雪歩「おっはようごさいまーす!!」

雪歩「私は今、765プロの事務所の前に居るんですが!」

雪歩「こちら! なんと! 風が!」

雪歩「普通です!!」

雪歩「時刻は朝7時! 通勤する方々が街を行き交いますね!」

雪歩「私の生きがいは! 今日! 真ちゃんと行く!」

雪歩「サイクリングですっ!!」


――――――――――


雪歩「昨日ですね! なんと! 真ちゃんから!」

雪歩「誘われました!!」

雪歩「サイクリングに行かないか、と! なんなら夜の街に繰り出さねえかと! 言われたんですね!」

雪歩「繰り返しますが朝7時です! 事務所前です!」

雪歩「行き交う人々の奇異の視線がね、こう、突き刺さりますよね!」

雪歩「でもね、気になりません!」

雪歩「だって! 今日! これから! 私達!」

雪歩「突き挿し合うんですかr」

真「馬鹿野郎!!!」スパーン


――――――――――


雪歩「まっ……まっ、マツコさん!」

真「誰がデラックスだ!」

雪歩「松重豊さん!」

真「えっ、えっと……わかんねえ!」

雪歩「知らないの真ちゃん!?」

真「ゴメン、名前しか……って名前分かってるじゃないか!」スパーン

雪歩「ちょっとしたピロートークだよ、ちょっとしたね」

真「うっせ!」


――――――――――


雪歩「それにしてもね、真ちゃん」

真「何?」

雪歩「似合うねえ〜、その格好!」

真「え、そう?」

雪歩「黒のジャージ! 黒のヘルメット! 黒のチャリ!」

真「チャリ……まぁ、うん、そうだね」

雪歩「黒のブラジャー! 黒のパンツ!」

真「そこは今関係ないだろ!!」

雪歩「え、当たってるの?」

真「……」


――――――――――


真「雪歩の格好もね、アレだね」

雪歩「えっ、そうかな?」

真「グレーのパーカー! ダボダボのTシャツ! グレーのスウェット! ママチャリ!」

真「……コンビニでも行くの?」

雪歩「やだなぁ真ちゃん、照れるよ」

真「どこに照れる要素があるんだよ!」

雪歩「ちなみにブラジャーは」

真「言わんでいいっ!!」

雪歩「まぁ、真ちゃんはもう知ってるよね、下着の色まで」

真「何その言い方!?」


――――――――――


雪歩「ところでさ、真ちゃん」

真「ん?」

雪歩「今日、集合7時だったじゃん?」

真「そうだね雪歩、口調どうにかしよう?」

雪歩「もう、朝起きるのしんどかったからさ」

雪歩「オールしてきた」

真「何やってんの!?」

雪歩「もうね、オールが響くよね、年だね、私もね」

真「現役JKの台詞じゃないよ!」

雪歩「真ちゃんとオールナイトで[ピー]したときは元気だったのにね」

真「だからソレやめて!!」


――――――――――


真「でもね、雪歩」

雪歩「うん?」

真「集合7時なのには、それなりの理由があるんだよ」

雪歩「ほう、朝マックでも食べるの?」

真「もう食べてきたよ」

雪歩「ウソ、私リポビタンDしか飲んでない」

真「リアル! リアルな徹夜明けやめて!!」

雪歩「……で、理由って?」

真「もう、話が全然進まないんだけど……」


――――――――――


真「今日、行き先考えたんだけどさ」

雪歩「うん」

真「雪歩、そんなに自転車って感じじゃないじゃん」

雪歩「自転車って感じのアイドルは真ちゃんと相葉くんぐらいだと思うよ」

真「相葉くんバカにしないで! 敵を増やさないで!」

雪歩「それで?」

真「……うん、それで、近場に行こうと思ってね」

雪歩「近場……荒川とか?」

真「それは流石に近過ぎる」


――――――――――


真「……えー、それでは、今回のサイクリングの予定地を発表致します」

雪歩「トーキョー(低音」

真「無視します。 えー! 今回は!」

雪歩「なんと! ピタリ賞が! ついに! とうとう!」

真「……出ませんでしたー」

雪歩「やかましいわ!」ベシン

真「なんでボクが悪いみたいになってるんだよ!」

雪歩「……で、どこ?」

真「うん……相模湖」

雪歩「相模湖ぉ?」


――――――――――


雪歩「……って、どこぉ?」

真「イヤイヤ、冗談でしょ雪歩」

雪歩「相模湖ピクニックランドなら行ったことあるけどさ」

真「知ってるじゃないか! あと今はプレジャーフォレストだからな!」

雪歩「うそ、マジで?」

真「うん、ってか、いい加減に口調ちゃんとしようね、うん」

雪歩「ねぇ、真ちゃん?」

真「うん?」

雪歩「……出発までの尺とりすぎじゃないの?」

真「誰のせいだと思ってんだよ!!」


――――――――――


真「……と、いう訳で」


雪歩・真「「しゅっぱーつ!!」」


雪歩「ボーブとブーブーズ、ヤッテクレルカァイ?」

真「拾いにくいボケは今後無視しますよー、割と本気でねー」

雪歩「イエス、ウィー、キャーン!」

真「ウィー!」

雪歩「待って、真ちゃん速い、超速い、マジ待って」


――――――――――


真「そりゃあ……ボクのロードバイクと、雪歩のママチャリじゃあねえ」

雪歩「機体の性能差など知ったことかァ! 突っ切るぞ!」

真「無視しまーす」

雪歩「ゴメン、実はガンダム知らなかった」

真「じゃあやるなよ!」

