765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧



ピポッピポッピポッ ポーーーーン

雪歩「雪歩と」

真美「真の!!」

雪歩・真美「オールナイト765~!!」



パチパチパチパチパチパチ



雪歩「毎週木曜夜2:50、ブーブーエスレイディオスタジオから全国生放送でお送りしていますAN7」

真美「ラジオ曲上げてのスペシャルウィークって事でAN7ではいつものまこちん、ゆきぴょんの他に765プロアイドルから一名ゲストを呼んじゃってるらしいよ~」

雪歩「と言うわけでこんばんは、真美ちゃん」

真美「こんばんはゆきぴょん」

雪歩「ラジオじゃなくてレイディオだからね」

真美「のっけからだねww」

雪歩「ゲスト」

真美「だね」

雪歩「よろしく」

真美「何、この感じwwよろしくwwって言うかまこちんは?」

雪歩「先週私がお休みしたじゃない?」

真美「あー兄ちゃんの通達ミスのやつ?」

雪歩「うん、アレがあったから、今週はボクが休むとか言ってさ」

真美「何でソレが許されるwww大事故だよww」

雪歩「私も「ならばしょうがない」って言ったよね」

真美「何でだよwwwwしょうがない事なんてあるかwww!!」

雪歩「これで貸し借り無しだよ、って言ったよね」

真美「言ったよね押しで通る問題じゃねぇよwwww」

雪歩「そしたらディレクターも「そう言う事ならば」って言ったよね」

真美「あのさ?この番組でのまこちんとゆきぴょんってさ、神か何かなのかなwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「いや~しかし、アレだね」

真美「うんwww」

雪歩「ダルい」

真美「がんばってwww始まったばかりだからwww」

雪歩「と言うか、真美ちゃん」

真美「はいww」

雪歩「なんと言うか、その、何て言ったっけ?真美ちゃんと響ちゃんのあのしょーもない番組」

真美「しょーもないwwwwえ?【TOKYOMIDNIGHT!!】の事?」

雪歩「そう、それ、正直ね、そのテンションのままこられたら、キツイ、困る」

真美「困るとかwwww正直すぎるwwwwwwどしたゆきぴょん?そんな人じゃないでしょwwww?」

雪歩「そのヤイヤイ感って言うのかな?耳に辛い」

真美「悪かったよwwwもうちょいテンション落としていくよwww」

雪歩「それはそれで困るんだけどね」

真美「どうすりゃ良いんだよww自由か!!王様か!!ゆきぴょんは!!」

雪歩「どっちかと言うと王女様だよね、私、女だし」

真美「うるせーよww!!」


--------------------------------------------------


雪歩「まぁまぁ、今回はね、録音だから」

真美「言っちゃダメなアレじゃないの?それww」

雪歩「今、金曜日の16時30分くらいだからね」

真美「言っちゃダメなアレじゃないの?それwwwww」

雪歩「若干小腹空いた感あるよね」

真美「お菓子あるんじゃないの?ほら、ぽたぽた焼き」

雪歩「あ~」

真美「どしたの?」

雪歩「私、甘い煎餅の存在意義がわからない」

真美「危ないってwwテレビに出てる人なんだからさwwwwそう言う事言っちゃダメだってwww」

雪歩「ぽたぽた焼きはまだ良いよ」

真美「うん」

雪歩「なんだろ、あの、砂糖?砂糖が結晶化したやつ、なんて言ったっけ?」

真美「え~?何?……ザラメ?ザラメって言うの?よかったねゆきぴょん、構成さんが教えてくれたよww」

雪歩「あ、今、その「砂糖は元々結晶です」って言う、構成の余計な一言で完全にやる気を無くした」

真美「扱い難い~~wwwwwこの番組のゆきぴょん面倒くさ過ぎる~~wwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「…………」

