ザワザワザワザワ

カンカンッ!!



亜美「静粛に静粛に!!」

亜美「四条検事、諸星きらりさんとは連絡は取れましたかな?」


貴音「……はい」


律子(よしっ!!)


亜美「それで結果はいかがでしたかな?」


貴音「その……非常に個性的な言語体系をお持ちの方で……」

貴音「えーー……」


貴音「き、きらきらきらりんどぇ~す☆


律子「!?」

亜美「!?」

春香「!?」

杏「……あ~、似てる似てる」


貴音「と、ともかく!! 終始このような感じでありまして……その///」

亜美「それで、確認は取れたのですか?」

貴音「よ、要約しましょう」

貴音「まず、証人との仲ですが」


貴音「え~……う、うるとら☆すぺしゃる☆ハピハピふれんどにぃ~☆


貴音「と、との事でして……///」


律子「……貴音」

亜美「……四条検事」

春香「ちょっと……可愛い

杏「似てる似てる」


貴音「つ、つまり、非常に友好的な関係であったとされます!!」


杏「向こうが勝手に思ってるだけだよ~も~」


律子『待った!!』


律子「双葉さんがそう思っていても……」

律子「諸星さんは貴女の事をうるとら☆すぺしゃる☆ハピハピふれんど☆

律子「と、思っているみたいですね!!」

杏「うえ~……めいわく~……」

亜美「それでそのうるとら☆すぺしゃる☆ハピハピふれんど☆の諸星さんと」

亜美「一緒に台本を見た、と言う事実はあったのでしょうか」


貴音「…………ありました」


律子(いよっっし!!)

貴音「諸星きらりは飴を餌に双葉杏を部屋に招待する事が多かったらしく」

杏「あに~!!」

貴音「今回の番組の内容と台本をすべて双葉杏に話しており」

貴音「台本も確かに見せた……との事でした」


律子「よしよしよしよし、いよーーし!!!!」


亜美「弁護人、少し喜びすぎですぞ」

律子「あ、す、すいません!!」ニヘヘ
(ここで喜ばずしていつ喜ぶのよ!!)

律子「ともかく!!」

律子「これで、双葉さんのアリバイは崩れた事となります!!」

律子「犯行を行えた人物が二人以上いるのであれば!!」



律子「まだ!!天海春香さんに判決を出すべきではありません!!



亜美「ふぅむ、まったくその通りですな」

律子(状況はイーブン……ここからよ!!)



『待った!!』



律子「!?」

亜美「!?」

春香「!?」

貴音「……」


杏「ちょっとさ~……」

杏「え? 何? もしかして杏が疑われているの?


律子「……天海さんを弁護する立場である以上」

律子「弁護側は……そう考えます」


杏「ん~~…………」

杏「それってさ……杏を【告発】するって事?」


律子「!!」
(強い言葉を使って、私を怯ませようって事……っ?)

律子(この子……私が思っているよりもしたたかなのかも……)


亜美「どうなのですかな?弁護人」

亜美「弁護人は双葉杏さんをこの事件の容疑者として」

亜美「告発すると考えてよろしいのでしょうか?」


律子「…………」
(ここまできたら、真犯人は双葉さんしか考えられない)

律子(ならば……進むのみ!!)



律子「裁判長!!」バンッ!!



律子「弁護側は、双葉杏さんを……」

律子「千川ちひろさん殺害の容疑で…………」



律子「告発しますっっ!!!!



ザワザワザワザワザワザワザワザワ



カンカンカンッ!!



亜美「静粛に!!静粛に~!!」

貴音「……ふっ」

杏「……ふーん」

亜美「こ、これは大事になってきました……っ!!」


貴音「……律子」


律子「……!!」


貴音「ようやく対等な立場までもってきましたね」

律子「あら? 待っててくれたって事?」

貴音「こうでなければ」バンッ!!


貴音「面白くない!!」


杏「……ねぇねぇ? 検事さんって杏の味方じゃないの?」

貴音「わたくしは、いつでも」


貴音「真実の、味方です」


杏「ふ~ん」

貴音「とは言え、天海春香の容疑が晴れたわけではない

貴音「そう言う意味では、貴女の味方ではありますよ」

杏「……まぁ、ど~でもい~んだけどね~」


亜美「ふぅむ、本法廷は、天海春香さん、双葉杏さん」

亜美「どちらが千川ちひろさんを殺害したかを審議する場となったようです」


律子「裁判長!!」バンッ!!

