1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:20:05.17 ID:+K/bZ4s0o 

 白い空間の中、いや、暗いのかな 

 目が開かないから分からないよ 

 ここはどこ? 

 あれ、口が無いから喋れないや 
  
 口だけじゃなくて鼻も無いから、息もして無い 

 無い無いづくしでイヤになるね 

 でも苦しくは、無い。 



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:21:12.60 ID:+K/bZ4s0o 

 漂ってるのかな 

 それとも停滞してるのかな 

 それすらも分からない 


『─────これで、聞こえるかい?』 


 心と身体が一瞬、震える 

 響くような何かをキャッチした 

 そうか、これが声か。 


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:22:14.25 ID:+K/bZ4s0o 

『やぁ、こんにちわ』 


 こんにちわ 

 あなたは誰? 


『そんな些細なことはどうでも良いことさ』 


 なんで? 


『キミは全てを忘れてしまうから』 


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:23:10.12 ID:+K/bZ4s0o 

 忘れちゃうの? 

 ここはどこ? 


『それも些細なことさ』 


 そっか 

 どうせ忘れちゃうもんね。 


『まず、未来と過去。どちらか一つを見れるようにしてあげる』 


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:24:20.66 ID:+K/bZ4s0o 

『どっちがいい?』 


 じゃあ、過去かな 

  
『そう』 

『キミはキミでありたいんだね』 


 うん。 

 真美は真美で居たい。 


『ちゃんと思い出せたみたいで何よりだよ』 


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:25:53.46 ID:+K/bZ4s0o
 
『それにしても、キミは優しいんだね』 


 なんで? 


『無意識に思い出を選んだのだから』 


 思い出? 

 そっか 

 これが、思い出か。 


『さて、次はキミに身体をあげる』 


 ねぇ 


『なんだい?』 


 やっぱり 

 思い出はいらなかったかも 


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:26:49.84 ID:+K/bZ4s0o 
 
『ふふっ。ダメだよ。キャンセルは出来ない』 


 そっか 

 じゃあ、いいや 


『その代わり、腕も脚も口も耳も眼も、鼻の穴も二つずつつけてあげる』 

『気にしなくていいよ。今日はサービスデーだから』 


 んー。便利かも知れないけど 


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:27:48.67 ID:+K/bZ4s0o 

 口が二つもあったら一人でケンカしちゃうよ 

 どうせケンカするなら、他の誰かと 

 ううん。大切な人としたい 

 そしたらもっと、その人の事を知れるから。 


『そうか。じゃあ、そうしよう』 


 腕も最初にくれた、このワンセットで良いよ 

 いっぱいあったら、真美には手が余っちゃうから。 


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:28:55.81 ID:+K/bZ4s0o 

 目だって、そんなにいっぱいあっても困っちゃうよ。 


『なんで?』 


 どこを見て良いか分からなくなるじゃん 

 前だけを見れるようにしてくれたら、それだけで良い。 

 だから、二つもいらないっぽいよ。 


『キミは欲張りと真逆なんだね』 


 そうかな? 


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:29:32.43 ID:+K/bZ4s0o 

『あ、でもさ。一番大事な心臓は、両胸につけてあげるからね』 

『このほうがたくさん生きれるし、いいでしょう?』 


 えぇっ!? 


『そんなに驚くほど嬉しかったのかい?』 


 ちっ、違うよ 

 この左に胸にある心臓だけで良いよ 

 せっかくだけど、ごめんね 


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:30:25.06 ID:+K/bZ4s0o 

『ホント、君は欲とは無縁なんだね』 

 そうかな? 

