765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧



 ……このあとは「我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT」でお楽しみください。
 ブーブーエスラジオが、22時をお知らせ致します。

 ぺっぽっ ぺっぽっ ぺっぽっ ぺーーーん♪




真美「……えー、ラジオネーム【リーチ一発妊娠五ヶ月】」

響「胎教に悪いからやめろw」

真美「ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

響「はいさーい!」

真美「CD発売と聞いて早速メールしました。番組でも一度も告知なしに唐突に他番組で
   CM展開とはさすがTMNと思ったのですが、肝心の収録内容についてはただの一言も
   コメントはなし。いったいTMNは、どんな破廉恥なCDを出すつもりなのですか?」

響「破廉恥ってお前www」

真美「っつーわけだけどさ。CDねぇ」

響「そもそもあのCMがひどいんだよな。いきなりDがペラ1持って来てさ」

真美「指示が『あの、全体的に、こう、芝生やした感じでお願いします』」

響「そんなに芝生えた会話してねーよ! と思ったけど、だ」

真美「まぁ仕事だかんね。やりまさぁね?」

響「やった結果があのCMだぞ! 台本通りに! 喋った結果がだ!w」

真美「もうあのD、確実にAN7の回しモンだね」

響「回し者ってお前w 局は一緒だからね!? 同じ局だからね!?w」

真美「しかもさ、あの後にホントはちゃんとCDタイトルとか言ってんだよ、真美たち」

響「ぶったぎりやがったなーw」

真美「マジであのD、いっぺんシメんべ。なぁ、ひびきん。名前忘れたけど」

響「まったくだ。タダで済ます気は、これっぽっちもないね!」

真美「他にもラジオネーム【無人肛門観測船イボ痔ゃー】【腿クリ三年カキ八年】
   【チバリーヒルズ売春白書】から、似たようなメールが来たんだけどさ」

響「みんなCDの中身はそれなりに心配してくれてた、と言うことだな!」

真美「そうでもないよ? ラジオネーム【青梅国際マラチン】。
   ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

響「はいさーい!」

真美「TMNがCDを出すそうなので、お二方の焼きイカ中継ボイスを収録してください!」

響「できるかバカwww」

真美「真美たちのCD、普通のトコに置いてもらえなくなるっしょwww」

響「聞きたいんだろうけどさ【青梅国際マラチン】は。ばーか、ホントばーかw」

真美「割とね、これと似たような路線のリクエストは多かったw」

響「お前らはバカか! バカの集まりかこの番組のリスナーは!」

真美「いや、それは全然否定できないんだけどw」

響「奇遇だな、自分もだw」

真美「そんなおバカさんたちに愛される『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT』の
   初CD! その禁断の中身については、この後ペロンと教えちゃうよーん!」

響「我那覇響と!」

真美「双海真美の!」

ひびまみ「「TOKYO MIDNIGHTぉ!」」

 (OP曲)

響「改めまして、はいさい! 我那覇響だぞ!」

真美「双海真美だよー!」

響「ラジオネーム【無毛戦隊パイパンジャー】。ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

真美「はいさいだよー!」

響「先週のAN7で、AN7・迷宮RADIOラビリンス・TMNの3番組の平均聴取率を調べた
  結果をやっていましたが、TMNまさかの1.7%! さすが人気番組は数字が違うね!
  ポッドキャストDL数も多く、さぞかしお二方のギャラもウハウハかと思います」

