■STORYM@STER




貴音「あな…た…さま」

貴音「……」

貴音「なかなかうまく言えませんね……」

貴音「もっと勢いを大切にした方が良いのでしょうか……?」

貴音「あ…あなたしゃま!」

貴音「……」

貴音「噛んでなどおりませんよ」

貴音「ふむ……」

貴音「まだ照れがあるのでしょうか?」

貴音「もっと己をさらけ出して……」

貴音「貴音!俺はもう我慢できない!」

貴音「ああ、なりません!わたくしはまだ娘の身!」

貴音「貴音ぇ!!!」

貴音「あぁ!あなた様ぁ!!!」ゴロゴロ

貴音「……」

貴音「…などと」

貴音「いまのは良いかもしれませんね」

貴音「あとはもっと…甘えた感じでしょうか?」

貴音「あーなーたーさまっ。うふっ」

貴音「……」

貴音「ふふ…まるで味噌らぁめんのごとき甘さですね」

貴音「他には…元気な感じなどいかがでしょう?」

貴音「よう!あなた様!」

貴音「……」

貴音「末恐ろしいですね、我ながら」

貴音「はぁ……」

貴音「…あなた様?」

貴音「わたくしは、まだ怖いのです。自らのこの想いが」

貴音「ですからもう少しだけ…この月を練習台にいたします。許して下さいますね?」

貴音「わたくしの、あなた様」

お し ま い