律子「そうなのよ!! 大晦日から翌年までの日跨ぎ、しかも地上波での放送よ!!!!」

春香「え…………えぇ!! お、大事じゃないですか!?」

千早「凄い……」

律子「そうよぅ!! こんなの今までで言ったら○ャニーズくらいしか出来なかったんだけどね」

千早「…………え? そうすると、本家の方の出演はどうなるのかしら?」

律子「私達はトップバッターでしょ? あの日は本家に出た歌手が他の番組に出ても割と大丈夫な日だから大丈夫!!」

春香「あ、あと、それが生放送なら年齢で出れない子達が一杯いると思うんですけども……」

律子「それは、このSSにだけ不思議な設定の魔法がかけれらているから問題無し!!」

春香「……」

千早「……」

律子「……仕方ないでしょ、ソレをクリアする設定思いつかなかったんだから」

春香「……ま、まぁ、ね、律子さんが大丈夫って言うなら、大丈夫なんでしょう、多分」

千早「そ、そうね、あまり詮索するのはやめておきましょうか」


--------------------------------------------------


律子「それで、コレを真っ先に貴女達に伝えたのは訳が有ってね?」

春香「う……イヤな予感」

千早「訳があるなら聞いておきたいわね」

律子「この番組は765プロを二組に分けてお客さんに投票してもらって勝敗を決めるって趣旨なんだけど」

P「赤組のリーダーを春香、白組のリーダーを千早にやってもらいたいって思っているんだ」

律子「そうそう、ってプロデューサー!! 何時の間に?」

P「本当だったらイメージカラー通り、白組は雪歩にやってもらいたかったんだが……」

律子「あ、ダメでした?」

P「そんな重大な仕事私には無理ですぅ!! って言ってたるき亭の天井に穴開けちまった」

律子「はぁ……また余計な出費が……」

P「と言うわけで、生っすかでも司会経験があり、皆を纏められそうな千早に白組のリーダーをお願いしたいんだよ」

春香「と、言うより、私はもう確定なんです? 私方面に関して断りとかそう言うの無いんですか?」

律子「千早、どうかしら……?」

千早「…………正直、私で勤まるかどうか、解りませんが……」

春香「私も自信があるわけじゃないんだけど? あの、もしもし? お三人方?」

千早「大役を頂いたからには、しっかりと努めさせていただきます!!」

P「そうか!! やってくれるか!!」

律子「そう言ってくれるって信じていたわ!!」

春香「……無視っと、ね、うん、いつもの事いつもの事、と」

P「それじゃあ、春香は俺と、千早は律子と打ち合わせに入ろう、俺と春香は近場の喫茶店でやるから、二人は会議室使って良いぞ」

律子「了解です、それじゃあ千早、時間があまり無いから急ぐわよ」

千早「ええ、解ったわ」


--------------------------------------------------


律子「歌合戦って事はチームを二分する必要があるのよ」

千早「私、春香、高槻さん、水瀬さん、萩原さん、真、亜美、真美、あずささん、美希、我那覇さん、四条さん、と、律子……」

律子「い、いや、私は出ないわよ!?」

千早「……この番組は765プロ紅白歌合戦なんでしょう?」

律子「え? う、うん」

千早「律子も出なきゃダメだと思う」

律子「いや、私はプロデューサーだし」

千早「律子の事だから、ファンに向けての告知はもうしているんだと思うのだけれども、きっと律子のファンも居なかったら悲しむと思うわ」

律子「う……」

千早「律子が出ないって言うんだったら、私もリーダーを辞退させてもらおうって思っているのだけれども」

律子「そんな!? 今からこんな大役他の子に任せれるわけ無いでしょ!?」

千早「じゃあ、どうしたら良いか、律子なら解るんじゃないかしら?」

律子「う……千早、いつからそう言う駆け引きが出来るようになったのよ……」

千早「決まりね」

律子「うぅ……で、でもそうすると13人になっちゃうでしょ? あと一人はどうするのよ?」

千早「人前で歌が歌えて、765プロの人間だってファンなら誰でも解る人……いるじゃない、あそこに」

律子「え? …………あ、なるほど」


小鳥「……ぴよ?」


--------------------------------------------------


春香「ただいまでーす!!」

律子「はいお帰り、大体の概要は解ったかしら?」

春香「凄く面白そうですね!! 私、今からワクワクしてきちゃいました!!」

P「それじゃあ、チーム分けをするか」

千早「プロデューサー、律子と音無さんも参加って今からでも可能ですか?」

P「ん? それは全く問題ない、元々カウントダウンまでの時間には余裕を持たせているから2名くらいの増員は大丈夫だぞ」

律子「はぁ、やっぱり出る事になったか……」

小鳥「いや!! 一般事務員が大晦日の地上波に出ちゃダメでしょ!?」

春香「ほら、そこは、私達は皆で765プロですから!!」

小鳥「そういう問題以前の問題じゃない!?」

社長「じゃあ、私とプロデューサーも手品対決で出演しようか? ん?」

律子「あ、社長は黙ってて下さい」

社長「あ、すいません、ほんと」

P「居たんですか」

社長「律子君と如月君に部屋を追い出されてしまってね……」


--------------------------------------------------


律子「それじゃあ、チーム分けなんだけど……」

千早「どのように決めましょうか?」

春香「なるべくいつも一緒に居る人達は別々のチームにしたいよね」

