょ」

千早「そうね。受け取り先は高槻さんの家族にしましょう」

響「あの…自分、沖縄の家に入れたいんだけど、いい?」

伊織「いいわよ」

千早「ところで水瀬さん、保険金って自殺でも貰えるものなのかしら?」

伊織「知らない」

千早「まぁ…どうでもいいわ」



響「で、後を追うって…具体的にどうするの?」

伊織「やっぱり、首吊りかしら」

千早「喉を締めつけるの…? いくらなんでも嫌だわ…」

伊織「なら、身投げとか…」

千早「海に飛び込むということ? 今の季節は寒いわ…」

伊織「他には、手首を切って風呂に入るとか…」

響「痛そうだぞ…そういうのやめよう」

伊織「………」

千早「どうしたの、水瀬さん?」

伊織「いえ…それなら、睡眠薬を大量に飲むと死ねるらしいわね。千早、アンタ持ってない?」

千早「持ってないわ」

伊織「持ってそうなのに」

千早「水瀬さんが私の事をどう思っているのかよくわかったわ」

伊織「でも、そうなるとどうやって睡眠薬を手に入れようかしら…」

千早「水瀬さんの屋敷には置いてないの?」

伊織「置いてるかもしれないけど、薬剤師が管理してるから勝手に持ち出したりはできないわよ」

千早「困ったわね…」



千早「薬局に行けば…いえ、睡眠薬となると理由や診断書が必要になってくるかも…」

響「ねーねー」

千早「? 我那覇さん、睡眠薬を用意できるの?」

響「睡眠薬じゃないけど、花粉症の薬飲むと眠くなるぞ」

千早「そうなの?」

響「うん。にぃに…兄ちゃんが言ってた」

伊織「花粉症くらいなら診断とかいらないんじゃない? よくわからないけど」

千早「そうね。早速買いに行きましょう」



そして…

響「よし、あちこちの薬局で花粉症の薬を買ってきたぞ!」

伊織「一つの店で大量に買うと怪しまれるものね」

千早「でも、何故シロップタイプを…?」

伊織「甘そうじゃない」

千早「まぁ、いいわ。これを大量に飲めばいいのね…」

ゴク

千早「次」

ゴクゴク

千早「つ、次…」

ゴクゴクゴク

千早「ウォエ!!!!」ゲロッ

伊織「きゃ!? 汚っ!!」

千早「う、うぅ…駄目だわ…こういう、薬のような味、苦手で…」

響「自分も気持ち悪くなってきたぞ…これ、何本も飲むものじゃないかも…」

伊織「そうね…」



響「やっぱり、薬は駄目だ。もっと他のものにしよう」

千早「何かいい手段はないかしら…手っ取り早く、そして簡単に」

伊織「そういえば、醤油をコップ一杯分一気飲みすれば死ねるらしいけど」

千早「いいわね。醤油なら簡単に手に入るしコップ一杯分なら楽に飲めるでしょう」

響「よし! すぐに用意するぞ!」



タプン

千早「コップ一杯分…意外と多いわね」

伊織「いいから、飲むわよ…」

響「よし。せーの…」

グビッ

千早「オゲェー!!」ゲロゲロゲロ

響「んげっ!!」ブフッ

伊織「んんっ!? ゲホッ、ゲホッ!!」

伊織「なによアンタ達! 何回も吐かないでちょうだい、びっくりして私まで吐き出しちゃったじゃない!」

千早「喉が焼けるわ! 歌えなくなったらどうするの!?」

響「しょっぱすぎるぞ! 醤油なんて直接飲めない、さっきのシロップの方がマシだっ!」

伊織「アンタ達死ぬ気あんの!? ないでしょ!?」

千早「あるわよ…」

響「ああ、やよいが死んじゃったんだ…自分ももう死んじゃいたいぞ…」

伊織「そうね…」



響「方法が駄目なんだ。苦しかったり、しょっぱかったり」

千早「そうね。死ぬなら苦しまずに死にたいわ。安らかに、眠るように」