真美「…………ww」

雪歩「…………」

真美「………………放送事故だよww!!リアルに黙っちゃったよwwww!!!!」

雪歩「砂糖は元々結晶ですの件を正式な場で謝罪しない限りは喋るつもりは無いからね」

真美「ほら、構成さんもさ?「結晶化された物を大きく結晶化させた物がザラメ」って言って謝ってるじゃん?」

雪歩「じゃあ私の言った事も間違ってないわけじゃない?」

真美「まぁ、ねww」

雪歩「正式に謝罪を頂くまではテコでも動く気は無い」

真美「仕事だろwww何言ってんだwwのっけからの暴君っぷりに流石の真美も驚きを微塵も隠せないよww」

雪歩「…………」

真美「真美ね、今凄いの見てる、構成さんがね、ブース越しに土下座してんだもんwwこれは無いよ~ww」

雪歩「ちょっとやりすぎたww」

真美「テヘッみたいなテンションなら許されるとかそう言うアレじゃないよwwもう」


--------------------------------------------------


雪歩「で、ザラメ煎餅」

真美「まだこの話するの!!??」

雪歩「始まってもいなかったからね、誰かさんのせいで」

真美「90%以上はゆきぴょんのせいだったけどねww」

雪歩「アレを好きな人世の中に居るの?」

真美「居るよww!!謝れ!!ザラメ煎餅職人に全力で謝罪しろww!!!!」

雪歩「何かの罰ゲームで作らされているとしか思えない」

真美「どんなだよwwそして何の罰だよww」

雪歩「と言うわけでぽたぽた焼きは食べます」


シャワシャワ パシャ パキッ ボリッ ボーリボーリボーリ
 シャワシャワ パシャ パキッ ボリッ ボーリボーリボーリ


真美「ヤメろww!!何でエコーかけてんだよww!!何を全国にお送りしてんだww!!」

雪歩「きょくいひます」ボリボリボリボリ

真美「ちゃんとしよww?人様の曲をかけるんだからさww?そこはちゃんとしよww?」

雪歩「ふたふまみでジェミー」ボリボリボリボリ

真美「私のかーーい!!!!」



オ~~ルナ~イ765~~♪



--------------------------------------------------



オ~~ルナイト7~6~5~♪



雪歩「はがき、来てます」

真美「兄ちゃん、姉ちゃん、ありがとうね~!!」

雪歩「京都府 ラジオネーム【ボクはオカマです】さんから」

真美「オカマもオナベも皆ありがとなww!!」

雪歩「真美ちゃんにお願いがあります」

真美「何でも聞いちゃうよ~!!」

雪歩「品行方正なAN7にTMNの下劣な空気流さないで下さい」

真美「うるせー!!ばーかww!!」

雪歩「ほんと、ソレ」

真美「だいたい品行方正な番組だったら構成に土下座とかさせねぇってのww」

雪歩「この番組は、マイナスイオンの塊だからね、プラズマクラスタが数秒でぶっ壊れるレベルのTMNの空気はちょっと……」

真美「壊れないよ!!アイドルの若々しいレモンの香りで一杯だよ!!!!」

雪歩「イカ焼きの臭いしかしなそう」

真美「ヤメろww!!ちくしょう、何気に聞いてやがるww!!!!」


--------------------------------------------------


真美「いや、しかしさ?」

雪歩「うん」

真美「この番組ってさ、本当にさ、紙のはがきしか受け付けないんだね」

雪歩「良くぞ聞いてくれました」

真美「今時なかなか無いよ?メール禁止って」

雪歩「やっぱりさ、そこは拘りだね」

真美「ん~」

雪歩「字にはその人の心が宿るって言うじゃない?」

真美「なるほど」

雪歩「そういうの、この番組では、大切に……したいんだよね」

真美「ほ~~、いや、これは正直、関心した、何となく解るもん」

雪歩「ほらさ、暖かさとかあるじゃない?わざわざ切手代まで出してくれた、みたいなさ?ほんと、感謝だよ」

真美「いや、ちょっと感動してる、これは見習わないとだよ、真美達も」

雪歩「ただねぇ」

