【すねーく・れっぐす】



※※※

 これらは番外編であり、いわゆる埋めネタです。

 いろいろな事情で本編からは省くことにした没ネタや
 本編終了後の日常ネタ的なもの等等、時系列も統一されていないごった煮です。

 パラレルということで、箸休め程度にお楽しみください。

 (なお、言うまでもないことかとは思いますが、
  snake legsでは「蛇足」の意味になりませんのでご注意ください。)

※※※


【千早ちゃんはどうしてそうなっちゃったの?】

 春香「っ、あいったたたぁ……」

 千早「どうしたの春香、大丈夫!? 怪我はしていない!?」

 春香「あっ、ち、千早ちゃん! あのね、幼女が、古風で! 銀髪の、ていうか貴音さんが、ちっちゃくなって!」

 千早「どうしたの春香、大丈夫!? 頭を打っていない!?」

 春香「ほ、ほんとなんだってば!」

 千早「……待って、春香。今、四条さんが小さくなった、と言ったのよね?」

 春香「うん、うんっ、そう! よかった千早ちゃん、信じてくれ――」

 千早「具体的にはどのあたりが小さくなっていたの?」

 春香「え?」

 千早「とても大事なことなの、答えて。やはりあの立派なお尻? それともひょっとして」

 春香「何言ってるの千早ちゃん!? 頭打ってないよね!?」



【ずー】

たかね「ひびき、ひびき。あすは、おでかけするおやくそくですよ」

  響「あー、そうだったね。たかねはどこに行きたいの? どうせラーメン屋さんとか……」

たかね「わたくし、どうぶつへんへいきたいです!」

  響「は、はぁ!? ええー、この寒いのにわざわざ動物園なんて……」

たかね「ではひびきはこのさむぞらに、すいぞくかんのほうがよいのですか?」

  響「なんでその二択しかないの?」



  響「とかなんとか言って、結局動物園来たけど…… やっぱりめちゃくちゃ寒いぞぉぉ!!」

たかね「なさけない。うちなーんちゅは、そのていどなのですか?」

  響「ううー…… そんなこと言ったって、寒いものは寒いんだもん……」




たかね「あっ、ひびき! みてください、とらさんです!」

  響「お、おおー、うん、でっかいなぁ、かわいい、ああ寒いぃ……」

たかね「こちらには、らいおんさんが!」

  響「ああ、たてがみ暖かそうでいいなあ…… 寒いぞ、うん、だよね、やっぱり寒いよなキミも……」

たかね「ひびき、ひびき!? ふたりのせかいにはいらないでください!」







  響「あれ…… たかね? ちょっ、たかね、どこ行ったの!?」

  響「ああもう! きっと自分が話してる間に、ほかの動物に気を取られたかなんかしたんだ……」


< ピンポンパンポーン

   『ご来園のお客様に、迷子のお知らせを致します』


  響「あっ、さてはこれ、たかねだな? まったく、どこまで迎えに行けばいいんだろ」


   『えー…… 髪が黒くて、つの……? が、生えていて』




  響「あれっ、髪が黒? そしたらたかねのことじゃないなぁ…… って、つの?」


   『ええ、と、…… 年の割に、ちっちゃい? がなは、ひびきちゃん』


  響「」


   『お連れ様がお待ちです、正門そばの園内事務所まで――』


  響「…………」






  響「…… たぁかねぇぇえええ!!!!」ダッ







  響「勝手にうろついたらダメでしょ、たかね! きょうはすぐ見つかったからよかったけど……」

たかね「……どうですか、ひびき。すこしは、きがはれましたか?」

  響「え?」

たかね「おせっかいかともおもいましたが…… さいきん、ひびきのげんきがないように、おもいまして」

  響「…… たかね、動物園に来たいって言ったの、もしかして自分のためだったの?」

たかね「い、いえ、わたくし、いろいろなどうぶつをみてみたかったので! けっしてひびきのためというわけでは!」

  響(この寒いのに、水族館か動物園か二択って、ちょっとおかしいとは思ったけど……)

