←その2



【ろんぐ・たいむ・のー・しー】



 貴音「お久しゅうございます、響」

  響「…… あれっ…… えっ、た、貴音!? 貴音じゃないか! いつの間に元に戻ったのさ?」

 貴音「はて、元に戻った、とは……? わたくしが、何かに変わってでもおりましたか?」

  響「え、ええっ……? じゃあ、あの小さいたかねは貴音じゃなかったの!?」

 貴音「ふふっ、もう、いったい何を言っているのです。響のほうが、よほど小柄でかわいらしいというのに」

  響「うがーっ!? やっと戻ってきたと思ったら、気にしてることを!」

 貴音「相も変わらず、響はにぎやかですね。さあ、では一緒に事務所へ参りましょう」


  響「うん、貴音が戻ってきたって知ったら、みんなもきっと驚くぞ! ……って、あれ……」


  響「…… ねえ貴音、ごめん、ちょっと待って。なんかおかしいや、自分、足が動かなくて」




  響「貴音、貴音っ! なんで先に行っちゃうのさ、待ってってば…… 貴音、聞いてるの!?」






  響「貴音ぇっ!! ねぇお願い、待ってよ、置いていかないで、貴音、」





  響「たかねぇえ――っ!!」ガバァッ




  響「…… っ、あー……、 ゆめ、かぁ……」

  響(ひっどい夢だったなぁ…… 昨日たかねに話して、まだ引きずってるのかな、自分……)

  響「…… それにしても」

たかね「ふにゅー…… くー……」

  響(……ゆうべはやたら大人びたこと言い出したかと思えば、今はこんな幸せそうな寝顔しちゃって……)

  響「実際のとこ、どうすればいいのか…… 自分も、よくわかんないなぁ……」ナデナデ

たかね「ん…… ふあ……」モゾッ

  響「でも…… そうだ、今しなきゃいけないことは、ひとつだけ……」




  響「たかねーっ! 起きて、今すぐ起きて! いつもよりちょっと遅れてるからっ!」ユサユサユサ

たかね「ん、んう、ぅむむ」



【アク抜き必須】

たかね「……ふぁぁ」

  響「昨日は遅くまで自分が引っ張りまわしてた分、眠いよね。ごめんな、たかね」

たかね「いえ…… それは、かまわないのですが…… むにゅ……」

コツン

たかね「いたっ!? ……なにをなげたのですか、ひびき」

  響「えっ、自分、なにもしてないよ?」

たかね「かくしてもむだです。なにかちいさなかたいものが、たしかに、あたまにあたりました!」

  響「ええ……? あっ、たぶんこれがちょうど落ちてきて当たったんだよ。ほら」ヒョイ

たかね「…… これは? このみ、ですか?」

  響「どんぐりだね」



たかね「どんぐり? どんぐりとは、このみとはちがうのですか」

  響「えーとね、木の実の一種なんだけど、こういう形のはだいたいどんぐりって呼ぶの」

たかね「ほう…… どんぐり。つやつやとして、きれいですね」

  響「そうだね。秋に落ちてるイメージだけど、このぐらいの時期にもまだあるんだなー」

たかね「たしかに、よくみると、ほかにもおちています」ヒョイッ

  響「ほんとだ、今まで気づかなかったぞ…… よくピンポイントでたかねに当たったなぁ」

たかね「これをうえると、またきがはえてくるのですか?」

  響「たぶんそうだと思うよ。あ、それに確か、食べることもでき――」

たかね「どんぐり、どのようなあじなのでしょうか! さっそく」キラキラ

  響「――るとは聞いたことあるけど待って待って、そのまま食べるものじゃないからねっ!?」



【おすそわけ】


 高木「おや? たかね君、なにかあったのかね?」

たかね「たかぎどの、これをどうぞ。けさてにいれたばかりのおみやげです!」

 高木「おお、私になにかくれるのかい?」


たかね「ことりじょう、いま、すこしよろしいですか?」

 小鳥「たかねちゃん、どうしたの?」

たかね「わたくしから、こころばかりのおくりものです」

 小鳥「えっ、なあに?」


たかね「あっ、りつこじょう、りつこじょう!」

 律子「ん? たかね、どうかした?」



【大人気】

 高木「私がもらったもののほうが色つやが美しいと思わんかね」

 小鳥「そう仰いますけど社長、明らかにわたしのもらったやつの方が大きいですよ?」

 律子「もう…… 大の大人が、なにをどんぐり一つで盛り上がってるんですか、お二人とも」

 高木「律子君の判断を聞かせてもらいたいな。どちらが見事だと思う?」

 小鳥「ねえ律子さん、わたしがもらったのの方が立派ですよね!」


 律子「……私がもらったやつ、お二人のと違ってちゃんと帽子まで付いてるんですよ。ほら」 バァーン


 高木「何ィィ!?」

 小鳥「な、なんてこと……!」


たかね「あの…… わたくしも! わたくしもおはなしに、まぜてください!」ピョンピョン




【高槻やよいの場合】


 小鳥(さて…… こっちの準備はオッケー。時間的に、そろそろ授業も終わって……)


ガチャ

やよい「おはようございまーすっ!」

たかね「やよい。おつかれさまです、おかえりなさい」

やよい「あっ、たかねちゃん、ただいまー! 元気でお留守番してたかなー?」

たかね「はいっ、おべんとうをのこさずたべて、いいこにしていました」

やよい「おおーっ、えらいなぁ! それじゃあ今日も、いつものあれ、やろっか」

たかね「はい! おねがいします」


 小鳥(……来た!! いつものアレが来たわっ!)ガタタッ





やよい「よーし、じゃあ、いくよ?」

たかね「はいっ」


 小鳥(いつもは背伸びする側のやよいちゃんが、たかねちゃんに合わせて少しかがんで……) ●REC

 小鳥(たかねちゃんは精いっぱい背伸びして手を伸ばして、やよいちゃんに合わせようと……!) ●REC


やよい「せーのっ、はいたーっち!」

   「「いえい!」」パンッ




 小鳥「ああ…… ああ……! 神様、ありがとうございます……!」 ●REC

 高木「微笑ましいのはわかるが、はたして泣くほどのことかね」



たかね「ところで…… やよいには、たしか、きょうだいがたくさんいるのでしたね」

やよい「うん、そうだよ。わたしが一番お姉さんなんだー」

たかね「わたくしはごさいですが、やよいのきょうだいはみな、もっとおさないのですか?」

やよい「ううん、上の二人はたかねちゃんより年上。でも、たかねちゃんのほうがしっかりしてるかも」

たかね「それはいたしかたのないことです。わたくしは、しゅくじょですから」

やよい「あはは、そうだね。たかねちゃんはオトナだなぁ」ナデナデ

たかね「あの、やよい、ひとつききたいのです」

やよい「わたしに? もちろんいいよー、なあに?」


たかね「…… おさないおとうとやいもうとのおせわは、たいへんではありませんか」

やよい「うーん…… そうだなぁ、たしかに大変なときもあるけど、わたしは毎日楽しいかなー、って」


たかね「そういうものなのですか?」



やよい「うん、みんな大好きな家族だから。成長してるのをそばで見られる楽しみもあるしね!」

たかね「ふむ……」


やよい「…… 心配しなくても、響さんも、たかねちゃんと一緒にいるのが大変だとかつらいとか、ぜったい思ってないよ」


たかね「!」

やよい「頼られたり、甘えられたりするのって、やっぱりうれしいものだもん。だから、だいじょうぶ」

たかね「……やよいは、するどいのですね。まいりました」

やよい「えへへー、わたし、こう見えてずっとお姉さんやってるからね」

たかね「わたくしも…… いもうとのようなものだと?」

やよい「そうそう。ちっちゃい妹の考えることなんて、おねえちゃんはお見とおしでーす!」ワシャワシャ

たかね「ふふ、く、くすぐったいです、やよい」



たかね「やよいはおりょうりもするのでしょう?」

やよい「そうだね、うちの家族のごはんは、だいたいわたしが作ってるよ」

たかね「どんなおりょうりが、とくいなのですか?」

やよい「うーんとね、けっこうなんでも作るんだけど…… そうだ、たかねちゃん、もやしって好き?」

たかね「もやし? ……らぁめんなどにはいっている、しろい、あのもやしですか?」

やよい「そう、そのもやし。あれはすごいお野菜なんだって知ってた?」

たかね「すごい…… ですか? たしかにしゃきしゃきとして、びみですが」

やよい「おいしいだけじゃないんだよー。もやしのすごいところはね……」




やよい「……つまり、こんなにお財布にやさしくて、簡単にお料理できるのに!」

たかね「びたみんがおおく、びようによく、なにより、たくさんしょくせる……!! すごい!!」キラキラキラ



【幼児と保護者の一見ありふれた攻防】

たかね「ひびき…… あのう、じつはわたくし、おりいってほしいものが」

  響「んー……? 今週ぶんのカップ麺はこのあいだ買ったよね? たかね、自分とお約束したよね?」ジトー

たかね「ちっ、ちがいます! かっぷめんのことではないのです」

  響「ほほー。じゃあ、なにが欲しいの?」

たかね「ええと…… まずは、おやさいのうりばへつれていってください!」

  響「野菜売り場……?」




たかね「いったい、どこに……」キョロキョロ

  響「なに探してるのさー、どうせ自分が買うんだから教えてくれてもいいでしょ?」

たかね「いえ、わたくしじしんでみつけてこそ、あっ、ありました!」



たかね「これです! これがほしかったのです!」キラキラ

  響(…… なんでそこでわざわざもやしなんだー!? 予想外すぎるぞ!)

たかね「ひびき! おねがいです、もやしをかってくださいませ」

  響「え、ええー…… でも、すぐに使う予定はないし、もやしって結構すぐダメになるから、今日は……」

たかね「だめ、ですか……? わたくし、ようやっとめぐりあえたのですが、だめですか……?」ウルッ

  響「うーん、いや、ダメっていうか、今日買っても使うアテがさ…… ……ん?」


 客1(あんな小っちゃな子が、自分からお野菜欲しがるなんて!)

 客2(普通あのくらいの歳ならお菓子とかねだるのに、ずいぶん健康志向な子ね)

 客3(せいぜい袋で30円とかだし、なんにでも使えるじゃん…… そのくらい買ってやれよ……)

 客4(タッパーに水張って漬けとくと日持ちするんだよね。栄養素は減るらしいけど)


  響(…… な、なんか、周囲から無言のプレッシャーみたいなのを感じる!?)

たかね「……ふふふ。よろんをあやつるものが、かつのですよ」

  響「!?」



【じんとり】


たかね「……いいえ、だめです。このばしょは、ゆずれません」


たかね「そのようにすごんだところで、むだですよ。わたくしはここをししゅします」


たかね「ほう…… よいどきょうですね。あえてたたかいをいどみますか」


たかね「な"っ、つ、つめはひきょうです! おやめなさい、や、やめ」




たかね「……ひびき。ねこきちどのが、わたくしに、いじわるを」グスッ

  響「あー…… あの子、あれでなかなか気が強いし、それにこたつ大好きだから……」

たかね「わたくしもこたつにはいりたいのです! なんとかしてください!」

  響「はいはい、自分と一緒のところに入れば大丈夫だから」



【可否】

  響(さてっと、たかねも寝たし…… うわー、片付いてない宿題、まだ結構あるなー……)

  響「泣き言言ってても仕方ないか。さっさとやっちゃおう、っと、その前に」




ガチャ

たかね「……む。おはよぅごじゃます、ひびき」フラフラ

  響「あれ、たかね。どうかした?」

たかね「おてあらいに、いこうと」

  響「そっか、冷えたらいけないから、なんか羽織って行きなよ」ゴソゴソ

たかね「……?」ジーッ

  響「ん、どしたの?」

たかね「ひびき…… そのこっぷには、なにがはいっているのです?」

  響「え?」



  響「ああ、これ? うっかり寝ちゃうといけないからさ、自分用に……」

たかね「そのゆげ! わたくしのいぬまに、ここあをのもうというのですね!?」

  響「えっ、違うよ? 寒い夜はココアもいいけど、今は眠気覚ましがメインだから」

たかね「ずるい! ずるいです! ひびき、わたくしものみたいです!」

  響「いやだから、さっきから言ってるとおり、これはココアじゃなくて」

たかね「いいわけはききません! おてあらいからもどったら、あらいざらいはいてもらいます!!」

  響「…… ええと、うん、とりあえず、トイレ行っておいで」

たかね「いいのがれはできませんよ…… かくごしておいてください!」タタッ

  響(……ぷぷっ、なにを洗いざらい吐けっていうんだろ)



ガチャ

たかね「ふう…… さて、ひびき。なにか、いいぶんは?」

  響「言い分って言われても…… 自分は、眠くならないようにこれを作っただけだぞ!」

たかね「これは、どうかんがえてもゆうざいですね……」

  響「なにがっ!?」

たかね「ひびき、ちゃんすをあげましょう。わたくしにもわけてくだされば、みのがしてあげます」

  響「……ココアじゃないけど、いいんだな?」

たかね「やれやれ、まだしらをきるつもりですか。かんねんなさい」

  響「ははー、お代官…… いや、姫さまー」



  響「では…… これを、どうぞ」

たかね「やはり、ちゃいろいではありませんか。どうみてもここあ!」

  響「飲んでみてお確かめください、姫さま」

たかね「もちろんです。いただきます」


ズズ

たかね「……! ……!? !!」


  響「いかがですか、姫さま!」

たかね「うえぇ、に、にがい!? ひびき、にがいです! これはここあではありません!!」

  響「だから、あれだけ何度も言ったのに…… 自分の言うこと聞かないからだぞ」



  響「これはコーヒーって言ってね。この通り、にがいの」

たかね「みをもって、おもいしりました…… これはあくまののみものです」

  響「これ好きな人、いっぱいいるんだからね? それに、今日は牛乳混ぜてカフェオレにしてるし」

たかね「とてもりかいできません…… なにゆえ、こんなものを!?」

  響「味と成分が眠気覚ましになるんだよ。まあ、どっちみち、大人の味だからね」

たかね「…… おとなの……?」ピク

  響「そう、大人はこれが好きなのさー。たかねが飲めないのも、しかたないよなー」ニヤ

たかね「そ、そんなことはありません! わたくしだってのめます!」

  響「無理しなくていいって。自分も小っちゃいころは苦手だったし」

たかね「ばかにしないでください! わたくしはちいさくないですし、このようなもの、へいきです!」

  響「じゃあ、残りも遠慮しないで飲んでいいぞ?」

たかね「ぐ、ぐぬぬ……」

  響(…… 正直、ブラックは自分もまだちょっと苦手なんだけど…… 黙っとこっと)