真美「ん?」

雪歩「きったねぇの、この番組のリスナーの字」

真美「wwwwwwwwwwwwww」

雪歩「正直読めないレベルなのが多い、お前ら、ほんと、アレだからね?あんま汚ぇと捨てるからね?」

真美「捨てんなww」

雪歩「ぶっちゃけて言えば後悔してる、メールの方が楽だったなって」

真美「返せww!!真美方面への感動返せww!!ちくしょう!!!!」


--------------------------------------------------


雪歩「コーナー行きます」

真美「ほいきた!!」



雪歩「萩原先生の掘るや、掘らざるや」
トーチャンノタメナラエンヤコラ♪ カーチャンノタメナラエンヤコラ♪



雪歩「えー、このコーナーではリスナーのはがきに題材の対し、私こと萩原雪歩が掘れるか掘れないかを決めるコーナーです」

真美「真美このコーナー好きだよww」

雪歩「今日は、真美ちゃんにやってもらおう」

真美「絶対嫌なんだけどwwww」

雪歩「それでは一枚目のおはがき」

真美「絶対嫌なんだけどーーーーww!!!!」

雪歩「レイディオネーム【写生戦隊ドッピュマン】さんから」

真美「家のリスナーじゃねかwwww」

雪歩「酷いレイディオネームだよ」

真美「本当にごめんなさいww」

雪歩「兄のけつ」

真美「wwwwwwwwwwwwwwwww」

雪歩「真美先生、これは掘るや、掘らざるや」


ザックザックザックザックザックザック チーン


真美「掘ります!!」

雪歩「何で?」

真美「ヤメろww!!こういうコーナーで一番言っちゃいけない単語をイキナリぶっこむな!!」


--------------------------------------------------


雪歩「と言うかアレだね」

真美「何?」

雪歩「ほんっっっっと酷い、TOKYOMIDNIGHT!!のリスナー」

真美「何でさww」

雪歩「はがき買ってさ?切手買うでしょ?で住所とレイディオネーム書いてね?郵便ポストまで投函しに行く、まぁまぁそこそこの労力ですよ」

真美「うんww」

雪歩「で、はがきの裏みたら【兄のケツ】の4文字だからね、もう救急車だよ、黄色い」

真美「wwwwwwwwwwww」

雪歩「前から糞だ糞だとは思ってたけど酷いね、糞のミルフィーユだよ」

真美「言わしてもらうけどなwwこの番組も大概だよww!!ちくしょう!!!!」

雪歩「二枚目、行きます」

真美「ゆきぴょんは真美の言う事をほんの少しで良いから意に介せww!!」

雪歩「レイディオネーム【金魚じゃないやナマズだコレ】さんから」

真美「間違えねぇよww」

雪歩「あの日あの時あの場所に置き忘れた夢」

真美「もーーーーーーーーわけ解んない系だよーーーーーーー」

雪歩「真美先生、これは掘るや、掘らざるや」


ザックザックザックザックザックザック チーン


真美「掘ろう!!」

雪歩「お」

真美「僕らはいつまでも見知らぬ二人の、まま、だよ、そのままじゃ」

雪歩「ん?」


--------------------------------------------------


雪歩「真美先生、今のはどう言う?」

真美「良いじゃんか?そこはもうわざわざじゃんか?良いじゃん?ほっといて良い所じゃん?」

雪歩「僕らはいつまでも見知らぬ二人の???」

真美「ほら、あの日、あの時、あの場所でって言ったらさ」

雪歩「はい」

真美「和正小田じゃんか?」

雪歩「???」

真美「……そのラジオで伝わらない感じヤメろww!!くっそ!!やっぱり事故っただけだった!!」

雪歩「はぁ、一曲行きます」

真美「絶対真美は被害者だと思うんだけどなぁww」

雪歩「所ジョージ・【後悔してます】」

真美「うるせぇよwwww!!!!ちくしょう!!!!」



オ~~ルナ~イ765~~♪



--------------------------------------------------