真美「お前にゃ教えてやらねーよw」

響「もはや向うところ敵なしのTMN、これからもがんばってください! ……だってよ」

真美「敵もいないけど味方もいないからね、この番組w」

響「ホントだよw しかし、これこの間のスペシャルウィークの数字だよな?」

真美「だろうと思うけど、まーーー!
   ビデオリサーチさんにおいくらお包みになったんですかね、スタッフは!」

響「賄賂wwwww」

真美「調査会社にお包みになる分、ちょっとでもこっちに下さいませんかね!」

響「露骨にカネの話すんなっつのw 下ネタよりタチ悪いからwww」

真美「まぁ、そもそもいくら貰ってんのか、真美は知らないんだけどね」

響「自分の実態の把握くらいはしろwww」

真美「え、ひびきんいくら貰ってんの?」

響「言えるかバカwww」

真美「てかさ、この『ポッドキャスト』ってなに?」

響「要はアレだ、時間的にリアルタイムに聴けないとか、ネットされてなくて電波が
  届かないとか、そういう人用にあとでまとめて聞けるヤツな」

真美「へー、そのダウンロード数が多いってことは、あとで聴いてる人も多いんだ」

響「どうせADが、バイト使って大量にDLさせたんだろ」

真美「買収と何が違うんだよwww」

響「60万くらいらしいから、そのうち54万くらいはADがバイト使ってDLしました」

真美「9割じゃねぇかwww ないない! 聴取率は買収てきてもポッドキャストは
   きっと本当の数字だから! ウチのリスナーは何度も聞くんだよ!w」

響「……と、まぁ、正直なところ、そんな人気番組だとは思えないギャラだ」

真美「wwwwwww」

響「ビデオリサーチに渡すカネが有るなら自分にくれ! 自分には家族がいるんだ!」

真美「先週、ケーキ箱の中でリボンに包まって寝てたアイツとかねw」

響「ホントね、先週ほどやられたと思ったことはないw」

真美「ウチのサイトにも写真が上がってたけど、アレはインパクトすごいわw」

響「よく動物愛護団体から抗議が来なかったもんだな」

真美「来ても握り潰したんじゃないの?w」

響「まぁ、人気番組だったら、自分たちの待遇はもうちょっと良いハズだなw」

真美「真美たちが、と言うよりは、この番組の扱いがもう関係各所でねw」

響「なんでこんな番組になったんだろうな? 始まった頃は『迷らら』みたいな普通の
  アイドルラジオ番組だったはずなんだけど、どこのボタンを掛け違えたんだか」

真美「でもまぁ、良いよ。ここまできたらボタンだろうがブラのホックだろうが、
   いくらでも掛け違えたまま爆走してやるよ! それがTOKYO MIDNIGHTだ!」

響「ちったぁ反省しようよ、我々www」

真美「はいそして、今週来る予定だったゲストにフラれました」

響「マジかwwwwwww」

真美「先方はすごい乗り気だったらしいんだけど、事務所の偉い人からストップが」

響「うん、それは偉い人が正しいなw」

真美「よかったね、哀れな仔羊が生け贄に捧げられることはなかったんだよ……」

響「これから売り出すからって、何でもかんでも露出すれば良いわけじゃないぞ!」

真美「はい、と言うことで曲行きますか」

響「THEイナズマ戦隊で『パーダラ・ブギ~後悔するにゃ若すぎる~』」

真美「いや後悔しようよ、我々www」


…… ※ ……


(CM明けジングル)

真美「はい、と言うことで」

響「一部番組中に先行でCM『らしきもの』が流れたが、その中身が一切わからない
  まま謎で放置されていた『TOKYO MIDNIGHT』のCDが!」

真美「ほう!」

響「いよいよ来月! 11/14に、全国CDショップ・ブーブーエスWebストアなどで、
  一斉に解禁になりまーす!」

真美「ぃやっほーーーーう!!」

響「……ホントに?」

真美「イヤなのかよw タイトルは『TOKYO MIDNIGHT / 白昼堂々秘密の馬鹿騒ぎ』と
   題しまして、今年の8月に行われました公開イベント『TOKYO MIDNIGHT・西新宿
   オールスタンディング処刑――君、イきたまふことなかれ――』の模様を、
   ちゃんと編集してお送りしちゃうよーん!」