【かふぇいんのせい】


たかね「……」


たかね「……」パッチリ


たかね「……どうしましょうか。ねむれません」ムク


ガチャ

たかね「ひびき、ひびき」ユサユサ

  響「ん、んんー…… たかね? ……えっ、ごめん、もう朝!?」ガバ

たかね「いえ、よるです」

  響「はぁ!?」

たかね「めがさえてしまいました…… それになにか、どきどきします」



【ふんわり落ちてくる夜】

  響「自分がカフェオレ飲ませたせいだね、ごめん。考えが足りなかったぞ……」

たかね「いえ…… ただ、どうにも、よこになっていても、ねむれなくて」

  響「いいよ、それよりどうしようか。トランプでもする?」

たかね「……」ジーッ

  響「たかね?」

たかね「ひびき、なぜ、べらんだがあんなにあかるいのでしょう?」

  響「…… ああ、月が出てるんだよ。この時期だと…… ええと、下弦の月、に近いはず」

たかね「つき…… おつきさま?」

  響「そう、お月様。ベランダに出ようか…… あ、帽子とマフラー持っておいで、寒いから」







たかね「…… きれい、ですね」

  響「だねー。冬は空気が乾燥してるぶん、月や星がよけい綺麗に見えるとかって言うし」

たかね「あれは、かげんのつきというのですか?」

  響「厳密にはちょっと違うかも。そのへんも…… 自分、教えてもらってただけだから」

たかね「なんだか、すこし、なつかしいようなきがいたします……」

  響「そう? …… ひょっとして…… なにか思い出すようなこと、ある?」

たかね「…… ……いえ、そういうわけでは。すみません、ひびき」

  響「謝るようなこと、なにもないって。じゃ、寒いし、そろそろ中に入ろうか?」


たかね「もうすこしだけ…… いますこしだけ、わたくし、ここでみていたいです」

  響「ん。じゃあ、自分も一緒に見てるよ」


◆◆◆◆◆

【諸説あるので知らなくてもしかたない】

たかね「おや? きょうのぱんは、いつもとなにか、ちがいますね」

  響「フレンチトーストって言ってね、牛乳とか卵とか混ぜたものにパンをつけて、焼いたやつ」

たかね「ほう、それはずいぶんと、てまのかかった……」

  響「こう見えて結構かんたんだぞ。凝る場合は、前の晩から漬け込んだりするらしいけど」

たかね「とおすと…… は、やいたぱんのことですが、ふれんち、とはなんですか?」

  響「フランスって国があって、そこのもの、っていう意味だよ」

たかね「するとこれは、そのふらんすのおりょうりなのですね!」 

  響「ううん、違うぞ?」

たかね「えっ?」



  響「説はいろいろあるけど、とりあえずフランス発祥じゃないんだって」

たかね「ほほう、そうなのですか…… さすが、ひびきはものしりです!」

  響「当然さー、自分は頭脳もカンペキだからなー」

たかね「しかし、はて……? ひびき、それなら、なぜ『ふれんちとおすと』なのですか?」

  響「……さてと、冷めないうちに食べようか、たかね!」

たかね「ごまかさないでください。なにゆえ、ふらんすの、というのです」

  響「よーし、はい、手を合わせて、いただきまーす!」

たかね「しらないのですか? かんぺきなのに! それでよいのですか、ひびき!!」

  響「い、いただきまーす!!」




たかね「ふわふわで、あまくて…… たまごやきのようです! おかわりはございますか?」キラキラ

  響(ときどき鋭いこと言う一方で、このへんチョロいから助かるぞ)