真『アイドルの色々なアレコレを全国へ配信中!!』

雪歩『全力の2割程度の力でお送りしております』

真『いや、ダメだろww』

雪歩『雪歩と真の』

真・雪歩『オールナイト765!!』



真美「そう言えば聞いたよゆきぴょん」

雪歩「そっか」

真美「違うwwそこは「何を?」の流れでしょ?興味持てwwわずかながらでも真美に興味を持てwwww」

雪歩「……何をw?」

真美「ちょっと笑ってんじゃねぇかwwいや、まこちんの握手会だよ」

雪歩「あったね~~そんな事も」

真美「そこそこ最近だよ!!懐かしむレベルの話じゃ無いからね!?って言うかちょっと待って、漫才形式に持ってくのやめないww?」

雪歩「うん、握手会」

真美「行ったんだって?」

雪歩「行きましたよ」

真美「ゆきぴょん周りにバレちゃって大変だったって」

雪歩「バレたね~まさかだった、あぁ言うのを弘法も筆の誤りって言うんだろうね」

真美「意味遠いよ!!ゆきぴょんはスパイか何かか!!どれだけバレない自信あったんだよ!!違うwwだから、わざとボケてるでしょ!?」

雪歩「いやもう真美ちゃんがグイグイだからね業界的にはイグイグだから」

真美「私のせいか~~い!!それにイグイグなんて言わないよ!!コンビニの成人指定コーナーの漫画か!!」

雪歩「え?真美ちゃん最後の件、どう言う意味?」

真美「ツッコミを掘り起こすなwwほっとけww!!」

雪歩「おぉ、掘り起こすなと掘っとけで、ね、やるなぁ~真美ちゃん」

真美「違っwwwもう!!やめろ!!そういう分析をするな!!う~あ~う~あ~話が進まないよ~!!」

雪歩「ごめんごめんww続けて、どうぞww」


--------------------------------------------------


真美「いや、しかし、自分でCD買ってはがき送って握手会のチケット取ったんでしょ?」

雪歩「うん」

真美「なかなか出来る事じゃないよ~?抽選だし、あのチケットのためにCD沢山買った人も居るって話じゃん」

雪歩「そうだね」

真美「いや、でもさ?まぁ、ここだけ、ここだけのやらしい話させていただいちゃいますとさ?」

雪歩「何?」

真美「いや……こう、チケットをさ?関係者から回してもらったなんてさ?」

雪歩「真美ちゃん」

真美「あ!!ごめん!!ちょっとコレは不謹慎に過ぎた、この場を借りて謝罪させてもらうよゆきぴょん」

雪歩「これはちゃんと言わせて貰うけど、おふざけも大概にしてほしいな」

真美「や、それは……ほんと……ごめんね?ゆきぴょん、真美、ちょっとふざけ過ぎたよ……」

雪歩「ちゃんとCDをプロデューサーから貰って、応募券をプロデューサーに見せて、それでチケット頂きました」

真美「回してんじゃねぇか!!!!それどころかCDすら買ってねぇよ!!!!おーい!!!!とんでもない不正を暴露してっぞー!!!!」

雪歩「www」

真美「だからヤメテってww嘘でしょww漫才やらすな!!!!」

雪歩「うん、ちゃんと買ったし送ったよwwはがきなんて不正が無いように偽名で送ったからね」

真美「それはそれで大問題だよww!!郵便局員も困るわww!!」

雪歩「はーーww真美ちゃんツッコむな~wwww」

真美「ボケ倒すからだろうが!!もう真美の中では向かいに座ってる奴誰だよ状態だよ!!ゆきぴょんじゃねぇだろテメェ!!」

雪歩「wwww」


--------------------------------------------------


真美「歌ったし、握手会もしたんでしょ?」

雪歩「迷惑な話ですよ」

真美「アイドルだろてwwありがたがれww」

雪歩「全然そんなつもりなかったじゃない?」

真美「え?でも歌ったのKosmos,Cosmosだったんでしょ?」

雪歩「うん、まぁ」

真美「まこちんの握手会なのに何でだよ!!ってまこちんは言ってたね~確かに何でだよだよね」

雪歩「私もさ?まさかステージに上がれって言われるとは思ってなかったじゃない?」

