765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




貴音「…」

あずさ「あら?貴音ちゃん、どうかしたの?」

貴音「いえ、先週しっかりと告知したつもりは無かったのですが…今週もゲストが来ていただけるという事で」

あずさ「あらあら~、それは良い事じゃない?」

貴音「そのくる人間の名は…」

真美「おっはー!双海真美でーすっ!よろよろ!」

響「はいさーい!我那覇響でーす!」

あずさ「あらあら、私が紹介する前に出てきちゃ駄目でしょ~」メッ!

響「あ、早速使われてるよあの音源」

真美「うちのDがすぐそこの通路で、迷ららのDに脅迫されると言う事案がありまして」

響「事案とか言うなw」

あずさ「まーみーちゃーん」

真美「ひっ…あっ、あずさお姉ちゃぁん、そんな怖い顔しちゃダメダメ~」

響「そっ、そうだぞ!ねっ、ねっ」

貴音「…にこにこと笑っているだけなのにあの2人を黙らせるとは、あずさもただならぬものをお持ちですね」

あずさ「うふふっ、何の事かしら~。さあ、それじゃあ始めましょうか~」


あずさ「あずさと~」

貴音「貴音と」

響「響と!」

真美「真美の!」

「「「「妄想RADIOラビリンス~!」」」」

「ま・よ・ら・ら…!」



真美「と言う訳でですね、改めまして双海真美です」

響「我那覇響です!」

真美「二人合わせて!」

響「え?!あっ、え?!その」

真美「ひびき~ん、ココは場の空気を読んで適当なコンビ名でもつけてよ~」

響「例えば?」

真美「えー、そうだねぇー…二人合わせて!ダブルフェ」

あずさ「真美ちゃん」

真美「あ、あ、うん、そうだね、よくよく考えたらコンビなんていらないよね、あはははは」

響「何て言おうとしたか大体想像がつく自分が嫌だぞ…」

貴音「まあ、それは良いとして。今日のゲストはこの同じBBSで放送中のラジオ、「TOKYO MID NIGHT」のパーソナリティの」

響「我那覇響でーす!はいさーい!」

真美「双海真美だよー。んっふっふー、今日はあずさお姉ちゃんとお姫ちんのラジオに出れてめっちゃ嬉しーよー!」

あずさ「あらあら、そんなに喜んでもらえるとうれしいわ~」」

響「おまけに今日は「まとも」なラジオだからな!」

真美「うんうん!BBSラジオ健全枠の筆頭だもんね!」

あずさ「あらあら、そう言われると、照れるわぁ~」

貴音「ふふっ、そこまで喜んでいただけると、ゲストとして来て頂いた甲斐もありますね」

真美「ねーねーあずさお姉ちゃん、これ食べて良い?」

あずさ「はい、どうぞ」

貴音「ふふっ、それではお二人がお菓子を食べている間にふつおたのコーナーに参りましょう」

あずさ「えーと、それでは最初のお便りは…校内射」

真美「んんん!」

モガガガガガ…

貴音「なんと…あのシュレッダーがまた」

真美「どう考えてもうちのリスナーだろ!」

響「お前ら馬鹿じゃねえのwwww!まよららには送るなってあれ程この前も雪歩さんが言ってたじゃねえか!」

真美「大体、まよららスタッフ!あずさお姉ちゃんにアイツのラジオネーム読ませるとか何、もうスキャンダルだよ!」

響「…え?一応リスナーさんだし、来たものは紹介しないと…って真面目すぎるぞ、うちのリスナーなんて名前の傾向で大体わかるからとっとと刻んじゃえばいいよ」

あずさ「続いてのお便りに行きますね」

響「あずささんスルーですよ真美さん」

真美「これですね、流石のねんちょーしゃのよゆーって奴」

あずさ「えーと、栃木県にお住いの餃子の餡でハンバーグさんから」

真美「美味しいよね、ママが時たまやってた」

あずさ「えーと、ひびきん、真美ちゃん、そしてあずささん、貴音ぇね、はいさーい!」

響「はいさーい!」

貴音「何故私だけ…」

あずさ「今日のゲストは、あの!TMNからお二人という事ですが、どうですか?大分違いますか?」

真美「天と地の差だよね」

響「正直自分達何やってんのって思う」

真美「大体ふつおたっつってんだからこういう手紙送ってこいよリスナー、って事ですよ」

響「いえてる」

あずさ「それとねぇ、まだ続きがあるのよ~。えーと…それと、TMNも聞かせていただいてます、いつも抱腹絶倒物です、ありがとうございます…だそうよ~」

響「いえいえ、こちらこそだよね」

真美「うんうん、あんなん聞いてくれてるなんてね、有難い事ですよ」

あずさ「うふふっ、そうよ、リスナーさんにはちゃんと感謝しないと」

響「TMNリスナーは色々と自重した方が良い」