【ふくら】

たかね「あそこにいるのは、なんというとりさんですか?」

  響「んー? ああ、あれはスズメだよ」

たかね「すずめ…… とてもたくさんで、むれています!」

  響「最近減ってきてるらしいけど、いまいち実感がないんだよね」

たかね「しかし…… おようふくのないすずめさんたちは、さぞ、さむいでしょう」

  響「羽があるとはいってもねー。でもさ、よく見てごらん、体がぷくっとして見えるでしょ?」

たかね「…… なるほど、いわれてみれば、まるまるとしています」

  響「ああやってふくらんで、空気を羽の間にためて、寒さをしのぐんだぞ」

たかね「ひとが、うわぎでまるまるとするのとおなじですね?」

  響「だね。たかねも、上着にマフラーと帽子とでもっこもこだもんね」

たかね「わたくし…… もっこもこ、なのですか?」

  響「うん、ふくらたかねになってるなー」



【そもそも雇用外】

たかね「たかぎどの、おりいって、ごそうだんがあるのですが……」

 高木「私にかい? 珍しいな、私で答えられるようなことだとよいが」

たかね「わたくしがじむしょにおせわになるようになって、いくにちかすぎました」

 高木「ああ、そうだね。おかげで事務所の雰囲気がなごやかになって、助かっているよ」

たかね「ここへきて、わたくし、まいにち、みなにめんどうをみてもらっております」

 高木「気にすることではないさ。たかね君の状況から考えれば、当然のことだ」

たかね「みなのおはなしをきいたり、おかしをごちそうになったりと、たいへんここちよいです」

 高木「そうか、それなら何よりだ…… ん? それで、いったい何が問題なのだね?」

たかね「ふと、おそろしいことに、きがついてしまいまして……」




たかね「わたくし、これは、『しゃないにーと』とよばれるそんざいなのではないかと……!」

 高木「待ちたまえ、どこでそんな言葉を聞いてきたのかね」



【星井美希の場合】

 美希「あっ、いたいた、たーかねっ!」

たかね「! ……み、みきではありませんか、ごきげんよう」

 美希「ねえねえたかね、たかねはさ、お昼寝って好き?」

たかね「おひるね…… は、すきです」

 美希「だよね、気持ちいいもん。ミキも大好きなの!」
 
たかね「しかし……、あいにくわたくし、いまは、あまりねむくないもので」

 美希「あれっ、そーなの?」

たかね「そ、そーなのです、それでは、そういうことで……」ススス



 美希「でもさ…… たかね、お昼寝は好きなんだよね?」ズイ

たかね「ええ、その…… すきは、すきなのですが……」

 美希「ですが、なーに?」

たかね「……おさらば!」タタタッ

 美希「あはっ、追いかけっこなら負けないのー!」ダッ




たかね「み、みき! はなしなさい!」ジタバタ

 美希「ふっふっふー、たかねの運動神経でミキから逃げきれると思った?」



たかね「このようなくつじょく! わたくしは、そふぁになどくっしません!」

 美希「まーまー、いいからいいから。それっ」ボスン

たかね「ま、またこうなるのですかっ!? めんようなーっ!」




 美希「あーっ…… やっぱり、ふかふかのソファとたかねのセットは何度やってもサイコーなの!」ギュー

たかね「…… なぜみきは、まいど、わたくしをかかえてねるのですか」

 美希「だって、あったかいし、もふもふしてて気持ちいいし、ぎゅってするのにちょうどいいんだもん」

たかね「わたくしのつごうはどうなるのです!?」



 美希「でも…… たかね、特になんの用事もないでしょ……?」

たかね「いいえ! わたくしのすけじゅーるは、いっぱいなのですよ!」

 美希「…… ええー、そうなのぉ……? たとえば、どんな……?」

たかね「はるかにおかしをもらったり、ゆきほのおちゃをいただいたり、あみやまみとげーむをするなど、だいじな……」




 美希「…… くう…… すぴー」ギュー

たかね「じ、じぶんからきいておいて、そのたいどはなんなのです!?」


たかね(いまは、かんぜんにかかえられていますが…… みきのちからが、ぬけるのをまてば!)キッ








やよい「真さーん、すみません、そこのタオルケットとってもらっていいですかー?」ヒソヒソ

  真「えっと…… ああ、これだね、はい」ヒソヒソ

やよい「ありがとうございます。 ……んしょ、っと」ファサ


 美希「…… あふぅ……」

たかね「むにゃ……」


やよい「美希さんがたかねちゃん抱えて一緒に寝てるの、もうすっかりおなじみですねー」

  真「ホントにね。まあ、二人とも幸せそうだし、いいんじゃないかな?」

 小鳥「美希ちゃん、今日の予定はもうないはずだから、そっとしておいてあげましょう」●REC



【おくめんもない】

たかね「ひびき、わたくし、とてもよいことをきいたのです」

  響「えっ、なになに?」

たかね「ふふふ…… ききたいですか」

  響「うん、知りたいな、早く教えてよ」

たかね「きいて、おどろくなかれ…… じつは……!」

  響「実は……?」ゴクリ

たかね「えきまえのでぱあとで、ほっかいどうぶっさんてんがあるそうなのです!」

  響「あ、そうなの」

たかね「しかもそこで、げんていの、ほっかいどうのらぁめんがしょくせると!!」

  響「そうか、そりゃよかったなー。さ、帰ろうか」

たかね「なっ! そこは、『たかねはいいこだから、ごほうびにつれていってあげるぞ』でしょう!?」

  響「ごほうびを自分から要求する時点でたぶん、いい子じゃないよね」

たかね「なんと!」



【シースルー】

たかね「おうちのえれべーたあと、なにかちがうのですか?」

  響「乗ってみたらすぐにわかるさー。あっ、ちょうど着いたよ」

チーン

たかね「! すごいですっ、ひびき!! かべからおそとがみえます!」

  響「でしょ? ほかのお客さんもいるんだから、あんまり騒がないでね」


たかね「うごきはじめました! おお、ぐんぐんと……!」

  響「はいはい、そんなに張り付いてたらほっぺの跡がついちゃうぞ」


たかね「…… あの、ひびき…… まだ、うえにあがるのですか……?」

  響「そりゃそうだよ、催事場ってだいたい一番上のフロアだから」


  響「そろそろ着くよー。 ……たかね、自分にしがみついてたらお外が見えなくない?」

たかね「け、け、けっこうです、もう、じゅうにぶんにみたので、いりません」ブルブル



【函館札幌旭川】

  響「早く決めちゃいなよ、たかね」

たかね「しお…… いえ、やはりみそ…… ああ、しかし、しょうゆもすてがたく……!」

  響「もう店員さん呼ぶぞー?」

たかね「まってください! ひびき…… このかっとう、ひびきもわかるでしょう!?」

  響「いやごめん、全然」

たかね「なにゆえです!?」

  響「自分、こういうとき、悩まないでぱっと決めちゃう方だからさ」

たかね「ああ…… しょせん、ひびきには、このすうこうななやみは、りかいできませんか……」




  響「よーし、たかね、帰りもさっきのエレベーターに乗ろうなー」

たかね「いやです! それだけはいやでございます!!」ガクガク



【らんぐどしゃ】

たかね「あちちっ…… のうこうで…… あひゅ、たいへんに、びみで、あちっ!」ズズ

  響「無理にしゃべらなくていいから、落ち着いて食べなよ」ズズズ

たかね「このかんどう! くちにせずには、あちっ、いられな、あちち」

  響「味噌ラーメンって、ただでさえ熱いんだからさ…… 少し冷めるの待てば?」




たかね「…… ひびきのしおらぁめんも、まこと、おいしそうですね」ジーッ

  響「うん、すごくいい味。あっさりしてるんだけど、深みがあるっていうか」ズズ

たかね「ひびき。みそらぁめんがほどよくさめるまで、わたくし、てもちぶさたです」

  響「だろうね。おとなしく待ってるんだよ」

たかね「…… そのしおらぁめん、こがらなひびきには、おおすぎませんか?」ダラダラ

  響「よだれふいて、素直にくださいって言えたら、ちゃんと分けてあげるぞ」ズズ



【新井式廻轉抽籤器】

  響「じゃあ、これでお願いします」

 店員「かしこまりました」

たかね「ごちそうさまです! たいへんに、びみでした!」

 店員「あら…… ふふっ、ありがとうございました。はい、お嬢ちゃん、抽選券をどうぞ」

たかね「おや、これは?」

  響「…… へえ、今、キャンペーンで福引やってるんだってさ」

たかね「ふくびき?」




たかね「すると、きんいろがでたら、おにくのせっとがいただけるのですねっ!?」

  響「当たれば、ね。何分の一の確率かもわかんないけど」

たかね「わたくしが! わたくしがあててみせます!」

  響「はいはい…… すみませーん、抽選2回分、お願いしまーす」



 係員「いらっしゃいませー。おっ、お嬢ちゃんが引くの?」

たかね「はい! きんいろで、おにくがもらえるとききました!」

 係員「そうだよ、まだ1等は出てないから頑張って当ててね」

たかね「では…… まいります!」メラメラ

 係員「おおー、いい気合の入り具合だ。じゃあ、張り切ってどうぞ!」

たかね「…… とおおーっ!!」

ガラガラガラガラ




たかね「しろ…… しろがふたつ! これは、なにがいただけるのですか!?」

  響「そこに張ってあるでしょ。見事に残念賞だぞ」

たかね「なんと!?」ガーン

 係員「んー、惜しかったね。さっきの気合に免じて、1個おまけしといてあげよう」



【ロゴbyダリ】

たかね「……」ズーン

  響「元気出しなって、たかね。あんなの、まず当たらないんだから」

たかね「おにく…… おにくが……」ウルウル

  響「それより、さっき残念賞でもらったもの、なんだか知ってる?」

たかね「…… いえ。もちろん、わかりません」

  響「だよね? チュッパチャプスって言って、要は棒のついた飴なんだけど」

たかね「あめ…… ということは、つまり、おかしですか?」パァ

  響「そうそう。さっき三本もらったからさ、帰ったら一緒に食べようよ」

たかね「では、わたくしがもらったのですから、わたくしがふたつでひびきがひとつですね!」

  響「あはは、しょうがないなあ、それでいいよ」



【ことしもやってくる】

たかね「しかし、よるだというのに、まちなかは、ひるのようにあかるいですね」

  響「時期が時期だからなー。もうすぐクリスマスだもん」

たかね「その、くりすます、というのは、なにかくるしいぎょうじなのでしょう?」

  響「え? 違うよ、お祭りみたいなものだぞ。苦しいって、なんで?」

たかね「せんじつことりじょうが、ひどく、にがにがしげなかおでいっておりましたので」

  響「あ、ああー…… たかね、今後ピヨ子にその話題振るのはやめとこうね」

たかね「では、くりすますとはなんなのですか?」

  響「簡単に言えば、昔の有名な人の誕生日なんだ。みんなでそれをお祝いするんだよ」

たかね「ふむ。ならば、ことりじょうは、そのひとにうらみでもあるのですね」

  響「絶対違うからね!? 間違ってもピヨ子に言っちゃダメだぞ!」



  響「色々あって今では、大事な人に贈り物をあげる日、ってことになってるのさー」

たかね「おくりもの、ですか?」

  響「誕生日のお祝いだったのが、家族とか親しい人とかに贈り物するように変わった感じかな」

たかね「ふむ、なるほど」

  響「最近じゃまた違ってきて、大事な人と二人で過ごす、ってのが一般的だしね」




たかね「となると、ことりじょうはなぜ、あれほどにがにがしいようすだったのでしょう?」

  響「え、ええと…… まだ、誰と一緒に過ごすか決まってない…… とか……、じゃないかな?」

  響(ごめんピヨ子! ……なんで謝ってるのか自分もよくわかんないけど、とにかくごめん!)




たかね「たしかに、いっしょにだれもいないのは、さびしいでしょうね……」

  響「…… ま、そういう意味じゃ、自分もピヨ子と大差ないんだけどなー」

たかね「そうですか? ひびきは、さびしくないはずですよ?」

  響「えー、どうしてさ?」


たかね「だって、わたくしが、となりにいるからです。ふふっ」ギュッ

  響「…… ああ、うん、そっか。うん、おかげで、さびしくなんかないぞ!」ギュ


◆◆◆◆◆

【透明キャンパス】

たかね「さむいので…… わたくし、おふとんからでるのをだんこ、きょひします」

  響「もー、そんなこと言ってー。どうせ起きなきゃいけないんだからさ」

たかね「いいえ! いざとなれば、おふとんとしんじゅうするしょぞん!」キリッ

  響(…… どうせいつもどおり、ご飯できるころには出てくるだろうけど…… そうだ!)

  響「ふーん、そうかぁ。じゃあ自分、お絵かきでもしよっかなー」スタスタ

たかね「…… おえかき? こんなあさから……?」

  響「おおー、指だけでどんどん描けて楽しいぞー!」キュキュッ

たかね「ゆ、ゆびだけで…… おえかき……?」

  響「まだスペースいっぱいあるなー、よーし、自分だけで使い切っちゃおーっと」キュキュキュ

たかね「…… ひびき、わたくしも、おえかきしたいです!」ムク

  響「じゃあ、早くおいでー。ちゃんとあったかい格好するんだよ?」

  響(……結露が役に立つのって、こんなときくらいだなぁ)







  響「どーだっ! 我那覇響作、題して『いぬ美とたかね』!」

たかね「ほほう…… これは、なかなかのりきさくですね」

  響「カンペキだから、絵だってすらすら描けるのさー。たかねもいぬ美も毎日見てるし」

たかね「しかし、このわたくしにはいっぽ、およばないようです」フフン

  響「そういえばたかねの描いたの見てなかったな、どれどれ?」




たかね「どうですか。わたくしのうでまえに、こえもでないようですね、ひびき?」

  響「こっ…… これは!?」

たかね「これこそは、だいして」

  響「すごいぞ、アメーバ上手に描けたな! え、たかね、見たことあるの?」

たかね「あめえば!?」



【明】

たかね「おや…… ひびき、あそこにみえるのは、おつきさまですか?」

  響「そうだよ。時期によって、朝とか昼とかでも見えるのさー」

たかね「なぜですか? ひるはおひさまが、おつきさまはよるに、でるものでしょう?」

  響「えーっと、それはね……」

  響(地球の自転と月の公転が、なんて話してもわかんないだろうしなぁ……)

  響「…… きっと、お日様が一人ぼっちに見えたから、お月様が遊びにきてあげたんだよ」

たかね「ふふ、すると、あかるいようで、おひさまはさびしがりなのですね」

  響「でも案外、お月様が、一人じゃ寂しいからって会いにきたのかも」

たかね「む、りょうほうとも、ありそうです…… ひびきは、どちらだとおもいますか?」

  響「なんとなく、お月様が寂しがってそうな気がするぞ。たかねはどう思う?」

たかね「ならばわたくしは、おひさまがさびしがり、というほうをとります!」



【1520mm】

   『…… お立ちのお客様は、吊り革や手すりなどにおつかまりください……』

ガタンゴトン

たかね「どうしてでんしゃのなかには、わっかがぶらさがっているのですか?」

  響「立ってるお客さんがあれを持って、体を支えるためだよ」

たかね「いったい、どのようなてざわりなのでしょう……」

  響「いやぁ、別に、そんないいものでもないと思うけど」

たかね「わたくし、とどかないので、きになります。ひびきは、もったことがあるのですね」

  響「えっ…… え、ああ、も、もちろんだぞ、自分はたかねと違ってちゃーんと手が届くからな!」

たかね「どのようなかんじなのです? つるつるしているのですか? やわらかいのですか?」

  響「その、えっと、……まったりとして、それでいてしつこくないっていうか」

たかね「ひびき、どうしたのですか、めがおよいでいます」



【修行】

たかね「ことりじょう、あまっているかみはありませんか?」

 小鳥「紙? たかねちゃん、なにか書くの?」

たかね「はい、わたくし、おえかきをしたいのです」

 小鳥「なるほど、それなら大きめで真っ白のがいいわね。ちょっと待ってて」




 小鳥「お待たせー。これ全部コピーのし損じだから、どれだけいっぱい使っても大丈夫よ」ドサ

たかね「こんなに! ありがとうございます、ことりじょう」

 小鳥「どういたしまして。すてきな絵が描けたら、わたしにも見せてね」

たかね「ええ、もちろんです。にどとひびきに、あめえばなどとはいわせません……!」ゴゴゴゴ

 小鳥「アメーバ?」



たかね「ちなみに、ことりじょうは、おえかきはすきですか?」

 小鳥「わたし? そうね、うん、嫌いじゃないわ」

たかね「よろしければ、いっしょにおえかきはいかがでしょう」

 小鳥「じゃあ…… こっちの作業もちょうどひと段落したし、ちょっとだけ」




 小鳥「よーし、完成っと。たかねちゃんと響ちゃん描いてみたわ、どう?」

たかね「わたくしもできました! だいして、『みそらぁめんとわたく ……!?」

 小鳥「……たかねちゃん? ごめんなさい、イマイチだったかしら」

たかね「ことりじょう…… いえ、ししょうとよばせてください!!」

 小鳥「ええ!?」



【秋月律子の場合】


 律子「うーん……」カタカタカタ


 律子「……」ペラ カリカリ


 律子「…… あー…… なんか、どうにもしっくり来ない……!」


 小鳥「だいぶお疲れみたいですね。律子さん、ちょっと息抜きとかしてみたらどうですか?」

 律子「ありがとうございます。企画書、もう一息なんですよ」

 小鳥「根を詰めすぎないでくださいね。それじゃあわたし、ちょっと買い物へ行ってきます」

 律子「わかりました。お気をつけて、小鳥さん」







 律子(ううーん…… もう一息、なんて言ってはみたけど、どうにも……)

たかね「……」ジーッ

 律子(……ぐだぐだ考えてたって始まらないわね。やるしかないんだから)