真美「流石にバレたのは予想外だったんだ?」

雪歩「うん、予想外、それで急に歌えとか言うから……正直寝耳に水だったよね、凄くビックリした」

真美「まぁまぁ、それは仕方ないよゆきぴょん」

雪歩「で、急いでステージに上がれ~ってなって、もう、私、そう言うの一番ダメだから」

真美「このラジオ聞いていると全然そんな感じしないけど、ゆきぴょん引っ込み思案だしね」

雪歩「たまたま持ってたKosmos,CosmosのCDをスタッフさんに差し出したよね」

真美「確信犯じゃねぇかこのヤロウww!!!!ふざけんな!!!!」

雪歩「真ちゃんだけ新曲とか悔しいじゃない?」

真美「陰湿だよwwゆきぴょんww」

雪歩「凄く生き生き歌っちゃった、あんなに生き生き歌ったの初めてくらいのレベルで」

真美「その勢いはもっと他で生かせww何でまこちんのイベントで生かしてんだよww」

雪歩「リバイバルしないかなぁ」

真美「まこちんのCDの売上を心配しろっ!!」


--------------------------------------------------


真美「はーwwしかしねww改めてね、凄いと思う」

雪歩「何が?」

真美「このゆきぴょんに毎回付き合っているまこちんが」

雪歩「そうでもないよ?」

真美「それゆきぴょんの台詞じゃねぇよwwww!!」

雪歩「大変だもん、真ちゃん毎回テンション高くて」

真美「ゆきぴょんのテンションが低すぎるだけっしょ~ww」

雪歩「深夜3時前にテンション上げろって方がどうかしている」

真美「まぁねぇww」

雪歩「もう今とかも眠いもん」

真美「今日は録音だろうよww!!っざけんなww!!目の前にゲスト居んだぞ!!!!」

雪歩「ww」

真美「真美、もうほっぺたの上が痛いよ……笑い過ぎて……」

雪歩「そんな真美ちゃんにこのコーナー」

真美「え?何?」


雪歩「侘び寂びの世界」
チャン♪チャララララララン♪チャン♪チャララララララン♪ ホーーエーー♪


真美「わ~~~~、コレか~~~~wwww」


--------------------------------------------------


雪歩「このコーナーはリスナーから送られた俳句に対して侘び寂びの割合を決めようと言うコーナーです」

真美「このコーナーも謎だよね」

雪歩「真美師匠、よろしくお願いします」

真美「また真美がやんの~?」

雪歩「師匠、お願いします」

真美「まぁ、やらせては頂くよw」

雪歩「それでは一枚目の俳句、歌人【もんでんええねん痴漢砲】さんから」

真美「帰れww」

カコーン!!

雪歩「脚立かな 脚立じゃないかな はしごだわ」

真美「ばーーーーーーーーーかwwww!!!!!」

雪歩「と言う事で真美師匠」

真美「はいww」

雪歩「この歌、何侘び、何寂びでしょうか?」

真美「もうさ、俳句でも何でも無いんだよww!!只の馬鹿なんだもん!!内容がww!!」

雪歩「師匠、何侘び、何寂びでしょうか?」

真美「季語どこだよ!!中一でも知ってんだよ!!」

雪歩「師匠」

真美「……7侘び、9寂びだよ」

雪歩「7侘び9寂び頂きました!!」


--------------------------------------------------


雪歩「師匠、なぜ、この、侘びは7とされたのでしょうか?」

真美「てきとうだよ」

雪歩「ん?」

真美「てきとうだよww」

雪歩「ん?」

真美「…………脚立と言う題材をはしごに落とすと言う物悲しい感じで7侘びとさせていただきました」

雪歩「ほう」

真美「もうちょっと脚立の風合いなんか表現してくれたら9800侘びくらいは上げたかもしれません」

雪歩「あ、師匠、もう良いんで……ほんと、余計な事は…………」

真美「何だよちくしょうww!!!!乗ったらコレだよ!!!!」

雪歩「続きまして、歌人【DLCに払った金が本編の5倍】さんから」

真美「何だろ、耳に痛いね」

カコーン!!

