765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




ピポッピポッピポッ ポーーーーン




雪歩「王子様脱却!! 真プリンセス養成計画~!!」



真「えぇ!!?? ちょっと!? 雪歩!?」

雪歩「このコーナーはまさに【真】の乙女を目指す真姫がリスナーからの提案をドンドン受け入れていくと言うコーナーです」

真「いや、雪歩、待って待って」

雪歩「よろしくお願いします、真姫」

真「違うって、雪歩、まださ、タイトルコールもしてないじゃんか?」

雪歩「お願いします、真姫」

真「」

雪歩「真姫」

真「きゃぴぴぴぴぴぴ~ん!! 真姫なーーーりよっ!!!! 今日も~~……よろしく~~な~のだ~~!!」

雪歩「ありがとうございます」

真「え~!? もう何なの~? なんでのっけからこのコーナーなの~?」

雪歩「と、言うのもですね真姫」

真「大体の場合事故に終わるAN7のコーナーの中でもボクコレがいっっっち番嫌いなのにさぁ……」

雪歩「真姫」

真「何なりか~?(棒)」

雪歩「前回、同コーナーにはがきを送ってきて頂いた方、覚えてますか?」

真「え~……確かなんだっけ? 早乙女さん、だったかな?」

雪歩「真姫、レイディオネームの方で……」

真「何か亜美真美っぽい名前って言うのは何となく記憶にはあるよ」

雪歩「【アミンゴマミンゴ】さんです」

真「あ~~、そんなんだったそんなんだった」


--------------------------------------------------


雪歩「そこで、ほら、素晴らしい真姫のニックネームを決めてくれたじゃないですか」

真「素晴らしくなんて全然無いよ!! どシモだよ!! これ以上ない下ネタだよ!!」

雪歩「真姫の口から、もう一度、あのニックネームを言って頂いてよろしいでしょうか?」

真「ヤダよ、大体あの提案は棄却したでしょうよ」

雪歩「真姫、もう一度、前回のニックネームを」

真「だからヤダって、なんでコーナー1発目から嫌な思いをしなきゃならないのさ」

雪歩「真姫」


真「…………まこちんポだよ」


雪歩「wwっっ……いえ、あの、まこちんPOですので、真姫」

真「何がピーオーだよ!! ちんぽだよ!! ちーんーぽ!!」

雪歩「さて……こんな素晴らしいニックネームを付けてくれた【アミンゴマミンゴ】さんなんですが」

真「どこが素晴らしいんだよ!! 誰って言ったか……そう、思い出した!! 早乙女早苗だよ!!」

雪歩「真姫、少し、落ち着いて」

真「落ち着いてられるかぁ!! 人のニックネームにちんぽとかつける奴は地獄に落ちろ!!」

雪歩「いや、真姫、そんな真姫の怒りを受け【アミンゴマミンゴ】さんから謝罪の手紙が来ています」

真「あら……? そうなの?」

雪歩「え~ここで、読ませていただきます」

真「……まぁ、そう言う事ならば、しばし耳を傾ける事にするよ」


--------------------------------------------------


雪歩「え~前回の放送で真姫の気分を害してしまったレイディオネーム【アミンゴマミンゴ】です」

真「まったくだよね」

雪歩「あの一件以来、飯も三食しか喉を通らず(間食は別として)昼寝と夜しか眠れない日々を過ごしていました」

真「まぁ、普通に暮らしていたって事だよね、図太くも」

雪歩「冷静に考えてみた所、私の提案したニックネーム【まこちんPO】は真姫のおっしゃる通り、男性器を想像させてしまう名前かなと」

真「かなとかじゃないよね、ドストライクだよね」

雪歩「心の汚い人だったらそう言う考えに行き着いてしまわなくもないかな? と言う名前かなと」

真「ん?早乙女に反省の色が見受けられないようなのですが?」

雪歩「そういうわけで、もう一度考え直しました、今度は自信があります、真姫、お願いです、もう一度私にチャンスを下さい」

真「…………」

雪歩「と、言う事なのです、が」


--------------------------------------------------

雪歩「真姫、アミンゴマミンゴさんも、このように深く反省しているようですし……」

真「……まぁ、さ? ボクも鬼ではないからさ、もう一度くらいは早乙女ちゃんにチャンスを贈呈する事にするよ」

雪歩「ありがとうございます!!」

真「続けて」

雪歩「え~前回は全体的に丸みを帯びたラインのPとOを採用する事で全体的な語感がやや下寄りになってしまったので」

真「だから何度も言っているけど、やや、どころの騒ぎじゃないんだよ」

雪歩「今度は日本女子特有の漢字を当てる事により、雅やかな言葉の響と字面の美しさを両立したニックネームとなりました!!」

真「おぉ!! そうそう、こういうの、こういうのよ!! こういうのを待ち望んでいたわけよ」

雪歩「ここで発表させていただきます、まこちんPOに代わる、真姫の新たなニックネームを」


マッコマッコリーン♪


真「期待させてもらっちゃうよ!!」

雪歩「それでは、大阪府レイディオネーム【アミンゴマミンゴ】さんから、改めて頂きました、真姫のニックネーム提案です」



雪歩「まこちん子」



真「おいこらぁ!!!! 早乙女早苗てめぇふっっざけんなよぉ!!!! ごらぁ!!!!」

雪歩「っっwwwwwwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「はぁ~~確かに、雅やか、ですね」

