あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

2013年11月

編集

P「語呂合わせですね。1129でいいにく。です」

あずさ「ああ、そうなんですか。うふふっ、偶にはステーキでも食べようかしら」

P「あずささん、あんまりそう言うの食べませんか?」

あずさ「ええ~…カロリーとかも、気になってしまいますし…」

P「そんな、あずささん全然太ってないじゃないですか」

あずさ「女の子はそう思わないんですよ」
続きを読む

編集

765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




ピポッピポッピポッ ポーーーーン




雪歩「サァンドゥバッッグにぃ、うかん~でぇ消えるぅ憎ぃあんちくしょぅうのぉ」

真「雪歩」

雪歩「たたけぇっ!! たたけっ!! たたけぇぃ!!!!」

真「雪歩」

雪歩「俺らにゃ」

真「雪歩」

雪歩「何なんですか?」

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/28(木) 21:31:31.87 ID:bPmMOyjd0

P「お前らちゃんと予定決めてるの?」

春香「自宅でだらだらかなぁ」

千早「三食カップラーメン」

真「ベッドから出ません」

伊織「お偉い様とパーティー」

やよい「家の掃除」

美希「ベッドから出ないの」

亜美「一日中ゲームかなー」

真美「上に同じく」

雪歩「お茶」

貴音「・・・・トップシークレット」

響「ど、動物達の世話」

あずさ「宅飲み」

P「お前らなぁ・・・・・」

真「美希!ハイターッチ!」

美希「いぇい!なの」

P「おいそこ、意気投合するんじゃない」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/24(日) 21:27:05.69 ID:syhQ6M1Q0

 「竜宮はわかるけど……なんで?」

 「千早は……その前日にソロライブがあってな。スケジュール的に厳しそうだから今回は見送るとのことだ
  見には来るらしいが、参加はしないらしい」

 (ソロライブって……だって今回は、雪歩が復帰してから初めての幕張メッセなんだよ!?)

 10月のある日の打合せのことだった。

 喉元からでかかった言葉をギリギリのところで閉じ込める。

 美希がなんて言ったところで千早さんにもプロデューサーにも美希の言葉は届かない。
続きを読む

編集

巧氏作 <春香「………鼻毛だよね?」アフターSS








P(俺の鼻毛が、異常に強靭な物質で出来ているという事を、病院関係者から聴きつけたらしいJAXAの方が接触してきて、1ヶ月。俺は、JAXAの本部に呼び出された)
続きを読む

編集

765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




貴音「…」

あずさ「あら?貴音ちゃん、どうかしたの?」

貴音「いえ、先週しっかりと告知したつもりは無かったのですが…今週もゲストが来ていただけるという事で」

あずさ「あらあら~、それは良い事じゃない?」

貴音「そのくる人間の名は…」

真美「おっはー!双海真美でーすっ!よろよろ!」

響「はいさーい!我那覇響でーす!」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/13(木) 18:48:14.69 ID:GW9JKO4c0


プルルルルルル…


真「…さ、乗ろうか?雪歩」

雪歩「…うん、真ちゃん」

真「うわー……朝早いからかな?空いてるね」

雪歩「そうだね、私達しか居ないみたい」

真「この向かい合わせの席、懐かしいなぁ」

雪歩「あ、真ちゃん…」

真「ん?」

雪歩「私、隣が良いな…」

真「…もちろん、ほら、おいで」

雪歩「ありがとう」

真「なーに言ってるの、僕と雪歩の仲じゃない」

雪歩「ふふふ、うん、そうだね」
続きを読む

編集

美希「今日はミキの誕生日だから、ミキが主役に決まってるの!」

律子「そんなこと聞いてるんじゃないわよ!」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■1999年 東南アジア某国

「2番と4番、それに5番脚が損傷。走行不能です」
「残りの脚で車体を戻せるか?」
「やってみます」

「ゴング0より各車。後方に地雷原。その場で停車せよ」
「ゴング1より指揮車。前方に目標多数、接近中」
「目標小隊規模、なお増加中」
「警戒、右方向に熱源反応」
「方位040、移動目標」
「距離1200、移動目標多数。装甲車らしき熱源反応。RPGの射程に入ります」
「ゴングより本部。当該勢力の脅威、更に増大中。発砲の許可を要請する」

『交戦は許可できない。現在、カナダ隊がそちらへ急行中。

 ――――繰り返す。”交戦は許可できない”。全力で回避せよ』

「回避不能! 本部、聞こえるか!」
「前方よりRPGらしき熱源!」

『イジェクト不能!』
『前方よりさらに熱源。なおも増加中』
『脱出できません!』

『隊長おおおおおぉぉぉっ!!』

「…………っ!!」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/23(土) 01:17:04.88 ID:XMG6FtHa0


P「ここでブッキングしている予定をこっちに……っと」

美希「ハニー!!」バーン

P「お? 美希か、お疲れ」

美希「ハニー!? ねぇねぇハニー!? ねぇねぇねぇねぇハニーってば~!!」ダキツキー

P「うぉおおお……どうした美希、今日は偉いぐいぐい来るな」

美希「明日って何の日か知ってる!? ねぇ!? ねぇねぇ知ってる!? 知ってるの!?」
続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE:2013/11/22(金) 23:53:06.51 ID:aW/8+c2R0

新曲のレコーディング、番組収録、ラジオ出演、ハードなレッスン。
それら全てを終えて事務所に戻ると当然の如く夜も遅くなる。
私を事務所に降ろした後に他の子を迎えに行かなければならないプロデューサーに比べたらまだマシな方か。

伊織「帰ったわよ~。」

へとへとになって帰ってくると大概小鳥が迎えてくれるのだが、今日はそれが無かった。
大方買い出しにでも行っているのだろう、遅い時間まで大変だと思う。

迎えの新堂が来るまでソファーでのんびりしよう、そう思いソファー前に来ると先客がいることに気付いた。

伊織「美希?」
続きを読む
アクセスランキング