パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「どうも~! ベッキーです~~!」
伊織「本気でやめろ! いきなり本当に」

春香「いやはやどうもどうも~」
伊織「本当、ありがとうございます、どうも~」

春香「と言う訳でね、ハルカなるイオリな訳ですけどもはい~」
伊織「頑張っていきますよ~今回も~」

春香「私らもね、こんな漫才なんてやらせて頂いていますけどもはい」
伊織「はい」

春香「本業はアイドルでして」
伊織「そうですね」

春香「さらにその前に! どうやら噂によると学生であると」
伊織「行ってないの? どうやらも何も学生よね?」

春香「3足の草鞋でやらせて頂いている訳ですけどもはい」
伊織「ええ、ええ」

春香「私が高校生で」
伊織「はい」

春香「伊織が中学生」
伊織「いや、驚かれるかもしれませんけど、こんなんでこの人年上ですからね~」

春香「やっぱりその~学校あるあると言えば、校舎裏での告白ね」
伊織「あら~~~~」

春香「経験がおありで?」
伊織「いや…………まぁまぁ///良いじゃないですかそれは」

春香「ね~~この通り無いわけでしてね」
伊織「ある感じだったろ! あるわ!! 何度か振らせていただいてますぅ~!!」

春香「何? 自信満々って訳?」
伊織「いや、そう言う訳じゃあないですけどもね?」

春香「じゃあ、今から私が男の子役で告白するから」
伊織「はい」

春香「伊織は男の子の親戚役やって」
伊織「何で男の子は親戚に見守られながら告白してんだよ!!」

春香「私が男の子」
伊織「私が女の子ね」


--------------------------------------------------


春香「……ごめんな?」
伊織「急に呼び出して……な、何よ」

春香「あのよ……」
伊織「う、うん……」

春香「…………良い……天気だよな~」
伊織「あ、うん」

春香「こんな日はアレだな」
伊織「うん」

春香「干物を干したくなるよな」
伊織「あ、天海君、干物とかするんだ?」

春香「あーー……まぁ? ちょっとな」
伊織「へぇ」

春香「いや、魚はさ? 母ちゃんとかに捌いてもらってんだけど~」
伊織「難しいもんね、魚捌くのって」

春香「つけ汁? つけ汁っつーの? は? まぁ、自家製っつーか……まぁ? 俺製?」
伊織「へぇ、凄い」

春香「知ってた? 大根とか? ああいうの? 一緒に干すんだぜぇ?」
伊織「あ、え、ふ、ふーん」

春香「カラッカラッになるっつーかー」
伊織「うん」

春香「ミイラみたいっつーかー……」
伊織「ええ」

春香「ちょっと小っちゃくなるっつーかー」
伊織「……」

春香「すげぇだろぉ?」
伊織「うるせぇよ!!!! 何の話してんだ!!!!」

春香「いや、雰囲気作りじゃないですか~」
伊織「作れねぇよ!!?? 興味が1ミリも湧かないし、何で干物で話題回るって思ってんだ!?」

春香「仕切り直して良い?」
伊織「是非っ!!!!!!!!!!」


--------------------------------------------------


春香「……」
伊織「天海君?」

春香「……」
伊織「こんな所に呼び出してどうしたの?」

春香「こんな所とは何だぁ!!!!」
伊織「え? え? え?」

春香「一生けん命……選んだんだぁ……」
伊織「そ、そうなの? ごめんね? それで……えっと、何の用なのかな?」

春香「付き合ってくれ!! そして俺の子を産んでくれ!!!! そして死のう!!!!!!!!」
伊織「怖ぇよ!!!!」

春香「え?」
伊織「怖いよそいつ! 何なの!? そして死のう! 超怖い!!」

春香「一生添い遂げる感じが出てるかなって」
伊織「もうそいつには恐怖しか感じ無いわよ!! あー怖かった……」

春香「ええ? コレもだめ?」
伊織「少しでもイケるって思った春香に恐怖よ、本当」

春香「じゃあ、どうしていけばいいものかね?」
伊織「こう……どうして? みたいなの欲しいかもしれないわね」

春香「あーー」
伊織「コレコレこうで、どれくらい貴女の事が好きなんです! みたいなね」

春香「プレパラートくらい貴女の事が好きですっ! みたいな?」
伊織「伝わる感じでお願いしてもいいかしら? 全然解らないからソレ」

春香「具体的にね」
伊織「そうね、出来うる限り具体的にお願いします」

春香「仕切り直しても?」
伊織「是非っ!!」


--------------------------------------------------


