伊織「ちょっと! 美希? 今なんて?」

美希「いーおーりーちゃん!」アハッ!

伊織「ぐはっ!」

美希「伊織ちゃんは、今日もおでこの艶がいいの!」

伊織「な、なんで?」

美希「どうしたの?」

伊織「いつもみたいにその……『デコちゃん』て言わないの?」

美希「いつも伊織ちゃんに、怒られてたから呼び方を変える事にしたの」

伊織「そ、そうなんだ」

美希「うーん。伊織ちゃん、なんか様子が変なの」

伊織「だ、大丈夫よ! で、でもなんでその呼び方?」

美希「うん! いつもやよいがこう呼んでるから。この呼び方なら、やよいみたいに伊織ちゃんもミキと仲良くしてくれるかなって」

伊織「べっ、別に呼び方で仲良くするしないを決めてるわけじゃないんだけど……」

美希「でもこれで、デ……伊織ちゃんと、もっと仲良くなれるの!」

伊織「……」ムズムズ

美希「伊織ちゃん?」

伊織「ふああああああああああっ!」ジタバタ!

美希「?」

伊織「やっぱりその呼び方で呼ぶなー!! あんたはあんたらしくしてたほうがいいのよ!」

美希「伊……デコちゃん?」

伊織「そうそう! そっちのほうがしっくり来るわよ!」

美希「もう、デコちゃんはわがままなの!」オデコナデナデ

伊織「~~~~!!!」

美希「で~こ~ちゃん!」

伊織「やっぱりデコちゃんて言うなー!」

おわり