亜美「ほ?何ですかな?弁護人」

律子「私は証人に死亡推定時刻の行動と死体発見までの行動」

律子「その証言を要請します!!」

亜美「ふむ、私も必要と考えますが、如何ですかな? 証人」

杏「え~めんどくさ~……と、言いたいけど」

杏「い~よ~早く帰りたいし、ね」

律子(余裕の表情……か)

律子(まだ何か隠し持っているのかしら……)



尋問開始 【死亡推定時刻から死体発見まで】



杏「あの日は15時から15時30分くらまで部屋でテレビ見ていて~」


律子『待った!!』


律子「その前提は先ほど崩れたはずです!!」バンッ

杏「あのさぁ……崩したのは可能性でしょ?」

律子「と、言いますと?」

貴音「番組を見てい無くても説明できたと言う可能性は示唆したが」

貴音「番組を見てい無かった証拠はあるのか……と言う事です」

律子「ぐ…ぐぅ……あ、ありません」

杏「当然だよね~杏は本当にテレビ見てたんだもん」


杏「番組が終わったあたりかな?ちひろに呼ばれてた事を思い出したんだよね」

杏「それで慌ててちひろの部屋に向かったわけ」


律子『待った!!』


律子「慌てて?約束の時間は何時だったんですか?」

杏「ん~~……15時30分だったかな」

律子「ふむ……遅刻しそうだった、と言う事ですね」

杏「ちひろ怒ると怖いからさ~」

律子(現段階でこの証言のムジュンを突くのは……無理そうね)

杏「続けるよ?」

律子「……はい、お願いします」


杏「急いで向かったんだけど、杏の部屋は三階でちひろの部屋は一階でしょ?」

杏「エレベーターが運良く三階にあったとしても5分はかかっちゃうんだよ~」

律子「千川さんの部屋には最短でも5分かかる……わけですね」

杏「そうそう、それでテレビ見終わったら15時26分じゃない?」

杏「だから急いだってわけ」

律子(……まぁ、この時点でおかしな発言はないか)

杏「で、ちひろの部屋に言ったらドアが空いているからさ、おかしいと思って」

杏「覗いてみたら、血塗れの天海さんと倒れているちひろが居たから」

杏「思わず叫んだんだよね~、ヒトゴロシ!!って」


亜美「……ふむ、血塗れの被告と倒れた被害者、ですか」


貴音「そう、そして、双葉杏には無く、天海春香にはある」

貴音「決定的な証拠があるのです」



律子『待った!!』



律子「両者の立場はイーブンなはずです!!」バンッ!!



貴音『異議あり!!』



貴音「…………律子、貴女は馬鹿なのですか?」

律子「は…………はぁああああ!?」

貴音「天海春香にはあり、双葉杏にはない現場の痕跡」


貴音「それは、指紋です」


律子「あ……」

律子「わ、忘れてたぁああああああ!!!!!!
(そ、そうでしたね)


亜美「弁護人! 心の声と実際の声が逆ですぞ!!」

貴音「凶器に指紋が残っている以上、犯行が行えたのは被告だけ」


律子『異議あり!!』


律子「て、手袋をすれば!!」


貴音『異議あり!!』


貴音「この審議中、何度も言いました」

貴音「この殺人は、突発性の物と!!」

貴音「まさか律子は、この自堕落の塊のような双葉杏が」

杏「……自堕落の塊?」

貴音「普段、手袋をつけていると言うのですか!?」


律子「そ…………」

律子「そうでしたぁあああああ!!!!」


亜美「ふむ、先ほどとは打って変わってボロボロですな弁護人」


律子(ぐぬぅうううううう!! く、悔しいぃ!!!!)


貴音「現場から双葉杏の指紋が検出されたのは、このマグカップだけですが……」

貴音「現場検証の際、あろう事かこの双葉杏」

貴音「これ、杏のカップじゃんと言って指紋検出前に触ってしまったのです……」


律子『待った!!』


律子「ちょ、ちょっと……その行動、怪しすぎませんか!?」

貴音「それを許してしまった落ち度は素直に認めます……」

亜美「ふぅむ、困ったものですな」

杏「ごめんちゃ~い」

律子(くぅ……シレッと……言うわね!!)



