1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:11:11.11 ID:+1Q5UIdo0 

真「ねぇ~プロデューサーいいでしょ!ねぇ~!」 

P「ダメだダメ! 変な噂たったら困るだろ?」 

真「なんでもいいって言ってたじゃないですか!」 

P「やれることとやれないことがあるだろうが!」 

伊織「おつかれ...ってなにしてるのよあんた達?」 


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:12:10.00 ID:+1Q5UIdo0 

P「おう伊織お疲れ、いやな真がムチャ言うんだよ」 

真「ムチャなんかじゃないですよ!」 

伊織「なにがあったのよ?」 

真「今度ボク誕生日じゃないか!」 

伊織「あら? そうなの? 全然知らなかったわ」 

P「伊織そういうのいいから」 

伊織「なんであんたに軽く流されなきゃいけないのよ!」 


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:14:41.80 ID:+1Q5UIdo0 

真「プロデューサーが誕生日のプレゼントはリクエストしたものをくれることになったじゃない」 

伊織「あずさの誕生日にブラ送って以来あんたには選ばせないってなったからね」 

P「いや! だからあれはあずささんが言ってたんだって! 大きいサイズでかわいいのないとか言ってたからものっすごく苦労して探して買ってきたんだぞ!」 

伊織「だからってみんなが見てる前で渡すことないでしょ! バッカじゃないの!」 

P「あぁん!!」 


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:16:17.77 ID:+1Q5UIdo0 

真「そこはどうでもいいんですよ! それでほらこれ!」 

伊織「なによこれ...『ドッキドキ☆この夜景より君のほうが綺麗だよプラン』? なにこれ?」 

真「それが今回の僕の誕生日プレゼントさ!」 

伊織「えっ...どういうこと?」 

P「なんでも夜景が見えるレストランに行ってフランス料理を食べつつそのセリフを言って欲しいんだと」 


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:17:22.20 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「別にいいじゃないのよ? つれて行って適当に言ってやんなさいよ」 

真「そうですよプロデューサー! 別に減るもんじゃないですよ!」 

P「確実に俺の財布からいくらかは消えるんだけどね...あぁもうダメだダメ! 真もう時間だから準備していくぞ! プレゼントはなにか違うものかなにかにしてくれ!」 

真「もう、何でもいいって言ってた言ってたくせに...準備してきますね」 


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:19:41.97 ID:+1Q5UIdo0 

P「なあ伊織、なんとか真にあきらめさせる方法はないかな?」 

伊織「私は別に困りもしないし、どちらかといえば行ってあげたらって感じなんだけど」 

P「ファミレスとかならともかくちゃんとしたお店とかだと週刊誌に撮られたりしたらまずいだろう? あと俺も苦手なんだよきちっとした感じの店は」 

伊織「いい大人がなに言ってるのよ!...まぁ協力しないこともないかしら」 

P「おっ!協力してくれるのか!?」 

伊織「まぁね、ちょっとおもしろくなりそうだし、にひひ」 


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:20:53.51 ID:+1Q5UIdo0 


後日 


真「おはようございまーす...なにしてるんですかプロデューサー? それに伊織も?」 

P「お前のプレゼント叶えてやろうと思ってな」 

真「本当ですかぁ!!」 

P「しかぁし!! そう簡単に叶うと思うなよ!!」 

真「僕の誕生日プレゼントですよねぇ!?」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:21:42.83 ID:+1Q5UIdo0 

P「夜景の見える素敵なレストランでディナー大いに結構っ! しかしおまえはそこで食事ができるほどの力量があるのか?」 

真「り、力量ですか?」 

伊織「まぁ要するにテーブルマナーは大丈夫かしら?ってことよ」 

真「テーブルマナー?」 


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:22:33.53 ID:+1Q5UIdo0 

P「ともかく移動です」 

真「どこか行くんですか? あれ仕事は?」 

P「お前を呼ぶための口実だからあまり気にしなくていいよ」 

伊織「まぁいいからついてらっしゃい」 


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:23:42.04 ID:+1Q5UIdo0 

-------------------------------------------------- 

真「伊織の家?」 

伊織「そうよ、ここで真がどれだけテーブルマナーができるかチェックしてあげるわ」 

P「あの...伊織さん?」 

伊織「なによ?」 

P「なんで体中になにか貼り付けられてるんでしょうか?」 


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:25:25.96 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「まぁそれは置いておいて」 

P「えぇ!?」 

伊織「真あんたにはいまからスープそしてメイン料理がくるわ、それにテーブルマナーを意識して食べて頂戴」 

真「よし! 頑張るぞ!」 


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:26:31.62 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「もし、あんたが失敗するようなことがあればこいつに電流が流れるから」 