律子「雪歩と真とか、亜美と真美とか?」

P「なるほどな、そうなると美希と響、伊織とやよいとかも別チームにした方が面白いかもな」

春香「そうなると、Aチームが雪歩、伊織、真美、美希、貴音さん、小鳥さん」

千早「だとすると、Bチームは真、高槻さん、亜美、我那覇さん、あずささん、律子、かしらね?」

律子「……うん!! 良いじゃない!! 割とバランス取れていると思うわ!!」

P「そうだな!! 面白いチームだと思うぞ!!」

春香「じゃあ、私がAチームを貰おうかな」

千早「私はBチームね、解ったわ」

律子「それじゃあ、今日は本家の紅白の打ち合わせで全員がそろう機会があるから」

P「その時にチームリーダーを中心に歌う曲と順番を決めてくれ」

春香・千早「はい!!」


小鳥「え、いや、あの、ほ、本当に私も出るんですかぁ!?」


--------------------------------------------------


春香「えー、コホン、本日はお日柄も良くこの良き日に赤組の皆様とともに」

真美「はるるん!! そう言うの良いから!!」

伊織「紅白歌合戦? ふぅ~ん、なかなか面白そうじゃない、にひひ!」

貴音「歌は優劣を比べるべきモノではありませんが……正直心躍っているわたくしが居ます」

美希「やるからには絶対に勝つのー!!」

雪歩「千早ちゃんが白組のリーダーをやってくれて良かったよぅ……」

小鳥「……凄い場違い感ピヨ」

春香「もー皆!! 各々で喋らない!! 話がまとまらないでしょ?」

伊織「春香がリーダーって言うのがそもそも、ねぇ?」

真美「真美が代わってあげようか? はるるん」

小鳥「ま、真美ちゃんはちょっとね……」

貴音「はぁ!! と、すると年越しのおそばを頂く時間はどのたいみんぐにすれば……」

雪歩「でも、真ちゃんと対決だなんて、私……で、出来ないよう」スチャ

美希「春香~雪歩がまた穴開けちゃうよー?」

春香「ちったぁ!! まとまれ!! お前ら!!」


--------------------------------------------------


千早「……と言う事で、やるからには勝ちたい、そう思っているわ」

真「当然だよね!!」

あずさ「うふふ、凄く面白そうなお祭りね」

亜美「はいはーい!! 亜美トップバッターやりたーい!!」

律子「順番は春香と千早が決めるから、歌う曲を決めなさい、亜美」

響「ん~~迷うな~~自分が今年最後に歌う歌って事だろ?」

やよい「はわ!! そ、そう言う事になるんですよね……うぅ、決められないかも~」

千早「皆落ち着いて、それも相談して決めましょう、各々が決めるのでは無く、意見を出し合いながらね」

真「うん!! そうだね、じゃあとりあえず紙に自分持ち歌を書き出してみようか」

亜美「亜美、真美との曲が凄く多いから被らない歌となると意外と少ないんだよねぇ」

あずさ「案外、同じ歌が重なっちゃったりしちゃうかも知れないわね、うふふ」

律子「ノートパソコン持ってきてるから音もすぐ出せるわよ」

やよい「響さんは、これなんて良いんじゃないですか?」

響「お!! やよい~なかなか良いチョイスだぞ~」

千早「うん、大丈夫そうね」


--------------------------------------------------


春香「あいつら!! 本当にあいつらはあいつらだな!! クソ!!」

千早「あ、春香どうだった? 問題なく事は運んだ?」

春香「ん~……はちゃめちゃだったけど、何とかって感じかな、そっちは?」

千早「問題無いわ、滞りなくって感じね」

春香「こっちは大変だったよ~……最終的に貴音さんが伊織にキャメルクラッチ極めちゃってさー」

千早「なんだか大変だったのね……」

春香「でも、まぁ、良い感じのセットリストは決まったと思うよ?」

千早「ふふ、ねぇ? 春香?」

春香「ん?」

千早「曲の発表は戦いの舞台で、って事にしない?」

春香「……おもしろいね」ニヤ

千早「ふふふ、決まりね、それじゃあ発表順を決めましょうか」

春香「これも中々難しいよねぇ~」


--------------------------------------------------





12月31日 22:27




春香「い、いよいよだね、わ、私、緊張でトイレ行きたくなってきちゃったよ」

千早「生放送慣れしている春香でも、緊張するのね」

春香「だって大晦日でお客さんも満載だよ!? 千早ちゃんは平気なの!?」

千早「ステージでの歌の発表はいつでも生放送だもの、それと変わらないと思えば、ね」

春香「はぁ~~千早ちゃん大物だなぁ……」


ホンバンイップンマエデース!!


律子「あぁ、もう、春香、千早、大丈夫かしら?」

伊織「最初が肝心なんだから、バシッと決めて貰わないとコッチが困っちゃうわよ」

真「うぅ~~なんだか緊張している春香見てたらボクまで緊張してきちゃったよ~~」

亜美「カンチョーの冬っ!!」

真美「日本の冬っ!! ですなぁ」

貴音「亜美、真美、そもそもカンチョーでは無く緊張でそれであったとしても緊張の字が異なります、また」

響「貴音、今、そう言うマジ方面のツッコミは要らないぞ」

美希「あふぅ、ミキ、もう眠たくなってきたの……」

雪歩「美希ちゃん、今からが本番だよぅ!?」

やよい「う~~~~!! もう!! 早くどっかーーんってしたいかもです!!」

小鳥「……私はなぜココに居るのかしら」

あずさ「まぁまぁ小鳥さん、もう覚悟を決めましょう?」


ホンバンジュウビョウマエー!!