カンッ



亜美「それでは弁護人、今の証言から問題とされる部分はありますか」

律子「そうですね……」
(一見スジが通っているように聴こえるけど……)

律子(……嘘を付いている以上、どこかにゆがみが発生しているはず)

律子「双葉さん」

杏「んあ~?」


【杏「んで覗いてみたら、血塗れの天海さんと倒れているちひろが居たから」】


律子「こちらなのですが、もう少し詳しく解りますか?」

杏「ん~~…………めんどく」

貴音「」バンッ!!

杏「あ、あの、杏もさ、死体は怖かったからあんまり直視できなかったんだけどさ」

杏「呆然と立ち尽くす天海さんと」

杏「血溜りの中ちひろが仰向けに倒れてたんだよ」

杏「背中の傷も痛々しかったなぁ」



律子(……背中のっ!!??)



律子『異議あり!!』



律子「双葉さん……今の発言、大変問題です」

杏「……?」

亜美「そ、そうですか?」

貴音「双葉杏の発言にムジュンがあると言うのですか?」

律子「いえ、です」

亜美「逆?」

貴音「……」

亜美「ふぅむ、弁護人には何か考えがあるようですね」

亜美「私達にも解るように説明していただけますかな?」


律子「被害者は仰向けに倒れていた」

律子「そして背中の傷が痛々しかった」

律子「杏さん」バンッ!!


杏「な、なに?」


律子「仰向けの遺体なのに、なぜ背中の傷の様子が言えたのですか?」


杏「……あ」


亜美「……あ」


貴音「……ふむ」


杏「あぁあああああああああ!!」


律子「確かに解剖記録には【背中を刺された】とあります」


律子「しかし、双葉さんは先ほどこちらに召還されたばかりでこの記載は見てません


律子「仰向けの死体を見て、どうして背中の傷と思ったのですか!!」


杏「め、めんどくさいなぁ、えっとあの……」

杏「説明するのがめんどくさいって理由じゃダメ?」



律子『異議あり!!』



律子「ダメに、決まってるでしょ!!」バンッ



貴音『異議あり!!』



貴音「遺体の傷は、背中から胸にかけ、貫通していました」

律子「!!」

貴音「その傷を見て、背中から刺された…と思っても仕方ない事でしょう」



律子『異議あり!!』



律子「そ、そんな理屈! 通るわけが!!」

杏「いや~……四条さんだっけ?」

杏「解ってるわ~」

律子「ま、まさか……」

杏「そうなんだよねー凶器はガッツリ貫通してたじゃん?」

律子(……!!)

貴音(……?)

亜美「そうですな、解剖記録にも背中から胸に向かい貫通していたとありますし」

杏「アレみたら背中からってすぐわかるよね~」

律子(……双葉さん……証拠品はみてないわよね……)

貴音「………………???」

律子(どうしよう……指摘するところかしら)

貴音「……証人」

杏「んあ?」


貴音「貴女……自身の発言に嘘は無いと誓えますか?


杏「……当然じゃん」

杏「こんな所で嘘吐くほど空気読めてない子じゃないよ~」

律子(……い、いけしゃあしゃあと、よくも…っ!!)

貴音「そう……ですか……失礼しました」

律子(ん……何となく、流れちゃったわね……まぁ……いいか?)



貴音「もし、もし、だれか?」パンパン



亜美「し、四条検事、突然なんですかな?」


貴音「いえ、ちょっと調べ物の依頼です」

警察「は、どうされましたか?四条検事」

貴音「……、………」

警察「え!?」

貴音「責任はわたくしがもちます、よろしくお願いしますよ」

警察「は、はぁ……解りました!!」

貴音「それではよしなに……」


貴音「……………………失礼しました」

亜美「い、いえ、検察は本件に集中するように、お願いします」

貴音「……重ね重ね、申し訳ございません」


律子「……」
(貴音も気付いたみたいだけど……)

律子(今は別の方向から攻めるべきね……)


律子「裁判長」バンッ!!


亜美「ほ、な、なんですかな?」

律子「証人の発言に曖昧な点がある以上」

律子「弁護側は、証人に質問をする権利があると考えます!!」

杏「うえ~~……めんどくさ……」

亜美「う、うむ、そうですな」

亜美「検察側は何か問題がありますかな?」


貴音「……いいえ、ありません」


律子「それでは」



貴音『待った!!』



律子「……え?」

貴音「ただし、質問は一つとさせていただきます」

律子「え……た、たった一つだけ……ですか?」

貴音「凶器への指紋と言う決定的な証拠がある状況で」

貴音「弁護人の我侭のみで審議は長引いているのです」

貴音「ちゃんすは……一度きり……ですよ」

律子「……ぐっ!!」
(な、何よ、貴音の……ケチンボ!!)



