※※※ の、強烈なネタバレだけが書かれています

※※※ 劇場版アイドルマスターをご覧になっていない方は、そっ閉じしてください

※※※ 個人的な感想です。あと1回しか見てないのでシーンの順番が曖昧なのはごめんなさい























































小鳥「いやぁ、とうとう劇場版アイドルマスター公開されたわね!」

小鳥「公開日には見に行けなかったけど、やっと私も劇場までこれました」グッ

小鳥「ん? 一緒に見に行く人は? ですって?」

小鳥「だまらっしゃい! こちとら、一人映画館なんて慣れっこよ!」

子供「ママー! あの女の人、何しゃべってるの?」

母親「しっ! 見ちゃいけません!」



―――


小鳥「映画泥棒の告示も見飽きたわね……。お、いよいよ始まり始まり」

小鳥「あ、ここからは、マナーを守って心のなかの声だけにしますね!」

隣の人(なにこの人、ちょっとこわい……)


―――


「眠り姫」


小鳥(うぉぉおおおおおお!)ガタッ!

小鳥(そうか! そう来るのか!)

小鳥(魔法学園もの映画、そして眠り姫の配役は、やっぱりね!)

小鳥(おにぎり波(ウェーブ)魔法ワロタ)

小鳥(そして、生っすか!レボリューションね。なんか前とあまり変わってない気もするけど、まぁよし!)

小鳥(ここで、みんなの仕事風景流しながら、スタッフのテロップが)

小鳥(ふーん、美希ちゃんハリウッド映画に出演が決まったのね! 千早ちゃんもニューヨークでのレコーディングか)

小鳥(春香ちゃんもアイドルアワードでトロフィーもらって……)ウウッ!

隣の人(もう泣いてるし!)


―――


小鳥(あ、事務所のシーン。真ちゃんのくまのぬいぐるみ)

小鳥(ん? 千早ちゃんが写真をとってる! あの機械が苦手な千早ちゃんが!)ウルッ

隣の人(ここ泣くところかなぁ?)

小鳥(あ、私がでてる! ……。あ、あれ? セリフ無し?)

小鳥(撮影の時はいっぱいしゃべったのに、バッサリカットされている!)ドヨーン

隣の人(今度は、肩を落としてるよ……)

小鳥(プロデューサーさんから、アリーナライブをみんなに告知。合宿、バックダンサー、そして春香ちゃんのリーダー起用!)

小鳥(しかしなんでもないシーンなのに、みんなの表情がいろいろ見られて凄いわね、さすが劇場版!)


公蔵「ジュッ!」


小鳥(……。でもなんか私よりハム蔵ちゃんのほうが目立ってるような気はするけど……)



―――


小鳥(うわ! 飛行機で移動してる! 合宿先は若狭湾に面してるところ? 福井県かな?)

小鳥(去年の夏合宿みたいな感じだけど、やっぱりみんな成長したからか余裕があるわね)

小鳥(……。今回も私と社長はお留守番デスケド……)

小鳥(お! バックダンサーのメンバーが! し、7人もいるのね……)

小鳥(あとで、プロフィールチェックしましょう! 今は映画に集中!)

小鳥(でも、バックダンサーの挨拶がバラバラなのに、みんなの挨拶がびしっと揃っている演出はさすがね!)

小鳥(あ、全員きてる訳じゃないのね。貴音ちゃん、あずささん、亜美ちゃん真美ちゃんは遅れてくるのか)

小鳥(バックダンサーの子たち、ちょっと戸惑い気味みたいね)

小鳥(新しいレッスン着? トレーニングウェア? もあるのね)

小鳥(これも後でゲームとかに出てくるのかしら?)

小鳥(そして夕食! っていきなり生牡蠣食べてる貴音ちゃんが! どこから来たの!)

小鳥(バックダンサーの子たち、レッスンがきつくて食欲ないのか)

小鳥(そのことにアドバイスするみんな。しかも雪歩ちゃんが積極的に! 雪歩ちゃん強くなったわね!)ウルッ

隣の人(もはや何も思うまい……)



―――


小鳥(ミーティングではみんなの意見も取り入れていくことになったのね)

小鳥(やよいちゃんと千早ちゃんが真っ先に手を挙げるの、いいわね!)