雪歩「これアレだ 所謂アレだ 血尿だ」

真美「病院行け馬鹿ww!!!!」

雪歩「と言う、歌なのです、が」

真美「歌ってる場合じゃないでしょうよ!!病院だよ!!すぐ病院!!」

雪歩「師匠、この歌は何侘び、何寂びでしょうか?」


--------------------------------------------------


真美「侘び寂びの問題じゃないんだよ!!血尿出てんだから病院だよ!!」

雪歩「師匠」

真美「所謂とか言ってる場合じゃないんだって!!そりゃあ本編の5倍も金払えばそうなっちゃうかもしれないけれども!!」

雪歩「師匠」

真美「……59侘び、2寂びだよ」

雪歩「そうですか」

真美「理由聞けよww!!びっくりだよ!!そのバッサリっぷり!!」

雪歩「一曲行きます」

真美「あーーーーーー!!!!!!くっそーーーーーーー!!!!!!!」

雪歩「KAN・【君はうるさい】」

真美「悪かったなーーーwwwwwwwww!!!!!!!!!!!」



オ~~ルナ~イ765~~♪



真美「わーーーーwwwwwwww!!!!!!!!!!」

雪歩「ww」


--------------------------------------------------



春香『マコちゃんいつものやったげて!!』

真『!?OH!!聞きたいかボクの武勇伝!!』

春香『その凄い武勇伝言ったげて!!』

真『ボクの伝説ベスト10!!』

春香『レツゴー!!』

真『ケバブを手刀でそぎ落とす!!』

春香『実は本当に彼女出来ちゃいます!!』

真・春香『武勇伝・武勇伝・武勇デンデンデデンデン』

春香『マコちゃんかっこいー!!』

真『カッキーン!!』



真美「何?今のジングルww」

雪歩「前回のAN7で春香ちゃんと真ちゃんが録った奴だって」

真美「全然番組の宣伝になってないじゃんww」

雪歩「アリかナシかで言ったらメーター振り切ってナイよね」

真美「まったくだよww」

雪歩「おはがき沢山来ています」

真美「兄ちゃん、姉ちゃん、オナベちゃん、オカマちゃん、みんなみんなありがとね~!!」

雪歩「レイディオネーム【雪歩大福2個入り(意味深)】さん」

真美「もちもちだよ~」

雪歩「真美ちゃんうるさい」

真美「くっそwwwwwwwwwwwwww」

雪歩「レイディオネーム【双子ちゃんの大ファン】さん」

真美「嬉しいな~ありがとう~」

雪歩「亜美ちゃん凄く面白い、もっと場を盛り上げてくれ!!」

真美「亜美じゃねぇよ馬鹿ヤロウ!!!!オマエ絶対ファンじゃねぇだろwwww!!!!」

雪歩「他にも「真美ちゃんのスベリ芸がもっと見たい」「真美ちゃん、クスリやってんですか」等沢山いただいてます」

真美「お前ら一人一人今から殴りにいくかんな!!覚えてろよほんっっと!!」


--------------------------------------------------


雪歩「ここでなんと、構成から差し入れが」

真美「まさかのだねw」

雪歩「……………………はぁ~~」

真美「え?何なに?」

雪歩「……」

真美「ザラメ煎餅wwwwかんっっっぜんっっっに仕返しwwww」

雪歩「……」ポリポリポリポリ

真美「うん、でも」ポリポリポリポリ

雪歩「うん、言うほど美味しくなくない」

真美「ね」

雪歩「子供の頃はあんまり好きじゃなかったんだけどな」

真美「そういうのあるよね、昔嫌いだったけど好きになってきたみたいな」

雪歩「まぁもう二度と食わないけどね」

真美「ヤメろwwこのメーカーに謝れ!!今すぐ!!!!」

雪歩「【ピーーーーー】製菓さんすいません」

真美「ほんっっっっと良かったな!!今日が録音でwwww!!!!」