響「ウチは『録って出し』なんで、未公開トークとかそういうのないんだよなw」

真美「ないねぇ。曲の間とか、ほとんど黙ってるしねw 疲れてるしね」

響「かと言って、CDのためにゲスト呼んで一本録るのか、と言われれば」

ひびまみ「「それもなくw」」

真美「過去の放送から、面白いところを抜いて編集する根性が製作に有るかと言えば」

ひびまみ「「それもなくwww」」

響「じゃあなんで、そんなやる気のないTMNがCDを出すのかと言われれば」

ひびまみ「「局のご意向wwwww」」

真美「極端な話をすれば、アレだね。AN7がCD出すから、って言う」

響「対抗意識だけは強いんだよなー、ウチのスタッフw」

真美「しかし思うんだけどさ。AN7のCDとか発売して大丈夫なのかね?」

響「ウチが大丈夫なんだから、あっちはだいたい大丈夫だろw」

真美「いや、ほら。ゆきぴょん、おうちに内緒にしてんじゃん? あの番組」

響「あー、そんなこと言ってたねぇw」

真美「これはAN7最大の危機をもたらすかも知れんよ、ひびきん」

響「雪歩、CD止めるなら今のうちだぞ。プレスは終わってるかもしれんが」

真美「流通にはまだ乗ってないことを祈って、今のうちだね!」

響「AN7と言えばこんなチクリが。ラジオネーム【アワビくちゅくちゅ前戯民】」

真美「何言ってんだお前www」

響「ひびきん、まみまみ、はいさいだよー!」

真美「はいさいだよー」

響「先日のAN7、聞きましたか?」

真美「聞いてないよ、寝てるよ27時なんて」

響「www 我らがTMNのメール職人がAN7に行ったハガキ爆撃が、見事に戦線に
  影響を与えましたが、敵もさるもの。なんと、我らがTMNメール職人のハガキを
  こともあろうに、シュレッダーに掛けると言う暴挙に出たのです!」

真美「wwwww」

響「たかだか聴取率0.8%の深夜番組の分際で、この暴虐を許して良いのでしょうか!
  いいえ! 良いわけが有りません! ここは断固とした態度で、AN7に対しては
  報復措置を取らねば、TMNリスナーの股間をまさぐります! 以上報告でした!」

真美「『沽券に関わる』だろばーかwww」

響「で、先週雪歩が裁断した、TMNリスナーからのお便りのシュレッダーくずがこれ」

真美「ホントにシュレッダーしてんだあのヒトwww」

響「ぶっちゃけ、破ろうが燃やそうが捨てようが、AN7のテリトリーの話なので、
  自分たちは一切関与しませんし、したいとも思いませんw」

真美「えぇ、えぇ、なにせブーブーエスラジオが誇るうんこちんこ番組TMNですので」

響「誇ってねぇだろwww でもまぁね、雪歩のシュレッダーに負けずにね」

真美「そうそう、これからも嫌がらせのようにウチの投稿パワーを見せてやってね!」

響「嫌がらせ以外のナニモノでもないけどなw」

真美「どうする? そのうちマジでゆきぴょん口聞いてくれなくなるよ?w」

響「和解交渉のテーブルは、ウチで用意するから」

真美「どうしても萩原雪歩をこちらにおびき出そうとwww」

響「アレだ。公開イベントに呼べば良いんだよ。年末の」

真美「呼ぶかw 公開イベントならいつものうんこちんこにならないから、って」

響「それでも来ないんだろーけどなぁwww」

真美「まぁね、家庭の事情だからね、あそこん家w」

響「真が怒られたらしいぞ、イッキーマウスマーチ」

真美「誰に? 兄ちゃんじゃないよね?」

響「お父さんwww」

真美「ああwwwww そりゃあまぁ、普通は怒るだろーねwww」

響「全般的にこの番組のノリの飲み込まれて、つい口が滑るとアウトだからな」

真美「悪夢そのものだね!」

響「まぁ、そんな番組もついに蔵出しのネタが、CDとして発売されるぞ!」

真美「初回封入特典とかそういうのは一切ないし、握手会とかもやらないので、
   一人一枚! 買ってくれたら、それ以上のことは望みません!」

響「割とついこの間、ブックレット用の写真撮影したよなw」

真美「先月の中頃にね。セクシーショットとかねーから、期待すんなよ!」

響「あと公開イベントのステージの模様と合わせて、ほとんど写真集だなw」

真美「せめて何かカバー曲くらいは収録したかった、とは思うけれどもw」

響「今後な、今後。このCDが売れたら! もっといろんなことができる!」

真美「もしかしたら、DVDも付いて来るようになるかもしれない!」

響「それがうれしいのかどうかは、わからないけれども!w」

真美「そんなこんなで一曲。種ともこで『うれしいひとこと』」


…… ※ ……


(CM明けジングル)

