亜美「はい、と言う事でシェフ」

真美「チッチッチ、亜美くぅん? パチシエと呼びたまえよパチシエと」

亜美「これは失礼しましたパチシエ!!」

真美「苦しゅうないぞ~!!」

亜美「今回のバレンタインは事務所のみーんなにチョコ作るんだよね!!」

真美「でも普通のチョコではモストデンジャラスモンスターシスターズの中折れだよね」

亜美「やっぱり工夫してこそッしょー!!」

真美「じゃあ、ま、○○と言えば~!! 見たいな食材を混ぜたりしてみよっか!!」

亜美「OK~」

真美「じゃ、まずは……ミキミキ」

亜美「湯銭で溶かしたチョコです、パチシエ」

真美「うむ、おにぎりをドボン、これでミキミキはOK」

亜美「続いて~~……お姫チン!!」

真美「ここに用意したるはベビースターラーメン!!」

亜美「チョコに入れて纏めればっと……」

真美「でっきあがりで~~い!!」

亜美「順調ですなぁ」

真美「続いては……いおりん?」

亜美「……ウサギの肉?」

真美「殺されるっしょー」

亜美「豚と牛の合い挽き肉ならあるんだけど……」

真美「……入れちゃえ」

亜美「次はっと、律っちゃん」

真美「やっぱり眼鏡っしょ~!!」

亜美「そう思って100均で老眼鏡買っておきましたよっと」

真美「用意が良いね~妹よ~~」

亜美「皆まで言うなし~~」

真美「あずさお姉ちゃんは?」

亜美「……牛っしょ、やっぱり」

真美「だよね~~カルビ肉があったからアレで良いよね」

亜美「ひびきんは?」

真美「たまに家族のご飯食べちゃう言ってたしドッグフード入れておけぃ!!」

亜美「ゆきぴょんは~」

真美「やっぱり抹茶っしょ~~」

亜美「抹茶ってお茶?」

真美「お茶ッ葉一缶くらい混ぜとけば良いんじゃない?」

亜美「まこちん」

真美「ん~~~~まこちんは割と何でも食べるしなぁ」

亜美「そこのブラックサンダーで良っか」

真美「やよいっちは~~」

亜美「もやしっしょ~~!! やっぱり!!」

真美「千早お姉ちゃんは~~……」

亜美「板チョコ、っと」

真美「兄ちゃんは?」

亜美「中にコンソメ入れとこ」

真美「はるるんは?」

亜美「はるるんと言えばドンガラだから、丸めたチョコその辺に転がしておけば良いっしょ~」

真美「ピヨちゃん」

亜美「鳥の餌かな~~」


――


――――


――――――


亜美「いやぁ~~めっちゃ怒られたね~~」

真美「4人くらいその場で倒れちゃったしねぇ~~」

亜美「でも面白かったね!!」

真美「うん!! 来年もまたやろ!!」



――――




高木「……やっぱりこう言うオチかい?」