夢子「涼、お願いがあるの」

涼「どうしたの急にそんな改まって?」

夢子「この夢子、一生のお願いよ。聞いてくれる?」

涼(こ、こんな真剣な眼差しで訴えかけてくるってことはきっと大変なことに違いない…)

涼「わかったよ夢子ちゃん…男、秋月涼。そのお願い聞き届けた!」

夢子「本当!?ありがとう!!この恩は一生忘れないわ!!」

涼「で、そのお願いって何なの?」

夢子「そのお願いというのは…」

涼「お願いというのは…」

夢子「スクール水着を涼に着てほしいのよ」

涼「………はいぃ?」

夢子「なんでそんなどこぞの名刑事みたいな返事なのよ…まあいいわ、さっそくこの私のスク水を…」

涼「ちょっと、ちょっとお待ちなせえな」

夢子「今度は江戸っ子みたいになってどうしたのよ?この前の歌舞伎のせい?」

涼「いやいや、そうじゃないよ。あんな真剣な顔してたくせに…よりによってなにその馬鹿なお願いは!!」

夢子「馬鹿とは何よ馬鹿とは!!私にとっちゃ大事なことなのよ!!それを馬鹿とは何よ!!」

涼「馬鹿じゃん!!馬鹿でしょ!!なんで男の僕がスク水を着なくちゃならないのさ!!」

夢子「馬鹿ね!!涼が着てこそ意味があるのよ!!」

涼「いや意味わかんないよ!!それに普通それは僕が夢子ちゃんに言うことじゃないか!!逆だよ逆!!」

夢子「何、私にスク水着て欲しかったの?」

涼「うっ!?口が滑ってしまった…き、着て、欲しいっちゃ欲しいけどさ…」

夢子「そんなの涼が言えばいつでも着てあげるわよ」

涼「ほ、本当!?じゃ、じゃあ今度…」

夢子「その代わり、今ここでこのスク水を着てちょうだい」

涼「そ、それは…」

夢子「じゃあスク水は着てあげない」

涼「それは困る!!」

夢子「じゃあ着る?」

涼「そ、それは」

夢子「着るの着ないの?」

涼「うう…」

夢子「さあ!」

涼「さあ…」

夢子「さあ!!」

りょうゆめ「さあさあさあ!!!」

夢子「涼よ!!なんと!!」

涼「うう…」

夢子「むむむ…ええい!!もう我慢できねえ!!四の五の言わず着ねえか!!」

涼「ああ!?置かしゃんせ!!置かしゃんせ!!」

夢子「うるせえ!!」

涼「ぎゃおおおおおおおん!!!」

------------------------------------------------------------------

夢子「ふう…」

涼「ゆ、夢子ちゃん…恥ずかしいよ…」

夢子「私しかいないんだから恥ずかしいも何もないでしょ…でもやっぱり最高だわ…涼のスク水姿」

涼「うう…どこがいいのかさっぱりわからない…」

夢子「だけど…なにかが足りないような…あっ!!そうだ!!あれが足りないじゃない!!」

涼「うわ!?どうしたの?足りないって何が」

夢子「胸に名前がない!!!」

涼「…それだけ?」

夢子「それだけって何よ!!これは死活問題よ!!!」

涼「な、名前がないだけでしょ。いいじゃんそれくらい」

夢子「あんたは何もわかってない!!!いい?スク水ってのは胸にひらがなで名前が書かれてなきゃ駄目なの。胸に名前がないスク水なんてスク水じゃないわ!!!」

涼「そ、そこまで拘ることかなあ…」

夢子「拘ることなの!!!布かなんかないの」

涼「急にそんなこと言われても…」

夢子「私としたことが…一生の不覚!!世が世なら打首獄門レベルの失体ね」

涼「いくらなんでもそこまで…」

夢子「仕方ないわ。ちょっと布を買ってくるからそのまんまでいなさいよ!!着替えたりしたら…」

涼「わ、わかったよ!このままでいるから…」

夢子「結構結構。じゃあちょっくら行ってくるわね」

-----------------------------------------------------------------------

涼「うう…なんで夢子ちゃんはこんな…でも夢子ちゃんも今度着てくれるっていうから、少しは我慢するけど…夢子ちゃんのスク水姿……まずい、我慢できない…」

夢子「帰ったわよ…返事がないわね、どうしたのかしら?」

涼「はあ…はあ…はあ…」

夢子「……涼」

涼「ゆ、夢子ちゃん!?いつの間に!!」

夢子「ついさっきよ…そんな格好で抜いてるなんて…滑稽としか言いようがないわ」

涼「う、うう…」

夢子「私のスク水姿でも妄想してたの?」

涼「はい…」

夢子「ふうん…まあいいわちゃんとその格好でいたんだから、特別に私も着替えてあげる」

涼「ほ、本当!?」

夢子「本当よ…だけど今度一人で抜くなんてことしたら承知しないわよ」

涼「は、はい…」

夢子「妄想の中の私じゃ満足しきれないでしょ?それに涼が言ってくれれば何だってするのよ…だからお願いよ、私だけのものでいてね、涼」

涼「夢子ちゃん…」

夢子「涼、私だけの涼…誰にも渡さないわよ」

涼「僕も、夢子ちゃんを誰にも渡したくない…夢子ちゃんは僕だけのものだから…」

夢子「嬉しいこと言ってくれるわね…ありがとう…涼」

涼「こちらこそ…ありがとう夢子ちゃん…」

夢子「涼…」

涼「夢子ちゃん…」

------------------------------------------------------------------

絵理「ガハアッ!!!」

ネリア「セ、センパイ!?」

絵理「こ、この大甘波…防ぎきれない…?バタッ」

ネリア「セ、センパイ?…センパーイ!!」

絵理「……終われ?」