真「はぁ!? ちんこだよ!! ちんぽがちんこに代わっただけだよ!! 雅の意味辞書で調べて来いよ!!」

雪歩「今は中々見れない【子】と言う字をあえて入れてきたあたり、日本の良き時代を彷彿とさせるというか」

真「【子】って言う漢字自体に恨みはねぇよ!! 組み合わせだよ!! 分けて呼んで見ろって!! まこ ちん子 な!?」

雪歩「っっwwww」

真「笑ってんじゃねぇか!! ふざけんな!!!!」

雪歩「これ、アレですね、気付いちゃったんですけども」

真「何だよ」

雪歩「律子さんとのディオでも映えるんじゃないですか?ほら、子繋がりで」

真「子つながりで律子をちん子の土俵に連れてくんじゃねぇよ!! 怒られるぞ本当に!!」

雪歩「ちん子の土俵wwww」

真「まぁ、それは自分でもちょっと面白いと思ったよww」

雪歩「律子ちん子で」

真「まこ どこに行ったんだよ!!!! もう単品でちんこじゃねぇか!!」

雪歩「真姫、あの、ほんと、我々アイドルなんでwwww」

真「自覚あるって事じゃねぇかよ!! ちんこのぉ!!!!」

雪歩「ちんこの自覚wwwwwwww」

真「それはww ちょっと自分でもおもしろいと思ったよwwww」

雪歩「それでは!! 真姫!! 今回も【アミンゴマミンゴ】さんが素晴らしいニックネームを考えてくれましたが!?」

真「棄却ですよそんなの」

雪歩「えぇ!?」

真「えぇ!? に えぇ!? だよ!! どこの世界に名前にちんこつけたアイドル居るよ!!」


--------------------------------------------------


雪歩「気に入って……無い?」

真「気に入ってたまるかよ!! アホか!! まだちんぽの方がちょっと可愛かったよ!!」

雪歩「ちんぽの方が可愛いwwwwwwwどんなサジ加減wwwwwww」

真「おい、早乙女早苗!! お前、はがき謹慎な!! しばらく送ってこなくていいからな!!」


雪歩「はぁ~~ww …………と、言うわけで、雪歩と真の、オールナイト765!!」

真「えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」

《OP曲 天海春香 君が代》


雪歩「毎週木曜、深夜2:50分から全国へ生放送でお送りしております、AN7」

真「いやいや、シレっと始めちゃってるけどのっけからボクボロボロだからね!?」

雪歩「何なんですか?」

真「は?」

雪歩「何なんですか冒頭からヤイノヤイノと耳元で」

真「その原因を生んでるのが萩原雪歩その人なんだよ!!」

雪歩「久々に二人っきりの放送だと思ったら、のっけから真ちゃんがこんなんで、やり難いったらないよ」

真「あ、懐かしい、この感じか、この雪歩の【厄介感】が本当のAN7だったかもしれない」

雪歩「と言う事で始まりましたね」

真「今更感あるけどね」

雪歩「今回こういう始まり方をしたのもですよ」

真「うん」

雪歩「先週聴取率の話したじゃないですか?」

真「悲しみのね」

雪歩「はい」


--------------------------------------------------


雪歩「まぁ、あそこで、迷ららと……まぁあろう事かなんですがTMNとの差が、浮き彫りとなったと」

