1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:58:37.91 ID:8bW8AvR3o

千早「……ほんとに千早お姉ちゃんになった!」

雪歩「いやぁ、うまく行ったね亜美さんや」

千早「『入れ替わリング』、本物ですなぁ。真美さんや」

雪歩「ねえねえ、これでもっと遊べない?」

千早「誰かと誰かを入れ替えたり!」

雪歩「自分たちでまた入れ替わったりね!」

ちはゆき「「んっふっふ~」」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:59:02.86 ID:8bW8AvR3o

 ――

亜美「……ん」

真美「あ、あれ……?」

亜美「どうしたの、真美……あら」

真美「わ、私……真美ちゃんになってる……」

亜美「私の声が違う……身体も? どういうこと……!?」

真美「あ、亜美ちゃん……亜美ちゃんじゃない、よね」

亜美「千早、だけど……あなたは、萩原さん?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:59:45.52 ID:8bW8AvR3o

真美「う、うん」

亜美「これ、いったい……」

真美「どっ、どうしよう! 私の身体は……真美ちゃんは!?」

亜美「私の身体には亜美がいるのかしら……」

真美「なんでこんなことに……」

亜美「もしかして、さっきの指輪が原因なのかしら」

真美「ゆ、指輪? ……ああっ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:00:31.97 ID:8bW8AvR3o

 ××

 亜美「ゆきぴょん、千早お姉ちゃん!」

 雪歩「え?」

 真美「この指輪、付けてみてくれない?」

 千早「どうしたの、これ」

 亜美「ひみつっ!」

 真美「さあさあ、左手の薬指でもいいよん」

 雪歩「な、なんだか高そうだね……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:01:04.29 ID:8bW8AvR3o

 亜美「そしたら、亜美と真美のどっちかを見つめて!」

 千早「おまじないか何か?」

 真美「そーそー! さ、熱いシセン浴びせてみて」

 雪歩「こ、こうかな」

 あみまみ「「せー、のっ!」」ギュ

 千早「っ!?」

 ×××

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:01:42.85 ID:8bW8AvR3o

亜美「あれで気を失って、気がついたらこうだったのだから」

真美「もしかして、心と身体を入れ替える指輪だったのかな……」

亜美「そんなものがあるとは思えないけれど……私たちがこうなっているなら……」

真美「……千早ちゃん、こういうときも冷静なんだね」

亜美「まさか。でもパニックになっているままじゃ話が進まないもの」

真美「そっか、そうだよね……私も、頭を切り替えないと」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:02:20.84 ID:8bW8AvR3o

亜美「ねえ、萩原さん。このあとの予定は?」

真美「私はレッスンがあるけど……」

亜美「……面倒なことになったわね」

真美「このままじゃ行けないし……真美ちゃんは知らないよね」

亜美「イタズラされる前に、早く見つけないと」

真美「ち、千早ちゃん! どこに行くの!?」

亜美「とりあえず、ふたりの行きそうな場所に行きましょう」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:03:11.03 ID:8bW8AvR3o

 ――

千早「あれ、はるるんじゃない?」

雪歩「そだね。コンビニ入った……あ、そうだ!」

千早「えっ、なに?」

雪歩「真美たちトクイのモノマネ、この身体ならカンペキにできるんじゃない?」

千早「そっか! 見た目も声も違うもんね!」

雪歩「はるるんにバレないかどうか試してみようよ」

千早「やってみよー!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:04:01.04 ID:8bW8AvR3o

春香「あ、おはよー雪歩! 千早ちゃんも!」

千早「おはよう、春香」

雪歩「えへへ、おっはよっ、春香!」

千早(ま、真美! それはまこちんだYO!)

雪歩(やばっ)

春香「……? 雪歩、きょう元気だね」

雪歩「そ、そうなんだ! 好きなお茶っ葉を見つけて」

春香「お茶っ葉かー」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:04:36.47 ID:8bW8AvR3o

春香「ふたりでコンビニにいるの、珍しいね」

千早「ちょっと欲しい物があったの」

春香「へえ……あ、ヤキニクマンのチョコ! 雪歩好きだったんだ」

雪歩「えっ!? あ、うん!」

千早(ゆきぴょんがヤキニクマンなんて見てるわけないっしょ!)

雪歩(ついクセで……)

春香「千早ちゃんは……コーラ? 炭酸は喉に悪いって言ってなかったっけ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:05:33.29 ID:8bW8AvR3o

千早「げっ!? あ、えーと……これは頼まれモノなの」

春香「そっかそっか」

雪歩(千早お姉ちゃんは炭酸飲まないっしょ!)

