P「何もやる気が起きない…」

雪歩「プロデューサー、どうかしたんですか?」

P「なんかさ、ここ最近色々障害にぶつかってさ。俺ってなんでこんなダメなんだろうって思ったんだ…」

雪歩「プロデューサー、しっかりしてください!」

P「あー、何かあれば頑張れそうなんだけどな…」グッタリ

雪歩「あ、あの、私に出来ることなら頑張りますから!」

P「…今出来ることなら頑張るって言ったよな?」

雪歩「え? あ、はい。あの、出来ることなら…」

P「じゃあ一つ頼みがある」ズイッ

雪歩「な、何でしょうか?」


P「俺が見てる前で真に抱きついてくれ」

雪歩「ええ!!? ま、真ちゃんにですか!?」

P「ああ。ダメか?」

雪歩「あ、え、えっと… 大丈夫です!」

雪歩(これは堂々と真ちゃんに抱きつけるチャンス!)

真「ボクがどうかした?」ヒョコ

雪歩「ひぅ!? ま、真ちゃん?」

真「雪歩、そんなに驚いてどうかしたの?」

雪歩「う、ううん。あの、その…」


雪歩「真ちゃん、ごめん!」ギュッ

真「うわ!? 雪歩?」

雪歩「ごめんね、プロデューサーの為なの」

真「?」

P「キタ。キタコレ!」ガタッ

雪歩「プ、プロデューサー。どうですか?」

P「キタぞコレ!今なら何でも出来そうな気がする!こうはしてられん、営業行ってくる!」

P「二人ともありがとうな! 今度ディナーおごってやる」ガチャ

真「は、はい… 雪歩、これ何だったの?」

雪歩「ごめんね、プロデューサーさんがこうすればきっと元気になるって」

真「なんでこれで元気になるんだろう?」

雪歩「……」

真「ねえ、雪歩。もうプロデューサーいないよ?」

雪歩「…もうちょっとだけ、お願い」

真「え? あ、うん…」

雪歩「…真ちゃんが暖かいからまだ離れたくない」

真「そ、そうかな? 雪歩も暖かいと思うけどな…」


小鳥「プロデューサーさん、例の企画なんですけど…」ガチャ

雪歩「あ…」

真「あ…」

小鳥「…ごゆっくり」ニコッ