響「美希誕生日おめでとう!」

美希「ありがとうなの!」

響「はい美希、自分からのプレゼントだぞ!」

美希「わ、おにぎり!これもしかして・・」

響「そうさー自分がにぎったんだぞ」

美希「よーし今たべちゃうの」パクッ モグモグ

美希「・・・・・・・ん~?響、この中に入ってるもっさりしたの何?」

響「それはとろろこんぶさ~。おいしいだろ」

美希「ん~ちょっと口の中の水分吸い取られるけど・・・うんおいしいの!」

響「よかった~まぁ何をやっても自分は完璧だからな!」

美希「響ありがとうなの!」




春香「美希!お誕生日おめでとう!」

美希「春香ありがとうなの!」

春香「はいどうぞ!私からのプレゼント」

美希「あ、おにぎり!春香が握ったの?」

春香「もちのろんだよ!ほらほら食べて食べて!」

美希「わかったの!」パクッ モグモグ

春香「どう?どう?」

美希「・・・・・・・ん~?春香~この口の中の水分が吸い取られるこれってもしかして?」

春香「うん、とろろこんぶだよ!」

美希「やっぱり・・」

春香「あ、あれ、美味しくなかったかな」

美希「う、ううん、とっても美味しいの!春香、ありがとうなの!」



伊織「あら、美希じゃない。お誕生日おめでとう」

美希「あ、伊織なの。今日もいいおでこなの」ペシペシ

伊織「会ってそうそう失礼ね。まぁいいわ今日はあんたの誕生日だし無礼講ね」

美希「ぶれいこー?ブレイク?」

伊織「簡単にいうと美希のしたいようにしていいってことよ。はい、プレゼント」

美希「あ、おにぎりなの」

伊織「私が握ったのよありがたく思いなさい?庶民にあうように具も庶民にあわせたんだから」

美希「じゃあ、さっそく食べるの」パクッ モグモグ

伊織「たかがおにぎりされどおにぎり、水瀬はどんなことにも手はぬかない・・・どう私の渾身のおにぎりは」

美希「・・・・・とろろこんぶなの」

伊織「あら、よく知ってるわね。そのとろろこんぶはただのとろろこんぶじゃないのよ。広大な瀬戸内海でうんぬん・・」

美希「ありがとう伊織ちゃんおいしかったの」

伊織「うんぬん」





美希「さすがにお腹いっぱいなの。のども渇いたし」

雪歩「あ、美希ちゃん、お誕生日おめでとう!さっそくなんだけどこのおにg・・」

美希「雪歩!いいところにいたの!早くお茶、お茶をいれてほしいの!」

雪歩「お、お茶?いいけどはい、おにぎり、食べてくれるとうれしいな」

美希「食べる、食べるから早くお茶が欲しいの~」

雪歩「うん、ちょっと待っててね」タタッ

美希「・・・・・・・・ていっ」パカッ

美希「・・・・とろろこんぶさんこんにちはなの」



美希「あ、貴音なの」

貴音「美希、今日は真めでたき日です。貴方がこの世に誕生した日・・・それを祝してこのおむすびを・・」

美希「貴音、美希そのおむすびの中身当てていい?」

貴音「構いませんが、いささか難しいかもしれません」

美希「そのおむすびの中身は・・・とろろこんぶなの」

貴音「・・・・・!面妖な・・・。はい、そのとおり、このおむすびの中身はとろろこんぶ・・。しかし、何故わかったのですか?」

美希「トップシークレットなの」

貴音「面妖な・・・」



真「美希~!お誕生日おっめでと~う!」

美希「ありがとうなの真クン、ん・・」

真「・・?どうしたんだい美希?手なんか突き出して?」

美希「真クンの握ったおにぎりちょーだい」

真「ボクおにぎりなんて握ってないよ?」

美希「真クン・・ここは空気読むべきなの・・」

真「え、何か悪いことしたかなボク?まぁいいや、はいボクからの誕生日プレゼントの・・」

真「とろろこんぶ」モサッ

美希「おおぅ、・・・おおぅ」

真「ボクとろろこんぶ好きでさ~。よくこのまま食べてるんだよね~」モッキュモッキュ

真「うん、おいちい」

美希「さすが真クン、男らしいの」

真「はい美希も、一緒にモッキュモッキュしよ♪」

美希「うん!」モッキュモッキュ




美希「真クンからもらったとろろこんぶすんごくかさばるの」

やよい「あ、美希さんちょうどいいところに!」

美希「あ、やよい・・おにぎりつくってるの?」

やよい「あ、はい美希さんのために・・でも中に入れるものがなくて・・」

美希「とろろこんぶあげるよ」

やよい「え、いいんですか~?あ、ありがとうございます~!じゃあ今すぐ作りますね」

美希「お願いするの」

やよい「これくらいの♪おにぎりに♪とろろこんぶとろりょっ・・・うぅ、噛んじゃった・・」

美希「かわいいの」

やよい「~♪よーし後は気持ちをギューと物理的に込めて~」ギュー

美希「かわいいの」

やよい「はい美希さん、私からのプレゼント!」

美希「やよいのおにぎり、確かに受け取ったの」

やよい「さて、ここで問題です!このおにぎりには何が入っているでしょう~か?」

美希「とろろこんぶオンリーじゃないの?」