千早(喉乾いたから……)

春香「まあ、いいや。事務所には誰かいるの?」

千早「あ、亜美と真美が居ると思うわ」

雪歩「ふたりとも、寝てるんじゃないかな?」

千早(しばらくは起きないみたいだしね)

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:06:17.27 ID:8bW8AvR3o

春香「ああ、じゃあコーラは亜美と真美からの頼まれモノなんだ」

千早「ええ」

春香「千早ちゃんを使い走るなんて」

千早「いいのよ、ふたりともとっても可愛いから」

雪歩(なっななな何言ってんの!?)

春香「生意気だけどねー。まだ子供だもん」

雪歩「こ、子供じゃないよ!」

春香「えっ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:07:04.42 ID:8bW8AvR3o

千早(なにやってんの真美まで!)

雪歩(うう、つい)

春香「ま、まあそうだよね……共演するアイドルには、まだ小学生の娘とかもいるし」

雪歩「そうそう」

春香「これ、亜美と真美には内緒ね? 子供扱いされてたら怒って、また私の脇腹くすぐると思うし」

千早「そうね、黙っておくわ」

雪歩(これは後で脇腹刑ですなぁ)

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:07:47.40 ID:8bW8AvR3o

春香「私、そろそろこれ買って事務所行くけど……ふたりは?」

千早「ちょっと散歩でもしようかしら、って話していたところよ」

雪歩「うん。お仕事も入ってないから」

春香「あれ、雪歩って私と一緒にダンスレッスンじゃなかった?」

雪歩「そ、それまでには戻るよ! お昼の2時からだよね」

春香「もー、ちゃんと覚えててよ。3時からBスタジオ!」

雪歩「うん!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:08:40.04 ID:8bW8AvR3o

春香「じゃあね!」

千早「またね」

雪歩「また後でね!」

千早「……ゆきぴょん、レッスン入ってるんだって」

雪歩「予定がないのをチェックして、入れ替わリングを使ったのに……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:09:16.27 ID:8bW8AvR3o

千早「ゆきぴょんに身体返しちゃう?」

雪歩「でも、そしたら千早お姉ちゃんにも返さないと」

千早「そしたらまた別の誰かにいたずらすればいいっしょ!」

雪歩「そだね!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:09:53.82 ID:8bW8AvR3o

 ――

亜美「萩原さん。あれ、私たちよね」

真美「そ、そうだね……なんか変な感じ」

亜美「自分が動いているのを見るのは、ちょっと不思議ね」

真美「どうしよう。正直に話したら身体を返してくれるかな」

亜美「……ねえ、萩原さん。ちょっと考えがあるんだけど」

真美「えっ?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:11:00.55 ID:8bW8AvR3o

亜美「私たち、亜美と真美のフリをするの」

真美「それ……どういうこと?」

亜美「私と萩原さんが、この身体に居なかったらパニックになると思わない?」

真美「ま、まあ……それで、自分の身体の中に自分自身が残ってる、っていう風にするの?」

亜美「きっとその方が正直に話してくれると思うの。試しに戻してみよう、ってなったら大成功でしょう」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:11:57.49 ID:8bW8AvR3o

真美「そっか……さすが千早ちゃん」

亜美「ただ、私は演技にあまり自信がないから……そこは萩原さんに任せてみたい」

真美「ちゃんと出来るか不安だけど……モノマネみたいな感じだよね。たぶん大丈夫ですぅ」

亜美「それじゃあ、行きましょう」

真美「うん!」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:13:19.58 ID:8bW8AvR3o

 ――

千早「あ、あれ? 亜美と真美が歩いてるよ?」

雪歩「ってことは……ゆきぴょんたち、もう起きちったの!?」

千早「あっちのリングをつけた人はしばらく起きないって……バレてるかな?」

雪歩「バレてるっしょー……こうなったら、身体も返そっか」

千早「だね、ゆきぴょんはレッスンがあるみたいだし」

雪歩「ちぇー、ふたりにバレてたらもうリングでいたずらできないよ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:14:11.06 ID:8bW8AvR3o

真美「あっ、千早お姉ちゃん! ゆきぴょんも!」

亜美「こんなとこでどしたの?」

雪歩「えっ!?」

千早「え……その、えっ?」

亜美「コンビニ?」

雪歩「ちょ、ちょっ……千早お姉ちゃん、だよね?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:14:40.43 ID:8bW8AvR3o

亜美「えっ? 亜美だよ?」

真美「んっふっふ~、もしかしてゆきぴょん。亜美が歌ウマすぎて千早お姉ちゃんに見えちった?」

千早「ま、待ってよ! 亜美たちは千早お姉ちゃんと、ゆきぴょんと身体を入れ替えて……」

真美「身体? 入れ替わり? ……なんのこと?」

亜美「亜美も亜美だよ?」

雪歩「ま、まさか……ゆきぴょんと千早お姉ちゃん、消えちゃったの?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:15:27.14 ID:8bW8AvR3o