たかね「あの、りつこじょう?」

 律子「…… あー、たかね? ごめん、今ちょっと手が離せないの、もう少ししたら――」

たかね「これをどうぞ」

 律子「え、これ…… 私にくれるの? あ、ありがと」



たかね「それは、ちゅぱちゅ…… ちゅっぱ、ちゅぱっち……」

 律子「ああうん、チュッパチャプスね?」

たかね「はい、そういうなまえのあめで、あまくてびみなのです」

 律子「たかね、自分で食べたらいいじゃない。これ、おやつ用に持ってきたんでしょう?」

たかね「あまいものをたべると、げんきがでるといいます、りつこじょう」

 律子「!」

たかね「おつかれのように、みえたので…… ごめいわくでしたか?」

 律子「……いいえ、助かったわ。じゃあこれ、ありがたくもらうわね」

たかね「はいっ!」







ガチャ

あずさ「戻りました~」

 亜美「ただいまー…… って、あああああーっ!?」

たかね「ひゃっ!?」ビクゥ

 律子「ちょっ…… なにごふぉ!? ほうかひはの!?」

 亜美「あ、あずさお姉ちゃん! 律っちゃんが、律っちゃんがグレちゃったぁーっ!!」

 律子「……は?」

あずさ「えっ? 亜美ちゃん、何を言っ…… ……!?」

 律子「?」

あずさ「…… あのぉ、律子さん、それ…… たばこ……、ですか……?」

 律子「え?」



 律子「たふぁこ……? ……あ、あっ、ふぇ、ひが…… ええい!」

チュポン

 律子「ほ、ほらっ違いますって! ねっ!? これ飴です飴の棒! チュッパチャプス!」

あずさ「あ、ああ…… なぁんだ! もう、びっくりしちゃいましたよ」

 亜美「…… だ・と・し・て・も、さぁ?」

 律子「こ、今度はなによ?」

 亜美「律っちゃんともあろうお方がさー、お仕事中にチュッパチャプス舐めたりしていいのかなー?」ニヤニヤ

 律子「え……、これは、その、だって!」

あずさ「うふふ、しかたないですよね~? 甘いものがほしいときって、ありますよね」ニコニコ

 律子「あ、あずささんまでっ!?」







たかね「ふふ、すっふぁりげんひになっふぁようでしゅね、りふこじょお」ペロペロ

 律子「……おかげさまでね。とりあえずそれ、私からお礼、ってことで」

たかね「ひかひ、こんふぁにおおひな、ぼうふひのあめを、いたふぁいてよいのでふか?」ペロペロ

 律子「食べながら言う台詞じゃないわよね、それ」

たかね「む…… たひふぁに……」ペロペロ

 律子「ま、たまにはそういうのもいいでしょ。危ないから、歩きながら舐めるのは絶対ダメよ?」

たかね「ふぁい!」ペロペロ

 小鳥(……律子さん、ペロペロキャンディなんて、どこで見つけてきたのかしら) ●REC



【商標登録済】

たかね「ひびき、れいのものをだしてください」

  響「例の…… ああ、あれか。ふふ、あれなら掃除機と違って怖くないもんね?」

たかね「こ、こわいのではありません! おそうじのこうりつがよいだけです!」

  響「まあ確かに、夜にあんまり掃除機使うわけにもいかないもんなー……」ゴソゴソ

たかね「おともせず、てがるにつかえますし…… それに、わたくしがたのしいです!」

  響「最後のがメインの理由だよね、知ってるぞー」




  響「じゃあ、これ。よろしくね」

たかね「はい! わたくしがこの"ころころ"で、おへやじゅう、ぴかぴかにしてみせます!」




たかね「むむ…… やはり、るすのあいだにみなが、けやはねをちらかしていますね」コロコロ


たかね「やわらかで、あまりながくないこのけは、ねこきちどののもの」コロコロ


たかね「こちらにはこまかい、わたのようなものが…… おうすけどのの、はねでしょう」コロコロ


たかね「これは…… うさえどのか、ぶたたどの、はたまた、ももじろうどのの……?」コロコロ




たかね「む。この、ながくてなみうった、しろいけは…… いぬみどののものですね」コロコロ

  響「なに言ってるのさ。どう見てもそれ、たかねの髪の毛だぞ」

たかね「なんと!?」



【弟子入り志願】

たかね「そういえば、ひびき。わたくし、ひびきにおそわりたいことがあるのです」

  響「自分に? へえ、いったい何?」

たかね「あみもののつくりかたを、おしえてください」

  響「編み物? ……セーターとかマフラーとか、そういう編み物?」

たかね「はい、そのあみものです」

  響「教えるのは全然かまわないけど…… なんで?」

たかね「…… わたくしも、ゆくゆくは、まふらーやぼうしをつくれるようになりたいのです」

  響「ふーん? まあ、なんにでも興味もつのはいいことだぞ!」



  響「たかね、最初はなにを作ってみたいの?」

たかね「はじめてあむのに、おすすめはなんでしょうか」

  響「定番は…… やっぱりマフラーかな。セーターとか帽子とかは、立体的で難しいからね」

たかね「それならば、まふらーにします!」

  響「よし、じゃあ…… 毛糸はこのへんの番手がいいかな」

たかね「お、おお……!? おもっていたより、ずいぶんふといのですね」

  響「最初はこれくらいがいいよ。あんまり細いと、完成まで時間がかかっちゃうのさー」

たかね「ふむ…… まるで、おうどんのようです」

  響「言われてみれば、確かに。しかし、たとえがうどんって、ぶれないなホントに」



【What kind of color】

  響「あ、そうだ、色はどうする?」

たかね「いろ?」

  響「そう、毛糸の色。これ次第で、けっこうできあがりの印象が違うぞ」

たかね「どんないろでも、あるのですか?」

  響「だいたい揃ってるよ。こないだ自分が使ったのに似た、臙脂っぽいのとかはどう?」

たかね「…… あの、ひびき、あおいけいとはありませんか」

  響「青? なくはないけど…… でも、たかねには臙脂色、よく似合うと思うけどなー」

たかね「わたくしも、たまには"いめちぇん"をしてみたいのです」

  響「んー、じゃ、これなんかどうかな? 明るめの青、ライトブルーって感じだけど」



【前途多難】

  響「それじゃまず、作り目ってものの作り方から説明するね」

たかね「つくりめ、ですか」

  響「編み物の、土台になる部分っていえばいいかな。これを作って、そこから編み始めるの」

たかね「なるほど。よろしくおねがいします」

  響「じゃあ最初は、編みたいマフラーの幅の3倍ぶんくらい、毛糸玉から糸を引き出すぞー」

たかね「このはしっこを、ひっぱればよいのですね?」

  響「端っこ? ……ちょっと待った、たかね、玉の外じゃなくて、内側から――」

たかね「えいっ」ズルッ

コロコロコロ

たかね「おや? たまが、ころがってしまい…… はっ!?」

ねこ吉「ニャッ」 ダッ

たかね「なっ、わ、わたくしのけいとになにをするのです!?」

  響「ねこ吉っ!? なんてお約束な…… じゃなくて! こらーっ!」



【冷気と熱が両方そなわり】

たかね「わたくし、おもうのですが……」

  響「んんー? なあにー?」クター

たかね「こたつは、にんげんのかんがえた、もっともいだいなはつめいではないでしょうか……」トローン

  響「冬場はそう思うよねー…… そうだ、ちょうどいいから、別の偉大な発明も足そう」




たかね「? ……なぜ、このさむいのに、れいとうこをあけるのです?」

  響「寒いからこそ、ってね。はい」

たかね「これは…… いったい? こおっているのですか?」

  響「アイスクリームだぞ。たかねの言ったとおり、凍ってるお菓子」

たかね「おかし! ……とはいえ、こおっているのでは、たべられませんね」

  響「それが食べられるんだなー。それ、開けてみて」



たかね「しかし…… ひびき、これはいかにもつめたそうです」

  響「冷たくなきゃアイスはおいしくないぞ。こたつに入ってるんだから、寒くないでしょ?」

たかね「それはたしかに、そうですが……」

  響「ん、それじゃあまず、自分のぶん一口あげるよ。大丈夫、すごくおいしいから」

たかね「ふむ、そういうことなら」

  響「はい、あーん」

たかね「…… あーん」 パク




たかね「!! つ、つめた…… あま! おおお!?」

  響「ね、おいしいでしょ」

たかね「あまくて、おくちで、とけて…… ああ、なくなってしまいました!?」

  響「どう? もっと食べたくなった?」

たかね「ひ、ひびき、わたくしのぶんは、どうやってあけたらよいのですかっ!」ワタワタ

  響「ふふ、焦らなくてもアイスは逃げないぞー。ほら貸して、開けてあげるから」



たかね「ああ…… なんという……! つめたくて、あまくて、とろけて……!」パクパク

  響「これもすごい発明だと思うんだよね。凍ってるのに、こんなにおいしいなんてさ」パク

たかね「ええ、ええ、まことに」パク

キーンッ

たかね「!?」

  響「たかね、どうかしたの?」パク

たかね「い、いたあぁぁぁっ!? あ、あたまが、きーんとなって……!!」

  響「…… あー、冷たいもの食べるとそうなる人、いるらしいね」

たかね「ひびきは…… ひびきは、いたくならないのですか!?」

  響「うん。自分はそれ、経験ないんだ」パク

たかね「そんな、めんような…… っ! ふこうへいです!! ああ、いたた……!」

◆◆◆◆◆

【Catch!】


  響「……うん、たぶん、ただの風邪だとは思うんだ」


  響「熱が出てるくらいで、あとはちょっと咳をしたりとか」


  響「とりあえず、家にあった風邪薬は飲んだから、少しはマシになったと思う」


  響「うーん、もっとひどくなるようなら考えるけど…… でも、ほら、保険とかさ……」


  響「えっ? ああ、学校の方は大丈夫だぞ、もう連絡入れといたから」


  響「ごめんプロデューサー、迷惑かけて。みんなにもよろしく伝えといてね。うん、それじゃ」


ピッ


  響「さてと、お待たせ。たかね、気分はどう?」

たかね「…… ゆうべよりは、けほ、だいぶ…… らくです」



【くーるだうん】

  響「うん、お薬、きいたみたいだね。熱はまだあるけど、ちゃんと下がってるよ」

たかね「そうですか…… じぶんでは、よく、わかりません」

  響「だよね。あんまり気にしなくていいぞ」

たかね「はい……」

  響「とはいえ、まだ冷やしといたほうがよさそうだな…… 冷えピタ、交換しとこう」

たかね「おでこの、これですか?」

  響「そう、貼ってるやつ。今ついてるぶん、ぬるくなっちゃったでしょ?」

たかね「そうですね…… もう、ひんやりはしません」

  響「ん、よし。じゃ、新しいのと替えようね」

たかね「こころえました…… ただ、あの、ひびき?」

  響「なあに?」

たかね「ゆっくり、おねがいします。きゅうに…… ひやっとすると、どきっとしますゆえ……」



【ただでは寝ない】

たかね「…… おねがいが、あるのです、ひびき」

  響「なぁに、たかね。なんでも聞くよ」

たかね「わたくし…… らぁめんが、とてもすきです」

  響「うん、知ってるぞ…… ラーメン食べたい? 作ってこようか?」

たかね「もし…… もし、わたくしの、やまいがなおったら……」

  響「たかね……」

たかね「そのときは…… かっぷめんを、まいにちたべてもよいという、やくそくを……」

  響「ちょっと待って、ホントに熱あるんだよね?」

たかね「……げんちをとりそこねましたか」

  響「!?」



【見舞い客ズ】

  響「なにか食べられそうなもの用意してくるよ。自分、見えるとこにいるから、大丈夫だよね?」

たかね「はい…… もちろんです。わたくし、もう、ごさいですから……」

  響「そうだったなー、えらいぞたかね。眠かったら、気にしないで寝ちゃっていいからね」ナデナデ




たかね「…… おや、いぬみどの、ねこきちどの。わざわざ、きてくれたのですか」

たかね「はむぞうどのに、しまおどの…… うさえどの、ぶたたどのまで」

たかね「ふふ、おうすけどのと、ももじろうどのが、そろってとぶのは、はじめてみました……」




たかね「へ、へびかどの、わにこどの…… おきもちは、まこと、こころから、うれしいのです」

たかね「ただ…… あの、ごはんのおすそわけは、あの、ほんとうに、けっこうですので、ひぃ」



【ド定番】

  響「昔から、風邪をひいたときにはこれって決まってるんだぞ」

たかね「……だれが、きめたの…… ですか?」

  響「さあ…… ふふ、そう言われてるだけで、ほんとは誰でもないんだろうね」

たかね「ひびき…… それは、なんですか」

  響「食べたときのお楽しみ。きついだろうけど、何かおなかに入れたほうがいいからさ」

たかね「…… いちり、ありますね。では……」

  響「ああ、いいよ、食べさせてあげる。ちょっとだけ体起こすよ?」

たかね「はい…… おねがいします」

  響「ん、しょっと…… よし。じゃあ、はい、あーん」

たかね「あーん……」



たかね「…… ひんやりして、ここちよいです」ムグムグ

  響「よかった。これなら熱があるときでも、すっと食べられるからね」

たかね「これは、おりんごですね?」

  響「そう、すりおろしたりんご。蜂蜜と、ちょっとだけショウガも足してるの」

たかね「おいしいです…… まだ、ありますか?」

  響「たかねならきっとそう言うと思って、たくさんすっといたよ。はい、あーん」

たかね「……あーん」

  響「自分もひどい風邪のときは、あんまーに食べさせてもらってたさー。懐かしいなー」

たかね「んむ…… たいへん、びみです。もうすこし、ください、ひびき」

  響「しっかり食べて、早くよくなるんだぞ。ほら、あーん」



【"FAIRY" Tale】

たかね「ひびき。ねむれないので、なにか、おはなしをしてほしいです」

  響「え? ああ、お話、お話かあ…… どんなのでもいい?」

たかね「はい!」




  響「――とある南の島にね、元気な女の子がいたんだ」

たかね「おんなのこ……」

  響「その子は、家族に大事にされて、すくすく元気に育ったの」

たかね「ふふ、わたくしとにています」



  響「大きくなって、どうしてもやってみたいことができたその子は、住んでる島を離れることにした」

たかね「かぞくからはなれて、ひとりになるのは、さびしかったでしょうね」

  響「きっとね。人前じゃ泣かなくても…… ひとりの時とかは、どうだっただろうなー」

たかね「そのこは、やってみたいことは、できたのでしょうか?」

  響「ふるさとから離れてまで始めたことだから、すごく頑張ったんだ。寝る間もないくらい」

たかね「すごい…… わたくしには、なかなかまねできそうにありません」

  響「でも、出てきたばっかりで友達もいないし、やっぱり大変だしで、くじけそうになっちゃったの」

たかね「ああ、むりもないことですが…… それから、それからどうなったのです?」

  響「そこで、同じ目標を持った友達ができたんだ」

たかね「おお! それはいったい、どのような?」



  響「それがまあ変わった友達でさ、実力はあるし性格もいいんだけど、どこか抜けてるの」

たかね「ぬけている、とは?」

  響「うーんと…… そうだなぁ、ちょうどたかねみたいな感じ」

たかね「し、しつれいな!?」

  響「…… とまあ、それで、友達もできた女の子は、改めて目標に向かって頑張った」

たかね「みかたもできて、がんばりやさんですから、きっと、うまくいったのですね!」

  響「ところが、そうでもなかったのさー」

たかね「え?」

  響「その子と友達は一緒に大きな勝負をしたんだけど、負けちゃったの」

たかね「なんと……」



  響「悪いことって続くもので、負けたのを理由に、それまで味方してくれてた人に見放されちゃって」

たかね「それは、あんまりです。だれだって、いつもかてるわけではないのに」

  響「たかねの言う通りだぞ。でも、それでも許してもらえない場合って、あるんだよね」

たかね「しかし…… うう、それでは、そのこと、おともだちは……」

  響「そう、目標は変わらずあるんだけど、そこからどうしていいかわからなくなっちゃった」

たかね「……」

  響「…… でもね、悪いことばかりでもなかったのさー」

たかね「なにかいいことがあったのですか?」

  響「行くところがないなら一緒においで、がんばろう、って誘ってくれる人たちが現れたの」

たかね「お、おお!!」



  響「ちょっと悩んだけど、その子も友達も一緒に、その誘いを受けることにしたんだ」

たかね「ばしょはちがっても、こころざしがあれば、がんばれますからね」

  響「そうだね。いろいろ変化があった分、苦労もあったみたいだけど」




  響「そうやってその子が新しい居場所を見つけたところで、お話はおしまい。おもしろかった?」

たかね「ええ、とても、それで、いま、そのおんなのこは?」

  響「さあ、どうなったのでしょう…… たかねは、その子がどうなってると思う?」

たかね「わたくしの、かんですが…… おさないながら、よくできたしゅくじょと、くらしていそうです」

  響「…… ふふ、さて、どうだろうね?」



【いまいるもの】

  響「さて、たかね、ほかになにか欲しいものとか、食べたいものとかはない?」

たかね「たべたい、もの……? ほしいもの……」

