一週間なんてホントにあっという間。
今日は1月5日。つまり、ボクの仕事始め。

「新年一発目だ!気合い入れていけ!」

なんて父さんは言うけど、やっぱり布団が恋しい。

「真ちゃん、おはよう」

「おはよう雪歩」

事務所で出迎えてくれた雪歩は、もう気合い十分って感じ。

「みんなはまだ?」

「うん。真ちゃんが二番のり」

一番はもちろん私だよ、って言いながら笑ってる雪歩を見て、少しだけやる気が出てきた。

「あ、そうだ」

そう言って軽くお辞儀をした雪歩。

「どしたの?」

「えへへー」

今年もよろしくね、真ちゃん。

照れたように言ったあと、もう一回お辞儀。

「…うん。こちらこそ、よろしくね、雪歩」

ボクもお辞儀を返す。

時計の針はもうすぐ13時。
そしてボクたちの今年が始まる。