美希「はい、でこちゃんの分!」
 
伊織「なに? チョコレート?」
 
美希「そうなの」
 
伊織「ふぅん。じゃあ私からもあんたに」
 
美希「やった! 開けてもいい?」
 
伊織「いいわよ」
  
美希「~♪ ……ヴィタメール?」
 
伊織「そうよ。なに? 嫌いだった?」
 
美希「でこちゃん、昨日キッチンを占拠して大変だったって新堂さんが言ってたの」
 
伊織「な!?」
 
美希「じー」
 
伊織「……あーもう! わかったわよ! 形はあれだけど、味はたぶん至って普通のチョコだからね!」
 
美希「でこちゃんかわいい♪」
 
--------------------------------


新堂さん「美希様wwwww」 
 
美希「なんなのwww」 
 
新堂「昨夜wwwwお嬢様wwwがwwww」 
 
美希「でこちゃんがどうしたのwwww」 
 
新堂「美希様にwwwwチョコ作っててキッチンが大変でしたぞwwwwぶふぉぉwwwww」

--------------------------------


伊織「新堂」 
 
新堂「は」 
 
伊織「あんた覚悟はできてるんでしょうね」 
 
新堂「つい口を滑らせてしまいました。申し訳ありません」 
 
伊織「まったく、わざとでしょ。はい、これ」 
 
新堂「……ありがとう、ございます」 


--------------------------------


伊織「怒り心頭ならぬ、怒り新堂よ!」 
 
新堂「ぶふぉぉwwwwお嬢様wwwwうまいですなwwww」 

--------------------------------


P「新堂さん新堂さんwwww」 
 
新堂「やや、プロデューサーwwwwいかがなされましたwwwww」 
 
P「伊織がwwwww」 
 
新堂「んぶほぉwwwww」 
 
P「まだなんも言ってないでしょwwww」 
 
新堂「ややwww失敬失敬wwwww」