1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 21:05:18.63 ID:NAIAVvAC0


お仕事が終わって事務所に帰ってくると、扉に寄りかかり胸に手を当てている春香ちゃんの姿がありました。
ギュッと目を閉じて、まるで大きな仕事をやり遂げたかのような。
そんな様子です。

「春香ちゃん?」

「あ、おかえりなさいあずささん。」

「どうしたの?そんなところで。」

「え?あ、いえ、何でもないです!」

私の問いかけに慌てふためく春香ちゃん。

2: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:07:26.66 ID:NAIAVvAC0

「あ、そ、それじゃあ私帰りますね!」

慌てて横をすり抜けていった春香ちゃんを見送り、事務所の扉を開く。

「ただいまもどりました~。」

「お帰りなさい、あずささん。」

「お疲れ様です、あずささん。」

3: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:08:01.72 ID:NAIAVvAC0

プロデューサーさんと小鳥さんが出迎えてくれました。
コートを脱ぎ、ハンガーにかけてラックに吊るします。

「外寒かったですよね?今お茶入れてきますね。」

「すみません、音無さん。」

給湯室に向かう後ろ姿にお礼を言って、事務所の奥へ足を運びます。
大きく765と貼られた窓からは、どんより曇った空が見えました。
その窓の近くに座るプロデューサーさんに近づき、お休みの律子さんに代わって業務報告をします。

4: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:08:41.45 ID:NAIAVvAC0

「竜宮小町は皆よくやってくれてますから、安心できますね。」

そう、笑顔で言うプロデューサーさん。

「本当は付いてあげられたら良かったんですけどね…。」

「気にしないでください。今日はイベントで皆引っ張りだこだったと思いますし。」

「そう言って頂けると助かります。」

「私達は他の子達よりも慣れてますから。」

5: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:09:20.85 ID:NAIAVvAC0

私が言うと安堵したような表情を見せてくれました。
話しながら机を見ると可愛く、綺麗にラッピングされた箱が一つ置いてありました。
きっと、春香ちゃんがプロデューサーさんに渡したのね。
さっきの様子を見ていたら、そうなのだろうと思えました。

「バレンタインチョコですか。」

「あ、あはは。義理でも嬉しいもんですね。」

この人はどこまで鈍感なんでしょうか。
義理でこんなに綺麗にラッピングする訳なんて無い。
そう思っても、言えませんでした。

だって私も鞄の中に、想いの塊を忍ばせているのだから。

6: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:09:54.23 ID:NAIAVvAC0

「あの、プロデューサーさん…。」

「どうしました?あずささん。」

「えっと、ですね…。」

私も作ってきたんです。

その一言が。

その、あと一歩が踏み出せませんでした。

7: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:10:25.31 ID:NAIAVvAC0

「いえ、何でもありません…。」

「? そうですか。」

諦めてソファーに腰掛けると、音無さんがお茶を入れて持って来てくれました。

「あ、ありがとうございます。」

「あずささん、こんな事言うのもなんなんですけど。」

デスクに戻らず、私の隣に腰掛けた音無さん。

8: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:11:12.86 ID:NAIAVvAC0

「あずささんは、それで後悔しませんか?」

「え?」

突然の言葉に面食らってしまいました。

「作って来てるんですよね?チョコ。」

「それは…。」

「隠さなくてもいいですよ。だって、私も持って来てますから。」

その言葉に、思わず音無さんの方を見るといつもの優しい笑顔でした。

9: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:11:41.76 ID:NAIAVvAC0

「さっき春香ちゃんが来て、一所懸命にチョコを渡す姿を見て。私は勇気をもらいました。

 だから、私もチョコを渡そうってそう思ったんです。」

笑顔のままの音無さんに問いかけます。

「どうして、わかったんですか?」

「私も、同じだったからですかね。」

どういう意味でしょう?

10: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:12:09.92 ID:NAIAVvAC0

「今のあずささんみたいに、渡そうとして諦めて。何度繰り返したことか…。」

自嘲気味に、表情を曇らせて言います。
しかしすぐに笑みが戻ってきました。

「でも、春香ちゃんを見て思ったんです。諦めきれないから、こうして想いを形にしてきたんだって。

 それが伝わ…るかはわからないですけど…。」

鈍感ですからね、あの人は。

11: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:12:40.90 ID:NAIAVvAC0

「こほん…。とにかく、渡さないで後悔はしたくないって思ったんです。」

「音無さん…。」

「今のあずささんは、私と同じだから。だから、諦めて欲しくないんです。」

「それを、私に言ってもいいんですか?」

そんな事を言われたら、私…。

12: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:13:23.49 ID:NAIAVvAC0

「いいんです、私は後でこっそり渡しますから。」

威張りながら言う音無さんに、笑ってしまいました。

「うふふ、ずるい人ですね。」

「えぇ、大人はずるいんです!」

「威張ることじゃありませんよ、音無さん。」

「ピョ~ピョ~」

わざとらしく口笛を吹いて誤魔化しています。
ありがとうございます、音無さん。

13: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:13:52.24 ID:NAIAVvAC0

ふと、事務所前で会った春香ちゃんの姿が頭を過ぎりました。
勇気を出して、行動した姿。
きっと、すごくドキドキしてたと思います。
怖かったと思います。
でも、春香ちゃんはそれを乗り越えて形になった想いを、渡した。
私も勇気、出さなくちゃ。

「私、頑張ってみます。怖いですけど。それでも。」

「頑張ってくださいね、あずささん。」

14: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:14:41.28 ID:NAIAVvAC0


私はいつも迷ってばかり。
道に迷って。
未来に迷って。
恋に迷って。
いつも、一歩を踏み出すのが怖かった。
勇気を出せなかった。
それでも、春香ちゃんと、音無さんが私に勇気をくれました。

ちゃんと、この手の中にある想いを。
貴方に届けよう。

15: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:15:33.97 ID:NAIAVvAC0



「あの、プロデューサーさん…!」



16: ◆sIPDGEqLDE 2014/02/14(金) 21:19:42.94 ID:NAIAVvAC0
終わりです。

とっても短いですね。
バレンタインは職場の女子から皆さんでどうぞともらった、大きい袋に入ったキットカットをみんなで食べました。
あずささんからのチョコレートが欲しいです。

それでは少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
お目汚し失礼いたしました。

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392379518/