  響「うちに今ないものなら、言ってくれればすぐ買ってくるよ」

たかね「…… そうですね、とくになにも、いりません」

  響「そう? 冷たいものとかいらない? ほら、前に飲んだアクエリとか、アイスとかさ」

たかね「いまのところは、だいじょうぶそうです」

  響「そっか。あ、もし気を遣ってるんだったら、遠慮なんかしなくても――」

たかね「ですので、ひびき…… わたくしが、ねむるまで、てをにぎっていてくれませんか?」

  響「……ふーん、それだけでいいの? お安い御用だぞ」

◆◆◆◆◆

【まなばない】

  響「たかねー! ほーら起きた起きた、朝だよ朝ーっ!」

たかね「…… くうう、すぴいいー」

  響「わざとらしい寝息立てたってダメだぞ。目が覚めてるの、わかってるんだから」

たかね「ですが、ひびき、おそとはさむいです」モゾ

  響「確かにね。でもそこをえいやっ! と起きちゃえば大丈夫さー」

たかね「しかし、このおふとんのぬくもりは、なにものにもかえがたく……」

  響「……実はきょう、雪が積もってるんだけど」

たかね「まことですかっ!?」ガバ

  響「まことまこと。さ、見に行っておいでよ」

たかね「はいっ!」タタタ







たかね「どこにもつもっていないではありませんか! だましたのですね!?」

  響「…… たかね、これでひっかかるの何度目だっけ。そろそろ気づこうよ」

たかね「ああっ!? いまのあいだに、おふとんをあげてしまうとは! なんとひれつな!」

  響「ここまでチョロいとかえって不安になってくるぞ、自分」

たかね「おに! あくま! いけず! ひびき!!」

  響「はいはい、まず顔洗っておいでー」



【櫛にながるる】

  響「今に始まった話じゃないけど、頭が毎朝すごいことになるよね、たかねは」

たかね「わたくし、かたにはまらないおなごなのです」ボワン

  響「なんの自慢なんだか…… 梳かしてあげるからほら、こっちおいで」

たかね「はい、いつもどおり、おねがいいたします」ボワ-




たかね「…… なぜ、わたくしのかみはこうなるのに、ひびきはならないのですか?」

  響「うーん、なんでかなぁ。髪の質とか?」

たかね「そうです! きっと、わたくしのかみのほうが、ひびきのものよりげんきなのです!」

  響「なるほどね。でも、それを言うなら、自分の髪のほうがおしとやかなのかもよ?」

たかね「むっ…… ちがいます、しゅくじょのわたくしのほうが、おしとやかです!」

  響「あー、こら、あんまり動かないでよ、うまく梳けないからさ」



【あさらー】

  響「さてと。きょうはパンとごはん、どっちが食べたい?」

たかね「ときにひびき、わたくし、こんしゅうぶんのかっぷめんを、まだいただいておりません」

  響「そういえばそうだなー…… って、たかね、まさかと思うけど」

たかね「あさ、しょくしてはいけない、というるーるは、ありませんでしたね?」

  響「ええー…… ホントに? 夜とかの方がよくない?」

たかね「これはわたくしの、せいとうなけんりです! ひびき、らぁめんをください!」




たかね「ひさかたぶりの、たいめん……! ああ、おなつかしゅうございます!」

  響「…… うがー、見てるだけで胃にきそう。よく朝からそんなの食べられるなぁ、たかね」

たかね「ふふ、あさのらぁめんはきん、ひるのらぁめんはきん、よるのらぁめんはきん、ともうしますよ?」

  響「自分の人生で間違いなく初耳だぞ、それ」



【in a sense】

たかね「ひびき、このうわぎなら、したはなにがおすすめですか?」

  響「そうだなぁ。このスカートとか、合うと思うよ」

たかね「ふむ、これが、こおでぃねえと、というものなのですね」

  響「そういえばたかね、最近は、自分で何着ていくか決めなくなったなー」

たかね「…… はなすも、くつじょくなのですが」ギリギリギリ

  響「え…… えっ、屈辱? なにが?」

たかね「ひびきにふくをえらんでもらったひは、みな、『おしゃれだね』といってくれるのです」

  響「そりゃ当然さー、カンペキな自分のチョイスだからね!」

たかね「そして、わたくしがじぶんでえらんだときは……」

  響「選んだときは……?」

たかね「……『きばつだね』『さすがたかねちゃん、めんようだね』などと!!」

  響「えーっと……、それもさ、みんなきっと褒めてくれてr」

たかね「みえすいたきやすめはおやめなさい!!」クワッ

  響「うん、ごめんなさい」



【カンガルー状態】

たかね「うう、かぜがしょうしょう、こたえます……」

  響「駅のホームって、壁がなくて吹きさらしだからねー」

たかね「ひびきのうわぎは、ぶあつくて、あたたかそうです」

  響「ダッフルコートって言うんだぞ。もともとは漁師さんが海で着てたやつ」

たかね「なるほど……」ブルブル

  響「…… あ、そうだ、いいこと思いついた。たかね、こっちにおいでよ」

たかね「いいこと? なんでしょうか、たのしいことですか?」トコトコ

  響「ふふ…… よっと!」バサッ

たかね「ひゃあ!?」







  響「どう? 寒いの、少しはマシになったでしょ?」

たかね「はいっ! ぽかぽかです! だっふるこおとは、いだいですね」

  響「だぼっとしてる分、たかねくらいならこうやって、一緒にくるんであげられるからなー」

たかね「それにひびきも、わたくしがくっついたぶん、よりあたたかでしょう?」

  響「うん、お互いいいとこどりさー。 ……おっ、電車来たよ」

たかね「でんしゃのなかでも、このままがいいです、ひびき」

  響「えー、さすがにそれは暑苦しくない?」

たかね「さきほどまで、たいへんさむかったので、しばらくだんをとらせてください!」ヌクヌク



【立ち往生】

  響「はいさーい! ピヨ子、おはよーっ」

 小鳥「おはよう響ちゃ…… あら? たかねちゃんは?」

  響「ふっふっふっふ…… たかねなら……」


たかね「ここにおります!」ヒョコッ


 小鳥「ピヨッ!?」


  響「へへー、どうどう? びっくりした? 人間カンガルー、なんちゃって!」



たかね「ふふっ、おどろいたでしょう、ことりじょ…… あの、ことりじょう?」

  響「ん、あれっ、ピヨ子……?」

 小鳥「」ダラダラ




たかね「ひびき。ことりじょうはなぜ、はなぢをながしているのですか?」

  響「…… ええっと、その、ちょっと衝撃が強すぎたのかも」

たかね「それになぜ、ほほえみをうかべて、たちつくしているのですか?」

  響「だいたい察しはつくけど、とりあえず幸せそうだからいいってことにしとこう、ね」



【水瀬伊織の場合】

 伊織「……なあに、人のことじっと見て」

たかね「いおりはいつも、そのうさぎさんをつれているのですね」

 伊織「そう、だけど…… なによ、なんか悪い?」

たかね「いえ、うさぎさんがとてもかわいらしいと、わたくし、つねづねおもっておりまして」

 伊織「えっ…… あ、そ、そう? ふーん、なかなか見る目があるじゃない」

たかね「もしよろしければ、わたくしにも、だかせてもらえませんか?」

 伊織「…… 仕方ないわね、そーっとよ? 落っことしたりしたら承知しないんだから」

たかね「は、はいっ! こころします」



たかね「おお…… このうさぎさんは、ふわふわで、てろてろです」

 伊織「……シャルル、よ」

たかね「え?」

 伊織「この子の名前。シャルルっていうの」

たかね「しゃりゅ…… しゃ、しゃるりゅ……」

 伊織「…… あー、そうだった、あんた元々カタカナはダメだったわね……」

たかね「はい…… どうにも、はつおんがふえてで……」

 伊織「じゃあ仕方ないわね、特別に、"うさぎちゃん"って呼んでもいいわよ」

たかね「うさぎちゃん……どの?」

 伊織「殿、はなくても…… まあいいわ。あ、そうそう、間違っても"うさちゃん"じゃないからね」

たかね「こころえました。うさぎちゃん……どの、うさぎちゃんどのですね!」



 伊織「ところでたかね、あんたのど渇いてない?」

たかね「はい? いえ、さほどは」

 伊織「そうかしら。ここ、結構乾燥してるし、それなりに渇いてるはずよ」

たかね「ふむ……、そういえば、しょうしょう……」

 伊織「そ、じゃあちょっと待ってなさい」

たかね「?」




 伊織「はいこれ。シャル…… うさぎちゃんから、お近づきのしるしよ」コト

たかね「これは…… おれんじじゅーす?」

 伊織「そうよ。のどが"すっっごく"渇いてるならしょうがないわ、ちょっとだけ分けてあげる」

たかね「まことですか! ありがとうございます、いおり。では、さっそく……」



 伊織「……どう?」

たかね「びみです…… これはたいへんにびみです! まさに、かんろ!」

 伊織「ふ、ふん、当然よ。この伊織ちゃんが愛飲してる特製なんだから」

たかね「いおりは、いつもこのようなおれんじじゅーすをのんでいるのですか?」

 伊織「まあね。あ、勘違いしないでよ、特別に今日はちょっと分けてあげただけで――」

たかね「…… これからはもう、いただけないのですね」ウルッ

 伊織「え…… ……えっと、その」

たかね「いまいただいたぶんが…… こんじょうの、わかれのさかずきに……」ウルウル

 伊織「…… あー、もう、大げさなんだから。今後あげない、とは言ってないでしょ」

たかね「!」

 伊織「のどが渇いてしょうがない、ってときは言いなさい。分けてあげなくもないから」

たかね「……いおりっ! いおりが、まばゆくかがやく、めがみにみえます!」キラキラ

 伊織「な、なによ、やめなさいよ…… もう、現金なんだから」



【黒蝸牛】

 真美「…… ショージキ、真美はこれ、いらないかなぁ」

 春香「ううーん、といって、捨てるのもなんだかね…… どうしよっか」

たかね「おや? ふたりとも、どうしたのですか?」

 真美「あ、おひめっち。いやー、これなんだけどさあ……」

たかね「…… なにか、どくとくなにおいがしますね」

 春香「今日収録のあった番組で扱ってた余りを、スタッフさんがくれたんだけど……」

たかね「この、くろいうずまきのようなものは、いったいなんですか」

 春香「一応、分類上はお菓子なんだよ。……分類の上では、ね」

たかね「おかし!?」キラキラ

 真美「ちょっとはるるん、それフェアじゃないって。おひめっち反応するに決まってるじゃん」



たかね「す…… しゅ、しゅにぇけん?」

 真美「おしい、ちょーっと言えてないなー。"シュネッケン"っていうんだって」

 春香「ただ、番組内での触れ込みからして…… 世界で一番まずいグミ、っていうコピーで……」

たかね「ぐみ……? おかしなのに、おいしくないのですか?」

 春香「……うぷっ、おえ」ズーン

たかね「!?」

 真美「はるるん!? まずい、フラッシュバック起こしてるYO!」

たかね「そ、それほどまでに……」

 春香「…… その、なんていうか、養命酒に漬けたタイヤを噛んでるみたいな……」

たかね「たいや……? ようめいしゅ?」

 真美「真美もほんのちょっとかじったけど…… お菓子っていうか、食べ物とは認めたくないかな」



 春香「うん、だから、こればっかりはたかねちゃんもやめといた方がいいよ」

たかね「…… しかし、おかしはおかしなのですね?」

 真美「いやいやいや、おひめっち。よーく考えてみなよ、この見た目とにおいなんだし」

たかね「いえ、いただいてみます」ヒョイ パクッ

 真美「うえええっ、マジで!?」

 春香「そんな、丸ごとなんて自殺行為だよたかねちゃん!!」

たかね「……ふむ? それふぉろ、ひろいあじれもないれふが?」ムグムグ

 春香「ええーっ!? いや、たかねちゃん、ホントに無理しなくていいんだよっ!?」

 真美「はるるんですら素のリアクションしたんだよ!? 耐えても別にえらくないよおひめっち!」

たかね「んく…… かんぽうやくのようで、なかなかにいけます」

 真美「…… うわー、マジかー。はらぺこおひめっち、おそるべし、だぜぃ……」

 春香「ねえところで真美、はるるん"ですら"ってどういう意味かな」







たかね「ひびき。きょうは、はるかとまみから、めずらしいがいこくのおかしをいただきました」

  響「へえ、ほんと? よかったなー! ねえねえ、それって自分のぶんもある?」

たかね「もちろんですよ、たくさんあります。かえったら、いっしょにたべましょう!」

  響「いいねー、どんなのか楽しみだぞ」




  響「な、なにこれ、どう見ても食べ物じゃないでしょ!? たかね、絶対だまされてるって!!」

たかね「ひびき! なぜにげるのです! みためのわりにびみですから、ほら、さあ!」

  響「や、やめ、いらないってば…… ちょっ、口に、むぐっ!?」

たかね「どうです? かおりたかく、ほのかなあまみと、にがみが…… ……ひびき?」




      \ うぎゃーっ /



【らいくらいすけーき】

  響「……」ボー

たかね「……」ポケー

  響「……」




  響「……」ムニ

たかね「…… にゃにを、ひゅるのでふ、ひびひ」

  響「なんか、たかねのほっぺ、お餅みたいだなーと思って」

たかね「はなひてふだはい」

  響「よく伸びるなあ、ほんとにお餅みたい」ニュー

たかね「ひゃめなはい、ひゃめゆのでふ」

  響「なに言ってるかわかんないぞー」ムニュー







たかね「……わたくし、たいへんくつじょくをあじわいましたので、やりかえします」ゴゴゴ

  響「でも、自分のほっぺはそんなにぷにぷにしてないよ」

たかね「もんだいはそこではありません。おもうさま、つねられたことです」

  響「力もそこまで入れてたつもりはないけどなぁ」

たかね「もんどうむよう! ひびき、むくいをおうけなさい!」バッ




  響「手触りも含めて、やっぱりお餅だなぁこれ」ムギュ

たかね「ひ、ひひょうな! ひびひ、てをのふぁふのは、ひひょうでふ」ジタバタ

  響「あはは、今度もなに言ってるかわかんないなー」ムニー

たかね「めんひょうにゃーっ!」

◆◆◆◆◆

【摘出】

  響「よいしょっと……」ゴソゴソ

たかね「おふとんというのは、そとがわと、うちがわがあったのですね」

  響「この外側のはシーツっていうんだよ。いい天気だし、ちょうどいいから洗っとこう」

たかね「うちがわのほうはあらわないのですか?」

  響「そっちは洗うんじゃなくて、干すの。ふかふかになって気持ちいいよ」

たかね「ふかふか……! なんと、かんびなひびきでしょう」

  響「よーし、じゃあたかね、ベランダに出すの手伝ってくれる?」

たかね「はいっ!」



【お砂糖てんぷら】

たかね「ごはんには、まだはやいきがしますが…… ひびき、おりょうりをするのですか?」

  響「うん、明日は久々に事務所におみやげ持って行こうかと思って」

たかね「なにができるのです?」

  響「自分の地元の名物でね、サーターアンダギーっていうの」

たかね「さ、さーた……?」

  響「だから、"サーターアンダギー"だぞ」

たかね「さー、しゃーた……、しゃ、さーた、あんだ、ぐゅ」

  響「……」

たかね「さ、さた、あん…… それは、いったいなんですか」

  響「あー、たかね、うまく言えないからってごまかしたなー?」

たかね「ちがいます! きょうは、その、したのちょうしが、しょうしょう……」

  響「名前がちゃんと言えない子には、タダじゃ教えてあげられないなー」

たかね「せっしょうなーっ!?」



  響「ということで、詳しく知りたかったらお手伝いをしてもらうぞ!」

たかね「むうぅ、いたしかたありません」




  響「じゃあ、まずは卵を混ぜてね」

たかね「きみをつぶしてしまって、よいのですか?」

  響「うん、いいよ。どうせ全部混ぜちゃうから」

たかね「では…… しょうしょう、なごりおしいですが」シャカシャカ

  響「そこにお砂糖と、それからサラダ油も足すぞー」

たかね「これが、おさとう……? しかし、ひびき、いろがしろくありませんよ」

  響「黒砂糖っていって、これはこういう色のがふつうなの。たかね、はい、あーん」

たかね「? あーん」

  響「ほいっ」ポイ

たかね「むぐ!?」



たかね「お、おお、これは? あまいなかにも、どくとくなふうみが」ムグモグ

  響「黒砂糖って、もともと固まりやすいの。そうやって飴みたいに食べてもおいしいでしょ?」

たかね「はい、はじめてたべるあじです」

  響「やっぱり、サーターアンダギーにはこれ使わないとなー」

たかね「ということはつまり、その、さたん、だ…… それは、あまいおかしなのですね!?」キラキラ

  響「そうだよ。何度か事務所に持っていったことあるんだけど、なかなか好評だったんだ」

たかね「どのようなものができるか、たのしみです!」




  響「今度は…… 小麦粉とベーキングパウダー入れるんだけど、それ混ぜるのは自分がやるね」

たかね「む、なぜです? わたくしのうでを、しんようしないのですか」

  響「たかねにはこの後、大事な作業をしてもらいたいんだ。そのために今は休んでてよ」

たかね「なんと、そのようなじゅうようなにんむが!? わかりました! ここは、おまかせします」

  響(……粉を入れて『さっくり混ぜる』って、貴音もなかなか要領つかめなかったからね)



