真「はいどーーもーーーーーーーーー!!!!!」パチパチパチパチ

雪歩「どーもー」パチパチパチパチ

真「いやぁ~、ね!!!!!」

雪歩「のっけから騒がしいですけども、皆さんよろしくお願いしますね」

真「どーーもーーーーーーーーー!!!!」

雪歩「ね、それしか言ってませんけども」

真「いやぁ~、ね!!!!!!」

雪歩「やんややんや言ってますけども私達今日は歌いに来たんじゃないんですよ」

真「はい! どーーもーーーーーーーー!!!!!」

雪歩「……うん、そうなんですよ。普段は私達アイドルとしてやらせてもらってるんですけどね」

真「いやぁ~、ね!!!!!!!」

雪歩「……はい、え~、今日は一風変わった感じで漫才をやらせてもらおうかと思ってましてね」

真「どーーもーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

雪歩「真ちゃんうっさい!」

真「えっ」

雪歩「なんなのさっきからどーもーどーもーって、今時ザキヤマさんでもそんなに言わないよ」

真「漫才に~菊地真ちゃんが~くr」

雪歩「今その流れじゃ無いじゃん」

真「えっ」

雪歩「今の『来る~~~』の流れじゃないからね」

真「またまた~」

雪歩「だいたい『どーも』と『いやぁ~、ね』以外にもうちょっと言うことあるよね?」

真「くr」

雪歩「ザキヤマさんから離れてよ!!」

真「えっ」

雪歩「いくらなんでもボキャブラリー少なすぎでしょ!」

真「でも漫才ってどーもーって言ってれば良いんでしょ?」

雪歩「謝って。全国の漫才師さんに謝って」

真「いやでも、漫才ってそんなイメージあるじゃない?」

雪歩「無いよ! 真ちゃんはお漫才を何だと思ってるの?」

真「えぇ~……」

雪歩「なに?」

真「いや、このタイミングで突然の下ネタは無いよ雪歩」

雪歩「言ってないよ!!!」

真「言ったでしょ、おまん」

雪歩「最低だよ!!!!!」

真「いや、おまん」

雪歩「最低だよ!!!!!!!」

真「雪歩がいきなり変なこと言うから」

雪歩「私のせいにしないでよ!!」

真「だって」

雪歩「もう、真ちゃんなんて嫌いだよ!!!」

真「えっ」

雪歩「せっかくのお漫才も台無しだよぉ!!」

真「でもボクは雪歩の事が好きだよ」

雪歩「えっ」

真「雪歩は?」

雪歩「好き」

真「じゃあ、もう一回初めからやり直そう」

雪歩「うん」

真「じゃあ、ボク上手から入り直してくるから」

雪歩「じゃあ私は下手から」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



雪歩「どーーもーーーーーーー!!!!」

真「さぁ始まりました! ボクと雪歩のお漫才ですけr」

雪歩「そこはどーーもーーーーーーーーーー!!!! じゃないんかい!!!! やめさせてもらうわ!!!!!!!!」

二人「どーもーーーーーー!!!!!!!!! ありがとうございました!!!!!」