パチパチパチパチパチパチ


春香「えーどうもどうも」
伊織「はい、どうも、ありがとうございます本当に」


春香「満員御礼と言うことで」
伊織「まぁ、自分らで言う事でもないんですけども、本当にありがとうございます」


春香「えーイキナリなんですけどもね」
伊織「はい」


春香「私今【童謡】にハマっておりまして」
伊織「まぁ、出来れば流行歌にハマって頂きたい所ではありますけども、アイドル的には」

春香「いろいろ歌ったりするのが最近のマイブーム」
伊織「言ってもね、春香の根っこそういう所からだしね」

春香「やっぱり、定番が良いですよね、童謡はね」
伊織「童謡の定番って言ってもね、まぁ、童謡自体が定番って所がありますけども」

春香「ちょっと歌ってみてもいいですかね?」
伊織「何でよ!? 今日はアイドルのイベントだっつって大勢お客さん来てくれてるのよ」

春香「チャラチャチャ、チャッチャッチャ♪」
伊織「またベタな所から来たわよコレ」

春香「チャラチャチャ、チャッチャッチャ♪」
伊織「イントロ要らないのよ、さっさと済ませなさいよ」

春香「チャチャチャチャラチャチャ、チャッチャッチャ♪」
伊織「何でこの愚行を私も許してんのよ、おかしいって話なのよこんなの」


--------------------------------------------------


春香「おもちゃの♪」
伊織「はい、おもちゃの」

春香「チャチャチャ♪」
伊織「何よチャチャチャって」

春香「おもちゃの♪」
伊織「二回言わなくて良いっつーの」

春香「チャチャチャ♪」
伊織「石井明美か! 何度もCHACHACHAって」

春香「チャチャチャ♪」
伊織「だから」

春香「おもちゃの♪」
伊織「おもちゃの」

春香「チャッチャッチャ♪」
伊織「ちょっと溜めて言ってんじゃないわよ! しつこいわね!!」

春香「空にキラキラお星さま♪」
伊織「良い夜ね」

春香「皆すやすや眠る頃♪」
伊織「お星さまの時点で夜ってのは伝わってんだから重ねなくていいわよ」

春香「おもちゃは箱を飛び出して♪」
伊織「ホラーめいて来たわよコレ」

春香「踊る♪」
伊織「怖い怖い」

春香「おもちゃの♪」
伊織「おもちゃの」

春香「チャッチャッチャ♪」
伊織「チャッチャッチャ♪ ってバカにしてんのか!!!!」


--------------------------------------------------


春香「何ですか、人が楽しく歌ってる所を」
伊織「良いのよ、童謡を歌わなくて、私達はステージをやりに来たんだから」


春香「ボクの大好きなクラリネット♪」
伊織「始まっちゃったけども」

春香「パパから貰ったクラリネット♪」
伊織「そうなの? 知らないけども」

春香「とっても大事にしてたのに♪」
伊織「そりゃあね、貰い物ですから」

春香「壊れて出ない音がある♪」
伊織「あら、一大事じゃない」

春香「どーしよ♪」
伊織「一回落ち着きましょう」

春香「どーしよ♪」
伊織「だから」

春香「オパッキャラマド! パッキャラマド! パオパオパンパンパン!!」
伊織「怖い怖い怖い!! 取り乱し方が怖い!!」

春香「オパッキャラマド! パッキャラマド! パオパオパンパンパン!!」
伊織「正気を失ってるってレベルじゃないのよ! どうしたイキナリ」

春香「ドとレとミとファとソとラとシの♪」
伊織「まぁ全部だけど」

春香「音が出ない♪」
伊織「全部かよ!! 何をしたらそうなった!?」

春香「ドとレとミとファとソとラとシの♪」
伊織「うん」

春香「音が出ない♪」
伊織「もうそれは何らかの棒でしょ!! ただの!!」


--------------------------------------------------


春香「何なんですか?」
伊織「こっちのセリフなのよ! 結構な尺とって歌ってるけども!!」

春香「後ね、私、この歌昔から好きでね」
伊織「いや、今日は765プロとして新曲歌いに来たのよ」


春香「ある日♪」
伊織「いつよ」

春香「森の中♪」
伊織「質問に答えないさいよ、Whenを聞いてるのよWhereは聞いてないのよ」

春香「クマさんに♪」
伊織「雲行き怪しいわよ」

春香「出会った♪」
伊織「一大事よ!! 新聞沙汰だっつーの!!」

春香「花咲く森の道♪」
伊織「描写の方面に関しては大分詳しく覚えているけども!!」

春香「クマさんに出会った♪」
伊織「直面してる状況が血なまぐさいのよ!!」

春香「クマさんの♪」
伊織「クマさんが」

春香「言う事にゃ♪」