春香「ひぇ!! えっと、檸檬、檸檬、檸檬」パクッ

千早「良くそんな画数の多い漢字を手の平に書いて呑めるわね……それにそれは本来、人って漢字でしょ?」


ゴビョウマエー


春香「はわわわわわわわ!!!! どうしよう!! どうしよう!?」

千早「春香、落ち着いて」


--------------------------------------------------


サンッ

ニーッ

……


春香「ヨイショーーーーーーーーーイ!!!!!!」

千早「」パチパチパチパチパチ

春香「全世界の765プロファンのみなさーーーん!? 765プロですよ!! 7・6・5・プ・ロ!!!!」

千早「こんばんは、如月千早です、大晦日の夜、皆様いかがお過ごしでしょうか?」

春香「いや~~~~~~、まさか!! まさかだよね千早ちゃん!!」

千早「このような大舞台に大晦日の夜にこうして出演できるなんて、夢のようです」




真「……春香、全然できてんじゃん」

やよい「はわ~~……凄いですぅ」

伊織「でも、コレって、どうみても若手芸人とアイドルアシスタントって感じの絵面ね」

美希「春香は生っすかの時も始まっちゃえばはっちゃけるタイプだったの」

響「自分、あんな風に喋れる自信ないぞ……」

亜美「ひびきんはひびきんのフィールドってのがあるんだよ……」

真美「はるるんのフィールドは、アイドルとしては確実に間違っているけどね……」

雪歩「うぅ、そろそろ出番かなぁ?」

小鳥「出場順すら秘密って……私、事務員なのに……」

貴音「あいどるたるもの、心静かに出番を待つもの、ですよ、小鳥嬢」

あずさ「あらあら、小鳥さんは事務員よ、貴音ちゃん~」

律子「あ、やべぇ、緊張してきたわ……」


--------------------------------------------------


春香「……と言うわ・け・で!! 会場の皆さんもお手元のスイッチでバンバン参加しちゃってくださいね!!」

千早「テレビでご覧の皆様は、リモコンの機能で投票に参加できますので奮ってご参加下さい」

春香「さぁ!! と、言うわけで!! 早速一組目!! 参りましょう!!」

千早「白組からは……秋月律子がトップバッターを務めます!!」

春香「と言う事は~~!! 赤組は~~!! O・TO・NA・SHI・KO・TO・RI!! だぁああああ!!!!」




小鳥「鬼か!! アイドルの皮被った鬼か!! トップバッターて!!」

律子「え、えぇぇえええぇええええ!? さ、最初なのぉ!?」




春香「先行は我々赤組!! と言う事で小鳥さん!! 出番ですよー!! でーばーんー!!」




律子「ほ、ほら、呼ばれてますよ、小鳥さん、早く行かなきゃ」

小鳥「ねぇ!? 何で!? 何で一発目なの!? ねぇ皆!?」

伊織「早く行きなさいよ」

小鳥「酷くね!?」

真「いや、あの、小鳥さん、もう、拍手なっちゃってますから」

雪歩「割とマジで早く行った方がいいと思いますぅ」

小鳥「……くそ!! 行ったらぁ!!!!」


--------------------------------------------------


パチパチパチパチパチパチ


小鳥「…………」


ダレ?

ナンデジムフク?

ダレアレ?


小鳥「え、えっと、み、皆さん、こんばんは、私は音無小鳥と言うしがない事務員で……」


ア!!

アナウンスノコエノヒトダ!!

ピヨチャンダ!!

ピヨチャン!!


小鳥「あ、ぞ、存じ上げて頂けてる人も居るようで、光栄です!!」


ウタエルノ?

ナニウタウンダロウ?


小鳥「え、えっと、昔歌っていた、曲を歌います」


春香「それでは歌っていただきましょう!! 音無小鳥で~~!! 『幸』 張り切ってどうぞ~~!!」


--------------------------------------------------



小鳥「どこまで~も~広い世~~界♪」



律子「……上手っっ」

やよい「うわぁ……」

伊織「……や、やっぱり凄いわね、小鳥」

美希「……やっぱり小鳥、凄く上手いの」

あずさ「綺麗で、それでいて力強い声よね」

貴音「学ぶべき点が多い、重ねた月日を感じさせる歌声ですね」

響「貴音……」

亜美「お姫ちん、それ褒めてるように聞こえるけど」

真美「実際聞いたらピヨちゃんブチ切れるから気をつけてね」

雪歩「さ、最初からこんな上手い歌、歌われたら、私なんて……」

真「雪歩、確かに上手いけど、ボク達にはボク達の良さがあるから大丈夫だよ!!」



小鳥「さ~~~~ち~あ~~~~れ~~~~~~~~~~~~♪」



ウォーーーーーーーー!!!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!


--------------------------------------------------


春香「YES!! YESYESYES!!!! これはもう勝ちは頂いたでしょう!!」

千早「ふふ、確かに音無さんの歌声は素晴らしかったけども、白組だって負けてないわよ」

春香「なにおぅ!?」

千早「お願いします!! 律子さん!!」


律子「あ、あの、みなさーーん、こーんばーんわーー……」


コーンバーンワー!!

リッチャーーン!!


律子「い、一生懸命歌いまふっっ」


カンダーwwww

リッチャンカワイイーwwww


律子「……一生懸命う・た・い・ま・す・ので!! よろしくお願いします!!」


アハハハハハwwww

リッチャンキレターwwwww


千早「良い感じで緊張も解れた所で、歌って頂きましょう、秋月律子で『魔法をかけて』」

春香「いっぱいいっぱいじゃない、だと!?」


--------------------------------------------------


律子「か・が・み・の中♪た・め・息が一つ♪」


小鳥「せ、セーラー服……だとっ!?」


雪歩「か、可愛い……」

亜美「んっふっふ~相手が解っているなりに作戦を立てたのだよぅ」

響「相手が小鳥って解っているなら歌唱力勝負よりもステージパフォーマンスを含めて」

あずさ「可愛さ押しで行こうってね、うふふ」

真美「姑息っ!!」

やよい「うっうー!! 大成功です~!!」

貴音「中々の策士ですね、ですが!!」

美希「小鳥の歌声だって、負けてないの!!」

伊織「現時点では私でも甲乙付けがたいわね」

真「やっぱり対決となると燃えるなぁ!!」



律子「魔法を~といて☆♪」


ワァァアアアアァアアアアアア!!

カワイイーーーーーーーーーーー!!!!


--------------------------------------------------


小鳥「超可愛かったですよ、セーラー服なんて着ちゃって、私なんて事務服なのに……」

律子「小鳥さんこそこっそりボイトレとかしてたんじゃないですか……超上手いじゃないですか」


春香「どっちも凄かったね!! 千早ちゃん!!」

千早「えぇ、本当に!!」

春香「それでは今から投票タイムに入ります!!」

千早「少しでも良かった、と思う方のボタンを押してください!!」

春香「この電光掲示板に投票の割合が映る仕組みになっていますので~~どうぞ!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 48%    52%
 【小鳥】   【律子】 



春香「っっっっと、言う事はーー!!」

千早「1試合目は!! 白組の勝利です!!」


ワァーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


小鳥「くぅ……結構ガチで行ったのに……」

律子「接戦でしたね、危なかった……」


--------------------------------------------------


春香「さぁさぁさぁさぁ!! 盛り上がってきた所で次の対決だぁ!!」

千早「音無さんと律子には引き続きスタジオで応援してもらいましょう」

春香「負けた方が後攻だから、千早ちゃんから呼んでもらえる?」

千早「解りました、それでは白組!! 二人目は!! とっても可愛い!! 高槻やよい!!」


やよい「はーーい!! 会場のみなさーーん!? それにテレビの前の皆さんも一緒にぃ!! ハーーーーイ!!」


ターーーーチッ!!