真「いや、深夜3時でこの聴取率は奇跡的ですってスタッフの放送の後言ってくれたじゃんか?」

雪歩「そういうのは今聴きたくないです」

真「何でだww!! どうしてそんな頑ななんだwwww」

雪歩「いや、ほんと、そう言う所なんじゃないかなって」

真「何が?」

雪歩「その真ちゃんの態度と言うか」

真「ボクなの!?」

雪歩「少し天狗になってんじゃないかなーって」

真「若干のやよいは上手かったけども、え!? 何? どう言う事!?」

雪歩「向上心を忘れてしまったんじゃないんですか? って私は言いたいんですよ!!」

真「少なくとも番組に対する姿勢に関しては雪歩の6万倍は真摯なつもりだよwww!!!!」

雪歩「迷ららとTMNにあって、AN7に無いもの」

真「え?」

雪歩「解りますか?」

真「いや、まぁ、それは色々あるよ、逆に言えば向こうに無くてAN7にあるモノも沢山あるからね?」

雪歩「ほら、そういうフワフワした分析がこの前の悲しみを生んだんですよ」

真「ほぉ~~そこまで言うなら言ってもらおうじゃないですか、迷ららとTMNにあってAN7にない物を」


--------------------------------------------------


雪歩「OPトークです」

真「ん?」

雪歩「オープニングトーキングですよ」

真「なぜ現在進行形を重ねてきたのかはサッパリわからないけど、オープニングトーク」

雪歩「そう」

真「あーー言われてみれば、迷ららとかTMNはオープニングトークあるね」

雪歩「我々は毎回毎回アホみたいに「雪歩と!」「真の!!」「オールナイト765!!」なんてさ? アホ面で言ってきたわけじゃないですか?」

真「いや、別にアホ面で言ってるわけじゃないけどねww」

雪歩「そういう負けている所を払拭していこうと言う心意気が今回のOPですよ」

真「いや、でもね? 雪歩、それがボクらの拘りみたいな所もあるじゃない?」

雪歩「ん……」

真「結構長い事続けてきてさ? AN7はこうありき!! みたいなさ?」

雪歩「うん……」

真「そういうのを、無理に捻じ曲げてまでさ? 周りに寄せていく事もないじゃない」

雪歩「…………」

真「ボクらにはさ? やっぱりボクらなりのやり方と言うか、良さがあるんだから、さ」

雪歩「いや、真ちゃん、ちょっと黙っててくれる?」

真「バッサリかwww!!!! 切れ味良すぎるだろwwww!!!!」


--------------------------------------------------


雪歩「数値の取れない拘りなんて多い日夜用にして翌朝エチケット袋へ捨てろって話ですよ!!」

真「酷ぇ例えぶち込んできたなオイww!!」

雪歩「でもここでね、普通のOPトークを入れるって発想に終わるほど私も簡単な女じゃないわけですよ」

真「まぁ、確かにさ、コーナーではあったけども」

雪歩「創意工夫の女なわけですよ、私は」

真「その結果がちん子だからね」

雪歩「真ちゃん、ほんと、この番組アイドルの番組なんだから、さ」

真「引き起こしたのは雪歩でしょうよww!!」

雪歩「と言うわけで、曲、行きます」

真「大分オープニングで時間使っちゃったからねww」

雪歩「BOOGIE MANで『パチンコ・マン』」

真「もうちんこはいいよ!!!!」



オーーーーーーーールナイッ765ッ!!