千早「ね、嘘はやめてよゆきぴょん! 千早お姉ちゃん! 亜美たち、もとに戻すからぁ!」

雪歩「ゆきぴょんもレッスンあるんだよね!? ちゃんと謝るからっ!」

亜美「……もうこれぐらいでいいんじゃない?」

千早「!」

真美「あはは、ごめんね。ちょっとお芝居しちゃった」

雪歩「ゆ、ゆきぴょんなんだよね!?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:18:00.46 ID:8bW8AvR3o

真美「千早ちゃんのアイデアなんだ。ふたりを怖がらせようと思って」

亜美「あの指輪は人を入れ替える指輪なんでしょう? いたずらにしても度が過ぎてるわ」

千早「ごめんなさい……」

雪歩「ほ、ほんとにヒヤッとしたよ……消えちゃったのかと思ったもん」

真美「もう使ったらダメだよ、亜美ちゃんも真美ちゃんも」

亜美「萩原さんはこの後レッスンがあるんだから、戻してくれないと」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:19:04.57 ID:8bW8AvR3o

千早「ごめんね、いま入れ替わリングを……」

亜美「入れ替わリングってどういうものなの?」

雪歩「リングをはめた人同士で見つめ合って、手を触ると身体が入れ替わるんだよ」

真美「なんだか怪しいね……」

雪歩「知らないおばちゃんにもらったの」

亜美「そんな危ないもの、使わないほうが……」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:19:49.73 ID:8bW8AvR3o

雪歩「あはは、もうやめとくよ。でも、メッチャ楽しかったよね。亜美?」

千早「……ない」

真美「えっ」

千早「い、入れ替わリングが! どこにもないっ!」

真美「えっ、ええええっ!? どうして!?」

千早「ポケットに入れといたのに……もしかして、落とした?」

雪歩「落とした、って……!?」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:20:20.36 ID:8bW8AvR3o

亜美「それじゃあ私たちは、元に戻れないの……!?」

千早「ま、待って……事務所とコンビニしか行ってないから、道とかに落ちてるかも」

真美「わ、私コンビニを探しますぅ!」

雪歩「真美、あっちの信号まで探してみる!」

亜美「私たちは事務所に戻るわよ!」

千早「うう……」

亜美「ほら、急いで! 泣くのは後にして!」

千早「う、うんっ」グズッ

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:20:57.45 ID:8bW8AvR3o

 ――

春香「おっはよーござ……あれ? 誰も居ない?」

美希「ミキがいるの」

春香「あ、美希。おはよー……美希だけなんだ?」

美希「そうみたいなの。ミキが来た時は誰も居なかったよ、鍵はあいてたけど」

春香「ちょっと怖いね……それは?」

美希「ここに置いてあった指輪なの。綺麗だよね」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:21:34.27 ID:8bW8AvR3o

春香「なんだか高そう……あんまり触らないほうが」

美希「ペアリングみたい。そうだ、春香も付けてみて」

春香「あ、ちょっと……」

美希「あはっ、ピッタリなの!」

春香「ほんとだねー……すごく綺麗」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:22:43.04 ID:8bW8AvR3o

亜美「……春香、美希!」

千早「はるるん! ミキミキ!」

春香「あ、千早ちゃん。亜美」

美希「おはよーなの」

亜美「そ、その指輪は付けちゃいけないの! 今すぐ外して!」

千早「これ付けてると大変なことになっちゃうんだよぉっ!」

美希「なんだかふたりとも、喋り方……ヘンだよ?」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:23:15.53 ID:8bW8AvR3o

春香「あははっ、千早ちゃん、モノマネへたっぴだね」

千早「モノマネじゃなくて……」

美希「これ、亜美のだったの?」

千早「そ、そだね……」

美希「あれ、やっぱり千早さんの? ……まあいっか、いま外すね。春香、手貸して」

春香「うん」

千早「あ、ダメっ!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:23:47.16 ID:8bW8AvR3o

 ――

真美「千早ちゃん! 亜美ちゃん!」

雪歩「ミキミキとはるるんは大丈夫なの!?」

亜美「……たぶんダメだと思う」

千早「なんで手触っちゃうの……」


春香「……あふ」

美希「あ、あれ……?」

 おわり

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 23:25:05.16 ID:8bW8AvR3o
おしまい。もっとみんな入れ替わってくれ。。。

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 00:03:23.38 ID:UbdciZS8O
乙です。
こうゆう分かりやすいコメディは好きだわ。もっと書いて良いのよ。

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 11:17:29.86 ID:vfiP8YYh0
高木「なんだと!?」 黒井「おや」
…両方見た目真っ黒だから判りづらいな

元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451397517/