「君が好きで良かった」

そう言うと君は顔を赤くしてそっぽを向くんだ。
それがとても可愛らしくて、
ボクはさっきの一言に彼女の名前をつけて意地悪ったく囁く。

「君が、雪歩が好きで良かった」

耳まで赤くなった君は、観念したのかおずおずとボクの方へと向いて、
遠慮がちに微笑んでこう言った。

「私も」

返事をしてくれたことよりもなによりも、
応えてくれた事が嬉しくて、
ボクは歯が見えるほどにっこりと笑みを浮かべて、
彼女を優しく抱き寄せた。









この後滅茶苦茶セックスした。