千早「んっっ!!」グッ

千早「んんっっ……」ググッ!!

千早「んん~~~~っっ!!」グーーーッッ!!!!

千早「ダメね、コレはダメなビンだわ、ビックリするくらいダメなビンだわ」

響「とう!!」

千早「貴女はパーテーションの影から割りと普通に歩いて出てきた我那覇さん」

響「違う! 自分は! 自分、完璧、だからな!! でお馴染みの自完マンだ!!」

千早「凄い、ウーマンじゃないのね? 我那覇さん」

自完「違う、自完マンだ!!」

千早「で、我那覇さんは何をしに出てきたの?」

自完「御困りの様だね、マドモワゼル」

千早「ええ、困っているわ、コレ以上無いってくらい困っているの」

自完「話してごらん」

千早「今から白飯をかっこもうとしていた所なんだけど、なめたけのビンが空かないのよ」

自完「自・完・マンにお任せだ」シュバ・シャキ・シュピーン!!!!

自完「貸して見たまえ」

千早「お願い、我那覇さん」

自完「……んっっ!!」ググ

千早「凄い!! まさかのノープラン!! 力ずくだわ!! 何の工夫もない!!」

自完「んんんんっっ!!!!」ググググッッ!!!!

千早「頑張って!! 頑張って我那覇さん!!」

自完「固ってぇ…………」コトッ

千早「早い!! 割と諦めが早いわ!!」

自完「」キョロキョロ

千早「誰か、誰かを探しているわ」

自完「あ、プロデューサー、これ開けて」

P「ん? どうした響、ビンが開かないのか? よし……んっっとぉ」パカッ

自完「ありがと、プロデューサー」

千早「……」

自完「お待たせしたマドモワゼル」

千早「……あ、ありがとうございます」

自完「自分! 完璧! だからナ!!」シュバ・シャキ・シュピーン!!!!

千早「さ、流石!! 流石だわ我那覇さん!!」パチパチパチパチ

自完「困った時はまた呼びたまえ! さらばだ!! シュバッッバッサッブワッ!!」

千早「割と凄い効果音を口で言ったのに普通にパーテーションの裏に歩いていった我那覇さーん!! カムバーーク!!」


次作:響「帰ってきた自完マン!!」