  響「さて、お待ちかね。たかねの出番だよ!」

たかね「まちくたびれましたよ、ひびき。うでがなります」

  響「いいかー、これ次第で出来栄えが変わるから、心してかかるんだぞ」

たかね「ほう…… のぞむところです。して、わたくしはなにをすれば?」




たかね「こ、これは、なかなかにてごわい……!」

  響「けっこう生地の粘り気があるからね、こう、ぱぱっとやっちゃった方がいいよ」

たかね「しかしさきほどは、これを、まるくするようにと」

  響「だいたいでいいのさー、だいたいで。同じくらいの大きさになってれば」

たかね「くっ、この、ぬ、むむ…… てに、くっついて!」

  響「うーん、ちっちゃいたかねにはまだ難しかったかなー?」

たかね「そ、そんなことはありません!」



  響「初めてでこれなら上出来さー、よくがんばったね」

たかね「なかなかのしれんでしたが、わたくし、やりとげました!」

  響「うんうん、ご苦労だったなー、たかね。あとは自分にまかせといて!」

たかね「もうおてつだいはよいのですか?」

  響「うん、今からは油とか使うし、危ないからね。いぬ美やみんなと遊んでてよ」

たかね「しょうちしました!」




  響「おー、よしよし、いい色になってきたぞー」ジュウウゥゥ

たかね「あのう、ひびきー? ほんとうに、わたくしのたすけは、いりませんかー?」

  響「大丈夫ー! それより油がはねると熱いからなー、しばらくこっち来ちゃダメだぞー」ジュワ-



いぬ美「……! ばうっ!」

たかね「いぬみどのも、わかりますか? とてもあまくて、こうばしいかおりです!」ワクワク




  響「できたぞー、お待たせっ!」

たかね「おお! これが、さーて…… さ、しゃーたんだぎゅう!」

  響「そう、サーターアンダギー、ね」

たかね「おや? わたくしがせっかくまんまるにしたのに、ひびがはいっています」

  響「ああ、これはね、油で揚げるときにふくらむから、かりかりになった表面が割れるの」

たかね「なるほど…… ところで、ひびき」

  響「どうかした?」

たかね「これを、じむしょへのおみやげにするなら、ひつようなことがありますね?」

  響「必要なこと? えーと、なにかなぁ?」

たかね「もちろん、おあじみです! あじをみないで、みなにわたすわけにはいきません!」キラキラ

  響「あはは! たかねなら絶対、そう言うと思ってたよ」



たかね「では…… あ、あちちっ!?」

  響「こら、揚げたてだから熱いのも当然だよ。もうちょっと待っといたほうが……」

たかね「いいえ! あげたてだからこそ、いまいただくのがれいぎ!」

  響「まあ確かに、作ったほうとしてはその方がうれしいけどさ」

たかね「でしょう? それでは、いただきます!」




たかね「んん! んむ、はむ……! こへは…… んく、これは!」

  響「どうどう? これは自分よく作るし、けっこう自信あるんだけど」

たかね「…… ひとつだけでは、はんだんできないので、もうひとつ、いただくひつようがあります!」

  響「ふふ、適当なこと言っちゃって、食いしん坊なんだから」

たかね「おあじみも、だいじなおてつだいです。ひびき、はやくつぎをください!」

  響「はいはい、ちょっと待っててねー」



【スライディング】

たかね「とりこんだおふとんが、まだあたたかで…… それに、よいかおりがします」スンスン

  響「お日様のにおい、ってやつさー。自分、このにおい、大好きなんだ」

たかね「わたくしもとてもすきです!」

  響「なんだか落ち着くよね。あ、そうだ、たかね、ねこ吉どこにいるかわかる?」

たかね「ねこきちどのなら、さっき、おとなりのへやでねていましたよ」

  響「ホント? じゃあちょうどいいや、さっさとお布団にシーツかけちゃおう」

たかね「はて…… ねこきちどのがいると、なにか、もんだいがあるのですか?」

  響「そうなんだよ、あの子、シーツとふとんの間のすきまに突っ込んでくるの。ズサーって」

たかね「しーつと、おふとんのあいだ? というと、ずいぶんせまいのでは……」

  響「その狭さが猫には魅力的みたい。よくわかんないけどさ」

たかね「めんような…… ねこきちどのは、いったいなにがたのしいのでしょうか」







  響「んしょ…… ファスナー開けてお布団突っ込むの、意外とめんどくさいんだよね……」

たかね「……」ジーッ

  響「よしっ、と。これでだいたい入ったかな?」

たかね「……とぉーっ!!」ズサー

  響「ちょっ、ちょっとーっ!? たかね、何してんの!?」

たかね「おお!! ひびき、これはなかなかにたのしいです!」

  響「もー、せっかくねこ吉に邪魔されずに済んだと思ったら…… いいから、早く出ておいでよ」

たかね「ふかふかのおふとんのうえで、しーつがやねになり、まるで、かくれがのような」

  響「…… よーし、もうこのままファスナー閉めて、たかねも閉じ込めちゃう」ジー

たかね「な、なんと!? おまちを! まってください、ひびき!」ガサゴソ



【ともだおれ】

たかね「まったく…… ひびき、おどろかせないでください」ムス

  響「たかねこそ、ねこ吉がなんでそんなことするかわかんない、なんて言ってたくせに」

たかね「やってみなければわからないこともあります!」

  響「そりゃ確かにそうだけど、あれはやんなくていいことでしょ!」

たかね「むむむ……」

  響「ぬぬぬ……」

たかね「…… よしましょう、ひびき。このおふとんのうえでは、ささいなことです」

  響「そーだなー。ね、シーツ洗って干したお布団、気持ちいいでしょ?」

たかね「ええ、このまま…… ねむって、しまいそうな、ほどに……」

  響「もー、しょうがないなー、ちょっと寝ててもいいよ。少ししたら起こしてあげる」




たかね「……くぅ」

  響「すー…… むにゃ……」



【半分こ】

たかね「ひさしぶりに、たくさんおかいものをしましたね、ひびき」

  響「そうだね…… って、しまった、牛乳も買うんだったぞ! まあ、コンビニでいいか」

たかね「さきほどのすうぱあには、いかないのですか?」

  響「ここからだとけっこう戻らなくちゃいけないから、近いところで済ませちゃおう」




 店員「いらっしゃいませー」

たかね「すうぱあと、にていますが…… ちいさいですね」

  響「うん、そのかわり、どこにでもあるのがコンビニだから」

たかね「…… ところで、ひびき、よいかおりがします」スンスン

  響「そ、そう……? 自分はわかんないなぁ。なんのにおいだろうなー?」

たかね「こちらのほうから、ですね……」

  響「あ、たかね、勝手にうろついちゃダメだってば…… こら、ちょっと待って!」



たかね「わかりました! このあたりで、たいへんよいにおいがします!」

  響「へ、へえー…… そうかなぁ……」

たかね「ひびき、あそこのとうめいなはこには、なにがはいっているのですか?」キラキラ

  響「…… さあ、なんだろうね?」

たかね「たべものですか?」

  響「どうだろうなー?」

たかね「たべもの、ですね?」

  響「どうだr」

たかね「たべものなのですね!?」




  響「…… すみません。この牛乳と、あと、肉まんをひとつ、お願いします」

 店員「ありがとうございます。二点のお買い上げで、合計……」







たかね「その…… とうぜん、さめてしまうまえに、たべなくてはなりませんね?」ソワソワ

  響「時間的にもうすぐ夕ご飯だから、半分だけだぞ」

たかね「なんと!?」

  響「だいたい、分けなくっちゃ自分が食べる分がないしさ」

たかね「ひとつまるごと、わたくしのものではないのですか!?」

  響「欲張りだなぁ、たかねは。肉まん、自分には分けてくれないの?」

たかね「…… むむ…… いたしかたありません」

  響「よーし、決まり! まだ熱いから、自分が割ってあげるよ」



  響「はい、これ。やけどしないようにね」

たかね「……ひびき。わたくしのぶんのほうが、ずいぶんと、おおきくみえますが」

  響「んー? たかねはお子様だから、ちっちゃいほうあげたら怒るでしょ?」

たかね「な"っ、い、いつもいうとおり、わたくしはしゅくじょで!」

  響「じゃあこっちと交換する?」

たかね「う…… ぐぬぬ、ううー…… しかし、それでは……」

  響「あはは、だから、子供は我慢しなくていいんだってば」

たかね「…… あくまで、こどもではありませんが、そういうことにしておきます」

  響「よしよし。さ、冷えちゃう前に食べよ?」

たかね「はいっ! いただきます!」



【一目ゴム】

たかね「ええと…… けいとを、てまえがわにだして、あみぼうを、わっかにとおして……」

  響「そうそう、裏編みはその順序。それからどうするんだった?」

たかね「この、とおしたぼうに、けいとをまいて…… てまえに、ひきだします」

  響「ああ、ちょっと待って。そのとき、毛糸はたかねから見て反時計回りに巻かなくちゃ」

たかね「む、そうでしたね。とけいまわりの、ぎゃくですから……」

  響「そうそう、逆だから?」

たかね「おはしをもつてから、おちゃわんをもつてのほうこうです!」

  響「正解! で、最後は作り目の端っこの輪を、左の編み棒から抜くの」

たかね「…… うまくできました!」

  響「ね、慣れてきたらけっこう楽しいでしょ? ゆっくりやれば大丈夫さー」



  響「ところでさ、たかね、そろそろ教えてよー」

たかね「なにをですか?」アミアミ

  響「急に編み物やりたいなんて、なんか目的があるんでしょー?」

たかね「ですから、わたくしもじぶんでつくってみたいのです、ともうしたでしょう?」アミアミ

  響「ほんとかなぁ。それだけで、こんなめんどくさいことするの?」

たかね「それに、これはしゅくじょのたしなみともいえますし」アミアミ

  響「どうだか。本物の淑女なら編み物なんて、お付きの人にまかせてそうだけど」

たかね「ですから、ひごろはひびきにまかせて…… あっ!?」

  響「ん?」

たかね「か…… からまってしまいました! ひびき、たすけてください!」

  響「ああ、大丈夫、ゆっくり落ち着いて戻せばいいから。ちょっと貸して」







  響「ね、ほら、ちゃんとリカバリーできたでしょ」

たかね「ほっ…… つい、あせってしまいました。ありがとうございます」

  響「ところでさ、たかね」

たかね「どうかしましたか?」

  響「さっき、さらっと"日ごろは響にまかせて"って言ったよね」

たかね「…… そ、そうでした、でしょうか?」

  響「つまり淑女のたかね様は、自分のことお付きの人だと思ってるってことかなー、ん?」

たかね「え、ええと…… それはきっと、ひびきのききちがいで…… あの、ひびき?」




  響「だーれがお付きの人さー、このーっ!」コチョコチョコチョ

たかね「ひゃっ、きゃっ、きゃははははっ!?」



【いんびてーしょん】

たかね「ああ、ふかふかで、おひさまのにおいがします!」ボフッ

  響「それにシーツも洗いたてだから気持ちいいぞ。きっといい夢見られるよ、たかね」

たかね「そういえば、ひびきのおふと…… べっどは、ほさなかったのですか」

  響「あはは、ベッドそのものはさすがに無理さー。もちろん、シーツとか敷きパッドとかは干したよ」

たかね「しかしそれでは、ふかふかぐあいがたりないのでは?」

  響「うーん…… まあ、確かに。今日のたかねのおふとんにはちょっと負けちゃうかもね」

たかね「ふむ……」

  響「仕方ないからたかねに譲ったげるよ。それじゃ、おやすみ」

たかね「ひびき?」

  響「ん、なあに?」

たかね「その…… たまには、おふとんでねたいのではありませんか?」



  響「んー? そういえば、最近は自分、お布団で寝てないなぁ」

たかね「そうでしょう、そうでしょう」

  響「それに、よく干したふかふかのお布団は確かに魅力的だぞ」

たかね「ええ、わたくしがほしょうしますよ」

  響「でもなぁ、たかねが使ってるから、自分が一緒に入るわけにはいかないもんなー」

たかね「もちろん、ほんらいは、わたくしがひとりじめするところですが……」

  響「だよね。じゃあ自分はおとなしく、いつもどおりベッドに行くよ」

たかね「その…… ひびきが、どうしてもというなら、とくべつに、まねきいれてさしあげますが?」

  響「そうなの? 自分、お邪魔なんじゃないかな?」

たかね「ですから、とくべつです。ふかふかのおふとんでねられる、またとないきかいですよ」

  響「うーん、それじゃあ、お言葉に甘えちゃおうかな?」

たかね「!」パァ



たかね「さ…… さいしょから、そういえばよいのです。まったく、ひびきはすなおではありませんね」

  響「……くくっ、どっちがさ」

たかね「む。あくまで、ひびきがどうしてもというから、いれてあげるのですよ」

  響「はいはい、そういうことにしといてあげる」

たかね「それではまるで、わたくしがひびきといっしょにねたがっているようではありませんか!」

  響「あれっ、そうだと思ってたんだけど違うの?」

たかね「ち、ちがいます、わたくしは、ひびきがいうのでしかたなく」

  響「そっかー…… それじゃあ残念だけど自分、やっぱりベッドで……」ゴソ




たかね「……ごめんなさい、ひびき、うそです。ときには、いっしょでもよいでしょう? だから……」ギュ

  響「ふふ、わかってるよ、たかね。ちょっと意地悪しちゃっただけさー」

たかね「あの……、ひびきにも、ふかふかのおふとんをつかってほしいというのは、ほんとうですよ?」

  響「それもちゃーんとわかってるぞ、ありがとね。じゃ、お邪魔します」

◆◆◆◆◆

【ホワイトアウト】

  響(…… なんだか、背中の感触が、いつもよりちょっと硬い感じがする)

  響(そうか、ゆうべはたかねと一緒に、お布団で寝たんだっけ)




  響(…… あれ? 目が覚めたと思ったのに、変だぞ)

  響(真っ白い、霧みたいな…… 全然前が見えない。どうなってるんだろう、まだ夢?)