雪歩「でも、ホント速くない? ギア6まである?」

真「もーっとあるよ」

雪歩「もーっとおジャ魔女どれみ!!」

真「ゴメン、今のはボクが悪かった」


――――――――――


真「えー……現在の時刻は、9時です」

真「2時間が経過しました」

真「事務所前を出発したボクたちですが、まだ東京、立川あたりですね」

真「非常に遅い、かの台風さんを彷彿とさせるペースなんですが」

真「その主な原因は、こちらの方です」

雪歩「はぁー、ぁ゛ー、だいふ、サイクロン(低音」

真「もう、何言ってっか分かりませんね」


――――――――――


雪歩「真ちゃーん、水、水飲もうよ」

真「え、もう切らしたの?」

雪歩「うん、飲み干した」

真「早いなあ……トイレ行きたくなっても知らないよ?」

雪歩「最悪、立ちションする」

真「それは最悪だね」

雪歩「この辺にダイドーの自販機あるかなぁ?」

真「え、ダイドー縛りやってんの?」

雪歩「今ポイントためてるんだ、ちなみに現在75ポイント」

真「うん、微妙に突っ込みづらい溜まり具合やめて」


――――――――――


雪歩「よっしゃあああ!! DBサイダー! DBサイダーキタぁああ!!!」

真「待って、飛ばしたらバテるって!」

雪歩「また明日も来て下さいねー!!」

真「ダイドー自販機のモノマネとか誰も分からないからね!?」

雪歩「おいでやすぅ〜」

真「関西弁バージョンやめて!」

雪歩「いらっしゃいま、ぅ、ウゲェエエエープッ!」

真「サイダー一気飲みなんてするからだバーカ!」


――――――――――


真「えー、さらに2時間ぐらい経過しました」

真「現在の時刻は、11時過ぎですね」

真「そして、ママチャリのDQNスタイルの彼女なんですが」

雪歩「なぁ〜にがDQNじゃあ〜い、ドッピュンしたんぞワレぇ〜」

真「ご覧の有り様であります」

雪歩「うぇーい、ドッピューーン」

真「待って雪歩、コンビニ行こう、立ちションはやめよう、ね?」

雪歩「うぇーーーーい」


――――――――――


雪歩「ふー、スッキリしたね」

真「ボクは全然スッキリしないけどもね……」

雪歩「じゃあ立ちション?」

真「うっせ!」

雪歩「ねぇ、真ちゃん、相模湖って後どれぐらい?」

真「もうちょっとだよ、もうちょっとね」

雪歩「もう高尾山でいいじゃん、人生には妥協も必要だよ」

真「人生論を持ち出すんじゃない!」


――――――――――


真「ほら見て雪歩、この地図」

雪歩「グーグルマップは果たして地図と呼べるの?」

真「呼べるだろ! 余計な議論やめて!」


真「ほら、この通り、ここから相模湖は近いんだよ。 あと一息!」

雪歩「えー、別にいいけどさぁ」

真「ん?」

雪歩「ちょっと、リポD飲ませて」

真「リアルだ! リアルな疲労だ!」


――――――――――


真「ちょっと坂道が辛いけど、最後の難関だからね! ファイトー!」

雪歩「いっぱぁああああああああああああああ!!!!!」

真「一文字足りないよ!」

雪歩「つーか! これ! ここ! 雪歩のここ! 空いてますよ!」

真「やかましいわ!」

雪歩「ここ! 坂道っていうか! 山道じゃん!!」

真「……まぁ、多少の傾斜はあるよね」

雪歩「ざっけんなぁああああああああああああああああああ!!!!!」

真「すごい! 現役JKアイドルとは思えない雄叫びだ!」

雪歩「こんなことしてる間にも! アイツがよお! テレビでよお! 北斗がYO!」

真「北斗かよ! いや北斗かよじゃねーよ!」


――――――――――


雪歩「……」ゼー ゼー

真「リアルな息切れだ……仕方ないか」

真「よし、雪歩降りよう、降りて引いて歩こう」

雪歩「ウィーッス……」

真「もうちょっとだからねー」

雪歩「ラッシャァーセーイ」

真「余計かつどうでもいいネタを挟むのはやめてねー」


――――――――――


真「……」

雪歩「……」

真「……おっ!」

雪歩「え?」

真「見て雪歩、あの看板」

雪歩「これより先……神奈川県……」

真「峠を越えたよ! 越えたんだよ!!」

雪歩「お……おぉう……」

真「反応うっす!」

雪歩「……」

真「……」


雪歩「いよっしゃあああああああああああああああああああ!!!!!」

真「反応おっそ!」


―――――――――――


雪歩「フゥウウウウウ!!!」

真「いぇええええい!!!!」

雪歩「いやっほぉおおおおお!!!!」

真「ほおおおおおおおぅ!!!!」

雪歩「んほぉおおおおおおお!!!!! くるぅ! 風ミルクくるぅうううう!」

真「みさくら語やめろ! 風ミルクって何だよ!」

雪歩「いぇええええい!!!!」

真「ゴリ押し!?」

雪歩「いぇええええい!!!!!」

真「……」


真「いぇええええい!!!!!」


――――――――――


雪歩「……はい、という訳でね! 到着しました! 相模湖!!」

真「いぇーい!!」

雪歩「この後は、2人で夜の街にシケこもうと思うんですが」

真「シケこまねーよ!」

雪歩「ここで! なんと! ついに! とうとう! 私が! 私のチャリが!」




雪歩「パンクしましたー」

真「!?」


おわり