  響「……もう、そんなとこ、やっぱり貴音だなぁ」ナデナデ

たかね「あ、あの、その……」



  響「おかげでばっちり元気になったぞ、自分! たかね、売店でソフトクリーム食べてかない?」

たかね「そふとくりーむ…… なにやらすてきなおなまえですが、それはいったい!?」

  響「ちょっと違うけど、アイスクリームの親戚みたいなやつだよ」

たかね「あいす!! はいっ、たべたいです! ぜひたべましょう!」

  響「よーし、決まり! 行こう!」






  響「…… さ、寒いぞぉぉぉぉ……!」ブルブル

たかね「か…… かんがえてみれば、いえ、かんがえずとも、あたりまえでした……」ガタガタ



【千早さんはどうしてそうなっちゃったの…?】

 千早「四じ…… たかねちゃん。今、少しいいかしら」

たかね「おや、ちはや。どうしたのですか?」

 千早「ちょっと教えてほしいことがあるの。時間はかからないから」

たかね「わたくしでよろしければ、なんでもおききください!」

 千早「ふふっ、ありがとう。じゃあ…… たかねちゃんの胸囲はいくつあるの?」

たかね「きょうい? きょういとはなんのことですか?」

 千早「ああ、胸囲っていうのはお胸の大きさのことよ」

たかね「おむね、ですか…… じつはわたくし、はかったことがないのです」

 千早「そうなの? ちょうどよかったわ、私、今日は思いがけず偶然たまたまここにメジャーを持っていて」




 美希「………… ち、千早、さん……? たかね相手に、なにしてるの……?」

 千早「」

たかね「きゃははっ! く、くすぐったいです、ちはや! ……ちはや?」



【あほのこ】




たかね「どこにもつもっていないではありませんか! だましたのですね!?」

  響「…… たかね、これでひっかかるの何度目だっけ。そろそろ気づこうよ」

たかね「ああっ!? いまのあいだに、おふとんをあげてしまうとは! なんとひれつな!」

  響「ここまでチョロいとかえって不安になってくるぞ、自分」

たかね「おに! あくま! いけず! ひびき!!」

  響「はいはい、まず顔洗っておい……」




  響「…………ちょっと待って!? "ひびき"って悪口あつかい!?」

たかね「いささか、おそすぎませんか?」

  響「否定しないの!?」



【我那覇響と四条貴音の場合:えくすとら】

 律子「あれ? あんたたち、もうちょっとでレッスンの時間でしょう?」

 貴音「はい、そうなのですが…… 響、律子嬢の言う通りですよ、そろそろ出立しなくては」

  響「だよね、でもちょっと待って、えっと…… 台本、どこに置いたかなぁ……」

 貴音「まったく、なぜ前もって準備しておかないのですか」

  響「うぅ、ご、ごめん…… すぐ見つけるからさー」

 千早「我那覇さん、これ? ソファのところにあったのだけれど」

  響「あ、それだー! ありがと千早! ごめんごめん、お待たせ貴音。さ、行こっ」

 貴音「ええ、参りまし…… ……あの、響?」

  響「ん? どうしたの、早くー」

 貴音「その…… これは、いったい?」

  響「急に黙っちゃってヘンなの。ほら、いつも通り手を…… っ!?」



  響(う、うぎゃー!? たかね連れて歩いてたときのクセでつい無意識にっ!!)

 亜美「ちょっと見ましたオクサマ? 今めっちゃ自然に手ぇ握らせようとしましたザマスよ」

  響「なんなのざますって!? どういうキャラなのさそれ!?」

 真美「んっふっふ~…… ひびきんってば、けっこーガンガンいっちゃう系?」

  響「な、な、なっ、そんな、別にそういうんじゃないってば!」

 貴音「はて…… "そういうの"とは、どういうのを指すのですか、響」

  響「話がややこしくなるから貴音はちょっと黙っててね!?」

 美希「あふ…… そーいえばさっき、響が『いつもどおり』って言ってた気がするの」

 雪歩「や、やっぱり? あれ聞き違いじゃなかったんだ……」

やよい「わたしも聞きましたー! 響さんと貴音さん、なかよしさんですねっ」

あずさ「あら~? なにか面白そうなお話の気配がするかも~、うふふふ」

  響(……まずい! この流れはまずいって自分のカンが言ってるぞ、さっさと出てかないと!)