  響(それにしても、なんか、これ…… 鼻とか、妙にむずむずする……!)

  響(って、いうか)




  響「ぷはあっ!? ……たかね! 髪の毛自分の顔にかぶせたまま寝るとかやめてよ、息苦しいよ!」

たかね「…… ん、んん、あさから、いきなり、なんでしゅか、ひびきぃ……」



【ムチン+ポリグルタミン酸】

たかね「なぜなっとうは、いとをひくのですか?」

  響「なぜ、って…… うーん、納豆菌のはたらきとかじゃないのかなぁ」

たかね「わたくし、なっとうはすきですが、このいとのしまつのわるさは、どうにも」ネバー

  響「それならあんまり混ぜないようにすれば、そこまで糸引かないよ」

たかね「それではなっとうをたべるいみがありません!」

  響「じゃあ、我慢するしかないよね」

たかね「むう…… よのなかは、いつも、りふじんにみちております……」

  響「納豆混ぜるかどうかでそこまで思い至る、ってのもなかなかすごいと思うぞ、自分」

たかね「……はっ!?」

  響「おっ? たかね、なにか悟った?」

たかね「ごはんがなくなってしまいました。おかわりをください!」

  響「ああ、うん、幸せそうでなによりだよ。お茶碗ちょうだい」



【耳が痛い(物理)】

たかね「ひびき、そのみみかざり、わたくしもつけてみたいです」

  響「え…… これ? これはそもそも耳飾りじゃなくて、透明ピアスって言ってね」

たかね「しかし、きらきらしてみえます。みみかざりでしょう?」

  響「どっちみちたかねにはまだ早いよ。これはね、大人にならないとつけちゃダメなんだ」

たかね「それならば、わたくしはもんだいないはずです! もうごさいなのですから」

  響「そっかー。 ……耳に穴、あけなきゃいけないんだけど」

たかね「えっ」

  響「それくらい、大人で淑女のたかねならへっちゃらだよね。うんうん、そりゃそうだ」

たかね「み、みみに、あなを……? それは、なにかのじょうだんですね、ひびき……」

  響「じゃあ、たかね…… さっそく、つけてみる?」ズイ




  響「悪かったってば、たかね…… 絶対穴あけたりしないからさ、出てきてよ」

たかね「いいえ! わたくし、このこたつで、てっていこうせんのかまえ!!」モゴモゴ



【=やせ我慢】

  響「今朝もスズメがいっぱい群れてるなー。やっぱり寒いから、みんなふくらんでるよ」

たかね「……」プイ

  響「おっ、今日もいつもの野良にゃんこがいるぞ。ほら、あっちの塀の上!」

たかね「……」ムスッ

  響「……ねえ、機嫌なおしてよー、たかね。おどかしたのは自分が悪かったからさー」

たかね「…… ひびきの…… ひびきのみみには、あながあいているのですか?」

  響「えっ? ああうん、さっきも言ったけど、その穴にこの透明なやつを通してるんだよ」

たかね「なにゆえです!? なにゆえにそのような、おそろしいことを!」

  響「恐ろしいってそんな。まあ、あえて理由をって言うならおしゃれのため、かな?」

たかね「みみにあなをあけなくては、よのなかでは、しゃれものとしてみとめられないのですか!?」

  響「え、ええっと…… いや、そんなことはないと思うけど……」



【穴場的物件】

  響「それじゃ自分、行ってきまーす! たかね、サーターアンダギー、預けたからね」

たかね「いわれるまでもありません。ひびきも、がんばってください」

 小鳥「響ちゃん、行ってらっしゃーい。気をつけてねー!」

 高木「うむ、たかね君のことは我々に任せたまえ。しっかり精進してくるといいよ」

ガチャ

あずさ「おはようございま~す。あら、響ちゃん、今から学校?」

  響「あっ、あずささん、はいさい! うん、ちょうどたかねを連れてきたとこだったんだ」

あずさ「そうだったわね。寒いから、風邪なんか引いちゃわないようにね」

  響「ありがと、あずささんも気をつけるんだぞ? じゃ、改めて行ってきます!」



たかね「おや、あずさ、にこにこして、なにかいいことがあったのですか?」

 小鳥「あれっ、本当ですねあずささん。なんですか、わたしにも教えてくださいよー」

あずさ「いえ、うふふ…… なんだか、社長と音無さん、響ちゃんとたかねちゃんで家族みたいだなぁって」

 小鳥「かぞ……ッ!?」

 高木「ははは、三浦君、こんなロートルとセットにしては音無君に失礼だよ」

あずさ「あら~、そうですか? 不思議ですね、全然違和感がなくって、つい……」

 小鳥(確かに年齢差は小さくないけど…… 考えてみれば、これっていわゆる玉の輿じゃ……!?)

 高木「たかね君にしても、私からすれば娘というより孫のような年齢だしね」

 小鳥(なんだかんだで一城の主、それにずっと同じ屋根の下で勤めていて気心も知れた仲!)

たかね「…… ことりじょう? やけにおもいつめたおかおで、どうしたのです?」



【はいどあんどきゃんとふぁいんど】

たかね「はて、いったい、どこへいったのでしょう……」

 小鳥「どうしたの、たかねちゃん。何か探しもの?」

たかね「おや、ことりじょう。わたくし、かくれんぼのおになのです」

 小鳥「かくれんぼ?」

たかね「はい、いま、あずさとしょうぶしているのです」

 小鳥「あずささんと? ……かくれんぼ?」

たかね「あれだけせいのたかいあずさのことです、かんたんに、みつけられるとおもったのですが……」

 小鳥「ねえ、たかねちゃん、かくれんぼ始めたのはいつごろだったかわかる?」

たかね「はい? そうですね、じゅうごふんほどまえだったかと」




 小鳥「もしもし、律子さんですか? ……ええ、そうです、事務所はわたしと社長でもう一度……」

たかね「あ、あの、これはいったい……」



 高木「音無君、一通り確認したが建物内にはもういないようだ。私も外へ出てみるよ」

 小鳥「すみません、お願いします。 ……律子さん? 今から社長も探す範囲を広げますので」

たかね「わたくしは…… どうしたらよいでしょうか?」

 小鳥「ああ、たかねちゃんは心配しなくて大丈夫よ。ちょっとあっちのソファで待っててくれる?」

たかね「は、はい!」




たかね「うう…… わたくしが、かくれんぼをしたいなどと、あずさにいったばかりに……」

ガチャ

あずさ「あっ…… たかねちゃん! いけない、見つかっちゃったわ~」

たかね「!?」

あずさ「でも、これだけの間逃げていられたって意味では、わたしの勝ちかも! うふふ」

たかね「あ、あずさ!? なぜ、きゅうとうしつから!?」

あずさ「すぐ見つけられちゃつまらないだろうし、ちょこちょこ動き回ってたのよ~…… あら?」

たかね「ことりじょう、ことりじょう!! あずさが! あずさがでました!!」



【三浦あずさの場合】

たかね「あずさ。こんごは、すわったままで、ぜったいに、うごかずにできる、あそびをしましょう」

あずさ「音無さんにも律子さんにもそう言われたし、それがよさそうね~」




たかね「そういえば、あずさは、うらないがじょうずだとききましたが」

あずさ「上手、なんて言われると照れちゃうわ。ただ好きで、ちょっとやってるだけだから」

たかね「それはやはり、おみくじや、きとうをするのですか」

あずさ「ええと…… そういう和風なのはわたし、あんまりわからないの」

たかね「というと、なにか、ようふうなしゅだんを?」

あずさ「そうね~、だいたいはこれを使ってるわね」スッ

たかね「これは…… とらんぷ? ……にしては、おおきいですね」



あずさ「タロットカード、っていうのよ。これが今のトランプの元になった、ってお話もあるみたい」

たかね「たろっと?」

あずさ「そう、タロット。全部で78枚のカードがあってね、これを組み合わせて占うの」

たかね「ほう…… いろとりどりで、しかも、たくさんのえがあるのですね」

あずさ「そうよね~。ながめてるだけでもきれいで、楽しいでしょ?」

たかね「とてもびれいです。しかし、これをつかって、なにを、どううらなうのですか?」

あずさ「占う内容も、やりかたもいろいろあるの。たかねちゃんもやってみたい?」

たかね「はい! ぜひ、わたくしのうんせいもみてください!」

あずさ「うふふ、わかったわ~。じゃあ、さっそく始めましょう」



あずさ「たかねちゃんは初めてだろうから、いちばんシンプルなやり方がいいかしら?」

たかね「そうですね、ふくざつなものは…… よしなにおねがいします」

あずさ「それなら今回は、22枚のカードだけ使ってやりましょう。まず、これを混ぜてね」

たかね「とらんぷのように、きるのですか?」

あずさ「ううん、ちょっと違うの。こうやって、テーブルにざあっと広げて……」

たかね「おお、しんけいすいじゃくのようです」

あずさ「確かに似てるわね~。これを全部、かきまわすみたいにしてもらえる?」

たかね「つまり…… こうして、うらむきのまま、まぜまぜすればよいのですね!」ワシャワシャ

あずさ「そうそう、上手上手。自分の運勢はどうなるのかな~? って、考えながらやってみてね」

たかね「はいっ!」



たかね「もう、だいたいまざったでしょうか?」

あずさ「そうね、そろそろいい感じだと思うわ。ここからは、わたしがやるわね」




あずさ「……よし、っと。それじゃ、この中から一枚、たかねちゃんの好きなのを選んでちょうだい」

たかね「むむ…… どれが、わたくしのうんせいにふさわしいでしょうか……」

あずさ「じっくり悩んでいいのよ~。そのほうが、わたしも占いがいがあるもの」

たかね「…… きめました! では、このいちまいにします!」

あずさ「決まったのね? はい、じゃあ、それを引き抜いて」

たかね「はいっ」スッ

あずさ「そしたら、そのカードをわたしに――」

たかね「さて、これは、なにがえがかれているのでしょうか」クルッ

あずさ「……あ!」

たかね「えっ……? ……な、なにか、まちがえてしまいましたか!?」

あずさ「ああ、ううん、大丈夫よ~。そうしたら、いよいよ実際に見ていくわね」



あずさ「たかねちゃんの引いたのは…… まぁ、『月』のカードだわ」

たかね「おつきさまですか! わたくし、おつきさまは、うつくしいのでだいすきです」

あずさ「うん、夜のお月様はきれいよね。それに、このカード、たかねちゃんにはぴったりかも」

たかね「わたくしに……? あずさ、なぜですか?」

あずさ「うふふ、理由は、ないしょ。さ、それじゃあ、改めて説明していくわね~」

たかね「はい……? では、よろしくおねがいします」

あずさ「その前に、たかねちゃん。わたしの言うことが絶対じゃない、っていうのは知っておいてね」

たかね「はて…… どういうことですか? あずさが、うらなってくれるのでしょう?」

あずさ「占いっていうのはね、あくまできっかけみたいなものなの」

たかね「きっかけ……」

あずさ「そう。それを聞いて、たかねちゃんがどうするか、がいちばん大事なのよ」



あずさ「『月』のカードはね、意味が難しいの。不安定とか、あいまいだとか…… 先のことがわからない、とか」

たかね「む…… あまり、よくないうんせいということですか?」

あずさ「そこだけ聞いたら、たしかにいいイメージは持ちにくいかもしれないわ」

たかね「むぅ…… なるほど……」

あずさ「でもね~? タロットカードって、描いてある絵のほかに、上下も大事なの」

たかね「じょうげ、ですか?」

あずさ「どっちが上を向いているか、ってこと。いま、たかねちゃんから見て絵の通りでしょう?」

たかね「はい」

あずさ「一般的には、占いをする側…… つまり、この場合はわたしから見て判断するの」

たかね「…… と、いうと?」

あずさ「今回は、『月』のカードで、上下は逆、ってことになるわね」



あずさ「そして、カードが逆さまになると、意味もだいたい逆になるのよ」

たかね「おお……! ということは、よいうんせいなのですね!」

あずさ「だいたいそういうこと。『月』が逆さまだから…… 希望があるとか、状況がよくなる、とかかしら」

たかね「ほんとうですか! あずさ、ありがとうございます」

あずさ「うふふ、わたしは何もしてないわ。このカードを引き当てたのは、たかねちゃんだもの」




あずさ(…… たかねちゃんがカードを引いたあと、縦方向に裏返したか、横方向に裏返したか)

あずさ(それ次第では、今回の『月』が正位置か逆位置か、変わっちゃうんだけど……)

あずさ(……いきなりめくっちゃうと思ってなかったから、どっちだったか、自信がないのよね~……)