 ケンカの度に少し離れて、またくっつきたいんだよ 

 抱きしめ合うように眠れば
ちゃんと生きてるって鼓動を感じれるから 

 ちゃんとこの心が覚えてるんだよ 

 二つの鼓動がコトコトと 

 重なった心の音が両側で鳴ると落ち着くって。 


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:31:08.38 ID:+K/bZ4s0o 

『思い出に縛られるのかい?』 

『勿体ないね』 


 そんな事無いよ 

 あったかいもん 


『ふーん。そう言えば最後にもう一つだけ』 

『涙もオプションでつけようか?』 

『なくても全然支障は無いし、面倒だからってつけない人もいるよ』 


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:32:05.71 ID:+K/bZ4s0o 

『どうする?』 


 確かに、涙って面倒だよね 

 でも、真美は知ってる 

 涙が大切なものを教えてくれるって。 

 悲しい時も、嬉しい時も 

 涙の粒が心から溢れてきて 

 大切なものを気づかせてくれるんだよ 


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:32:50.21 ID:+K/bZ4s0o 

 嬉しい時に涙が出るとさ 

 世界がキラキラして見えるんだよね 

 その綺麗なキラキラした世界が見たいから 

 涙だけは絶対に、つけて欲しいな。 


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:33:37.22 ID:+K/bZ4s0o 

『涙の味はどうする?』 


 それも決めれるの? 


『しょっぱいの、すっぱいの、辛いの、甘いの』 

『甘いのが一番人気かな』 


 ふーん 

 じゃあ、うんと、しょっぱくして 

 二度と悲しい気持ちにならなくなるように 


 ─────あっ。 


『望み通り全てが叶えられているでしょう?』 


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:34:37.27 ID:+K/bZ4s0o 

 うん。 

 ありがとう。 


『だから、その顔をちゃんと見せてよ。さぁ』 



 ぐすっ。 


 これはホント 




17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:35:18.98 ID:+K/bZ4s0o 


 しょっぱいね 


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:36:08.05 ID:+K/bZ4s0o 

『もう、甘くなんか出来ないよ?』 


 うん。 

 これで、良い 


『また、思い出に縛られてるのかい?』 


 違うよ 

 思い出が、この涙をくれたんだもん 

 おかげで一番大切なものを思い出せた 


『そう。じゃあこれで、全部終わったよ』 


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:37:08.95 ID:+K/bZ4s0o 

 まだ、終わって無いよ 


『…………終わったよ』 


 一番大切なものを貰ってないもん 


『大切なもの?』 


 うん。 



 まだ、亜美を貰ってない 


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:37:51.91 ID:+K/bZ4s0o 

 真美に一番必要なもの 

 真美の大切な妹 

 左は真美で右は亜美。 


 一人だと、どこか欠けてるみたいで寂しいもんね 

 きっと、それは亜美だって一緒。 

 そう、思い出が教えてくれるんだよ 


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:38:38.29 ID:+K/bZ4s0o 

 一人ぼっちで生きていくのはきっと悲しいから。 


 全部ひとつで良いから 

 亜美と一緒が良い 


 はんぶんこでも良いから 

 そうやって生きていきたい 


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:39:12.70 ID:+K/bZ4s0o 

『…………ふふっ。前言撤回するよ』 

『キミは随分と強欲のようだ』 

『特別サービスだよ。ここで待ってるといい』 

『キミは忘れちゃうけどね』 














23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:39:42.24 ID:+K/bZ4s0o 







 白い空間の中、いや、暗いのかな 

 目が開かないから分からないよ 

 ここはどこ? 

 25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:40:25.12 ID:+K/bZ4s0o 

 優しい音が聞こえる。 

 波の音かな 

 反響するように 

 その波間に聞こえるコトコトって音 

 海を泳ぐようにワンセットの手を動かすと 

 何か温もりが指先に触れた。 


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:40:54.10 ID:+K/bZ4s0o 

 お互い確かめ合うように 

 何度も触れ合い 

 聞いてみる 





27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:41:30.01 ID:+K/bZ4s0o 

「「どっかでお会いしたことありますか?」」 


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 17:42:19.86 ID:+K/bZ4s0o 
 
終了。 

ここまで読んでくれたヒト、ありがとうございました

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 18:03:07.35 ID:G8hASXVNo 
 
RADと思って開いたらほんとにRADだった 

おつん

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 18:11:05.51 ID:gNafpfvjo 
 
真美がアンドロイドなお話かとおもったら曲の歌詞に沿ってたのか 
ラッドってバンド?なのかな 
とりあえず乙

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/22(日) 18:20:04.58 ID:ILBEpVxt0