春香「へ?」

律子「…………」カタカタッターン


春香「行きましたよ? 行ってたじゃないですか?」

P「いやいや、行ってないでしょ」

響「行ったぞ?」

美希「行ったの。綺麗だったよ?」

千早「いったい何を言ってるんですか、プロデューサーは?」

P「いやいやいやいや、今一度皆様思い出してみて? 自分の胸に手を当ててさ」

あずさ「…………はい。行きましたね?」

真「懐かしいなぁ」

雪歩「もう随分と昔のことのように感じるね~」

P「待って待って。結局、輝きの向こう側ってどこだったの? アリーナ?」

亜美「何言ってんのにいちゃん。そりゃあ……」

P「うん」

真美「輝きの向こう側は輝きの向こう側だよ!」

P「だからどこなの!?」

伊織「眩しかったわ」

やよい「すごく眩しかったです」

P「うんうん、そりゃ言葉から察するにそうなんだろうね。でも、俺としてはもう少し具体的に訊いてるわけなのだが」

春香「具体的にって言われても……ねぇ?」

雪歩「うん……」

P「あ! じゃあじゃあ、どんなとこなの?」

貴音「あなた様。言葉で言い表すのはそれこそ野暮というもの……」

P「なんで!? 俺も知りたいよ! なんか俺だけ除け者じゃん!! みんな揃って765プロだろ!?」

響「んも~。仕方ないプロデューサーだなぁ……。まるで駄々っ子みたいだな、まったく。えっとね、こう、ぱ~~~……って」

P「そこ! そこをもう少し分かりやすく解説して!?」

やよい「キラキラがぶわわーって」

P「ぶわわーって」

やよい「ぶわわーって」

P「ぶわわー」

やよい「はい」

P「……えっと、千早はどんな感じだった?」

千早「しゅっ、しゅしゅしゅしゅしゅわ~んわん、って……////」

P「お前普段そんな擬音使ったことないだろっ! 口裏合わせた感じじゃん! 寄せただろ、今!」

千早「は? プロデューサーは高槻さんが嘘を吐いてるとでも仰りやがるんですか?」

やよい「ぷ、ぷろでゅーさー……?」ウルウル

P「そんなわけないだろ! やよいが嘘なんて吐くもんか! もしそんなこと言うやつが居たら八つ裂きにしてやるさ!」

春香「はい。じゃあもう良いですよね。この話は。はーい、解散解散」

P「待てい。今、強引に話を終わらせようとしなかった?」

春香「してませんよ」のヮの

P「こっち見ろよ」

春香「してませんてっば~」のヮの

P「見ろってば」

春香「……」おヮお

P「なんか眉毛すごいことになってんぞおい」

響「自分の顔も見て欲しいぞ」=ヮ=

P「いや、響は確かに劇中その表情多かったけども!!! 可愛いけども、今する必要は無いだろ!?」

美希「ハニーは信じてくれないの?」

P「くそっ、俺だってみんなが言うことを信じたいよ! だってプロデューサーだもの!!!」

貴音「輝きの向こう側は確かにあったのです。それでいいではありませんか」ニコッ

P「貴音……」

貴音「ふふっ。さあ、仕事に行きましょうか」スック

P「いやいや、そんな子供諭すような言い方しても俺は誤魔化されないからなっ!?」

貴音「面妖な」

P「お前、面妖なって言っとけば丸く収まると思ってるだろ!? そうは問屋が卸さぬわ!」

貴音「あなた様、少々小腹が空いたので、何か食べてもよろしいですか?」

P「このタイミングで!? もう少し我慢できませんかね!?」

貴音「じゅるっ」

P「しれっと生牡蠣食ってんじゃねぇよ! 輝きの向こう側感を演出してんじゃねぇよ!」

貴音「はて?」キョトン

P「だいたいあのときも明らかに浮いてただろ! やよいなんか煮物食って喜んでたんだぞ!? 生活水準合わせる優しさを持ち合わせろよ!」

やよい「とっても美味しかったですー!」

P「俺もその感動を味わいたいんだよ……俺も輝きの向こう側へ行きたいんだ……っ!」

美希「ハニー……」

P「みんなが見た景色……遠くからでも良いから見たいんだ……」

美希「そっか……置いて行かれたように思っちゃったんだね、ハニーは」