  響「そ、そうだほら…… その、そう自分たちレッスンに遅れちゃうからね!?」

 春香「えー、響ちゃーん、そんなこと言わないでもうちょっと詳しく……」

  響「貴音っ、ぼーっとしてないでさあ行こうすぐ行こう急いで逃げよう!!」

 貴音「は…… きゃっ、あ、あの、響っ!?」

  響「じゃーねみんなっお疲れーっ!!」

バタバタバタ




  真「けっきょく思いっきり手つないで行くんじゃないか」

 伊織「ツッコんだら負けよ。ほっときなさい」




   P「お疲れさまで…… お、音無さん!? 鼻血ですか、大丈夫ですか!?」

 小鳥「………… 生ぎでて…… 生ぎでで、よがっだでず……」



【過ぎたるは】

 貴音「あぁ…… まさに、至福です……」

  響(ちっちゃかったころもだけど、ホントにいい顔してココア飲むんだから。ふふ)

 貴音「改めて実感致しました。ここあにはやはり、ましゅまろがなくてはなりません」

  響「それも、ひとつじゃなくてふたつ以上、でしょ?」

 貴音「もちろんです。ところで、響」

  響「なあに?」




 貴音「…… このうえ、おやつにお善哉とお汁粉をいただくことになるのでしょうか?」

  響「……………うん、合わないし、甘味に甘味はキッツいなー。夕ご飯のあとにしよう」



【タイトルに忠実に】




 貴音「そういえば、わたくし秘蔵のらぁめんが、確かまだ戸棚に入っておりましたね」

  響「え? 貴音秘蔵の…… って、ひょっとして、カップ麺?」

 貴音「ええ、そうですよ」

  響「……だいぶ前に買ってきてた、限定ものだとかっていう?」

 貴音「その通りです。これは特別な時に食べるのだ、とわたくし、申しましたでしょう」

  響「あ、ああ、そうだったね、ところでさ、貴音」

 貴音「ひとり占めするつもりでしたが、たいへん気分がよいので、響にも分けて差し上げます♪」

  響「あのね、貴音…… ほかでもない、そのカップ麺についてのことなんだけどね?」



 貴音「はい?」

  響「そういうわけでね、もうないの」

 貴音「…… はい?」

  響「もう、ないんだよ、あれ」

 貴音「…………響が、わたくしに黙って、食したのですね?」

  響「ちがうよ」

 貴音「ではなぜなくなったのです!?」

  響「貴音…… じゃなくて、たかねが、ね。食べちゃったの」

 貴音「なななな何を言っているのですか、響、だ、だいじ、だいじょうぶ、です、か」

  響「貴音こそ大丈夫? 目が泳ぎまくってるんだけど……」

 貴音「…………」ワナワナワナ

  響「ちょ、ちょっと、貴音? ショックなのはわかるけど…… 聞いてる? ねえ、貴音、貴音――」







  響「貴音!?」







 貴音「めんようなーっ!」








  響「貴音!?」たかね「めんような!」

  【すねーく・れっぐす】 おしまい。























…………本当におしまい?












【りばーさる・りはーさる】




 貴音(…… 朝、ですね)


 貴音(本日は、ひさびさのおふです。存分に羽を伸ばすと致しましょう)


 貴音(それはそうと、響は…… ああ、やはりもう起き出しているようですね)


 貴音(そうです、本日は響のつくる朝食がいただけるのでした! ふふっ、わたくしは果報者です)


 貴音(すぐに起きてもよいですが…… いま少し、べっどのぬくもりを堪能してから……)



<ガシャーン

 貴音「っ!?」ガバ



 貴音「どうしました、何があったのですか、響! 無事で――」




ひびき「あれっ、ここどこ……? それに、おねえさん、だれ?」

 貴音「!?」




 貴音(口元からのぞく八重歯、小麦色の肌…… 聞き紛うはずもない、独特のいんとねえしょん……)

 貴音(それに、腰より下まで届く豊かな黒髪…… なによりこの、碧く澄みきった瞳……!)