P「なんでだよ! 真が失敗したんだったら真に流すべきだろ!」 

伊織「なに? あんたは担当アイドルに対して電流に流れろって言うの?」 

P「なっ! ぐぅぬぬぬ!」 

真「大丈夫ですよプロデューサー! 一回も流れないように気をつけますから!」 


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:28:18.00 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「じゃあスープからどうぞ召し上がれ」 

真「とりあえずいただきますからだよね?」 

伊織「べつに私のことは気にしないで好きに食べていいわよ」 

真「じゃあ、いっただきます!」 


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:29:11.97 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「はいダメー」 

P「ぎあらぁああああああああ!!!!!」 

真「えぇ!なんでさ!?」 

伊織「あんた食器持って飲もうとしてたでしょ?」 

真「食器持って飲まないと犬食いになっちゃうよ?」 


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:30:10.17 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「なんであんたはスプーンで飲むって発想がないのよ!!」 

真「あぁ! そうか!」 

P「伊織さんこれとんでもなく痛いんですけど! 大丈夫これ!?」 

伊織「医療器具だから大丈夫よ...試作段階だけど」ボソッ 


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:30:51.45 ID:+1Q5UIdo0 

P「すごい不吉なやつ聞こえたんですけど!」 

伊織「じゃあ真、食事再開して」 

P「うぉい!!」 

伊織「あんまりうるっさいと電流ながすわよ?」 

P「すいません、黙ってます」 


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:31:54.80 ID:+1Q5UIdo0 

真「う、うん...じゃあスプーンを使ってと、あれ食器がいっぱいある?」 

伊織「さぁどれを使ったらいいかしらね?」 

真「よぉし...これ!」 

伊織「...正解よ、食器は外側からね」 

P「よしよし! いいぞ真!」 


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:32:56.96 ID:+1Q5UIdo0 

真「へへっ、よし音をたてずに...これは知ってるんだよね」 

伊織「偶然なのか奥から手前側へのスプーン運びもできてるわね」 

P「運まで味方に付いてるぞ! いけ真!」 

真「だいぶ飲み切ったけど残りはどうしよう? これ以上スプーンで飲むと確実に音をたてないと無理だよなぁ」 

伊織「どうすればいいかしらね?」 


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:33:44.83 ID:+1Q5UIdo0 

真「今度こそこうかな?」 

伊織「はいちがーう」 

P「ぎゃらっぱぁあああああああ!!!!!」 

伊織「最初に食器持って飲むなって言ったのになにやらかしてんのよ!」 

真「最後はいいのかなと思って...」 

伊織「そんなルールないわよ!」 


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:34:43.03 ID:+1Q5UIdo0 

真「じゃあどうすればいいのさぁ!!」 

伊織「逆ギレっ!? 皿の奥側を持って浮かせたら音をたてずに飲めるでしょ?」 

真「あぁ...なるほどね」 

P「真ナイスファイトだった、だがな俺はもうだいぶ限界かもしれん...」 

真「だっ、大丈夫ですよ! 次は本当に完璧に行けますから!」 


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:35:30.28 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「じゃあ次はメイン料理、ちなみに肉料理ね」 

真「うわ! めちゃくちゃおいしそう! 食器は外側から使ってと」 

伊織「学習してきてはいるのね」 

P「じゃないと俺が死んでしまう」 


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:36:35.32 ID:+1Q5UIdo0 

真「食べやすい大きさに切りわけてと」 

伊織「はいざんねーん」 

P「げろっぱぁああああああ!!!!!!」 

真「えぇ!? なんでさ!」 


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:37:18.35 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「一度に全部切りわけないで左から順に食べられる量を切りわけるのよ」 

真「...そうしようと思ってたのに」 

伊織「はぁ!? 2個目切ろうとしてたじゃない」 

P「ケンカはやめとけよーお前ら」 

真「してないね! 切ろうとなんてしてないよ!」 


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:38:26.28 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「あんまり往生際が悪いとこいつにまた電流ながすわよ!」 

P「おい! 伊織さん怒らしてんじゃねえよ! ここは認めとけって、なぁ?」 

真「まぁプロデューサーがそんなに言うなら...」 

伊織「じゃあ、続行ね」 


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:39:08.72 ID:+1Q5UIdo0 

真「本当においしいな、伊織こんなの毎日食べてるのかぁ」 

伊織「べつに毎日食べてるわけではないけどね」 

真「よし! 完食! これでメインもクリアだね!」 

伊織「いえ、食器を置くまでが終わりよ正しくできるかしら?」 


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:39:57.96 ID:+1Q5UIdo0 

P「よしラストだ、あせるな真! お前ならできる! やればできる! きっと絶対! 私NO.1!」 

真「プロデューサー黙っててもらえますか?」 

P「はい、すいません」 

真「どうすればいいのかな? 最後はかっこよくキメたいしな...よし! 元の場所に戻して終わり! どう?」 


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:40:54.04 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「はいしっぱーい」 