--------------------------------------------------



オ~ルナ~イト~765~



『HEY!!キューッガール!!お迎え~に~来たぜっ!!』(HA!!)


真「お」


『LET’S GO!!DANCE!!DANCE!!DANCE!!DANCE!!DANCE!!CHU-!!』



雪歩「と、言うわけで!!!!」

真「ついにこの番組でも自分達の事務所の音楽に触れる機会が!!!!」

雪歩「好評を頂いております!!」

真「ありがとうございます!!!!」

雪歩「で、お馴染みの私の野点でこの前ね?」

真「違うだろうよ!! 曲に触れろ!!」

雪歩「そんな事よりも、だよ」

真「そんな事で済ますなww!! 事務所の一大プロジェクトの曲が最優先だよww」

雪歩「765プロ、久々の合同曲が出ました!!」

真「待ち受けプリンス!! 皆さんもう聞いてくれましたか!?」

雪歩「合同曲……」

真「どしたの?」

雪歩「ここで765プロ合同とか言っちゃうと色々ややこしい時代になっちゃったんですよね」

真「何が?」

雪歩「いや、ほら、ミリオンライブの人達も一応」

真「コーナー行こうか!!!!」

雪歩「765プロであるわけで、ゲームにもちょいちょい出て……」

真「コーナー行こう!!!!」

雪歩「あの子達の扱いは一体何? みたいな話に……」

真「コーーナーー!!!!」


--------------------------------------------------


雪歩「シークレットワーカーに愛の鉄槌を!!」

真「菊地真の……………………」

雪歩「罰っっっっっっっゲーーーーーーーーーーム!!!!!!」


雪歩「え~私はおろか、この番組のリスナーをも裏切った重罪人、菊地真にキツイお仕置きを与えるという事で」

真「遊戯王1話かよってくらい罰ゲームの言い方に気合入ってたね」

雪歩「最初残虐非道なキャラだったと思うんだけど、最後人格者みたいになっててなんだかなぁだったよね」

真「ねww」

雪歩「そんな事はどーーでも良いんですよ!! 罰ゲームですよ!! 罰ゲーム!!」

真「いや、今更かもしれないけど弁明させていただきたいんですよ!!」

雪歩「聞きません」

真「聞けよ!! せめて素振りを見せろww!!」

雪歩「……どうぞ」

真「いや、今回のえぇっとシークレットジョブの始球式ですが、プロデューサーに絶対他言するなよって言われてたんですよ」

雪歩「はい」

真「つまり、ボクはどちらかと言うと、仕事のため、仕方なく言わなかったと言う点もあってですね?」

雪歩「はい」

真「そういった側面を少しでも鑑みてくれますと、嬉しいです」

雪歩「なるほど、そう言う事ですか」

真「はい、まぁまぁ、なんと言うかお情けくれても良いんじゃない? みたいな」

雪歩「解りました!!」

真「え!? マジで!?」

雪歩「プロデューサーの罰ゲームも今から募集します!!」

真「違っwwww そう言う事じゃないwwww 酷くなってるww」


--------------------------------------------------


雪歩「共犯って事だよね」

真「いやww 万が一だよ!? 万が一、この事ラジオで喋ってさ? そこからこの始球式の話がリークしたらだよ?」

雪歩「AN7のリスナーと私の口は天岩戸くらい硬いからね」

真「いや、それはほんと、信じているけどさ、ほら関係者も聴いてたりするわけじゃない、このラジオを」

雪歩「えー真ちゃんがピーチクパーチク煩いので先に進めますが、はがき、4800枚程届いています」