真美「いえてる」

貴音「ま、まあ…それだけ番組、とりわけあなた達二人が愛されている証左でしょう」

真美「どうかなー、あいつら面白がってるだけだよねぇ」

響「でもまあ、ホント、有難い事ですよ」

真美「ホントホント」

響「んじゃ、次のお便りは自分から…えーと、ラジオネーム俺のHOTステーション…どっかで聞いた名前だな」

貴音「あっ…それは、AN7の」

真美「あー、そういえば居たねそんなヤツ」

響「奴とか言うなwえーと、響ちゃん、真美ちゃん、あずささん、貴音ぇね、こんばんわー」

あずさ「こんばんわ~」

響「以前、AN7では貴音ぇねにどうも御無礼を働き申し訳ありませんでした」

真美「あー、あれでしょ、貴音ぇねのお尻で顔を押しつぶしてって奴」

貴音「あれは///」

響「それが謝りたくて謝りたくて、夜も眠れませんでした」

貴音「まあ…」

響「そこで、夜寝る前にある事をすると寝つけるようになったので、皆さんにご報告をしたいと思います」

あずさ「まあ、何かしら」

真美「へー」

響「それは貴音ぇねのお尻を思い浮かべてイカを焼くって馬鹿じゃねえの!」

真美「もう良いよイカ焼きはwww忘れてwww」

響「ちょっと待って、この番組でこんな内容の読んだら」

あずさ「それではリクエストのコーナーです。茨城県にお住いの2-4-11さんから765プロオールスターズでカーテンコール」

真美「このスルースキルは覚えたいね」


―――――――――――――――――――――――――

あずさ「私達のお送りする『迷走RADIOラビリンス』ま・よ・ら・ら・…いつもご覧いただきありがとうございます」

貴音「さて、そのラジオのCDが来年発売されることになりました」

あずさ「撮り下ろしの限定トーク、今までの放送からの名場面集、それと私と貴音ちゃんで都内を散策した『出張版あず散歩』の模様を収録した特典DVDがセットになる予定です、皆さん、お楽しみに~」

貴音「あ、あずさ…これは何時ものお悩み相談室も」

あずさ「勿論入ってるわよ~。あ、そうだ。ボーナストラックは…うふふっ、それは買ってからの、お、た、の、し、み…うふふっ」

貴音「発売日が決まり次第、お知らせいたします」

あずさ「うふふっ、お楽しみに~」

―――――――――――――――――――――――


真美「流石はまよらら、気合入ってるねぇ」

響「そういえば、うちのラジオの企画ってどうなってるんだろうね」

あずさ「クリスマスイブの?」

響「うん、雪歩が出てくれるかどうかでね」

貴音「ほぅ、そんなに嫌がられてるのですか」

真美「ねー…マジで引かれるとは思わなかったよねぇ」

響「あっちも大概なのにね」

あずさ「さーて、それじゃあ、何時ものコーナー行くわよ~」


あずさ「あずさお姉さんと~」

貴音「貴音ぇねと~」

響「響ねぇと!」

真美「真美姉ちゃんの!」

「「「「お悩み相談室~」」」」

あずさ「このコーナーは、私達がリスナーの皆のお姉さんとして、お悩みを解決していこうと言うコーナーです」

響「何かまともな企画のコーナーって久々だな」

あずさ「TMNの企画を最初はこちらに出張させようとしたらしいけれど…」

真美「駄目駄目wwwそんなことしたらあずさお姉ちゃん達もリスナーも、特に善良なまよららリスナーが死んじゃう」

貴音「さて、それでは最初のお便りだよ~…大阪府にお住いのぶっかけ蕎麦ちゃんありがとうございます」

真美「あの番組やってるともう何もかもがエロく聞こえてダメだね」

貴音「えーと、真美ねーちゃん、こんばんわー!」

真美「よろよろー!」

貴音「最近私は、好きな人が出来ました。年上で、かっこよくて…」

真美「あー、年上に恋する女の子で良いんだよね?」

貴音「そうだね」

真美「うーんとねぇ…真美も、ね、経験ないわけじゃないんだ、そう言うの」

あずさ「あらあら」

真美「でもね、相手の人、真美の事いっつも子ども扱い…まあ、子供なんだけど…だから、向こうから見るとそう、仕方ないと思うんだ…」

あずさ「真美ちゃん…」

真美「で、でもでも!諦めちゃ駄目だかんね!アタックアターック!女は度胸だよ!」

あずさ「だそうよ~ぶっかけ蕎麦ちゃん、頑張ってね~」

貴音「次の手紙はー…石川県にお住いの七尾さん、ありがとー…えーと、響ねぇねはいさい!」

響「はいさい!」

貴音「実は、私は動物が大好きなのですが、猫や犬に近づくと異様に警戒されてしまい、全く近づく事が出来ません。響ねぇね、どうやったら動物に好きになって貰えるか教えてください」