 貴音「………… まさか…… 貴女は、響、なのですか!?」

ひびき「おじいー? おばあ、いないの……? いぬみどこ!? う、うぁ、うえぇ……」

 貴音「ちょっ、あの、待っ――」

ひびき「うぎゃー! あんまー! にぃにー、たすけてぇー! うわあああぁーん!!」

 貴音「ああ、どうすれば!? と、ともかく落ち着いてください! 泣かないで、ね、よしよし……」




ひびき「ずびっ…… じぶん、な"いてない、もん。かんぺき、だもん」


 貴音「ええ、そうです、偉いですよ。ところで…… 貴女のお名前を、わたくしに教えてくれませんか?」


ひびき「えっと、ひびき…… がなは、ひびき。ごさいだぞ…… じゃない、ごさい、です」


 貴音「やはりそうなのですか…… とても良い名ですね、ひびき」


ひびき「えへへー、そうでしょ? じぶんもすきなの!」





ひびき「ねえ、どうしてかぞくいないの? たかねはいぬとかねことか、きらいなの?」


 貴音「い、いえ、特にそういうわけではないのですが……」


ひびき「それにたかね、ひとりでくらしてるの? あんまーは? おばぁとかは?」


 貴音「よいですか、ひびき。人にはそれぞれ、"ひみつ"がたくさんあるのですよ」


ひびき「ひみつ?」





ひびき「たかね…… あのね、じぶん、おなかすいちゃった」

 貴音「おや、これはしたり! 少々お待ちください、すぐ用意しますからね」




 貴音「どうです、ひびき。これこそは人類の誇る至宝のひとつ、らぁめんです!」

ひびき「おいしい! でもじぶん、めんなら、そーきそばがいちばんすきだぞ!」




 貴音「ひびき。お尻を出しなさい」

ひびき「あいっ!?」

 貴音「悪い子には、お尻ぺんぺんです。さあ。はやく」



   P「確かに見た目はよく似てるけど…… その子、本当に響なのか?」

 貴音「はい、おそらくは。いかがしたものかと思い、とりあえずは事務所まで一緒に……」

 小鳥「はーいひびきちゃん、おねえさん怖くないからねー、まずはお写真とビデオ撮らせてねー」

ひびき「う、うとぅるさん……」ガクガク

 貴音「小鳥嬢!?」

   P「ちょっ、音無さん!? めちゃくちゃ怯えてるじゃないですか! やめてくださいよ!」




 真美「ねえねえ、亜美。真美はこれお姫ちんがカンケーしてるとニラんでるんだけど、どーよ」ヒソヒソ

 亜美「間違いないね。お姫ちん、ひびきんが好きすぎて、黒まほーかなんかでコドモにしちゃったんだよ」ヒソヒソ

 貴音「二人ともわたくしを一体なんだと思っているのです!?」



あずさ「あらあら…… ほんとにそっくり。可愛いですね~、響ちゃんの親戚の子ですか?」

 律子「あずささん、話聞いてましたか!? この子が響本人なんですよ!?」

 春香「かーわーいーいー!! ちっちゃかった響ちゃんがもっとちっちゃくなったらもっとかわいいぃー!!」

やよい「……う? 千早さん、どうしたんですかー? 寒いんですか?」

 千早「いいえ、大丈夫よ高槻さん。新たな世界が開けそうなだけ。これはいわば、武者震い」ブルブル

 伊織(いざという時はアレ止めなさいよ、真)

  真(え、ごめん。ボク今の千早をどうにかできる自信ないんだけど)

 雪歩「ねえひびきちゃん四条さんと一緒に住んでるんでしょちょっとお話詳しく聞かせてほしいなねえねえねえねえ」

 美希「もー、なんなの、みんなうるさいの…… ひびき、ミキといっしょにソファいこ?」

ひびき「あいえなー! あきさみよー!!」ガタガタガタ




 亜美「マズいよ真美、お姫ちんよりヤバいメンツがちょこちょこいるよーな気がするよ」ヒソヒソ

 真美「ちびっ子ひびきんのパゥアーをナメてたね…… ま、あとはがんばってね、お姫ちん」ヒソヒソ

 貴音「二人ともわたくしに一体どうしろというのです!?」



 貴音「よいですか、ひびき? 小鳥嬢や高木殿の言いつけを、ちゃんと聞くのですよ」

ひびき「うんっ、だいじょうぶだぞ! じぶん、かんぺきだもん!」

 貴音「ふふ、その様子なら心配なさそうですね。では、行って参ります」

ひびき「いってらっしゃーい! たかね、きをつけてねー!」




ひびき「ねえねえ、ことり。ことりっておなまえなのに、おうむとか、かわないの?」

 小鳥「うーん、一人暮らしだとなかなか難しいのよねえ」

ひびき「えっ、ことりもかぞく、いないの? ひとりでおうちにすんでたら、さびしくない?」

 小鳥「…………」




 小鳥「ガフッ、ゴハァッ」

ひびき「うぎゃーっ!?」

 高木「我那…… ひびき君、こちらへおいで。それ以上は音無君が危ない」



 貴音「動物園…… ですか?」

ひびき「うちなーよりずーっとおおきいのがあるんでしょ? たかね、おねがい、つれてって!」

 貴音(はて…… 困りました、本来なら響のほうがよほど詳しいはずですが……)