【つまむってレベルじゃ】

ガチャ

 雪歩「ふぅー、今日は一段と寒かったね、千早ちゃん」

 千早「ええ、本当に…… お疲れ様です、戻りました」

たかね「ゆきほ、ちはや。おかえりなさいませ」

 雪歩「あっ、たかねちゃん。お迎えしてくれたの? ありがとう」

 千早「ただいま、しじ…… たかねちゃん。 ……あら、それは?」

たかね「おしごと、おつかれさまでした。これはほんじつのおやつです!」

 雪歩「もしかして、わたしたちの分をとっておいてくれたの?」

たかね「はい! ちゃんと、みなにいきわたるように、わたくしがくばっております!」

 雪歩「そうなんだ、ありがとう! じゃあわたし、さっそくお茶を淹れてくるね」パタパタ



 千早「これ、我那覇さんのサーターアンダギーね。たかねちゃんも、作るお手伝いをしたの?」

たかね「もちろんです。なにをかくそう、まるいかたちにしたのは、このわたくしなのですよ」エヘン

 千早「ふふ、とても上手ね。じゃあ、お茶を淹れてもらったら、萩原さんと一緒にいただきましょう」

たかね「はい!」

ガチャ

  響「ううー、今日も冷えるぞ…… お、千早、レッスン帰り?」

 千早「ああ、我那覇さん。ちょうど今、サーターアンダギーの話を聞いていたところよ」

たかね「ひびき! おかえりなさい!」

  響「ただいま、たかね。……ん? あれ、その数……」

 千早「? 我那覇さん?」

たかね「ど…… どうかしましたか、ひびき?」



  響「…… たかね、唇のはしっこ、食べかすくっついてるぞ」

 千早「えっ?」

たかね「なんと!? そんな、ちゃんとかがみでみて、おとしておいたはず…… はっ!?」

  響「語るに落ちたなー、たかねぇー……」ゴゴゴゴ

たかね「ひっ」




 雪歩「たかねちゃん、千早ちゃん、お待たせー。おいしいお茶が入っ……」

たかね「いひゃ、いひゃいれふ! ご、ごべんなはい、ひびひーっ」

 雪歩「!?」

  響「昨日、一人二個は食べられるようにって、数えながら一緒に袋詰めしたよね!?」ムギュー

 千早「あ、あの、我那覇さん、まだみんなの食べる分はちゃんとあるわけだから……」

  響「いーや、犬でも猫でも人でも、悪いことしたらその場で怒らないとダメなんだぞ!」ギュウウ

たかね「わたくひをよんれいたのれふ、あみゃいかおひが! くろじゃとうがー!」ジタバタ

 雪歩「ちょ、ちょっと、響ちゃん!? たかねちゃんがおたふくみたいになっちゃってるよぅ!」



  響「まったく。昨日だって、うちであんなに食べてたってのに」

 千早「まあまあ、我那覇さん。たかねちゃんも反省しているんだから、許してあげて」

 雪歩「すっごく美味しかったから、ついまた食べたくなっちゃったんだよ。ね、たかねちゃん?」

たかね「はい…… だめとわかっていながら、どうしても、りせいでおさえきれず……」ウルウル

  響「……まあ、千早と雪歩に免じて今日は許してあげるよ、たかね」

たかね「もうしわけ、ありませんでした、ひびき……」

  響「雪歩のお茶はもらっていいけど、罰としてたかねの分のサーターアンダギーはナシね」

たかね「……はい」




  響「ちょっとばたばたしちゃったけどさ、せっかくだから食べてってよ、二人とも」

 千早「え、ええ。じゃあ……」

 雪歩「うん…… それじゃ、いただき……」

たかね「……」ウルウル



  響「ああ、たかねのことは気にしなくていいって。自業自得なんだから」

たかね「……」ポロポロ

 千早(そ、そうは言っても、これは……!)

 雪歩(いたたまれないよ! この空気の中でわたしたちだけ食べるなんてムリですぅー!!)




  響「…… はー、それにしても、今日の自分のレッスン、かなりハードだったなー」

 雪歩「え?」

 千早「……我那覇さんは今日、ダンスのレッスンだったかしら?」

  響「そうそう。体力が売りの自分でもなかなかこたえてさ、あんまり食欲がわかなくって」

 雪歩「……! へえ、じゃあ、響ちゃんの分のサーターアンダギー、余っちゃうね?」チラッ

  響「んー、そうだね。おなか空いてないわけじゃないけど、半分あればいいかな」

 千早「でも、私も萩原さんもすでに1個いただいているから、量としてはこれで十分だし……」チラ



  響「あーあ、どうしよう。せっかく作ったのに、余っちゃうのはもったいないなぁ」

 千早「本当ね、こんなにおいしそうなサーターアンダギーだから、誰か食べてくれればいいのに」

 雪歩「それに一個の半分だったら、かんたんに食べちゃえる量なのにね」

たかね「……」

  響「たかね。ちゃんと反省した?」

たかね「……はい、もうにどと、しません。ごめんなさい、ひびき」

  響「じゃあ、『たかねの分』はナシだけど、自分のを半分あげる」

たかね「!」

  響「一人でこそこそつまみ食いするより、みんなと一緒に食べるほうがおいしいよね?」

たかね「…… はい…… はい、ごべんなざい…… ぎっど、おいしいでず……」グスグス

  響「もう、泣かないの。味がわかんなくなっちゃうぞ」




 千早「一件落着…… というところね。それじゃあ、私たちもいただきましょうか?」

 雪歩「うふふっ、そうだね」



【実用性はないそうです】

たかね「ひびき、これは、なにをつくっているのですか」

  響「ギョウザっていう中華料理だよ。お肉とかお野菜とかを混ぜて、この皮で包んで焼くの」

たかね「なぜ、かわはぺたんとしているのに、できあがりはおりめがあるのです?」

  響「包むときに、こうやって…… ね、ひだを寄せるみたいにしたらこうなるのさー」

たかね「ほう、おもしろそうですね。わたくしもやってみたいです!」




たかね「こ、こんどこそは、……ああっ!?」ボロッ

  響「あー、あんまり強くひっぱると、そんな感じで皮がちぎれちゃうぞ」

たかね「うう…… みているのと、じっさいにするのとで、こんなにもさがあるとは……!」

  響「慣れたら簡単なんだけどね。どうする? もうちょっとやってみる?」

たかね「だいたい、このおりめは、いったいなんのためにつけるのですか!」

  響「やれやれ。うまくできないからって八つ当たりなんて、かっこ悪いぞー、たかね」

たかね「ちっ、ちがいます! わたくし、やつあたりなどしません!」



【辛辣の辣】

  響「お待たせー。冬はお鍋で煮てもおいしいんだけど、今日はシンプルに焼いてみたよ」

たかね「なんとも、しょくよくをそそられるかおりです! はやくたべましょう、ひびき」

  響「うん、そうしよう。いただきます!」




たかね「ひびひ、ほれは、はんのびんでふは?」

  響「こーら。口に食べ物入れたまましゃべるなんて、淑女のすることじゃないぞ」

たかね「む…… ん、んく。そのびんにはいった、あかいどろどろは、なんですか」

  響「……あ、あー、これ? たかねは気にしなくていいよ」



たかね「さきほどひびきが、そのどろどろをたれにたしているのを、わたくし、ちゃんとみました!」

  響「今のままでもギョウザ、おいしいでしょ? あってもなくても大して変わんないって」

たかね「かくすあたりが、ますますあやしいですね。わたくしにも、それをください!」

  響「…… なら、ほんのちょっとだけね。お皿貸して、自分が入れてあげるよ」

たかね「いいえ、わたくし、じぶんでやります」

  響「うーん、そう? それじゃ、いきなりドバッと出ることあるから気をつけ――」

たかね「ふふふ、では、いざ!」ダバー

  響(あっちゃー)




たかね「か、からっ! あつ、いたた!? ひ、ひびき、したが、おくちが、ひりひりします!」

  響「大人の味、ってやつだよ、しっかり味わうといいさー」



【ESPと維管束】

  響「うん…… 甘くておいしい! 今回買ったぶんは当たりが多いなー」モグモグ

たかね「ええ、やはり、こたつにはみかんがなくてはなりませんね」ムグムグ

  響「そんなこと誰から聞いてきたの?」

たかね「ことりじょうが、じむしょでりきせつしておりました」

  響「あー…… なるほど、ピヨ子か…… それなら納得だよ」

たかね「さて、もうひとつとってください、ひびき」

  響「手がどんどん黄色くなっちゃうぞー?」

たかね「そのようなささいなこと、このえつらくにはかえられません!」



  響「……あ、そうだ」

たかね「ひびき? はやくわたしてください」

  響「たかね、実はなー…… 自分、超能力があるんだ」

たかね「…… はい?」

  響「証拠として、今からたかねが食べるこのみかんに、袋がいくつ入ってるか当ててみせるぞ」

たかね「なにをいいだすかとおもえば…… そのようなこと、できるはずがありません」

  響「むむむ…… んん…… よし、わかった。このみかんの袋は10個入りさー!」

たかね「はいはい、ひびきはこどものようですね」




たかね「さて、むけました! では、せっかくですから、ふくろのかずをかぞえてあげます」

  響「そうこなくっちゃね」



たかね「ひとつ、ふたつ、みっつ…… やっつ、…… ここのつ、…… とお……」

  響「ふふん、どう? 自分、カンペキだからなー」

たかね「……このみかんはひびきがえらんだからです、なにか、しかけが!」

  響「それなら今度は、たかねが好きなやつ選んでいいよ」

たかね「むむむ…… では、このとびきりおおきいもので!」

  響「よーし、じゃ、ちょっと貸して?」




  響「……わかったぞ、今度のこれは9個だ!」

たかね「いいましたね? では、わたくしがむいてたしかめます!」

  響「ん、よろしくー」







たかね「…… ほんとうに、ここのつ…… なんと…… なんとめんような……!」

  響「だから言ったでしょー、自分、超能力があるんだって」

たかね「ひ、ひびき! ぜひわたくしにも、そのちょうのうりょくをあたえてください!」

  響「ふふふ、残念だったなぁ、たかね。これは自分みたいにカンペキじゃないと使えないんだよ」

たかね「そんな! そこをなんとか!」

  響「……じゃあ、今度から朝はちゃんと起きる?」

たかね「は、はい!」

  響「もう自分が見てないときに、こっそり歯磨き粉吸ったりしない?」

たかね「もちろんです!」







  響「ほらね? こうやってヘタをはずして、裏の点々の数をかぞえれば……」

たかね「……」プルプル

  響「あれっ、たかね?」

たかね「しれものーっ! このぺてんし!」

  響「な、なんてこと言うんだ!? 自分はバカでもペテン師でもないぞ!」

たかね「このような…… このような、こてさきのまめちしきで、わたくしをたばかろうとは!」

  響「それにコロッとだまされてたのはどこの誰さー!?」

たかね「なにがちょうのうりょくですか! はじをしりなさい!」

  響「…… 『ぜひわたくしにも、そのちょうのうりょくをあたえてください』」キリッ

たかね「い、いっておりません! そのようなこと、わたくしはもうしておりません!!」



【明日には会える そう信じてる】

たかね「ひびき、こんやははれておりますね。おつきさまは、みえるでしょうか?」

  響「え? えー…… っと、この時期はちょっと無理だと思うぞ」

たかね「むっ、やってみなくてはわかりませんよ? ぼうしとまふらーを、もってきます」タタタ

  響「えっ、ちょっと、たかね! ……言い出したら聞かないの、昔からなんだから、まったく」




たかね「べらんだとはいえ、やはり、なかなかひえますね」

  響「当たり前だよ。真冬の、それも夜なんだから」

たかね「それにしても…… おや、おそらに、くもはないようなのに、みあたりません……」キョロキョロ

  響「実はね、ちょうど今の時期はほぼ新月って状態だから、夜中には見えないんだよ」

たかね「なんと…… そういうものなのですか、ざんねんです」

  響「タイミングの問題だからしょうがないさー。それより、急に月が見たいなんて、どうしたの?」



たかね「じつはきょう、じむしょで、あずさにうらないをしてもらったのです」

  響「あずささんに? ってことは、タロット使ったやつ?」

たかね「そう、その『たろっと』です! そのとき、おつきさまのかーどがでまして」

  響「へえー。よくピンポイントで引けたなぁ、たかね」

たかね「あずさにもいわれたのですが、おつきさまとわたくしは、なにかかんけいがあるのですか?」

  響「関係…… っていうか、イメージみたいなものかな」

たかね「ということはつまり、わたくしは、おつきさまのようにうつくしいのですね!」

  響「どうかなー? やせてるようですぐまるまると太っちゃう、ってことかもよ」

たかね「な、なんということを!? わたくし、そんなにふとっておりません!」



たかね「さておき、あずさによれば、わたくしのみらいは、きぼうにみちあふれていると!」

  響「おー、いいなぁ! あずささんの占い、よく当たるって事務所でも評判なんだぞ」

たかね「なんといってもわたくしですから、とうぜんです」

  響「…… えーっと、あれ? で、それと月を見るのとはなにかつながりがあるの?」

たかね「いえ? さいきん、あまりみていないとおもったので」

  響「なんだ、そうなのか。もう少しして年末とか、年が明けるころになれば、また綺麗に見えるよ」

たかね「そういうことなら、いたしかたありませんね。こんやはあきらめましょう」

  響「あれ、今日はずいぶんものわかりがいいなぁ、たかね」

たかね「む…… どういういみです? まるで、ひごろ、ものわかりがわるいようにきこえますが」

  響「あはは、気のせい気のせい。じゃあ月が見られなかった残念賞ってことで、ココア作ってあげる」

たかね「なんと! まことですか!? ならば、わたくしのぶんのましゅまろは」

  響「もちろん、いつも通り、ふたつだよね? ほら、寒いから、部屋に戻ろ」

たかね「はいっ!」

◆その4→