真美「ふと思ったんだけどさ」

響「なにさ?」

真美「ゆきぴょんどうしても来ないなら、亜美連れてきてゆきぴょんの真似させよ?」

響「それは駄目だろwww パーフェクトに裁判で負けるからw」

真美「真美たちは最高裁まで争うよ! 局のおカネでね!」

響「だからカネの話はすんなっつのw はい、コーナー!」

真美「……うわぁ、コレか」

響「やりたくねぇ~、って顔すんなw 双海真美先生のイケない相談室!」

真美「はーい、みんな。このコーナーは、リスナーのみんなのどうしようもない、
   クズみたいな相談事に、真美が答えてあげる福音書のようなコーナーだよ!」

響「先生、今回もたくさんの相談が、わっさわっさと! 全国から来てます!」

真美「もうお前らは、相談する先を間違えてっからね? 根本的な問題で」

響「はいはい、最初の相談です。ラジオネーム【人生オカマでアウト】」

真美「おめでとうw」

響「先日会社の後輩が、いきなり『倍返しだ!』と言って私を殴ってきました。
  何もした覚えはありません。どうしたら良いでしょうか?」

真美「……『パイ返しだ!』と言いながら、乳房を揉みしだけ」

響「www 視聴率すごかったな『半沢直樹』」

真美「どうせ来年の今頃には、お前ら忘れてんだろ?w」

響「そういうこと言うなw まぁでも一気に流行ったものは、一気に廃れるしな」

真美「アレもたぶん来年みんな忘れてるよ。『じぇじぇじぇ!』ってヤツ」

響「あー、確かに」

真美「なんなんだろうね、コレは。消費し尽くした感から来るものなのかな」

響「消費されたと言うか、食傷気味になると言うか」

真美「いっぺんにわーっと食い付くから、飽きるのも早いよね」

響「自分たちは、わーっと売れても飽きられないように頑張ろう……」

真美「でもまぁ、そこを頑張るのは兄ちゃん君の仕事だからね!」

響「自分でも考えろw はい、ラジオネーム【クイチがク、クンニでイク】」

真美「聞く耳持たぬわw」

響「先日から教育実習が始まり、母校の中学に久し振りに戻ってきたのですが、
  女子の発育の良さにボクの息子も朝から元気ビンビンで、我慢できません。
  生徒とイッパツかます前に、無事に実習を終えるにはどうすれば良いですか?」

