あずさ「そういえば、貴音ちゃん、今日はクリスマスねぇ」

貴音「クリスマスと言えば、チキンやケーキなど、美味なる物を集めて皆で食べ合うと言う」

あずさ「まあ、それも楽しいですねぇ。皆さんはクリスマス、誰と過ごされますか?私は…うふふっ、冗談です」

貴音「おや、あずさには意中の方がおられるのですか?」

あずさ「なーいしょ」

貴音「何と!」

あずさ「冗談よぉ、私の運命の人は…ラジオの前の、あなたかもしれませんし、ね?」

貴音「…私も、若干ときめいてしまいました」

あずさ「あらあら~」

貴音「そ、それでは始めましょうか」


あずさ「あずさと~」

貴音「貴音の」

「「迷走RADIOラビリンス~」」

あずさ「ま・よ・ら・ら…?」




あずさ「と言う訳で、今日は久しぶりに二人っきりの放送ねぇ」

貴音「はい、最近はAN7、TMNのお二人が来ていましたから」

あずさ「うふふっ、久しぶりに何時もの距離感ねぇ。貴音ちゃん」

貴音「やや、くっつきすぎの気もしますが」

あずさ「あら、嫌かしら?」

貴音「い、いえ、そう言う訳ではありません!」

あずさ「はい、これ差し入れのチョコレート」

貴音「美味しそうですね」

あずさ「はい、あーん」

貴音「あ、あずさ、その、スタッフの方々も居られるので」

あずさ「あーん」

貴音「…あー…ん」

あずさ「やん、貴音ちゃん私の指まで」

貴音「…!」

あずさ「うふふっ、じゃあこのまま進めますねぇ。長崎県にお住いの文明堂さん、ありがとうございます」

貴音「ありがとうございます…カステラが食べたくなる名前ですね」

あずさ「あずささん、貴音ぇね。こんばんわー」

貴音「こんばんわ」

あずさ「実は、息子がまだまだ小さくて、サンタさんを信じています。が、先日クリスマスプレゼントの入った袋とサンタのコスプレ一式が発見されてしまいました!」

貴音「おや…」

あずさ「これは困った、と適当に言いくるめて何とか場を収めたのですが、はてさてどうしたものか…あずささんと貴音ぇねは、何時頃サンタクロースが自分の親だとしりましたか?」

貴音「ふむ」

あずさ「貴音ちゃんはまだ信じてたかしら?」

貴音「あずさ、流石に私もそこまで夢見心地ではございません!」

あずさ「ごめんなさいね、貴音ちゃん。うふふっ、でもいつか分かる事なのよねぇ。特に誰に言われるでもなく」

貴音「そうですね…夢を与えられる立場から、与える立場へと変わるのもまた、人の世の理。今はまだ、その時ではないでしょう、どうかお子様には夢を与えてくださいね」

あずさ「私は小学校の5年生くらいでしたね、クリスマスの朝に、プレゼントをもらったとお父さんに言ったら「おお、そうかそうか、喜んでくれてよかった。なあ母さん、一緒に選びに行った甲斐があった」と言って」

貴音「おや…私は、夜、目を覚ました時、枕もとでうごめく影を見つけたので、何奴、と近くにあった湯飲み茶碗を投げつけましたところ、父でした」

あずさ「あら…」

貴音「ふふっ、まあ、いずれにしても、子供がその自らの力によって真実を知るその日まで、そっとしておいてあげるのが良いでしょう」

あずさ「そうですね。と言う訳で文明堂さん、頑張ってサンタさんを演じてくださいねぇ」

貴音「続いてのお便りです。北海道にお住いのラジオネーム、エンバクさんありがとうございます」

あずさ「ありがとうございます~」

貴音「もう、今年も終わりに近いですが、あずささんと貴音さんは今年一番印象深かった出来事はなにかありますか?」

あずさ「そうですねぇ。もう3週間くらいしかないんですねぇ…私は、やっぱりニューイヤーコンサート、それに夏の全国ツアーですかねぇ」

貴音「そうですね。夏の全国ツアーは大分盛況でした、参加いただいた皆様が楽しんで頂けて、私達もアイドル冥利に尽きると言う物です」

あずさ「今年も皆さんのおかげで…あら?こういう話をしているともう大晦日のような」

貴音「まだ、早いですね、ふふっ」

あずさ「そう言えば、TMNのイベント、凄い盛況だったそうですよ~、リスナーの皆さんにも、もしかしたら行かれた方もいるんじゃないかしら」

貴音「あの2人のラジオは人気ですからね」

あずさ「来年は、私達もゲストで呼んでくれるかしら~?」

貴音「…むしろ、私達が居るとあの2人はやり辛そうですが」

あずさ「うふふっ、あの2人は少しはしゃぎ過ぎちゃうから」

貴音「それもそうですね。それでは今日の一曲目、ラジオネーム今川焼(クリーム)さんからのリクエスト、三浦あずさ、メリーです、どうぞ」

あずさ「あらあら」


――――――――――――――――――――――


あずさ「私達の初のラジオCD、『迷走RADIOラビリンス~出張版~』の発売日が1月15日に決定しました~」

貴音「今までのラジオからの選り抜き名場面集、それとラジオCDオリジナル曲を収録、更に初回特典として、私とあずさがBBSでおなじみ『三浦あずさのあず散歩』の撮り下ろし映像を収録したDVDが!」