P「ぎゃああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」 

伊織「いちよう最後だから最大出力でやってみたけど、変な声出すリアクションも取れなかったみたいねいいデータ採取になったわ」 

真「ぷ、プロデューサー大丈夫ですか!?」 

P「なっ、なんとか腰が抜けて立てる気はしないが...」 


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:41:41.53 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「最後のはナイフの刃を自分に向けて3時の方向に並べるのが食べ終わったあとの正解ね」 

P「どうだった真、難しいもんだろう?」 

真「えぇ、知らないことだらけでこのまま行っていたら恥をかくところでしたね」 

伊織「これに懲りたらちゃんとテーブルマナーを覚えてから行きたいとか言いなさいよね」 

真「ちぇ...楽しみにしてたのに」 

伊織(.........) 


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:42:27.60 ID:+1Q5UIdo0 

---------------------------------------------------------- 

アイドル達「誕生日おめでとうー!!」 

真「ありがとう! 毎年やってるけどやっぱりみんなにお祝いしてもらえるのってなんか特別だよね!」 

貴音「真よきことです」 

響「貴音! もうケーキに手つけてるのか! 早すぎるぞ!」 


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:43:06.35 ID:+1Q5UIdo0 

亜美「ひびきんもはやくしないとはるるん特性ケーキお姫ちんが全滅させちゃうよ?」 

響「うぎゃー! 貴音残しておいてよ!」 

律子「ほらほら! 名残惜しいけどこの後も仕事があるんだからねあまり食べすぎたりとかはめを外しすぎたりしないこと」 

P「ごめんな真! みんな集まれはしたんだけど夕方の1時間だけだなんて」 


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:43:44.96 ID:+1Q5UIdo0 

真「いえ大丈夫ですよ! 短い時間ですけどみんなからおめでとうって言われて僕は満足です!」 

伊織「そしたらこの後は、こいつにめいいっぱいお祝いしてもらいなさい」 

真「伊織!? どいうこと?」 

伊織「あんたのこの間言ってた夢かなえてあげるって言ってんのよ」 


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:44:35.84 ID:+1Q5UIdo0 

真「えぇ!! 本当!?」 

伊織「ほらっ」 

P「これは?」 

伊織「水瀬グループで経営しているホテルの住所よ、ここの最上階のレストランで予約とってあるから」 

真「ほ、本当に!」 


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:45:29.31 ID:+1Q5UIdo0 

伊織「無様な失態みせることにならないよう貸切にしといてあるから感謝しなさいよね」 

真「伊織! 本当にありがとう!」 

美希「えっ!? 真クンこれからハニーとデートなの!?」 

伊織「ほらほら! あんたも私と一緒に仕事なんだからさっさと行くわよ」 


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:46:37.03 ID:+1Q5UIdo0 

美希「デコちゃん離してなの! いくら真クンでもそれは認められないの! ハニー! ハニー!」 

伊織「それとあんた真に恥かかすんじゃないわよ! ちゃんとエスコートして恥ずかしがらずにあのセリフ言ってやんなさいよね!」 

美希「あのセリフって! あのセリフってなんなのなの! なんなのなのー!」 

真「...行っちゃいましたね」 


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:47:12.00 ID:+1Q5UIdo0 

P「あぁ...それじゃ...行くか?」 

真「へ? あっ! えぇ! そうですね! 行きましょう!...って僕このかっこで行って大丈夫ですかね?」 

P「さすがにジャージじゃ入れんだろう...ドレスとかになるのかな?」 

真「じゃあ僕それにします」 

P「なにが?」 


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:47:53.21 ID:+1Q5UIdo0 

真「僕の誕生日プレゼントですよ! 物なら何でもいいって言ってたじゃないですか!」 

P「あぁそうだいったな...よし! とびっきりのドレス買ってからいくか! どんなのがいい?」 

真「そうですね...フリルとかいっぱいついてるお姫様みたいなやつがいいです!」 

P「それは...却下だな!」 

真「えぇー!」 


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:48:41.23 ID:+1Q5UIdo0 

P「あぁそうだ真」 

真「はい? なんですかプロデューサー?」 

P「お誕生日おめでとう」 

真「はい!ありがとうございますプロデューサー!」 


終わり


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:50:27.22 ID:+1Q5UIdo0 

ありがとうございました!! 
真誕生日おめでとう!!!!

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 04:02:21.91 ID:7Bv7sk6DO 
乙なの! 


そして、まこりん誕生日おめでとう

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 04:27:17.76 ID:24dJgMHoo 
そうか今日は真のお誕生日か(遠い目) 
お誕生日おめでとう 

ナイフの置き方分からなかったわ乙乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377713470/