P「うん……だから、頼む美希! 俺も輝きの向こう側に連れて行って――」

美希「あー、今日は無理。ごめんね?」ニコッ

P「食い気味で拒否! 今日は、ってなんだよ!? じゃあ明日なら良いのか!?」バンバン

美希「うーん……明日はミキ、お仕事があるから……」

P「俺だってそうだよ! むしろそこはハリウッド行きを決めたときみたいにとりあえず良いよ?って言っちゃえよ!」

あずさ「まあまあ、プロデューサーさん。落ち着いて」

P「残念ながら俺は至って冷静です。冷静に、輝きの向こう側がどこにあるのかを聞いてるんですけど……」

あずさ「場所ですか……う~ん、あれは確かそう、みんなが居る民宿に着く前に立ち寄った場所で……」

P「着く前にすでに!?」

あずさ「お土産を買ったところが輝きの向こう側だったかと」

P「まさかの鳥取っ!? 鳥取に輝きの向こう側が!?」

あずさ「はい」

P「はい!?」

あずさ「間違いないです」

P「それだとあずささんと亜美真美以外は輝きの向こう側へは行ってないってことになりません?」

あずさ「あら……? 困りましたね~……うふふ」

P「困ってるのはこっちなんですけど……。輝きの向こう側って部屋みたいな場所なんですか? それとも道みたいな感じですか?」

あずさ「え~っとぉ、ぶっちゃけ暗くてよくわかりませんでした」

P「ぶっちゃけ暗いんですか!? 輝きの向こう側なのに!?」

千早「でも向こう側は輝いてるんです」

P「何に対しての向こう側なの!? 境界があるの!? 境界線が引いてあるの!?」

春香「そりゃ、向こう側とこっち側は違いますよね?」

P「きっちり違うの? 目に見えて差があるの?」

やよい「もちろんです。にょじゅ……にょ……にょじゅちゅ」

P「如実にか。やよいは可愛いなぁ」

やよい「えへへ////」

P「ええと、寒いとか暖かいとかある?」

亜美「普通」

P「普通かーーーー! 外なの中なの?」

真美「外か中かって言えば……」

やよい「にょじつ」

P「おお、ちゃんと言えたじゃないか」

やよい「やりましたー! うっうー!」

P「でも、言うタイミングがズレてるかなーって!」

真「そもそも、ボクらが口で伝えたとしても、行った人にしかあの感覚は分からないんじゃないかな~?」

P「ああっもう! その感覚を共有させてくれよ! 俺も連れて行ってくれよぉ!」

貴音「もちろん連れ行きたいのはやまやまなのですが……」

伊織「無理ね」アッサリ

P「そんなあっさり……なにゆえに」

真美「そりゃ、テンションゆえ?」

P「テンションに左右されるの!!?」

亜美「亜美たちも大人になっちゃったからね……」ボソッ

P「都会に染まってしまったみたいに言うなよぉ……未成年がそんなこと言うのは最早言葉の往復ビンタだからな?」

千早「楽しかったあの頃はもう戻ってきませんから……」

P「今も楽しいだろ!? なぁ!? メディアにだって引っ張りだこだしさ!?」

雪歩「確かに色々と“流出”しちゃってるかも……向こう側に……」

P「流出とか言わないでもらえませんかね萩原さん!?」

雪歩「ごめんなさい」

P「流出だと袋とじみたいになっちゃうし、輝きの向こう側ってカメラのフラッシュに晒されてるわけじゃないよね!?」

雪歩「ごめんなさい、ごめんなさい、プロデューサー……」

P「なんで謝り続けるの!? パパラッチされちゃった!? いや、男嫌いの雪歩がまさか……無駄に不安を煽るのやめてもらえませんかね萩原さん!?」

雪歩「プロデューサーが知ってる昔の私はもう居ないんです……ふふっ」

P「もう伏し目がちな昨日なんていらない的な意味だよね!? ねっ!? そうだと言ってよ! いや、むしろもう何も言わないで! これ以上何も聞きたくない!」

雪歩「今日これから始まる私の伝説聞きます……? ふふふふふ」ススス……

P「怖い怖い怖い怖い! 笑いながら徐々に近付いてこないでくれ!」

伊織「にひひひひ……」ススス……

P「なんで伊織も笑いながら近づいて来るんだよ!? お前、そういうキャラじゃないだろ!」