あずさ「それに、CDだけの、特別版まよららも収録されているから、リスナーの皆さんは、買わないと、めっ。ですからね」

貴音「詳しくは番組ホームページ、ブーブーエスWEBショップにてご確認ください」

あずさ「お楽しみに~」


―――――――――――――――――――――



あずさ「さて、今日は何時ものお悩み相談室…と、行きたいところですが」

貴音「おや?」

あずさ「クリスマスという事で、スタッフの皆さんがケーキを買ってきてくださいました~」

貴音「ああ…とても美味しそうなケーキですね」

あずさ「と言う訳で、今日はこれを食べながら、まったりお話ししようと思います」

貴音「はい」

あずさ「と言う訳で、かんぱーい!」

貴音「え?」

あずさ「貴音ちゃんと一年間、このラジオをやって来た訳ですけれど」

貴音「はい、私も、最初はあずさに迷惑をかけないかが心配で」

あずさ「ううん。私の方こそ、貴音ちゃんに迷惑ばかりかけて助けてもらって…最近は無くなったけれど、スタジオにそもそも居ない事も…」

貴音「あずさらしい、といえばそうなりますね」」

あずさ「んもうっ、貴音ちゃんったら」

貴音「しかし、あずさのお蔭で、私もとても落ち着いた気持ちで、番組の進行を行う事が出来ました。助けてもらったのは、私の方です」

あずさ「うふふっ…お互いに、支え合った一年だったわねぇ」

貴音「そうですね」

あずさ「…あら、やだ何だか湿っぽくなっちゃったわね。うふふっ、はい、貴音ちゃん、あーん」

貴音「ま、またですか///」

あずさ「あ、じゃあ…あーん」

貴音「わ、私がですか!?」

あずさ「あーん」

貴音「はい…あーん」

あずさ「んー、おいひいわぁ」

貴音「あずさも甘い物が大好きですね」

あずさ「うふふっ、幸せよ~」

貴音「あ、あの、あずさ」

あずさ「は~い?」

貴音「わ、私にも…あーん、してください」

あずさ「あらあら~、あ、そうだ。CMの前に一曲、三浦あずさ、四条貴音でLarge Size Partyです」

―――――――――――――――――――

「えー、どうも皆さんこんばんわ。迷らら担当のディレクターです。平素は迷走RADIOラビリンスを聞いていただき、まことにありがとうございます。皆さまの温かいご支援もあり、このたび、CDも販売できることとなり、私としては非常に感極まる思いで御座います、この場を借りて、お礼を申し上げます」

-――――――――――――――――――

あずさ「という事でした」

貴音「まこと、聞いてくださっているリスナーの方々には、本当に頭の下がる思いです」

あずさ「そうねぇ。皆さん、どうか来年も、迷走RADIOラビリンス、よろしくお願いしますね」

貴音「来年も、皆さまの、心の癒しになる様な、そんなラジオを目指してゆきたいと思います」

あずさ「次の放送は…新春放送ですね、1月2日、新春宴会放送だそうですよ~」

貴音「なんと」

あずさ「まよらら初の、スタジオの外に飛び出しての放送になりまーす、お楽しみに~」

貴音「楽しみですね、一体どのような美味なる食事を堪能できるのでしょうか」

あずさ「貴音ちゃんったら、食べる事になると目の色が変わるのね~」

貴音「あ、あずさ、その、これは」

あずさ「うふふっ、貴音ちゃんらしいわぁ~、可愛い」

貴音「…っ…と、とにかく、今年も一年本当にありがとうございました」

あずさ「それでは、皆さんハッピークリスマース&良いお年を。三浦あずさと」

貴音「残り少ない2013年で御座いますが、やり残したことはありませんか?今年終わらせるべきことは、今年中に終わらせて、新たな気持ちで2014年を迎えたいものですね、四条貴音でお送りしました」


「「ばいばーい!」」



「この番組は、餃子のO将と」

「語り継がれる味、博多一風堂と」

「明るい未来と技術を作る、水瀬重工業の提供でお送りしました」




あずさ「本当に、貴音ちゃん、今年はありがとう、感謝してるわ」

貴音「はい、来年も、どうぞよろしくお願いします」