小鳥(そして、亜美ちゃん真美ちゃん合流。夜遅くなったのはあずささんがどっか行っちゃったから?)

小鳥(このあずささんのおみやげってどこのなんだろう? きっと遠くの名産に違いないわね)

小鳥(疲れ気味のバックダンサーズ。志保ちゃんって団体行動が苦手なタイプ?)

小鳥(TVの春香ちゃんと響ちゃんを見て、ちょっと元気を取り戻す一同。可奈ちゃんがバックダンサー組ではメインなのかな?)



―――


小鳥(はるちは! キタコレ!)ハァハァ

小鳥(千早ちゃん、写真を撮る趣味を始めたのね!)

小鳥(レッスンは律子さん主導でやってるのね。これは……やっぱり)

小鳥(レッスン場面も気合入った動きね!)

小鳥(美希ちゃんも、お手本披露したりのびのびしてる感じだし)


―――


小鳥(ここの民宿は井戸があるのね。真ちゃんの水浴び! 水鉄砲!)ハァハァ

隣の人(興奮している……だと?……)

小鳥(伊織ちゃんも良いシーン多いわよね~。プロデューサーさんへの変態4段活用)

小鳥(ラムネ色青春流れました。なんか、遊んでるシーンばっかりみたいだけどきっとその影では猛レッスンしてるんでしょうね)

小鳥(水着ハァハァ! お風呂ハァハァ!)

小鳥(そしてゆきまこハァハァ!)

隣の人(……)


―――


小鳥(あ、たるき亭で、社長、善澤さん、そして私のシーンが!)

小鳥(って、私やっぱり喋らないな……)

小鳥(と思ったら、妄想爆発ですよ! このネタでもう一回って……)トホホ

小鳥(合宿にまでテレビとかの取材が入るなんて凄いわね)

小鳥(伊織ちゃんが志保ちゃんと絡んでるわね。みんな仲間であり強敵(とも)なんですよ!)

小鳥(可奈ちゃん、サボってお菓子食べてるの? ばらまいちゃったお菓子の回収シーンが凄く動きが滑らかなんですけど何故?)


―――

小鳥(合宿ももう終わりなのね、最後に律子さんも交えてGO MY WAY!!

小鳥(みんなの息もバッチリね! バックダンサー組はやらないのか……)

小鳥(可奈ちゃんが、春香ちゃんに憧れのアイドルだったと告白、パンダぬいぐるみストラップにサインのおねだりか)

小鳥(アイドルに憧れてた春香ちゃんが、ついに憧れられる存在に……)ウルッ

隣の人(……)

小鳥(そしてついにプロデューサーさんのアリーナ後のハリウッド研修行きの発表)

小鳥(あの伊織ちゃんが寂しがるなんて……。でもみんなプロデューサーさんに気持よく旅立ってもらおうとアリーナライブを成功させようと意気込むのね!)

小鳥(これぞ765プロよ!)フンス!

隣の人(どうしてこの人得意げなんだろう?)


―――


小鳥(合宿も終わり、またアイドル活動に戻るみんな。そんな中ミニライブでバックダンサー組がダンスを失敗)

小鳥(ゴシップ記事で叩かれ、なんか雲行きが怪しく……)

小鳥(相談を受けたプロデューサーさんは、全員を765プロで預かることを決断)

小鳥(でも可奈ちゃんは、全くレッスンに来なくなっちゃったのね……)

小鳥(そして、ついに「アイドルやめます」メールが……)

小鳥(春香ちゃんは可奈ちゃんを待ってあげたい。でも志保ちゃんはそんなやり方に疑問を持ち、春香ちゃんに「リーダー失格」と言ってしまう)

小鳥(伊織ちゃんがとりなし。美希ちゃん、千早ちゃんと話す春香ちゃん)

小鳥(自分なりの答えを探り、可奈ちゃんと連絡を取るが、キッパリ「アイドルやめます」と電話で言われてしまう)

小鳥(うーん、この辺りはキツイわね)