--------------------------------------------------


雪歩「美味しくないと言えば」

真美「美味しくなくはないだろww」

雪歩「それは置いといてね」

真美「あぁ、うん」

雪歩「この前、地方ロケに行った時に定食屋さんに行ったのね」

真美「え?それはロケで?」

雪歩「いや、移動休憩の時」

真美「うん」

雪歩「まぁまぁ、レンガ造りの?小洒落たと言うか、可愛いお店ですよ」

真美「良い感じじゃん」

雪歩「お店の前のガラスケースにちょっと日に褪せた感じの食品サンプルがあって」

真美「時代を感じさせるね」

雪歩「扉にもカランカラ~ンって言うのが付いてて」

真美「良いね、雰囲気が良い」

雪歩「で、そこでポークジンジャー、まぁしょうが焼き定食を頼んだんだけど」

真美「外れが無いね、それは」

雪歩「まーーーーーーーーー美味しくない」

真美「解っていたけどwwww」


--------------------------------------------------


真美「え?マズイの?」

雪歩「マズイんじゃないんだよねぇ、とにかく美味しくないの」

真美「美味しくない」

雪歩「私、元々、美味しさのランクが10あったとしたら」

真美「うん」

雪歩「1がマズイなのね?もう食べると吐いちゃうくらいの物」

真美「じゃあ美味しくないは?」

雪歩「3なんだけど、あのお店は2だね、超美味しくないだね」

真美「え~?だってしょうが焼きでしょ?」

雪歩「そう、その「どうやったらコレを美味しくなく作れるの?」って言うのが美味しくなかったから驚いちゃって」

真美「うんww」

雪歩「プロデューサ見たら、スプーン持ったまま止まっちゃってたからね」

真美「兄ちゃんのも美味しくなかったんだww」

雪歩「うん、エビピラフ食べてたんだけどね」

真美「これまたマズク作れなさそうな物が」

雪歩「何が、何がダメなんだ、コレ?って二人でなっちゃって」

真美「うんうん」


--------------------------------------------------


雪歩「どうやらね、つけ合わせとかの野菜とかの水を良く切ってないんだね」

真美「ん?」

雪歩「だから、全体的に水っぽいの、ご飯とか味噌汁とかも全部」

真美「うわ~~何か真美気持ち悪くなっちゃったよ」

雪歩「プロデューサーのピラフもなんか水分が皿の下に溜まっててさ」

真美「油と水が半分半分みたいな?」

雪歩「もう二人して大雨のディズニーランドみたいなテンションになっちゃってね」

真美「ん~~はずれを引いちゃったんだねぇ」

雪歩「で、何とか胃に押し込んで、会計して、外出て、看板見て、腰を抜かしたね」

真美「え?何で?」

雪歩「店の名前が【カッパ亭】」

真美「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

雪歩「もう、なんか、プロデューサーと一緒に「じゃあしょうがないね」って」

真美「きっと自分のねww頭の上のをねwwww」

雪歩「まぁまぁ、そんな事を思い出しましたよ」

真美「ちなみにザラメ煎餅は?」

雪歩「3」

真美「美味しくないんだwwwwww」

雪歩「一曲」

真美「陰鬱な気分を吹き飛ばそうよww」

雪歩「米米CLUB・【スゴクおいしい】」

真美「皮肉wwwwwwww」



オ~~ルナ~イ765~~♪



--------------------------------------------------



雪歩『未だに荻原と菊池ではがき送ってくる奴居るからな~』

真『萩原と菊地で、どうか!お願いします!!』

雪歩『雪歩と真の』