やよい「このおにぎりにはですね・・とろろこんぶだけじゃなくて、私の愛がつまってま~すぅ」ガル~ン

美希「やよいかわいいの~!」




亜美「ミキミキ発見!」

真美「ミキミキ発見!」

美希「亜美真美発見なの!」

亜美「何も聞かずにコレをうけとてくれぃ!」

美希「コレは・・・・山芋!」

真美「そして私からはこれだぁ!」

美希「これは・・・・昆布!」

亜美真美「じゃ、そうゆうことで~」

美希「そろそろネタ切れが近いの」



千早「あ、美希・・・おめでとうお誕生日。あ、柄にもなく係り結び使っちゃった」

美希「ありがとうなの千早さん。あとぜんぜん係り結びじゃないよ。倒置法なの」

千早「試したのよ、あなたに私の渾身のおにぎりを食べる資格があるかどうか・・・ね」

美希「おおう・・で、どうなのなの?美希は千早さんのおにぎり食べるに値するの?」

千早「おめでとう、美希にはその資格があるわ。はい、どうぞ食しなさい」バン!

美希「・・・・・え~とこの、よく西部劇に出てくる草を丸めたやつみたいなもの何?」

千早「とろろこんぶを握ってみました」

美希「千早さん、とろろこんぶを握ってもおにぎりにはならないよ。それはとろろこんぶだよちょっと固めの」

千早「え、それマジバナ?」

美希「マジなの」

千早「そ、そんな・・私はおにぎりという名称に騙されていたというの・・・?はっ・・・美希?教えてちょうだい!まさかとろろこんぶをとろろこんぶで結んでもおむすびには・・・」

美希「それはただの絡まったとろろこんぶなの」

千早「くっ・・。・・ごめんね美希、あなたに喜んでもらおうと思っておにぎりを作ったつもりだったんだけど無駄だったみたい・・・」

美希「ううん。無駄じゃないよ。千早さんがつくってくれたこのおにぎり、いい形してるの。ナイスバディなの。だから私部屋に飾るね」

千早「ありがとう・・・ありがとう・・美希。あまり湿気の高いところにはおかないでね」

美希「がってんなの!」


美希「あ、あずさ何してるの顔がデロデロなの」

あずさ「これ?これはねとろろこんぶパックっていうのよ」

美希「とろろこんぶパック?」

あずさ「そう、ほらネバネバしてるものって体にいいじゃない?納豆しかりオクラしかり、あの白い例のあれもね」

美希「あ~確かに、でも美希ネバネバしてるものは苦手なの・・」

あずさ「だからこれ、とろろこんぶパックよ。顔に塗って美肌を保つの」

美希「なるほろ~」

あずさ「はい、美希ちゃんの分。今日お誕生日でしょ?プレゼントよ」

美希「ありがとうあずさ。せっかくだからここで塗っていくの」ヌリヌリ





美希「あ、ハニー!やっと会えたの~」

P「お、美希・・・ってお前その顔どうしたんだデロデロじゃないか。それに両手には山芋と昆布、頭にのせてるのはとろろこんぶか」

美希「えへへ~皆からもらった誕生日プレゼントだよ」

P「おお。そうかそうか・・どうだ美希うれしいかったか?」

美希「うん、とってもうれしいよ。それに楽しかったの」

P「それはよかった。・・・・・それにしても今の美希はなんていうか・・美味しそうだな」

美希「もう、ハニーのエッチ//」

P「ば、バカ//そういう意味じゃないやい」

美希「でも・・・美希はハニーになら食べられてもいいよ?」

P「~///あ、あまり大人をからかうんじゃありません!」

美希「むぅ~・・・・。あ、ハニーからまだプレゼントもらってないの」

P「ん?あぁそうだなじゃあはい、これ」

美希「・・・・こ、これってもしかして・・」

P「あぁ、指輪だ・・・・とろろこんぶのな」

美希「え、え、どういうこと?こんな偽者の指輪もらってもうれしくないの・・」

P「美希・・お前が俺のことをその、なんだ・・慕ってくれていることは知ってる。でもな、お前はまだ人間としてもアイドルとしても子どもだ、分かるな」

美希「・・・・・うん」

P「もしもだ、お前が人間としてもアイドルとしても立派になった時、そんな偽者の指輪じゃなく本物の指輪を渡そうと思っている」

美希「え。ハニーそれって・・・」

P「あぁ、そのつもりだ。だから美希、今はその指輪で我慢してくれ。そしてその指輪と、そして俺と一緒に頑張っていこう」

美希「・・・・」

P[み、美希・・?」

美希「・・・・・・グスッ。うん!ハニー、美希頑張るね!ハニーと・・・そしてこのとろろこんぶの指輪と一緒に!」

P「あぁ、そうさ。とろろこんぶだけにネバーギブアップでな!」

美希「クスッ、もう、ハニーったら」

アッハハハハハハハハハハハハ・・・・・







律子「なにこれ?」

小鳥「なんなんでしょうね~」ヌリヌリ

律子「うわ、小鳥さん顔デロデロじゃないですか」

小鳥「いや、これほんとはまりますよ。ネバネバからのスベスベが癖になって」

律子「もういや・・・この事務所」



         ~fin~