やよい「イエイ!! うっうーー!! 盛り上がってますかー!!」


ワーーーーーーーーー!!!!


千早「素晴らしい、人間国宝にしても良いくらいだわ、むしろ世界遺産だわ、高槻さん、可愛いっ、可愛過ぎるっっ」

春香「千早ちゃん」

千早「はっ…………そ、それでは歌って頂きましょう!! 高槻やよいで『キラメキラリ』」


--------------------------------------------------


やよい「フレーフレー頑張れ!! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ!! 最高♪」ウィンク


小鳥「今度は変化球使わずに大道で来ましたね」

律子「流石ね、春香、千早、温まった空気を持続させようとしての采配ね」


伊織「……にひひ! そうそう、やっぱり全力で来てくれないと面白くないわよね♪」

真「すっごい盛り上げてるなぁ!!」

雪歩「やよいちゃん、凄い……」

美希「いいなぁ、やよい、凄くキラキラしてる~」

亜美「キラメキラリはガチ曲ですからなぁ」

真美「むむむ……やよいっちもキョーテキですなぁ」

あずさ「可愛いぃ~お持ち帰りしたぃ~」

貴音「あずさ……」

響「凄いなやよい、きらめきらりは凄くダンサブルな曲なのに歌も完璧だ」


やよい「サイッコォー!!!!」


ワァーーーーーーーーーーー!!!!

サイコーーーーーーーーーーーーー!!!!


--------------------------------------------------


千早「高槻さん!! 私から100点!! むしろ一億点!!!!」パチパチパチパチ

春香「千早ちゃん」

千早「んあっ!! あ、ありがとうございましたー!!」

春香「ん~~中々やるねぇ、でも!! こっちだって負けてないよ!! 赤組からはピンクのツッコミ女王!! 水瀬伊織だぁ!!!!」


伊織「ピンクでツッコミとか名誉毀損もいい所よ!! 訴えるわよ!!」


ワーーーーー!!!!

イーオリーーン!!!!

ツッコミキレキレーーーーーー!!!!


伊織「会場の皆~!? それにテレビの前に皆~? 私、可愛いー?」


カワイイーーーーーーーーーーーー!!!!!!

デコスケーーーーーーーーー!!!!


伊織「デコすけって言った奴は後で踏みに行くから覚悟してなさいねーー!!!!」

伊織「それじゃあ皆!? このスーパーウルトラアイドル伊織ちゃんの全力!! 聴いてね☆」


春香「それでは歌って頂きましょう!! 水瀬伊織で『DIAMOND』」


--------------------------------------------------


伊織「今…Imagine…世界にある無限の石♪」


やよい「ふぁ……」ゾクッ

律子「リゾラとかで来るって思ったんだけどね」

小鳥「伊織ちゃんの希望だったんですよ」


真「伊織……なんて言うか、凄く気持ちが入ってるね」

貴音「わたくし達はもっとあっぷてんぽの曲を薦めたのですが」

雪歩「伊織ちゃん、やよいちゃんが相手だって聞いたらね」

真美「私が持ちうる曲で、私が一番全力を出せる曲を歌うわ」(声マネ)

美希「デコちゃんのプライドをかけた渾身の一曲なの」

亜美「なんていうか、やっぱりいおりんはアイドルですなぁ」

あずさ「えぇ、会場の空気の掴み方、自分の魅せ方、そして……プライド」

響「うぅ~~皆凄くて居ても立っても居られなくなってきたぞっっ!!」


伊織「もっと眩しくなれ DIAMOND~♪」


--------------------------------------------------


千早「……両者、素晴らしかったですっ!!」

春香「い、いやぁ、圧倒されちゃったよぅ」


やよい「あ、あの!! 凄かった!! 伊織ちゃん!!」

伊織「ありがと、やよい、アンタも凄かったわよ」


千早「そぁ、それでは投票タイムです」

春香「会場の皆さん、テレビの前の皆さん!! ボタンを押してくださーい!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 47%    53%
 【伊織】   【やよい】 



春香「な……なんとぉ!!!!」

千早「白組の2連勝ですっ!!!!」


ワァーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


伊織「負けちゃった……か」

やよい「あの、い、伊織ちゃん」

伊織「この伊織ちゃんに勝ったのに、何て顔してんのよやよい、胸張りなさい」ポンッ

やよい「う、うん!! ありがとう!! 伊織ちゃん!!」


--------------------------------------------------


千早「二組目からこんなに盛り上がってしまって良いのでしょうか?」

春香「いいんです!!」(ジョン・カビラの方のモノマネ)

千早「……さぁ、白組が圧倒的に優勢になりましたが!!」

春香「負けられない、次!! 頼むよ!!」

千早「続いての白組は、双海亜美!!」


亜美「会場の、兄ちゃーーーーーーーーーーーん!?」


ウォォオオオオオオオオオオオ!!!!


亜美「姉ちゃーーーーーーーーーーーーーん!?」


キャアアァァァアアアァアアアア!!!!!!


亜美「どもども~、双海の危険な香りがする方、亜美が皆の前にカミングスーンだYO!!」

春香「カミングスーンじゃ、来てないんじゃ……」

亜美「んも~はるるん? 細かい事気にしてるとリボンに小じわ増えるよ?」

春香「ははは、このガキそこに直れ」


千早「収拾つかなくなる前に、行きます、双海亜美で『黎明スターライン』」


--------------------------------------------------


亜美「ありゃりゃりゃりゃ! 怒られた!ハシャいで騒いで転んででんぐり返ってワイ!!」


ワイッッッッ!!!!!!