伊織「なぜここだけ少し訛っているのかは解らないけども」

春香「お嬢さん♪」
伊織「春香の事ね」

春香「お逃げなさい♪」
伊織「何からよ!!??」

春香「スタコラサッサッサーのサー♪」
伊織「クマは何を警告した!? お前以上の脅威があるのか!?」

春香「スタコラサッサッサーのサー♪」
伊織「そしてなぜ素直にそれを聞く!? そしてクマは何語で喋った!?」


--------------------------------------------------


春香「ところが♪」
伊織「おや?」

春香「クマさんが♪」
伊織「クマさんが」

春香「後から♪」
伊織「怖い」

春香「着いてくる♪」
伊織「怖い怖い怖い!!」

春香「トコトコトッコトッコト♪」
伊織「コレは確実に逃げる獲物を追いかけるのが好きなクマね」

春香「トコトコトッコトッコト♪」
伊織「この後凄惨な事件があるに違いないわよコレ」

春香「お嬢さん♪」
伊織「来たわよ」

春香「お待ちなさい♪」
伊織「ナチュラルに喋ってけども、クマ」

春香「ちょっと♪」
伊織「頭からガブッといかれるパターンよ」

春香「落とし物♪」
伊織「え?」

春香「白い貝殻の♪」
伊織「どの場面でソレを落とした!?」

春香「小さなイヤリング♪」
伊織「落とし難いよ!? イヤリングは!! 良く見つけたよクマも小さいのに」

春香「あらクマさん♪」
伊織「あらじゃないわよ」

春香「ありがとう♪」
伊織「そもそも逃げなきゃ落とさなかったって話よ」

春香「お礼に♪」
伊織「いいわよいいわよ、そんなの」

春香「歌いましょ♪」
伊織「なぜだ!!!!!!!!」

春香「ララララ♪ラーラーラーラーラー♪」
伊織「クマにとってお礼になるのか!? それは!?」

春香「ラララ♪ラーラーラーラーラー♪」
伊織「そして結局何から逃げてたんだよぉおおおおおおお!!!!!!!!」


--------------------------------------------------


春香「何なんですか!?」
伊織「何なんですかはこっちのセリフなのよ!!!! さっきから!!!!」

春香「人が気持ちよく歌ってるって言うのに」
伊織「本日来たお客様方はそれを求めていないって言ってんの!!!!」

春香「いやしかしアレですね」
伊織「何よ」

春香「夏がきますね」
伊織「あー、暑くなってきたわ最近」


春香「海は広いな大きいな♪」
伊織「導入を入れれば良いって言った覚えわ無いわよ!? 私は!?」

春香「月が昇るし、日は沈む♪」
伊織「どこでもそうだよ、山でも割と昇るし沈むよ」

春香「海は大波青い波♪」
伊織「まぁまぁ、はい」

春香「揺れてどこまで続くやら♪」
伊織「やら、じゃないのよ!! 何ちょっと落ち着いた感じ出してんのよ!!」

春香「海にお舟を浮かばせて♪」
伊織「何か自分で作った模型みたいの浮かべてるけども」

春香「行ってみたいな他所の国♪」
伊織「行けるか!! 浮かばせてっつってんだから自分所有でしょ!? 外海出れる船持ってんのかっつー話だよ!!」


春香「何なんですかさっきから」
伊織「飛行機つかえ! スケジュールつまってんだから!!」


--------------------------------------------------


春香「じゃあ、こうしよう、伊織が好きな童謡を歌う」
伊織「いや、ちゃんとステージしよ!?」

春香「ちょっと歌いたかった部分はあるんでしょ?」
伊織「まぁ、少しはね?」

春香「じゃあどっぞ!!」
伊織「じゃあ、大きな古時計を」

春香「名曲」
伊織「好きなんですよ、じゃあ歌いますけども」

伊織「大き」
春香「平井堅さん何かもね、カバーしてて」

伊織「そうね、平井堅さんもね」
春香「そうそう」

伊織「大きなノッ」
春香「おじいさんと共に生きてきた時計がおじいさんが死んだその日に止まっちゃったなんてね少し物悲しい」
伊織「言っちゃったよ!!!!!!!!」

春香「え?」
伊織「全部言っちゃった!! もう歌う価値なし!!」

春香「いやいや、歌っていただいても全然それは、伊織のやりたい事はやらせてやりたいと思っているから私は」
伊織「仕方なく感出してるけどそもそもこの童謡の流れはアンタが作ってんのよ!!」

春香「それが天海春香だから」
伊織「うるせぇよ!!!!」


春香「どうも、ありがとうございましたー」
伊織「どうも、ありがとうございましたー」



パチパチパチパチパチパチパチパチ



律子「…………ステージは!!!!!!!!????????」