真・雪歩『オールナイト765っ!!』



真美「これさ?本当にいるの?」

雪歩「何?」

真美「荻原と菊池ではがき送ってくる人」

雪歩「いるいる、凄くいるよ」

真美「そうかな~?」

雪歩「全体の8割強はコレだね」

真美「どっかの何かが間違ってるレベルだろwwwwタレント名鑑から見直せwwww」

雪歩「まぁまぁ、1割はコレだね」

真美「亜美と真美もたまに双見って送ってくる人いるからねぇ、ファンレターで」

雪歩「ソレはまぁ、ヒくけども」

真美「何でだww!!!!そんな変わらねぇよww!!!!

雪歩「覚え方があるんだよ」

真美「ほう!!」

雪歩「地属性、菊地真!!」

真美「だっせぇww!!斧持ってそうwwww!!!!」

雪歩「それ絶対言わないでねって真ちゃんに言われてるんだった」

真美「ゆきぴょんは?」

雪歩「秋の七草の一つ萩が似合う女、萩原雪歩です」

真美「まこちんとの差wwwwwwwwwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「そろそろお別れのお時間です」

真美「あっと言う間だったね」

雪歩「いや、しかしね」

真美「何?」

雪歩「真美ちゃん、面白かった」

真美「え!?」

雪歩「あぁ、こう言う世界もあるんだなって思った、凄く勉強になったよ」

真美「え?いや、そんな、いつもの調子だよ~何~突然~」

雪歩「大事だね、いつもと違う環境でやるのは」

真美「ゆきぴょん……」

雪歩「ありがとう、本当に楽しかった、真美ちゃん!!」

真美「いや、本当に、それはこちらこそだよ!!ありがとうゆきぴょん!!」

雪歩「でももう二度と来なくて良いかな」

真美「やっぱりだよwwww!!!!知ってたわww!!!!何かあるって思ってた!!!!」

雪歩「うるさくてww」

真美「頑張った結果だよww!!!!ちくしょう!!絶対TMNの方に呼んでやるww!!」

雪歩「いやぁ、ゾンビが200体くらい沈んでいる水溜りみたいなあの番組はちょっと……」

真美「どれだけ淀んでんだよww!!くっそ!!どんな手使ってもこっちのテリトリーに引き込むわww!!」


--------------------------------------------------


雪歩「オールナイト765、この番組は」

 真美「961プロ、876プロ、765プロ、秋月電気店、萩原工務店、以上各社の提供で東京ブーブーエスラジオスタジオをキーステーションに全国36局ネットでお送りしちゃったよ~!!」

雪歩「来週は……あれ?誰だっけ?」

真美「お姫ちんみたいだよ?」

雪歩「キッツーーーーーwwww」

真美「コラww」

雪歩「いやぁ、この番組に貴音さんはキツイでしょ?」

真美「解るけどもねww」

雪歩「真ちゃんに任せちゃおうかな」

真美「そろそろ二人でちゃんと出ろってww!!ファンは待っているよ?」

雪歩「………………………………うん」

真美「あ、休むなこの人、絶対休むわ」

雪歩「そんなわけで、オールナイト765本日は萩原雪歩と」

真美「子供なので解りませんでお馴染み!!双海真美でお送りしました!!」

雪歩「ちなみに放送中に真ちゃんから8回ほど着信ありましたが、全て無視しました」

真美「出てやれよwwwwwwwwww」

雪歩「また再来週!!」

真美「来週だろwwwwwwwwwww」





北斗「チャオ☆」

北斗「765プロって、凄い所だよねww」

北斗「真美ちゃん雪歩ちゃんとってもプリティーな番組をサンキュ☆」

北斗「それじゃあ、負けじとこちらも始めようか?」

北斗「伊集院北斗の今夜もZUKKON!!」





関連SS次作:あずさ「あずさと」貴音「貴音の」 「「迷走RADIOラビリンス!」」