パチパチパチパチパチパチパチ


春香「いやいやいやいや」
伊織「どうも、どうも、本当、ありがとうございます」

春香「まぁね、ようこそ! 765プロ定例ライブへ!! ってね」
伊織「本当ね、今日は是非楽しんでいってもらいたいわよね」


春香「そんな会場なわけですけどもね、まぁ今回は私達の名前だけでも覚えていっていただけたらなと」
伊織「いや、765の定例来てる人はね? 皆知ってるのよ、私達の名前は」

春香「あのねぇ……ちょっとね、伊織は、あ、この人伊織って言うんですけども」
伊織「どうもどうも水瀬伊織ですけども」

春香「お嬢様」
伊織「やめて恥ずかしい」

春香「あの水瀬財閥の!!」
伊織「まぁまぁ隠してても解ってしまう事ではありますけども」

春香「何でね、ちょっと、アレな所がありますよね」
伊織「何よ」

春香「カッパな所が」
伊織「天狗な!? 言うならば天狗な!? 妖怪ならなんでもOKな訳じゃないのよ!!」

春香「まぁそんな訳でね、お手伝いに来てくれた訳ですけども」
伊織「メインメンバーな!? 最初期の頃からやらせて頂いているよ一応」

春香「そんな愉快な伊織達と」
伊織「オンリーワンな!? 七人の小人的な扱い受けてっけども」

春香「わいわいがやがややっていきたいわけなんですけどもはい」
伊織「是非ね、楽しんでいってほしいですね」


--------------------------------------------------


春香「そして私が天海春香」
伊織「皆さん存じ上げてますよ、765の天海春香と言えばですから」

春香「765の核弾頭って言われてますから!!」
伊織「そんな攻撃的なアイドルはちょっとね嫌よね」

春香「今日はね!! 歌うよぉ!! 満を持して!!」
伊織「いや、そんな特別感出されても困るのよ、それくらサラっとやってくれないと」

春香「と言うわけでね、朝からもうエンジンあっためっぱなしでね!!」
伊織「皆さん、今日の春香には期待して頂きたいです、本当に」

春香「疲れちゃったよね、今」
伊織「困るんですよ!? プロなんだから、ちゃんとタイミング図ってもらわないと」

春香「そんなもんでね、喉乾いちゃったよ本当に」キュポッ
伊織「歌う前にこんなに喋っているからでしょ!?」

春香「プファーー!! 違うわ!! 水素水!!」
伊織「水ね、いたって普通の水ね、良いわよ、別に、水よ、それ」

春香「ところでね、この中で、私達の事、知っている方、もしくは知らない方は手を挙げてもらって」
伊織「全員挙げるわ!! むしろ挙げなかった奴どんな次元から私達の事みてるんだ!?」