春香「悪いな? こんな所に呼び出して」
伊織「いや……いいけど」

春香「男湯なんてさ? もっと場所選ぶべきだったのかもしれないけどさ」
伊織「そうだよ!! バカか!! 何で私も男湯に呼ばれて来てんのよ!!」

春香「悪いな? こんな所に呼び出して」
伊織「いや? 別に……良いけど」

春香「ちょっと話があって」
伊織「う、うん」

春香「ずっと前から……その」
伊織「うん……」

春香「その、お前の事がさ?」
伊織「うん」

春香「好き?」
伊織「ん? え?」

春香「まぁ……どっちかっつーとみたいな所はあるんだけど」
伊織「うん」

春香「100あったら? 51で、まぁ、ギリ好きっつーかさ?」
伊織「おう」

春香「まぁ、そんな訳で」
伊織「……」

春香「付き合うべぇ」
伊織「気分悪いわ!!!! アホか!!!! そんなんでOKする女居てたまるか!!!!」

春香「ええ??」
伊織「ええ!!?? じゃないのよ!! どう思う!? ギリッギリッで好きだから付き合おうって!?」

春香「キュンッ」
伊織「そのまま心配停止で死ねよ!! キュンってなるわけないでしょ!?」

春香「そっかな~?」
伊織「アンタねぇ、ちょっとアンタの抱いている男子像極端なのよ」

春香「言われても、ちょっと私、女の子が魅かれる男の子の象なんて知らないパオーンし」
伊織「オスの象の話してんじゃないの!! パオーンしじゃないのよww!! くそwwww」

春香「あ…………男の子の象っっ//////」
伊織「違うわ!! バカ!! 戻ってこい!!」


--------------------------------------------------


春香「そんならどう言うのが良いんですかね?」
伊織「最近話題なのは、ドS男子ね」

春香「ドS」
伊織「ちょっとね、上から見てるくらいの? まぁ強引かつ引っ張ってくれるようなそんな感じ?」

春香「あーーあーー解った解った」
伊織「そう、そう言うのに女の子は弱いらしいわよ?」

春香「強引でね、リードしてくれる感じの」
伊織「そう、それ!」


春香「おう、来たか」
伊織「何よ? こんな所に呼び出して」

春香「なぁ、伊織」ドンッ
伊織「っ!?」

春香「お前可愛いよな」
伊織「な……何よ///」

春香「おっぱい揉ませろよ~」
伊織「おい! こら!!」

春香「なぁ~~ええやろ~~? おっぱい揉ませてくれや~~」
伊織「ヤメろ!! やめなさい!!」

春香「ええやろぉ~? なぁ? ええやろぉ~~??」
伊織「違う、そう言う事じゃ」

春香「減るもんやなかろうてぇ~! ええやろがい~~!!」
伊織「お前何だそのキャラww やめろ本当に!!」


春香「おっぱい揉ませてくれぇやぁああああああ!!!!!!!!」
伊織「強引っつーのはそう言うんじゃねぇええええええ!!!!!!!!!」


春香「」ハァハァハァハァ
伊織「」ハァハァハァハァ


春香「何でww?」
伊織「何でじゃないんだよwwwwもうwwww」

春香「夢中になっちゃったよww」
伊織「やめろwwほんとww」

春香「ちょっと一回落ち着こうww本当にww」
伊織「そうねww」


春香「はぁ~~ww」
伊織「はぁ~~ww」


--------------------------------------------------


春香「やっぱりあれかね? 好きです、付き合ってください」
伊織「そうね、そう言う普通なのが一番良いかもね」

春香「誠実さだよね」
伊織「間違いない」


春香「あ、伊織」
伊織「どうしたの? 天海君」

春香「ごめんな? 急に」
伊織「うん、別に、大丈夫だけど」

春香「あのさ、こんな事言われたら困るって思うんだけど」
伊織「う、うん」

春香「俺、伊織の事が好きだ!」
伊織「え……」

春香「良かったら……俺と付き合ってください!!」
伊織「……っ///」

春香「ど……どうかな?」
伊織「う……うん」

春香「え!?」
伊織「い、良いよ//////」

春香「やったっ!! すっげぇ!! すっげぇ嬉しいよ!! 伊織!!」
伊織「あの///私も///嬉しいって言うか……うん///」

春香「一緒にいっぱい楽しい事しような!!!!」
伊織「うん、嬉しい//////」

春香「そして死のう!!!!!!!!」
伊織「ソイツだったのかよ!!!! もういいよ!」



春香「どうも! ありがとうございましたー!」
伊織「どうも! ありがとうございましたー!」




パチパチパチパチパチパチパチパチ