jpg large

10年後m@s



亜美「ねぇねぇ兄ちゃん?」

P「ん?」

亜美「兄ちゃん好きな人居るの?」

P「ん?皆大好きだぞ?」

亜美「そう言う事聞いてるんじゃないって解って言ってるでしょ?」

P「…いないかなぁ」

亜美「んじゃさ、亜美が兄ちゃんに告ったらOK?」

P「…NGかなーって」

亜美「何でさ!!」

P「中学生はアウトかなーって」

亜美「じゃあ、幾つになったらOKなのかなーって?」

P「似てるな…相変わらず」

亜美「どうなの?」

P「10年後、その気持ちが変わらなかったらな」

亜美「マジで!?」

P「…マジで」

亜美「おっけー、んっふっふ~指きりだかんねっ!!」

P「おうよ、ゆーびきーりげーんまん」

亜美「うーそーつーいたらー…………ーる」

P「え………っ!?」

亜美「はい!指きった!」

------------------------------------------------------------

亜美「おはよう兄ちゃん!」

P「おう、おはよう、亜美」

亜美「じゃ、結婚しようか!」

P「…ん?」

亜美「…は?」

P「いやいやいや、朝から何だ?」

亜美「いや、約束したでしょ?10年前に」

P「何を?」

亜美「マジで言ってんの!?」

P「え?」

亜美「…ボイスレコーダー取っといて良かったよ…ポチッとな」



P『10年後、その気持ちが変わらなかったらな』



亜美「んね?」

P「マジか…」

亜美「兄ちゃん、私のために独身を守ってるんだと思ったよ」

P「たんにモテ無いだけでした…」

------------------------------------------------------------

亜美「まぁ、でも良かったよ、兄ちゃんが【モテ・無い男】で」

P「歴史の人物みたいに言うのやめてくれる?」

亜美「じゃさ、結婚しよ」

P「しないかなーって」

亜美「えーー!!!!!」

P「亜美はアイドル絶頂期だし無理かなーって」

亜美「はーー、酷い契約破棄を見たよ、業界人としてどうなのかなーって」

P「やよいはそんな事言わないかなーって」

亜美「…10年待ったんですけど」

P「それは素直にゴメン」

亜美「…え?私の事嫌い?」

P「いや、好きだよ?」

亜美「ラブで?」

P「ライクかなー」

亜美「あっちゃー」

P「ゴメンて」

------------------------------------------------------------

亜美「さっきのボイレコさ、続きあんだよね」

P「え”?」

亜美「そっちまで約束破ったら、私、兄ちゃんの事一生許さないな」

P「…随分とマジだな」

亜美「当然だよ」

P「どれ、聞かせてみ?」

亜美「ん」


……

………

……………


P「………」

亜美「私、知ってたよ?」

P「………どっちも?」

亜美「結構鋭いんだよね、私」

P「はぁ~…参ったな」

亜美「10年、待ってるよ?」

P「そうか」

亜美「いいじゃん、両想いなんだし」

P「何年振りかな」

亜美「良い女になってるよ、私に似て」

P「そりゃ楽しみだ」

亜美「んっふっふ~」

------------------------------------------------------------

……

…………

………………

P「随分待たせちゃったようだな」

「…兄ちゃん?」

P「看護婦さんか、昔の真美からは想像つかないな」

真美「本当に来た…」

P「本当に?」

真美「…えへへ」

P「何がおかしいんだ?」

真美「だってさ、亜美が言ってたんだ」

P「何を?」

真美「10年待ってて、兄ちゃんを旦那さんにしてあげるよって」

P「10年前も俺の事好きだったのか?」

真美「知らないの兄ちゃんだけだったよ」

P「じゃあ、俺の気持ちを知ってたのは俺と亜美だけだったんだな」

真美「…え?」

P「10年前から、大好きだったよ、真美」

真美「………すっごく、嬉しいよ、兄ちゃん」

P「それに、亜美と約束したんだ」

真美「約束?」

P「…あっはっは、してやられたな、まったく、亜美らしいよ」

------------------------------------------------------------


P『10年後、その気持ちが変わらなかったらな』

亜美『マジで!?』

P『…マジで』

亜美『おっけー、んっふっふ~指きりだかんねっ!!』

P『おうよ、ゆーびきーりげーんまん』

亜美『うーそーつーいたらー亜美の代わりに真美と結婚すーる』

P『え………っ!?』

亜美『はい!指きった!』


------------------------------------------------------------


あーあ。

失恋か…。

まぁ、今更未練はないけどさ。

ちょっとだけ

本当に、ほんのちょこっとだけ

約束を覚えてて、私の事選んでくれるとか

期待しちゃってたかも。




何か。

涙と一緒に【好き】も流れちゃったかな。

凄く、スッキリした気分かも。


真美。

私、負けちゃった。

兄ちゃん………ん~、お兄ちゃん?

譲ってあげたんだから。

幸せにならないと、許さないかんね?


はぁ…。

好き。

大好き。

大好き、だったよ。

…兄ちゃん。

------------------------------------------------------------


亜美「おはよう!お兄ちゃん!」

P「おう、おはよう!妹よ」

亜美「おっと、その包みは~?今日も愛妻弁当?妬けるね~このこの~」

P「嬉しいんだけどさ、桜でんぶで赤十字作るのやめてくれって言ってくれよ」

亜美「看護婦やりながら弁当作ってくれるんだから感謝すべきっしょ~」

P「まぁ、ごもっとも」

亜美「ところで………甥かな?姪かな?」

P「まだ解んないって」

亜美「んっふっふ~私が~おばさんに~な~っても~♪」

P「それ叔母じゃねぇぞ?」

亜美「知ってる~」

P「さ、仕事だぞ、亜美」

亜美「任せてよ!私には世界中の恋人が待ってんだかんねー!!」

P「………亜美」

亜美「ん?」


P「良い女に、なったな」


亜美「当然っしょ!!」


関連SS:真美「十年分のありがとう」