やよい「この曲、凄く早口で難しいのに、凄いなぁ亜美」

伊織「しょっぱなから会場の空気持ってったわね」

小鳥「色々ある中でどうしてこの曲を?」

律子「やっぱり自分だけの曲で勝負したいって言ってました」


真美「……」

雪歩「真美ちゃん?」

美希「……全然聞こえてないみたいだよ? 雪歩」

貴音「今は集中させて上げましょう、雪歩」

あずさ「ふふ、竜宮のソロの時よりも楽しそう、亜美ちゃん」

真「亜美が楽しんでいる姿を見るだけで、テンションあがってくるね!!」

響「あはは、あれだけ動きながら歌って、舌噛まないのか心配になるぞ」


亜美「ちょっとやそっとじゃビクともしないよ鍛えたボデェーィー!!!!」


ワーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

アミチャーーーーーーーーーーーン!!!!!!


--------------------------------------------------


千早「亜美、お疲れ様」

春香「凄かったね~~最初から最後までハイテンション!! って感じで!!」

千早「これは三つ目も頂きかしら?」


「んっふっふ~~、そうはいかないもんね~~!!」


春香「おっと~!? 呼ばれる前から乱入するその声は!?」


真美「モストデンジャラスチルドレン!! 双海真美とは真美の事だよ~~~~~ん!!!!」


オォオオオオオオオオwwwwww


真美「どもども~ありがとうありがとう~~!!」

春香「真美、ここで負けたら私達、終わりだよ!?」

真美「はるるん……ドロ舟になったつもりで、真美に任せてくれよぅ」

春香「ダメだーーーー!! では双海真美で曲はー!! 『ジェミー』」


--------------------------------------------------


真美「コドモ扱いしないで~すっぐっ上から目線~ちゃ~んと話を聞いてよっマジメなんだぞ!!」


ナンダゾー!!!!


亜美「やっぱりジェミーできたかー」

律子「ふふ、やっぱりって、解ってたの?」

やよい「同じ曲にならないように相談してたの?」

伊織「アンタ達だったらそんな相談しなくてもお互いの曲解ってたんじゃない?」

亜美「ん、まぁね~」

小鳥「ふふ、流石って感じね」


雪歩「真美ちゃんは少し甘酸っぱい感じだね」

真「うん、なんかちょっとキュンッてしちゃうよね」

美希「解るの!! キュゥ~~ンってなっちゃうの」

響「解る!! 解るぞ!! 真~」

貴音「あずさは解りますか?」

あずさ「随分前の事だから忘れてしま……ってません!! んもう!! 貴音ちゃんったら!!」


真美「ただ 君が手に取るの待ってる「見つけた?」」


ワーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

マミチャンカワイイーーーーーーーーー!!!!!


--------------------------------------------------


春香「さぁさぁさぁさぁ!! 双子対決でしたが!?」

千早「一緒のように聞こえて、だけども全然違う、とても素敵な歌声でしたね」


亜美「さぁ!! 会場の兄ちゃん!?」

真美「会場の姉ちゃん!?」

亜美・真美「亜美真美 のボタンよろしくーーーー!!!!」

千早「急に出てこないのっ」ムンズ

亜美・真美「ニャーーーーン」プラーン


春香「それでは改めて~~投票タイム!! スターーーート!!!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 50%    50%
 【真美】   【亜美】 



春香「なんとっっ!!!!」

千早「こ、こんな事ってあるの!?」

春香「え、えっと……ど、同票です!! まったくの同票で……ひ、引き分け~~!!」


亜美「うあうあ~~~~!!!! そんな事ってありえるの~~~~!!??」

真美「やりなおしをよーきゅーするーーーー!!!!」


千早「と、ともかくこれで白組は2勝1分け」

春香「赤組は2敗1分けだね」


亜美「……決着は……また今度だ!! 姉よ!!」

真美「……んっふっふ~~絶対負けないかんね!!」


--------------------------------------------------


春香「後の無い赤組、この窮地を回避してくれるのはこの人しか居ない!! 4人目は~~ 萩原雪歩だーー!!」


ワーーーーーーーーーーー!!!!

ユキピョーーーーーーーーーーーン!!!!


春香「……れ?」

千早「は、萩原さん?」

春香「あの、舞台袖に空いている穴は……まさか……」


ウィーーーーーン


千早「ぶ、舞台装置が?」


ーーーーーン……


春香「な、なんとぉ!!地下から登場したのは!! 我らが赤組の切り札!! 萩原雪歩だぁ!!!!」


雪歩「うぅ……地下でプロデューサーに捕まっちゃいましたぁ……」


ワーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


雪歩「ひぅ!!」

春香「雪歩っ!! 頼んだよ!?」

雪歩「な、何でこんな大事な場面で……」

春香「雪歩だから、だよ!!」

雪歩「……春香ちゃん……うん、解った、私、精一杯がんばるね!!」


春香「それでは行きましょう!! 萩原雪歩で!! 『ALRIGHT*』


--------------------------------------------------


雪歩「……」スゥ

雪歩「イエーーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!!!!!!!!!」


イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!!!


雪歩「READY SET GO!!行きたいトコ行ってみようよ~♪」


真美「おー、客席が真っ白だね」

亜美「文字通り、ゆきぴょん色に染めたね」

やよい「雪歩さん、綺麗ですぅ……」

小鳥「ほんとねぇ」ウットリ

伊織「あの穴、どうするの?」

律子「事務所負担よ……」


美希「雪歩……凄いね、真クン」

真「……うん、でもボク、絶対負けないよ」

響「そのいきだぞ!! 真ぉ!!」

貴音「大きくなりましたね、萩原雪歩」

あずさ「こっちの穴もそうとう大きいのだけれども~」


雪歩「どこまでだって、さあ出発オーラ~~イ♪」


ウォオオオオォォオオオオオオオオオオオ!!!!!!!

キャアアァァアアアアアアアアァァアアア!!!!!


--------------------------------------------------


春香「どうよ? 千早ちゃん、家の切り札の威力は!!」

千早「確かに物凄かったわ、でも、こっちだって負けないわ、白組の切り札は、菊地真!!」


真「へへ!! 皆さんこんばんは!! 菊地真です!!」


キャアァァアァァアァアアアアアアアアアアァァァァアアアアアア!!!!!!