真美「そうか、こんなラジオネーム使ってても、お前は大学生なのかw
   そしてこんなヤツが、教員免許を取ろうとしているのか!?www」

響「ちなみに科目は英語だそうだ」

真美「そんなプライベート情報要らねぇよ!w」

響「まぁ、確かに教育実習中にイッパツかましたら大問題だよなぁ」

真美「教育実習じゃなくても大問題だバカwww」

響「別にこいつが行政処分されるのはどうでも良いけど、イッパツかまされたほうは
  一生に渡って傷が残るかも知れないからな。これは真美先生、対策を是非!」

真美「んー…………とりあえず、毎朝イカを焼け。3回くらい焼け」

響「良いのかそれはwww」

真美「要は元気を無くせば良いんっしょ? もうとにかく、煩悩を振り払うために、
   お祓いの如く、焼け。はるるんの写真集とか使って、ガンガンやっとけ!」

響「真美先生、その『ガンガンやっとけ』のときに、右手をグーにして上下に振る
  動作はいかんせん、はしたないかと思われるのですが……」

真美「こんな相談がくる番組で、はしたないもクソも有るかぁ!!www」

響「はい、次の相談。ラジオネーム【市中引き回しの上、乳首拷問】」

真美「奉行所は真面目に仕事しろwww」

響「今ボクは、朝の満員電車に乗っているのですが、突然の空腹が襲ってきて、
  ぶっちゃけた話、マジうんこ漏れそうです」

真美「wwwww」

響「このまま乗っていれば確実に漏れ、駅のトイレに立ち寄れば遅刻します。
  真美先生、ボクはどちらの死に方を選べば良いと思いますか?」

真美「トイレに行けよwwwww 選ぶまでもないだろwww」

響「これ2ヶ月前くらいに来てたメールなんだよな。時刻は朝の8時40分」

真美「マジで満員電車の中から投稿してんだったら、相当のバカだと思うねw」

響「まぁでも、我慢して漏らすくらいなら、トイレだろうけどな」

真美「当たり前だろwww 比較対象に取る時点で間違ってるよw」

響「もう電車で移動することも、少なくなった我々だけれども。
  クルマで移動のときとかでも、突然お腹痛くなったりとかすると困るよな」

真美「いつだったか忘れたけど、ちょっと遠いとこで午前中に営業が有ってさ。
   んで、午後から別の現場なんで、兄ちゃんのクルマで移動してたんだ」

響「ふむ」

真美「したらさ、なんかC1で事故ったっぽくて、7号線が箱崎アタマで5kmとか
   言ってんのね。気付いた時には篠崎と一之江の間で、下りれもしないし」

響「首都高はそれが有るからこわいなー」

真美「でもまぁ良いやぁ、そのうち流れるだろーみたいな感じでいたらさ。
   ……来ちゃったよね、尿意が」

響「wwwww 『えへへ、来ちゃった♪』みたいな顔してwww」

真美「ホントだよ。ふざけんなよとか思ったんだけど、真美はクルマに乗る前に
   ちゃんと一回トイレ済ましてたんだよ。そんでも来てさ。うわー、って」

響「そんでそん時はどうしたのw」

真美「そりゃあ兄ちゃんに『携帯トイレない?』って聞いたよ。恥ずかしがってる
   場合じゃないからね。そしたら『昨日まで有ったけど、今はない』っつって
   兄ちゃんも泡食っちゃってさ」

響「うわーwww」

真美「そんでもうしょうがないから、渋滞で動かないの良いことにクルマ降りてさ。
   路肩にしゃがんでしたよね。首都高で。その時点でもうサイアクね」

響「wwwww アイドルが首都高の路肩で放尿www」

真美「しかもまだ真美がおしっこしてるのにさ。クルマちょっと動き出してさ」

響「うひゃひゃwww」

真美「もう慌ててパンツ上げて、顔見られないようにして、逃げ帰って来たよ。
   最近の中では、アレが一番の屈辱的瞬間だったね」

響「そりゃあ災難だったなw」

真美「まだね! まだ携帯トイレが有れば、兄ちゃんに対する恥で済んだのに!
   その昨日まで兄ちゃんのクルマにだよ、非常用に用意して有った携帯トイレを!
   『物珍しい』と言う理由で持って帰ったヤツがいる!」

響「誰だよw」

真美「お前だよ、我那覇響っ!!」

響「…………あーーーーwwwww あー、はいはい、あーwww」

真美「お前のせいで! 真美は! 首都高で放尿するハメになったんだ!」

響「はい、双海真美先生のイケない相談室では、皆様のお困り事を受け付けてるぞ!」

真美「真美が一番困ってんだよ!」

響「はい、曲に行きます! 東京事変で『我慢』」

真美「ざけんなよ、ちくしょう!!」


…… ※ ……


(CM明けジングル&EDテーマ)

響「時代の最先端を肌で感じる、エッジなヤングピープルのための情報感性番組、
  『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT』! いやー、真美先生は毎週やろう」