伊織「となると、練炭自殺ってのがいいわね」

千早「さっきから思ってたけれど、水瀬さんは何故そんなに自殺の方法に詳しいの…?」

伊織「アンタ達が何も提案しないから私がやってるんでしょうが!!」

千早「な、何を言っているの…? 理由になってないわ…」

響「怖いぞ…」

伊織「とにかく、練炭自殺! これなら、アンタの望み通り眠っている間に死ねるわ!」

千早「どうするの」

伊織「密室で焚き木するのよ。一酸化中毒で意識が朦朧としてる間に死ねるらしいわ」

響「でも意識を失わないと実際は苦しいって聞くぞ」

伊織「知らないわよそんなの。本当に楽か苦しいかなんて実際にやったヤツに聞いて」



そして…

チリチリチリ

千早「ちょうど事務所に七輪があって助かったわ」

伊織「いい感じに燃えてきたわね」

響「死にたくない良い子のみんなは締め切った部屋で火を使うのはやめようね」

千早「なんか…煙が少ないわね」

伊織「まぁ…煙があった方がそれっぽい気はするわね」

響「そう思ってサンマ買ってきたぞ」

伊織「いいわね…煙がよく出そうだわ」

千早「この際さっきの醤油も使いましょう」

ジュゥゥゥゥ…

響「美味そうな匂いがしてきたな…」

千早「そうね…」

伊織「………」フラッ

バタン!

響「あれ、いお…」フラッ

バタン!

千早「う、頭が…ぼやけてきた…」

バタン!!



千早(意識が遠のいていく…このまま死んでしまうのかしら…)

千早(でも…いいわ、これでまた高槻さんに会えるのなら)

キィ…

千早(扉が…開く…)

やよい「千早さん!?」

千早(ああ、高槻さん…やっと、あなたに…)

やよい「伊織ちゃん! 響さん! みんな、何やってるんですかっ!」

千早(あれ…?)

やよい「窓開けないと…!」

ガラッ

伊織「ゲホ…ゲホッ、ゲホッ!」

響「エフッ、エフッ!」

千早「う…ゴホッ!!」

バシャッ!!

やよい「火は消して…今、新鮮な空気が入ってますから! みんな、しっかり!」



そして…

やよい「もう! みんな、なんで締め切った部屋でサンマなんて焼いてるんですかっ!」

千早「そ、それより…高槻さん? 本当に高槻さんなの…!?」

やよい「? はい、そうですけど…」

響「やよい、生きてたのか!? 死んだんじゃなかったのか!?」

やよい「はわっ!? な、なんでそんなことになってるんですかっ!?」

伊織「だって、春香と頭をぶつけて…あれ…?」

やよい「確かにあの後気を失っちゃったけど、死んでなんかないよ! 春香さんはちょっとわかんないけど…」

千早「それじゃ、ここ数日間事務所にいなかったのは…?」

やよい「お仕事でいなかっただけですよっ! 他のみんなもお仕事で外に出てるじゃないですかっ!」

千早「そう、だったの…」

伊織「いやいくらなんでも気付きなさいよ」

響「伊織がそれを言うの?」



やよい「もう、こんなバカなことしちゃダメだからねみんな! 本当に死んじゃってたかもなんだから!」

千早「ええ…ええ!」

千早「私…まだまだ歌いたい! 歌の素晴らしさをみんなに伝えたい!」

伊織「私だって、まだやり残したことがたくさんあるわ。成し遂げるまで止まってなんかいられないんだから!」

響「みんなを置いて死ぬなんてありえないぞ!」

やよい「それじゃ、みんなでサンマを食べましょう! 美味しそうに焼けてますよ!」

千早「ああ、高槻さんが生きてて…本当に良かった」

伊織「これで、万事解決ね」

響「めでたしめでたし、だぞ!」

春香「うん、ちょっと待ってねみんな」

終わり