カンッ!!



亜美「それでは弁護人、準備はよろしいですかな?」

律子(たった一つの質問で双葉さんが現場に居た事を証明する……)

律子(そんな事……出来るのかしら)

亜美「時間です、弁護人」

亜美「証人に質問する事とは、何でしょうか」



律子「……証人」



杏「……な~に~?」



律子「……天海さんを発見した後の貴女の行動について」

律子「……証言してください!!」



貴音『待った!!』



貴音「質問は一つと言ったはずです!!」

律子「あら?私は一つしか質問してないわよ」


律子「天海さんを発見した後の貴女の行動……ってね」


貴音「ぐ……屁理屈を……」

杏「別にい~よ~」


律子(……食いついた……か)


杏「だって杏は犯人じゃないんだもん、話せない事なんて無いしね~」

杏「めんどくさいけど……」

律子「それでは……お願いします!!」



尋問開始 【春香を発見した後】



杏「変な【工作】されても困るからさ~」

杏「とりあえず部屋から出るように言ったんだ~」

杏「後は警察が来るまでずっと天海さんを見張ってたよ~」



亜美「ほう!!それはなんとも勇敢な行動!!」

貴音「ヒトゴロシ……に対してその行動、大した度胸です」

杏「ほらさぁ」

杏「杏の中のゴーストがささやいたんだよねぇ」


杏「悪を許しちゃ……いけないよ!! ってね!! どやぁ☆


律子(春香との発言とも一致する……わね)

律子「被告人」


春香「あ、は、はい」


杏「あ、居たんだ天海さん」

律子「先ほどの双葉さんの発言に間違いはありますか?」

春香「あ……いえ、双葉さんの……言った通りです」


貴音「ふ……律子……どうやら、たった一度のちゃんす……」


貴音「貴女は生かせなかったようですね!!」


亜美「ふむ、証言の食い違いは無い事が他ならぬ被告人から証明されてしまいましたからね」



律子『待った!!』



律子「チャンスを生かせなかった?」

律子「馬鹿を言っちゃあいけません」

貴音「!?」

律子「双葉さんの発言が真実だとしたら」


律子「どうしても【おかしい事実】が発覚するのです!!」


貴音「おかしい事実?」

亜美「ふむ、私にはおかしい点は見受けられませんが……」

律子「双葉さん」

杏「な、な~に~?」

律子「もう一度聞きます」


律子「貴女は、天海さんを発見した後

律子「天海さんを部屋の外に誘導し

律子「警察が来るまで見張っていた

律子「以上ですね?」


杏「そ、そうだよ、何度も言わせないでよ」


律子「それ以外の事はしていないですか?」

律子「例えば天海さんと言葉を交わした等はありませんでしたか?」


杏「い、いや、早く出てとかしか……」


律子「被告」

春香「は、はい」

律子「証人と何か言葉を交わしましたか?」

春香「い、いえ、ずっと無言で見張られてました」


律子「…………結構です」


貴音「回りくどいですね律子……」

亜美「そうですぞぅ! 一体何が問題だというのです?」


律子「証人」


杏「……何さ?」


律子「貴女は、なぜ」



律子「警察が来る……と解ったのでしょうか?」



貴音「!!」

亜美「………あ!!」

杏「…………!!!!」



律子「一連の行動には、大事なピースが一つ抜けています



律子「それは……警察、救急への……連絡です!!!!」



貴音「……め」


貴音「面妖な……っ


亜美「た、確かに!! もし天海さんが警察に通報してなかったら

亜美「何時間でも天海さんを見張り続けるという滑稽な状況に!!」

杏「……」

律子「言葉も交わさず、状況だけで被告を部屋の外に出し」

律子「あなたは被告をヒトゴロシと言ったそうですが」

律子「果たしてヒトゴロシは人を殺した後

律子「警察に自ら連絡をするでしょうか?

