春香「はい、どうもー」

伊織「みんなのアイドル、伊織ちゃんよ!にひひっ!」

春香「いや、伊織だけじゃなくて、私や千早ちゃんもアイドルだよ?」

伊織「ひとの掴みを潰すな!」

春香「でね、今日はファン投票について考えてみたいんだけど」

伊織「唐突!ま、まあいいわ。確かにね、中間発表が話題になってたわね」

春香「そうそう。なかなか意外だったよね!」

伊織「そうね。2位が

春香「原口選手だよ!?」

伊織「野球かよ!?」

春香「野球だよ!」

伊織「勢いで打ち返すんじゃないわよ!野球だけに!」

春香「・・・」

伊織「・・・」

春香「いや、なんかごめん」

伊織「やめて!その反応ツラい!」

春香「じゃあ原口選手の話題に戻っていい?」

伊織「まあ構わないわ、というか滑った私には止める権利がないわ。
ただ、もうちょっとみなさんにわかるように説明してちょうだい」

春香「原口選手は、阪神のキャッチャーなんだけど、今年育成から支配下登録されて、
1軍の試合で活躍してるんだよ」

伊織「へー、まるでシンデレラストーリーね」

春香「伊織」

伊織「え、なに?」

春香「シンデレラとか、うちの事務所禁句だから」

伊織「それじゃ待ち受けプリンス歌えないでしょうよ!」

春香「まあ、偽りのシンデレラだったらいいんじゃないかな」

伊織「うるさい!いいから話を進めなさいよ」

春香「原口選手がすごいのは、ノミネートされてないのに2位なところなんだよ」

伊織「それってすごいの?」

春香「そりゃあ、ノミネートされてる選手はチェックを入れれば投票できるけど、
そうじゃない選手はわざわざ名前を書かないといけないんだから、手間がかかるんだ」

伊織「へえ、確かにそれは大したものね」

春香「だからさ」

伊織「なによ」

春香「投票しちゃおうよ」

伊織「ごめんなさい、あんたが何考えてるんだかさっぱり」

春香「だから、会場のみんな"菊地真"って投手部門で投票してねってこと」

伊織「迷惑!川崎以来の迷惑!」

春香「はい、落ちたところで改めまして会場のみなさんこんばんわ!」

伊織「今日の"765ベースボール・デー"ご来場、ありがとう!」

春香「1曲目は、千早ちゃんがカバーする、ささきいさおさんの"それゆけぼくらのファイターズ"!」



律子「今日のセットリスト考えたの誰ですか」