響「うーん、動物たちが怖がるって事は、何か原因がある筈だぞ。例えば、ものすごーく体が大きいとか。真っ黒な服装とか。あと目を合わせると威嚇されてると思う動物も結構多いんだよ」

あずさ「なるほどねぇ」

響「やっぱり気を張りすぎるのはいけないね。動物達もその辺りは分かるみたいだぞ。リラックスして行くといいかもね。七尾君、頑張れ!」

あずさ「うふふっ、仲良くなれるといいわね~、それじゃあ最後のお頼り、えーと…TMNのディレクターさん?!」

貴音「なんと?!」

響「wwwww」

真美「wwwww」

あずさ「え、ええと、読みます。本日はうちの番組の誇るパーソナリティ2人をゲストとして招待してくださってありがとうございます。TMNとまよららでは、大分その毛色が違うので二人がご迷惑をおかけしていないか心配しているところです」

響「お前が言うなよなー」

真美「そーそー」

あずさ「思えば、製作側の悪乗りにも快く応じてくれる2人に甘えている面もあるのかもしれません。リスナーの方々、そしてもちろんパーソナリティの2人には感謝で一杯です」

響「な、何か照れるな…」

あずさ「さて、折角2人がまよららでお姉ちゃんしているという事で私も相談したいことがあります」

真美「なになに?」

あずさ「今度、イッキーマウスマーチに変わるコーナーを考えてて、良い日朝勃ちってコーナーなんだけど」

真美「ばーか!」

モガガガガガガガガガ

響「一瞬でもあのディレクターを見直した自分が馬鹿みたい…」

真美「だね」

響「大体!あずささんに朝…とか言わせるなよ!リスナーがイカ焼くぞ!」

あずさ「やだわ響ちゃん、お姉さんその程度じゃ動じないわよ」

響「ホンットーにすいませんでしたー!」

貴音「はい、それではお悩み相談室、今日はこの辺で終わりまーす」

真美「お姫ちんも、大分なれてきたよねぇ」

貴音「…仕方ないのです」

あずさ「はい、二曲目のリクエストは広島県にお住まいのラジオネーム223系くださいさんからいただきましたありがとうございます。良い日旅立ち、ですどうぞ」

響「タイミング悪いよ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真美「クリスマスなんてクソくらえー!クリスマス撲滅集会の開催が決定したよー!場所はーっと、決まったら連絡するね!」

響「アバウトだなーwww」

真美「全国のモテナイにーちゃん、ねーちゃん!参加してね!」

響「失礼だろうがw」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あずさ「と、言うわけでお別れのお時間となりました」

貴音「真美、響、如何でしたか?」

響「えーと、ホント、自分達ゲストに呼んでくれて本当にありがとう!」

真美「またうちの番組にも遊びに着てよー、今度はディレクターにきっつーく言っておくからさー」

あずさ「うふふっ、そうね、またそのときはよろしくね~」

貴音「私も、覚悟していきます」

響「そ、そんなに身構えなくても」

真美「まー、またそんときはまよららリスナーのにーちゃん、ねーちゃんたちもよろよろー」

あずさ「うふふっ。響ちゃん、真美ちゃんの番組のほうも、どうぞよろしくお願いします。三浦あずさと」

貴音「皆さん、節度ある対応を期待いたします、四条貴音と」

響「TMNも、よろしくね!聞くのは自己責任だぞ!我那覇響と!」

真美「今日は皆のお陰でめっちゃ楽しかったよ!ありがとねー、双海真美で、お送りしました!」


「「「「ばいばーい!」」」」





「この番組は、日本コロ○ビアと」

「明るい日本の未来を築く、水瀬重工業と」

「餃子の○将、博多ラーメン一○堂の提供でお送りしました」




響「大丈夫なのかなーこれで」

真美「んー、うちの番組が放送できるくらいだし、大丈夫っしょー」

響「それもそうだな!」



関連SS次作:雪歩「オールナイト765!!」 真「罰ゲーム決定スペシャル(棒)」