春香「わ、割れんばかりの黄色い声援だね」

真「ありがとうございます!! あの、ボク、精一杯歌うんで!! 聴いて下さい!!」


キャアァァアァァアァアアアアアアアアアアァァァァアアアアアアアァァァァアアアアアア!!!!!!


春香「ち、千早ちゃん、会場全体がハウリングしちゃうから、曲、行って」


千早「それでは、菊地真で曲は『tear』」


--------------------------------------------------


真「どれくらい涙流せば~あなたを忘れられるの?「愛してる」もうあなたには伝え~られない~♪」


雪歩「す、素敵だよぅ、真ちゃぁん……」

真美「意外な所ぶち込んできたねぇ!!」

律子「ズバリ、コンセプトはかっこよさ&切なさ、よ」

亜美「んっふっふ~~これで女の子の票は全部頂きだね~」

小鳥「なるほど~~策士ですねぇ、律子さん」

伊織「むぐ……これは本当にヤバイかもしれないわね」

伊織「真さん、カッコイイですぅ」


美希「はぁ~~ん!! 真クゥーーン!!!!」

貴音「まさに真だけが持ちうる強みを全面に出しましたか」

あずさ「うふふ、勝負事となると律子さん、手を抜かないから」

響「いや、この選曲はあずささんの提案でしょ……」


真「悲しみすべて流せたなら「愛していた」言葉にできる日が来る~♪」


…………


キャアァァアァァアァアアアアアアァァアァァアァアアアアアアアアアアァァァァアアアアアアアァアアアアアァァァァアアアアアアアァァァァアアアアアア!!!!!!


--------------------------------------------------


春香「さぁ!! 赤組、白組の切り札通しの対決ですがっ!!」

千早「果たして、どんな結果になるのでしょうか!?」


雪歩「真ちゃぁん、素敵だったよぅ」

真「雪歩もね!!」ニコッ


春香それでは、投票タイム!! スターーーートゥ!!!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 55%    45%
 【雪歩】   【真】 



春香「おっしゃーーーーー!!!! と言う事で切り札対決を制したのは赤組だーーーー!!!!」

千早「まだ、まだ1敗だけよ!!」


真「あ~~、負けちゃったか~~」

雪歩「き、きっと、テレビ見てるに女の人が少なかったからだよぅ!!」

真「雪歩、それフォローになってないよ」

雪歩「ふぇっ!?」


--------------------------------------------------


千早「残すところ、あと2組となりました!!」

春香「先攻の赤組からは遂に登場!! 星井美希だーーーー!!!!」


美希「お~~に~~ぎ~~り~~波ぁ~~~~~~!!!!」


イソクセーーーーーーーーーー!!!!


美希「アハッ!! 皆~~!? ミキだよーーーー!!!!」


ウォーーーーーーーーーミキミキーーーーーーーーーー!!!!!!


美希「今日は、会場のみーーーんなを大好きな、ハニーだと思って歌うから、応援、よろしくなのーー!!」


ウォォオォオオオオォオォォオオオオォオオオオオオオオオオオオオオ!!!!


美希「じゃあ、ハニー? みてて 千早「そ、それでは歌っていただきましょう!!」

春香「さ、さぁ!! ボルテージも最高潮だ!! 曲は『ふるふるフューチャー☆』」


--------------------------------------------------


美希「大好きハニー♪いちごみたいに~純粋な~のっ♪ずっと見てて絶っ対っよ☆」


律子「絶対よの時、あの子、舞台袖見たわよね」

小鳥「いますもん、プロデューサー」

伊織「あのおバカ……」

真美「いいぞぅー!! やれやれー!!」

真「あはは、美希らしいといえばらしいけどねぇ」

雪歩「いいなぁ、あんなふうに積極的になりたいなぁ」

やよい「積極的になっちゃったらそれはもう雪歩さんじゃない雪歩さんですぅ」

亜美「やよいっち、今、何気に凄い事言ったよ」


響「…………」

貴音「……良い目、ですね、響」

あずさ「あらあら、と言うことは、私達がおおとりって事かしらぁ?」


美希「カーランーカーランってっ 鳴~ら~したい~のっ♪ ずっと見て~て~絶っ対っよ☆」


ウォォオォオオオオォオォォオオオオォオオオオォォオォオオオオォオォォオオオオオオオオオオオオ!!!!


--------------------------------------------------


美希「アハッ!! ハニー? 見ててくれ 春香「さぁーー!! す、素晴らしかったですねぇ!!」

千早「し、白組も負けてませんよ!! 我那覇さん!! お願いします!!」


響「みんなーーーーー!! はいさーーーーーーい!!!!」


ハイサーーーーーーイ!!!!


響「自分は、美希みたいに可愛く出来ないかもしれない」

響「けど、精一杯歌うから!! 応援よろしく頼むぞー!!」


オーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


春香「こうやって、何気なく会場を味方につけちゃう辺りが響ちゃんの凄さだよねぇ」

千早「それでは歌っていただきましょう、我那覇響で曲は『Shiny Smile』」


--------------------------------------------------


響「お気に入り~のリ~ボン、うまく結べな~くて~♪」


美希「ん? Shiny Smile?」

真美「NextLifeとかTRIAL DANCEとかあるじゃん?」

真「ボクと路線が被るだろうって、響が、自分からね」

律子「私は響の選曲は間違ってないと思うわ、響の魅力はそのがんばる姿だったりするから」

雪歩「だとしたらShiny Smileはピッタリですね」

やよい「響さん、とっても、と~~っても、可愛いです~」

伊織「確かに、響には小動物系の可愛さもあるからね、本人は否定するけど」

亜美「ちっちゃい犬っぽいよね~ひびきんは~」


貴音「なるほど、挑戦しましたね、響」

あずさ「うふふ、とっても可愛いわぁ~」


響「Shiny Smileふたりずっと…♪」


ワーーーーーーーーーーー!!!!!!

キャーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


--------------------------------------------------


春香「いやぁ、どちらも素晴らしかったですねぇ!! 千早ちゃん!!」

千早「そうね、どちらも違った可愛さがあって、とっても良かったわ」


美希「ふふふ、どう言う心境の変化?」

響「ふふん、自分も色々幅を持たせるって言うのを覚えたんだぞ!!」


春香「それでは皆さん良いですか!?」

千早「投票タイム!! スタートですっ!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 52%    48%
 【美希】   【響】 



春香「YES!! 勝ったのは赤組だーーーーーーー!!!!」

千早「い、イーブンになってしまいました……」


響「うあ~~負けたか~~やっぱり可愛さでは美希に全然叶わないぞ~~」

美希「ううん、とっても可愛かったよ、響」

響「う……あ、ありが……と///」

美希「そういう所が可愛いの~~」ウリウリウリ

響「うーーがーー!! もう良いぞーー!!!!」


--------------------------------------------------


春香「さぁ!! 泣いても笑っても最終組です!!」

千早「残った二人には、同時に出てきていただきましょう!!」


春香「赤組、四条貴音!!」
千早「白組、三浦あずさ!!」


貴音「行きましょうか、あずさ」

あずさ「えぇ、よろしくね? 貴音ちゃん」


ワーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


あずさ「みなさーーーーんこんばんはーー三浦あずさと申しますぅ~~」


ウォーーーーーーーーーーーーアズササーーーーーーーーーーン!!!!!!


貴音「今日と言う良き日に、皆様にこうして出会えた事を感謝します、四条貴音です」


キャーーーーーーーーーーーータカネサーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!


春香「それでは先攻、貴音さん、曲発表お願いします」


貴音「……はい『風花』です」


オォオオオォオオオオオオオオオオ!!!!


--------------------------------------------------


貴音「……いくつもの虹が重なり合うと……風をうけて一人の意味を……知った」


あずさ「やっぱり、綺麗ねぇ」

律子「歌唱の幅の広さは凄いとは思っていましたが、それ以上にハマり曲になるとやはり……」

やよい「凄いです……」

伊織「響、口開けっ放しになっているわよ」

響「んえ!? あ、ご、ごめん///」

真美「やっぱりミステリアスな魅力があるよね、お姫ちんには」

真「ん~~やっぱりこう言う魅力はボクには出せないなぁ」

雪歩「真ちゃんには真ちゃんの魅力があるから」

美希「雪歩、それちょっと前に真クンに同じような事言われてたよ?」

小鳥「皆違って、皆良いのよ」

亜美「ピヨちゃんがおばあちゃんみたいな事言い出した」


貴音「かざはーーなーー……」


……

パチパチパチパチ

パチパチパチパチ


パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!!!!!


--------------------------------------------------


春香「凄い……凄い拍手」

千早「素晴らしかったもの……」


貴音「皆様、ありがとうございました……」

あずさ「流石ね貴音ちゃん、とっても良かったわぁ」

貴音「お褒めに預かり光栄ですが、言葉の端に余裕が感じられますね」

あずさ「そんな事は無いわよ~、だけど」


千早「それでは白組、最後は、三浦あずさ!!」


あずさ「私、負けるつもりは無いから、うふふ」

貴音「……期待していますよ」


千早「あずささん、曲紹介、お願いします」


あずさ「はい、私が歌う曲は『隣に…』です」


オォオオオオオオオォオオオオオ!!!!


千早「それでは、お願いします」


--------------------------------------------------


あずさ「空にだかれ、雲が流れてく……」


貴音「…………」

伊織「何度も聴いているけども」

亜美「うん、やっぱり凄いね」

響「自分、あずささんが歌ってるの聞いてると、泣きそうになっちゃって……」

雪歩「解る、解るよ、響ちゃん」

真「……」グスッ

やよい「……」グスッ

真美「真美もああ言うの歌えるようになるのかなぁ……」

律子「なるわよ、きっと……」

小鳥「悲恋でも何でもまずは、相手からよね……」

美希「……小鳥が変なスイッチ入ったの」


あずさ「側にいると約束をしたあなたは~~……嘘つきだね~~……」


…………


パチパチ

パチパチパチパチパチパチパチパチ


ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!


--------------------------------------------------


貴音「やはり、適いませんね、あずさには」

あずさ「あら? まだ、解らないわよ?」

貴音「いえ、恐らく……」


春香「いやーーーー凄かったねーーーー!! 千早ちゃん!!」ズビッ!!

千早「春香、涙拭いて、あと鼻水」

春香「うぅ、地上波生放送で鼻かむ事になるなんて」ズビーーーーー

千早「さぁ、最後の集計です」

春香「みなざん!! 準備はよろしいでしょうか!?」

千早「投票タイム、スタート!!」


てってってー てってっててー♪

てってってー てってっててー♪

じゃかじゃん♪



 47%    53%
 【貴音】   【あずさ】 



春香「っっっっっっ!!!! 出ました!!!!」

千早「白組勝利!! と言う事は!!!!」

春香「赤組、2勝1分け3敗っっっっ!!」

千早「白組、3勝1分け2敗で!! 白組の勝利です!!!!」


ワーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!


貴音「…………やはり、でしたね」

あずさ「うふふ、勝たせてもらっちゃったわ」

貴音「次は、勝ちますよ、あずさ」

あずさ「私がアイドルで居る内にお願いね?」

貴音「ふふ……でしたら大丈夫そうですね」

あずさ「あーー!! 何気に酷い!!」


--------------------------------------------------


春香「はーーーー負けかー」


亜美「ちょっと待ったー!!!!」

伊織「まだ、終わりじゃないでしょ? にひひ」

あずさ「そうよぉ、二人とも」

響「リーダーが歌わないでどうするんだ?」

雪歩「だよねぇ」

やよい「うっうー!! 最高のクライマックスですー!!」


千早「え? で、でも私達は……」


小鳥「私に歌わせといて二人が歌わないのは無しでしょ」(真顔)

真美「リーダーは勝ったほうが1億勝の価値があるってのはお約束っしょー!!」

貴音「春香、敵討ちををお願いしますよ」

律子「貴女達だって、曲、決めてあるんでしょ?」

真「さぁ、千早、春香、前に出て出て!!」

美希「皆が待ってるのーー!!」


--------------------------------------------------


真美「とーーーーーー言う事でーーーーーーー!!!!」

亜美「1億ポイントをかけた最終戦!! 先攻は白組のリーダー!! きーさらぎーーーちはやーーーー!!!!」


ワァァアアアアアアアァアアアアアアアアアアアアァアアアア!!!!!