春香「まぁ、もっぱら伊織と私はね、こうして会場暖めさせてもらっているわけですけども」
伊織「やらしい話をするな!! まったく、中堅芸人のつかみネタじゃないのよ」

春香「さてっと、それじゃあ、そろそろね」
伊織「本当ですよ、コレを見に来てるんですから、お客様方は、早く歌いますよ」

春香「輝きの向こう側へ」
伊織「ここでいきなりクライマックスされても困るのよ!! まだまだ控えてるのよプログラムは!!」


--------------------------------------------------


春香「いやしかし6月ですよ」
伊織「まだMCします?」

春香「6月」
伊織「まぁねぇ、気が付いたらって感じかしら」

春香「色々ありましたねぇ、激動の上半期」
伊織「そうねぇ、本当に色々あったわ」

春香「お・も・て・な・し」
伊織「いつの話よ!? 上半期ならばなんでもござれな訳じゃないのよ、それにどちらかと言えば下半期よ」

春香「会場の方々は気が付かれてはいないようなんですけども、今年はオリンピックイヤー」
伊織「気が付かれているわよ、誰もかれもが」

春香「ブラジルで」
伊織「はい」

春香「ゾマホンが」
伊織「ちょいちょい古いしゾマホンブラジル人じゃないからね!? オリンピックなんも関係ないし」

春香「最近の話題としてはアレですよ」
伊織「はいはい」

春香「公正な第三の眼にゆだねたい」
伊織「邪眼持ちか!! 都知事そんな飛影とかそう言うキャラじゃないのよ」

春香「都民怒り爆発ですよ」
伊織「まぁねぇ、ちょっと立場と言うのも考えて頂きたいものよね」

春香「規定の性能を発揮しない車」
伊織「嘆かわしいわね、モノづくりの国として」

春香「ライブなのに歌わないアイドル」
伊織「私達だよ!!!! 何やってんだよ本当に!!!! 今!! JUSTNOW!!」

春香「Romantic?」
伊織「Now!! じゃないのよ!! 人様のしかも他事務所の歌なのよ!!」


--------------------------------------------------


春香「あ? そろそろスタンバイの方が?」
伊織「違うのよ、それを待ってるのはスタッフの方で、我々のスタンバイ待ちなの」

春香「いや、しかし、おかしな世の中ですよ」
伊織「歌を唄わないアイドルの方がおかしいのよ」

春香「今年の初め、いたでしょ、辞任した大臣」
伊織「……あぁ、居たわね」

春香「甘味大臣」
伊織「あんみつとか食ってそうだけど違うわよね、甘利大臣よね?」

春香「100万円くらいだと思うんですけども、まぁ、罪はギルティのようで」
伊織「ちょっとわけわかんないお洒落感だしながらですけども」

春香「コレなんてね、第三の眼と比べたらどうなんですかね? 微々たる物なんじゃないかなって」
伊織「かの都知事を第三の眼ってあだ名つけちゃってますけども、まぁ、ね、確かに自分は続投かよみたいのはありますよね」

春香「家の経理もね、結構ガバガバな所あるんですけども」
伊織「そうね、まぁ、それは否めないわ」

春香「プロデューサーさんが地球5周分のガソリン代計上したら律子さんにぶん殴られてましたからね」
伊織「どうして通ると思ったのかしらね? あのバカは」

春香「あと、アレ! アイドルと言えば」
伊織「言っちゃいます?」

春香「5人組の!! 国民的アイドルの!!」
伊織「いやいや、春香、それに私達が触れるのはタブーよ」

春香「TOKIOが水路を!! ついに!!」
伊織「結構長い間やってるわ!!!! 何なら森を抜けたがコンクリート的な物作りで難航中だわ!!!!」

春香「それこそジャニーさんにお願いしちゃえばね? コンクリートくらいねぇ??」
伊織「ダメダメダメダメ!! ものすっごいグレーな所を言ってるから!!」

春香「まぁ、私達の事務所は未だに基礎からユルッユルなんですけどね」
伊織「本当ね、死ぬなら事務所が地震で崩れてだと思っているからね!? 私達マジで!!」

春香「大丈夫、真が野球やってるから」
伊織「野球? いや、関係ないでしょ、野球がどうとかは」

春香「始まる前に勝つか負けるかでね、円陣組んで」
伊織「ストーーーーーップ!! それは言って欲しく無い言葉だわ!!」


--------------------------------------------------


春香「いやはや、まぁまぁ、おかしな世の中ですよ」
伊織「おかしいのは私達なんだけどね!? って言うかアンタなんだけどね!!??」

春香「まぁ、その、上半期の締めくくりと言うわけではないですが!!」
伊織「お、襟を正して、どうしたの急に」

春香「皆さまにはね、是非とも、今日!! 輝きの向こう側って奴を見て行ってもらいたいなと!!」
伊織「はい! 来ました!! じゃあこちらのスタンバイも出来ましたよと言う事で!!」

春香「楽しんで言ってください!!」
伊織「はい! それでは天海春香と水瀬伊織で! 全力アイドル!」

春香「とも思ったんですけども、6月って下半期なのかなーって」
伊織「いい加減にしなさい!」

春香「どうも! ありがとうございましたー!!」
伊織「どうも! ありがとうございましたー!!」




パチパチパチパチパチパチパチパチ




律子「…………むしろ客の方がコレを楽しみにしている!!!!」