伊織「あら? 女は簡単に生まれ変われるのよ? 自分を着飾ればいくらでも、ね」

P「いやそんな、ご存知なくって?……みたいに言われても。宣材写真を新しく撮り直そうとしたあのときの失敗談を一緒に振り返ろうか?」

伊織「ぐっ……あ、あの頃の私は死んだのよ」フイッ

P「なぜみんな過去を捨てたがるのか。俺だけが変わらないもの探してる感じになってるじゃないか」

真「あっ、ボクがカヴァーした『変わらないもの』が入ったCDも絶賛発売中なんですよね?」

P「唐突な宣伝!!! 真もすっかり、業界慣れしてしまったなぁ……」

真「もうボクも自転車を乗り回す年齢じゃないので……」

P「歳は関係ないと思うが? 乗りたきゃ乗れよ」

伊織「ちょっと真っ! 今は入ってこないでよ! 私の出番でしょ!?」

P「いや、出番とか無いから。あたかも今までずっと順番待ちしてたみたいに言うなよ」

伊織「アンタは黙ってて!!」

P「黙ってたまるか!!!」

伊織「っ!?」ビクッ

P「だいたい、伊織は急に成長しすぎなんだよ! 人間的に!!!」

伊織「なっ……!」

P「おかしいだろ! どう考えても精神年齢28歳くらいだったろ! アレっ!!!!」

伊織「な、なによ……そんなに大声で怒鳴ることないじゃないの……」ジワッ

P「漏らしたな!」

伊織「漏らしてないわよ! 涙ぐんだだけよ!」

P「伊織は漏らしてるくらいで丁度良いんだよ、丁度。アクエリアス的なモノを飲んでその辺でびしょびしょになっときゃ良いんだよ」

伊織「ちょっと! 私が常にびしょびしょになってるみたいに言わないで!」

P「うるさい! 結局水鉄砲で遊んで自分からずぶ濡れになりに行ってんじゃねぇか、この変態乙女っ!!」

伊織「なっ!?////」

春香「あの、ちょっと良いですか?」

P「どうした、春香」

春香「思うにプロデューサーさんの輝きの向こう側は、ずばりハリウッドだったんじゃないですかね?」

P「…………」

春香「…………」

P「お、おお……おお……っ!」

春香「証明終了。QEDですね」ニコリ

P「いや、いやいやいや! あっぶねー、納得しかけた! あんなもんただの仕事だから!」

春香「私たちも仕事でしたけどね……?」

P「仕事とか言うなよ!! 例えそうだとしても! 仕事ってこう、割り切ってる感じがしてイヤなのぉおおおおおおおおおぁ!」

律子「うるさい!!!!! いいかげん仕事の邪魔なんですけど!」バンッ

P「そっちこそ何ひとりで仕事してんだよ! 最後だぞ、一緒にボケたり突っ込んだりしたらどうだ?」

律子「……じゃあ、やりましょうか! ってならないですからね!?」

P「こちとら律子のしゃがみ弱パンチ待ちだったと言うのに」

律子「しませんってば。だいたい、さっきからいったい何を騒いでたんですか?」

P「輝きの向こう側は結局どこだったんだ、という話をだな」

律子「輝きの向こう側? そんなのプロデューサーの目で直接確かめたら良いじゃないですか」

P「アリーナに行くのか?」

律子「アリーナ? 違いますよ」

P「……?」

律子「なんと!『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』が大晦日に地上波&BS初放送決定しました!」

P「なんだって!? あの感動を巻き起こした劇場版が地上波で再び感動の嵐を巻き起こすっていうのか!?」

律子「放送日は12月31日(木)の21:30~! 放送局はTOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、そしてBS11!」

P「何度も映画館で見たあなたも、ブルーレイを持ってるあなたも、もう一度、輝きの向こう側をその目で確かめよう!」

律子「それじゃあ、最後はみんなで!」


765AS「行こう! 輝きの向こう側へ!」




                                       ごめんね、おわるね。