ひびき「なんでだめなの!? じぶん、はいってみたい! いこうよたかねぇー!」

 貴音「な、なんででも、絶対に駄目です。あの館だけはいけません」

ひびき「やだやだーっ!! せっかくきたんだからぜんぶみたいぞー!」

 貴音「聞き分けなさい、ひびき。世の中にはこれ以上の理不尽など、いくらでもあるのですよ」

ひびき「う…… うぎゃー!! たかねのけちんぼー!! ばがー!! うわあぁぁん!!」

 貴音(ひびきの涙を見るのは胸が痛みますが…… 心を鬼にするのです、四条貴音……!)

 貴音(爬虫類館、など…… 絶対にあれがいるに決まっております! そこだけはなりません!!)ガクガク



ひびき「たかね、たかねっ!! みてみて! そらからいっぱい、しろいのがおちてくるぞ!」

 貴音「ふふっ…… あれは、雪というのですよ。おや、ひょっとして、ひびきは初めて見るのでしたか」

ひびき「うん! きらきらしてて、きれい…… たかね、おでかけしよ! じぶん、あれさわってみたい!!」




ひびき「うわぁ、わぁぁーっ……! すごい、まっしろ! せかいじゅうまっしろ!!」

 貴音「まことよく積もりましたね。どうぞ、存分にさわってごらんなさい」

ひびき「わっ…… つ、つめたい! でも、かるくて、あっ、なくなっちゃった!?」

 貴音「雪は、触れると溶けてしまうのです。すぐになくなってしまうからこそ、美しいのかもしれませんね」




 貴音「ひびき、お母様にもお兄様にも、ずいぶん会っていないでしょう。寂しくありませんか?」


ひびき「うーん…… さいしょはそうだったけど、いまはたかねがねえねだもん! さびしくなんかないぞ!」


 貴音「ねえね? …………わたくしが?」


ひびき「うん! ふしぎでやさしくて、きれいで、かっこいい、じぶんのじまんのねえね!」





 貴音「確かに、本当に楽しく…… そして心地よい毎日です。しかし、このままでよいわけがありません」


   P「元に戻る方法だって見つかるかもしれないし、あんなに貴音になついてるんだ。そう急がなくても……」


 貴音「いずれ迎えねばならぬことなら、早い方がよいに決まっております。ですから、高木殿」


 高木「もちろん手配自体は、そう難しいことではないが…… それで本当によいのかね。四条君」


 貴音「二言はございません。ひびきのためを思えば、それが最善かと」





 貴音「ひびき。お夕飯のあとで、大事なお話があります」






ひびき「えっ、なになに? ひょっとして、たかね、またどこかつれていってくれる?」






ひびき「どうして……? どうして、かえれなんていうの!?」



 貴音「貴女は故郷にご家族がいるのです、ひびき。わたくしと居続けても、ためになりません」



ひびき「たかね、たかねは、じぶんのこときらいになったの? もう…… ねえねじゃ、いてくれないの……?」



 貴音「…………っ!!」





   P「本当に行かなくていいのか、貴音。ひびきと約束したんじゃなかったのか」

 貴音「わたくしがいては余計に収拾がつかなくなるでしょう。ひびきのこと、どうかよろしくお願い致します」

   P「…………」






ひびき「なんで! なんでぇっ!? ねえはるか、たかねは!? なんでたかねいないの!?」

 春香「…… あのね、ひびきちゃん。貴音さんは急にお仕事が入っちゃって、今日はどうしても……」

ひびき「うわああああん!! うそつき、たかねのうそつきーっ! おみおくりしてくれるって、やくそくしたじゃないかぁぁ!!」




ひびき「たかねー!」貴音「面妖な……」
ttp://ankake.blog.jp/archives/uso800desu.html







※埋めネタです。続きません。







  響「貴音!?」たかね「めんような!」
      本当におしまい。


◇目次