やよい「ハァ・・・・」

伊織「あらやよいどうしたの?ためいきなんかついて」

やよい「あ、伊織ちゃん・・・。え~とね今日は姉の日なんだって」

伊織「え、そうなの?そんな日があったのね、知らなかったわ」

やよい「私もさっきツイッターのTLで流れてきて知ったの」

伊織「それで、姉の日がどうしたの」

やよい「え~とね、私お姉ちゃんが欲しいな~って」

伊織「お姉ちゃん?」

やよい「うん、私ねお姉ちゃんに甘えてみたいの。ほら、さすがに長介達に甘えるわけにはい

かないし・・」

伊織「なるほどね。・・・・・よ、よし、私に任せなさい!」

やよい「え?」

伊織「わ/////わわわたしがあ、あなななたの////お姉ちゃんに・・・!」

千早「高槻さんがお姉ちゃんを欲しがってると聞いて!」

やよい「あ、千早さん」

伊織「・・・・・・・・あら千早じゃない、どうしたの?」

千早「高槻さんがお姉ちゃんを欲しがってると聞いて!」

伊織「いや、だから」

千早「来ました!」

伊織「うん」

千早「じゃあ今日何食べたい?如月やよいちゃん」

伊織「うん?」

やよい「如月やよいちゃん?」

千早「あら?高槻千早のほうがいいかしら」

伊織「ちょ、ちょっと待ちなさいよ。千早、あんたどういうつもり?」

千早「えっ、私はただやよいのお姉ちゃんとして新しい人生を送ろうかと」

伊織「うわ、予想を遥かに超えてきたわね」

やよい「千早さん私のお姉ちゃんになってくれるの?」

千早「え、逆に高槻さん私の妹になってくださるの?」

伊織「待って待って、私は千早がやよいのお姉ちゃんだなんて認めないわよ」

千早「え?水瀬さんは高槻さんのお母さんか何か?」

やよい「高槻いおりちゃん?」

伊織「・・・・・・やよい、もう一回言ってみて」

やよい「えっ・・・・・高槻いおりちゃん?」

伊織「ハァン//・・・」

千早「ずるい」

伊織「・・・・・ハッ!と、とにかく私がやよいのお姉ちゃんになるの!」

やよい「え、ほんと!」

伊織「そうよ、ほら思いっきり甘えなさい」

千早「待ちなさい水瀬さん、水瀬さん待ちなさい」

伊織「何よなんか文句あるわけ?」

千早「文句はないけどひとつ言わせてもらうとあなたじゃ力不足です」

伊織「おもいっきり文句じゃない!」

千早「ここで提案。ここは高槻さんに選んでもらいましょう。どっちが高槻さんのお姉ちゃん

に相応しいか」

伊織「ふん、面白いじゃない。のったわ」

千早「では高槻さん、お姉ちゃんにしたいのは・・・・・・どっち!」

やよい「え、え~とう~んと私がお姉ちゃんにしたいのは・・・・」

伊織「・・・・」ドキドキ

千早「・・・・」ドキドキ

やよい「_」

伊織(あ、あの口の形から察するに最初の言葉はイの段!伊織ちゃんのイに違いないわ!読唇

術習っておいて良かった!)

千早(ふ、水瀬さんのあの顔はイの段と分かってはしゃいでるのね。でもね私は如月さんのキ

と千早さんのチのイの段が2パターンあるのよ!これで確立は2倍も同然!如月さんなんて呼

ばれたことないけどね!)

伊織(イ来い!イ来い!伊織ちゃんのイイイイイイイイイイイイイイイイイイィ!!)

千早(キ来い!チ来い!如月と千早のキチキチキチキチキチキチキチキチキチィ!!)

やよい「律子さんです!」デデドン

伊織「!?」

千早「!?」

伊織「え?え?り、律子?なんで、どうしてここで律子が出てくるのよ」

やよい「う~ん、よく考えたら伊織ちゃんはお姉ちゃんっていうより妹かなって。ほらプロデ

ューサーにいつも何か頼んでるから一人じゃ何もできなさそうで手がかかりそうだから」

伊織「い、妹・・・」

千早「な、なら私は?私はどうなの?」

やよい「千早さんも妹です。養いたくなるタイプです」

千早「養いたくなるタイプ・・・」

やよい「じゃあ私律子さんにお願いしてきますね!」

伊織「・・・・・・」

千早「・・・・・・」

伊織「・・・。あれ、やよいの妹って逆に役得なんじゃない?」

千早「やよいに甘えられるってことよね」

伊織「やよいに朝起こしてもらえることかしら?高槻千早さん」

千早「やよいに布団掛けてもらえるってことじゃない?高槻いおりさん」

伊織「・・・・ふ、ふふ」

千早「・・・・ぐ、ぐふふ」

伊織・千早「姉の日最高!!」