杏「う……く……」

律子「おかしいですね、双葉さん」



杏「……っ!!」


律子「さぁ!! 納得のいく回答をお願いします!!」

律子「貴女は!! なぜ!! 警察が来ると思っていたのですか!?」





杏「……めんどくさ」





貴音「……っ!?」


亜美「え?」


律子「……はっ!?」





杏「あ~~~~~~~~も~~~~~~~~





杏「めんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさい!!!!





杏「うるっさいな~もう!!!!!!!!!!!!!





杏「それってさ!!!!???? そんなに問題かな!!!!????





貴音「双葉杏……それが、貴女のまことの姿……ですか」


亜美「え、偉い変わりようですね……」


律子(やっと化けの皮が……はがれたわね……っ!!)


杏「めんどくさいから言ってなかっただけだよ」

杏「それをネチネチネチネチさー!!!!!!!!」

杏「もっと他にやること無いの!!??」

杏「ニートの方がもっと有意義に時間使ってんじゃないのぉ!? どやぁ☆」


律子「……言ってなかった、とは?」


杏「見てたんだよね、実は」


杏「天海さんがさ~ちひろの部屋の電話で連絡してるの


杏「陰から、ひっそりとさ「もしもし? 警察ですか?」って言ってる所をさ!!」


律子「……なるほど、そうであればスジは通りますね」

亜美「証人、証言台に立った以上、発言は正確にお願いしますぞ」

杏「はいは~い!! ごめんなちゃ~い!!」

亜美「むぐっ!! に、憎たらしい……っ!!」


律子「……四条検事、天海さんから警察への入電は?」


貴音「…………15時25分


律子「裁判長、覚えていますか?ドキッ巨人アイドルの進撃レポートの放送時間」


亜美「えっと、確か15時~15時26分……おや?」


律子「双葉さん重ねて質問ですが」


律子「あなたは当日【ご自身の部屋】でテレビを見ていた、そうですね?」


杏「…そうだけど?」

律子「ご自身でおっしゃいました」



【杏「エレベーターが運良く三階にあったとしても5分はかかっちゃうんだよ~」】



杏「……だから……なに?」

律子「テレビを最初から最後まで見ていた……この事実は嘘……ですね」

貴音「確かに、瞬間移動でもしない限り」

貴音「天海春香の警察への連絡は見れなかった……」


杏「…………え、あ! あれ!?」


亜美「ふむぅ?証人?」

杏「……さ、最後の少しだけを見たの!!」

杏「テレビが終わって、急いで管理人室へ行ったら」

杏「丁度天海さんが電話を切る所が見えたの!!」

杏「それで、あぁ、警察に電話をしてたんだって……」


律子『異議あり!!』


律子「ほんの少し前ですよ?」


【杏「陰から、ひっそりとさ「もしもし? 警察ですか?」って言ってる所をさ!!」】


律子「貴女がそう言ったのは!!」バンッ!!

杏「お、思い違いだったんだよ!!」

律子「この短時間で何度も嘘をついていますね、双葉さん」



杏「な、何だよ……まだ疑ってるわけ!?」



杏「じゃあさ!! 証拠だしてみなよ!!」



杏「杏がちひろを殺した!! 決定的な証拠をさ!!!!」



律子「それは……ありません

杏「ほら!! 出来ないんじゃん!! あっはっはっはっは!!」


杏「それじゃあ、天海さんが犯人で決定だね!! どやぁ☆」


春香「っっ」


律子「そう……ですね」


春香「り、律子さ……」


律子「ですがっ!!」バンッ!!


杏「っ!?」


律子「……ですが、天海さんに【犯行が不可能だった事】は……証明できます」

杏「……な、何っ!?」

亜美「ほ、本当ですかな?弁護人」

貴音「………………」

律子「……私はここまで、貴女のアリバイを崩す事に尽力してきました」

律子「物的証拠は提示できませんが、貴女の証言から」



律子「貴女は犯行を行うことが出来たと言う可能性と」



律子「貴女の言動は信用出来ないと言う確証を得ました」



杏「……」

亜美「ふぅむ、確かに」

亜美「証人の発言は嘘ばかりですからなぁ」

律子「では逆に……」


律子「双葉杏!!!!」


杏「……なんだよ」


律子「貴女を守る最後の嘘の鎧


律子「天海春香の犯行


律子「これを……」





律子「粉々に!! 砕いてみせます!!!!





法廷記録を残しますか?




 
次の法廷記録【逆転裁m@s 第1話 逆転リボン 解決編