真「だから春香の責任だって言ってるだろ!」

春香「そうやって全部押しつけるの!?」

雪歩「あの……ふたりとも…っ」

真・春香「「雪歩は黙ってて!」」

真「大体春香は昔からお節介が過ぎるんだ……よ?」

春香「なにそれ! 真だって集中すると周りが見えなく……?」

雪歩「……」プクー

春香「あ、あの、雪歩?」

真「どうしたの……?」

雪歩「……ふたりが喧嘩するなら、私はずっとこうしてるからっ!」

真「えっ、ちょっ」

雪歩「っ」プクー

春香「そ、そんな、ほっぺた膨らませないで……」

雪歩「知らないもんっ」プクー

真「か、かわいい……」

春香「ば、バカ! そんなこと言ってる場合!?」

真「バカってなんだよ!」

雪歩「!」

真・春香「「!?」」

雪歩「っ」プクウウウ

春香「あぁ!? 雪歩のほっぺた膨らまし度が増したぁ!?」

真「ご、ごめん雪歩! もうボクたち喧嘩しないから!」

春香「そ、そうだよ雪歩!」

雪歩「な、なら」

真「ん?」

雪歩「今ここで仲直りしてっ」プクウウウウウ

春香「……ごめん、真。本当は私、真のことすっごく信頼してる」

真「…………うん、ボクこそごめんね春香。ボク、春香にいっつも元気もらってるよ!」

雪歩「ふう……」

真「あっ、戻った」

春香「な、なんかごめんね、雪歩」

雪歩「いいんだよ春香ちゃん、真ちゃん。二度と喧嘩しなければ、こういうことにはならないからね」

真「ぐっ……」

春香「う、うん……」

 雪歩がほっぺたを膨らませるので、今日も事務所は平和です。



続きのアフターSSはこちら真「膨れた君へのあと一歩」