真美「ヤダよ! むしろもうこのコーナー無くていいくらいだよ!」

響「言われて思い出したんだけど、その携帯トイレ、春香にあげたわw」

真美「じゃあなんでお前持って帰ったの!?www なんで!?」

響「いや、自分初めて見たからな。プロデューサーに聞いたら、これが携帯トイレだと
  言うんで、ふーん、じゃあ1ヶちょうだい、って言ったら良いって言うからw」

真美「どんだけクレクレアイドルだよ、お前は!」

響「www いやいや、待てってば。自分は別に真美にそんな話をしてくれなどとは、
  ヒトコトも言ってないだろ!?w お前が勝手に白状しただけじゃないかwww」

真美「いーや! クルマ移動の話を始めた、ひびきんが悪いね!」

響「完全に言い掛かりじゃねーかw
  はい、この番組ではリスナーの皆さんのメールをお待ちしているぞ!」

真美「ブーブーエス・TOKYO MIDNIGHTのホームページにある投稿フォームから、
   ラジオの前の兄ちゃん姉ちゃんの、アツい『ガマン汁』を送ってね!」

響「えーとそれと、ちらっと番組で触れたけど、年末の公開イベントの件については、
  来週のこの時間に、どっどーん! と発表するので、お聴き逃しのないように!」

真美「あと11/14にCD出るからね、忘れちゃダメだよ!
   タイトルは『TOKYO MIDNIGHT / 白昼堂々秘密の馬鹿騒ぎ』!」

響「お店で予約するのが恥ずかしいヒトは、素直にネット通販に頼れw」

真美「それと、もうひとつ! 来週の放送について、恐るべき告知をする」

響「恐るべき告知だと?w」

真美「……来週は、『迷宮RADIOラビリンス』から、三浦あずささんが来ます」

響「マジで!?www マジであずささん来んの? 出ても良いって言ったの!?」

真美「どうやらあずさお姉ちゃんはね。聴取率でウチに負けたことを根に持ってる」

響「そんなことを引きずるタイプには見えないんだが?www」

真美「いや、亜美情報によるとね。ああ見えてあずさお姉ちゃん、結構負けず嫌いな
   ところが有るみたいなんでね。まぁそうでないとアイドルやってけないけど」

響「いやー……そうかー、あずささん来るのかーw 今週みたいに事前にストップが
  掛からないことを祈るべきなのか、お願いだから社長止めてくれと言うべきかw」

真美「しかもあずさお姉ちゃん、ウチの番組知ってるからね?w」

響「そうだよなぁ。知ってて出てくると言うことは、これは……真美、覚悟しとけ」

真美「そうだね。むしろあずさお姉ちゃんのペースに、真美たちが負けないように、
   いつも以上に張り切ってペース作っていかないとね!」

響「ただ、良いかリスナーども。自重しろよ!!www」

真美「うん、それは真美からも言っておく。ホントに自重しろよ!」

響「あずささん来るのに、イッキーマウスマーチとかやんねぇからな!?w」

真美「まこちんならやるのにw」

響「真はほら、『まこちんPO』だから問題ない。お父さんには怒られてくれw」

真美「もう、とにかくラジオネームは、ちゃんとしたのしか採用しないからね!」

響「やめろよ! 乳首拷問だの浣腸暴漢だのパイパンジャーだのってのはw」

真美「……あー、ヤだ。来週の収録ちょーヤだ。ユーウツだわ」

響「お相手は『プールの中なら、まだセーフ』我那覇響と!」

真美「汚ったね!? 『だったら次は野糞チャレンジだ!』双海真美でした!」

響「チャレンジとか言うんじゃねぇ!www」

真美「それじゃあ、リスナーの兄ちゃん姉ちゃん!」


  「「 GOOD NIGHT ! 」」


真美「なに、ひびきんプールでおしっこするの?」

響「しないってばよwww」



<fin.>


関連SS次作:あずさ「私は迷子だけれど」貴音「貴音と」千早「千早の」「「「迷走RADIOラビリンス~!」」」