千早「え、えぇっと、このような機会を頂き、大変嬉しく思います」

千早「今から歌う曲は、私の命である声が出なくなった時、ここに居る皆が書いてくれた曲」

千早「私の、私の宝物の1曲です」

千早「それでは、聞いて下さい」



千早「約束」



--------------------------------------------------


千早「……ねぇ、今、見つめているよ、離れていても」


……

…………

………………


--------------------------------------------------


春香「千早ちゃん、受け取ったよ」

千早「春香、最後、お願いね」

春香「千早ちゃんが締めくくるなら、私は突き抜けちゃおうかな!!」

千早「ええ、それが、春香らしいわね」




亜美・真美「」グスグス

美希「亜美と真美が千早さんの約束にやられちゃったから、最後のアイドルは美希が紹介するね?」

美希「765プロの永遠のアイドル!! 天海春香なのーーーー!!!!」


春香「みなさーーーーーーん!!!!」


春香「天海春香ですよ!! 天海春香ーーーーーーーー!!!!!!」


イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!!!


春香「少し早いですけど!! 新年に向けて、この曲を歌います!!」

春香「聴いてください!!!!」



春香「START!!」



--------------------------------------------------


春香「ラララ♪ お出かけ♪って転んじゃった♪ だ・け・ど、さぁ起きてGO!!!!」


……

…………

………………


--------------------------------------------------


春香「ありがとーーーーーーー!!!!」


ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!


亜美「さてさて~!!」

真美「全ての曲が終わりましたな!!」

伊織「投票ももう済んでるらしいわよ?」

律子「泣いても笑っても、あの電光掲示板に出た数値で勝者が決まるって事ね!!」

あずさ「あらあら!! 皆さん、新年1分前ですってぇ!!」

響「カウントダウンして新年になったと同時に結果出せば良いんじゃないか?」

真「響ぃ!! それナイスアイデアだよ!!」

雪歩「うん!! 素敵だと思う!!」

美希「決まりなのーーーー!!!!」

やよい「うっうーー!! たーのしみですぅー!!」

貴音「残り30秒をきりましたね」

小鳥「あわわ!! 皆並んで並んで!! 準備準備」


千早「さぁ、春香、隣に」

春香「……うんっ!! 千早ちゃん!!」


--------------------------------------------------


小鳥「14!!」

律子「13!!」

あずさ「12!!」

貴音「11!!」

響「10!!」

美希「9!!」

亜美「8!!」

真美「7!!」

やよい「6!!」

伊織「5!!」

雪歩「4!!」

真「3!!」

千早「2!!」

春香「1!!」



「「「「「「「「「「「「「「さぁ、結果は!!!!」」」」」」」」」」」」」」


--------------------------------------------------





  千早     祭り
 【春香】   【千早】 









千早「…………え」


--------------------------------------------------


Qあの時、それからはどうだったんですか?

I「どうもこうも無いわよ、客席が一瞬にしてブルーのサイリウムにうめつくされたのよ」

Y「千早ちゃん型の気球とか、ねぶたとか一杯出てきてね」

M「どこにこんな人居たの? って言うくらい人が出てきたよね、びっくりしたよボクは」

A「全国でタイプブーイングしたって話でしょ?」

A「それは、ライブビューイングじゃないかしらぁ?」

T「千早ですか? 「やられた」って顔してうなだれてましたね」

Y「あんなうなだれた千早さん見たのは初めてでしたぁ」

M「すぐにバベルの塔みたいな所のテッペンに運ばれて、神のように祭られたけどね」

H「1日の朝5時くらいまでお祭り状態だったんだぞ……自分達、1日からも仕事あったのに……」

M「でも、お祭りは、楽しかったの~」

K「春香ちゃんなんて、誰よりもはしゃいでたものね~」

Y「え? 主犯の二人は? ですか?」


--------------------------------------------------


P「なぁ、機嫌直してってちーちゃん」

春香「私達は千早ちゃんをお祝いしたくて」

千早「着いて来ないで」

P「お願いだってちーちゃん!!」

春香「やりすぎたのは謝るから!!」

千早「じゃあ、もう二度と「千早祭り」をしないって誓える?」

P「それは…………ゴニョゴニョゴニョゴニョ」

春香「ねぇ? プロデューサーさん? それはねぇ?」

千早「絶対許さない!!」

P「わーーー!!!! ごめん!! ちーちゃん!! 本当に何でもするから!!」

春香「私も!! 私も何でもするからぁ!!」

千早「……何でもって言った?」

P「言った言った!!」

春香「約束する!! 約束だけに、なんちて」

P「おう、バカリボン」

春香「ごめんて……」

千早「じゃあ、一つだけ約束して下さい」

P・春香「約束?」


--------------------------------------------------


千早「プロデューサーは、私達を絶対にトップアイドルにするって」



千早「春香はトップアイドルの中でもナンバーワンアイドルになるって」



千早「二人とも約束できるなら許してあげます」



P「…………ちーはーやーーーーーー!!!!!」

春香「だからちーちゃん大好きーーーーー!!!!!」


千早「うわっ!! 抱きつかないで下さい!! プロデューサー!! 警察に言いますよ!!」


P「ちーちゃん良い匂い」クンカクンカ

春香「千早ちゃん生まれたての赤ちゃんみたいな匂いする」クンカクンカ

P「かいだ事あんのかよぅ」クンカクンカ

春香「想像ですよぅ」クンカクンカ



千早「もう二人とも!! やっぱり絶対に許しませーーーーん!!!!!!!!」



--------------------------------------------------



千早祭りとは?
  765プロで毎月行われている千早をわっしょいするテロイベントである 

参考リンク:巧さん 秋のはるちは祭 - Togetterまとめ