小鳥(でも、千早ちゃんがお母さんをライブに呼ぶことにした。と春香ちゃんに言うのは、希望が見えてよかったわね)

小鳥(あと、雪歩ちゃん家と伊織ちゃん家で、それぞれみんなで話しあうシーンも良かった)

小鳥(雪歩ちゃん家、なにげに初めて公開だわよね! 大きかった……)

小鳥(萩原組と水瀬組のグループ分けも絶妙ね)

小鳥(今回プロデューサーさんの出番あまりないけど、貴重な私との事務所での絡みと、律子さんとの屋上での絡みもあったわね)

小鳥(自分で言うのもなんだけど、この2つのシーンもいい感じだったかな?)

小鳥(ジュピター出てきたり、876のポスターもチラチラ出てきてたりしてたわね!)ニヤリ


―――


小鳥(可奈ちゃんを探すことに決めた春香ちゃん。志保ちゃんになじられるが、それでも意見を変えない春香ちゃん)

小鳥(ここの揺るぎない表情はいいわよね)

小鳥(雨の中、行方不明の可奈ちゃんを探す一同。春香ちゃんは「苦しい時は近所の土手でおもいっきり歌う」と言っていたのを思い出しそこへ向かう)

小鳥(雨の土手で「自分REST@RT」を口ずさむ可奈ちゃん。それを見つけて追う春香ちゃん)

小鳥(橋の上で可奈ちゃんは苦悩を告白、ストレスによる大食いで太ってしまったことなど。春香ちゃんは、みんなでアリーナ会場を見に行こうと提案)

小鳥(ここまでは雨空でずっと、どんよりとした絵ね)

小鳥(千早ちゃんのTV回の時の、色のない部屋を思い出す感じ)



―――


小鳥(準備中のアリーナ会場。その大きさに圧倒される一同)

小鳥(そこで、アイドル天海春香は765プロや律子さん、プロデューサーさんみんながいてはじめてアイドルになっていられると語る)

小鳥(可奈ちゃんも、本当はアイドルを辞めたくない、みんなで頑張りたいと再スタートを決意)

小鳥(志保ちゃんも春香ちゃんみたいにはなれないけど、酷いことを言ったことを謝罪)

小鳥(なんとか、バックダンサー組も練習再開ね)

小鳥(千早ちゃんも、チケット入りの手紙をあの人に出したのね)

小鳥(さて、問題も解決したしあとはライブだけね!)


―――


小鳥(ライブ当日、うんうん、律子さんもプロデューサーとは言え仲間ですもんね)ウルッ

小鳥(肝心のライブは! マスターピースまるまる一曲使って!!)

小鳥(凄い! けど遠景になるとちょっと違和感が……なぜ?)

小鳥(ああ、曲終わっちゃう……。この後アンコールよね?)

小鳥(へ? もう、プロデューサーさんとのお別れシーンに……)

小鳥(個人的にはもう一曲ぐらい、聞きたかったな)

小鳥(そしてエンドロール)

小鳥(みんなのその後や、いろんな小ネタが……)

小鳥(そしてラストの一枚絵!!!)

小鳥(はぁ、よかったわぁ)ズズ

隣の人(隣の人が気になって映画の内容が……。もう一度見よう……)



―――




小鳥(いやぁ、いい映画だったわ)

小鳥(なんか色々言い忘れた気もするけど、もう一度見た時にしましょうか?)

小鳥(ん? そういえば……)

小鳥「あのー。入場者特典ってシールだけでしたっけ? クリアファイルとかは?」

映画館の人「申し訳ございません。特典はもう品切れになってしまいまして……」

小鳥「えええええええ!?」






中途半端に終わり


個人的には劇場版はアイマスに深く関わっていた人ほど、いろんなツボがあるご褒美映画なんだなと思っています

ストーリーに関しては物足りない部分もありますが、数多のプロデューサー達に楽しんでもらいたいと作られた意気込みは感じられました

逆に、いきなり初めて劇場版でアイマスを知った人の感想も聞いてみたい

あと、伊織Pは今回大勝利だろこれ……

小鳥さんPの俺がむくわれる日は来るのでしょうか?^^;




本当に終わり





関連リンク:劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』公式サイト