真「すげぇwwwwww いやいや、ちょっと待ってって」

雪歩「コレを我々の怒りの数値と思っていただけるかな、真ちゃん」

真「解ったww 解ったよww!! ボクももう覚悟を決めたよ!!」

雪歩「いや、実際厳選するのが大変だったんですよ、コレ」

真「こんな時ばっかりこいつらは……ほんと……」

雪歩「4800枚の内、死んじゃうかな? って言う罰ゲームが2800枚」

真「おいww!! っざけんなww!!!!」

雪歩「受け狙いが800枚、TMNもしくはまよららからのはがきが100枚」

真「何で他番組のリスナーまで送ってきてんだよwwww」

雪歩「まぁまぁ、そんな中から罰ゲームを5本絞りました」

真「何で雪歩、いつになく真面目に仕事してんのさwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「それでは我々が独断と偏見で選んだ罰ゲーム5選!!」


ジャジャーン♪


真「いやいやいやいや!! そんな音までつけてさ? もっとサラッとやろうよww」

雪歩「本日のAN7はこれ一本で行きますから」

真「マジかー……なんとなくそんな気はしてたけれどもー……」

雪歩「えーではまず、これからいきます!!」

ドコドコドコドコドコドコドコドコ♪

真「ドラムロールとかいらないからさー」


デケデン!!!!


雪歩「TMNブースへ乱入」


真「絶対嫌だなぁ!!!!」

雪歩「結構多かったです、47枚頂きました」

真「この前ゲストで出たばっかりだしさぁ、もうしばらくはと言うか永遠に遠慮したいなぁあの番組は」

雪歩「まぁこれが一番手っ取り早い罰かなとは思います」

真「この番組はもっと他の番組への迷惑とか考えようよww!!」

雪歩「まぁ、でも、あの番組、真ちゃん、結構楽しんじゃうので罰にならないなと」

真「待ってww それは語弊があるってww」

雪歩「またマコイチに怒れられれば良いとは思いましたがね」

真「人の父親の事カレー屋みたいに呼ぶのヤメてってwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「じゃんじゃん行きましょう、続いてはこれ」

ドコドコドコドコドコドコドコドコ♪

真「だからドラムロールはいらないってー」


デケデン!!!!


雪歩「リスナーの家へ一日メイドさんとして仕える!!」


真「んん~?」

雪歩「え~レイディオネーム【マコマコリンリンマコリンリン】さんからのリクエストです」

真「へぇ、でも何でコレを選んだの?」

雪歩「この方、一人で100枚同じリクエストはがき出しています」

真「うわっ…… い、いやいや、えぇ!? ほんとwwww!?」

雪歩「真ちゃん、今、うわっ……て」

真「言ってない!! 言ってないよww!! 言うわけないじゃんか!!!!」


『うわっ……』


真「ちょっと!! 音源化するの早過ぎでしょww!! やめて!! ついだからwwww!!」

雪歩「真ちゃん、私達はファンありきだよ?」

真「違っ!! それは本当に本当にそうなんだけどさ!! このラジオのノリと言うかさ」

雪歩「まぁ、数えてた私とスタッフも30枚辺りから「気持ち悪っ」とは言ってたけど」

真「ヤメろww!! もっと酷いよww!! いや、本当にありがとうございます!!」

雪歩「曲、行きます」

真「感謝してます!! マコマコリンリンマコリンリンさん!! 本当にありがとうございます!!」

雪歩「三浦あずさ 『隣に…』」

真「何か意味深だよ!! ここで流す曲じゃねぇだろ!!!!」


『うわっ……』


真「ヤメろ!!!!!!」

雪歩「wwww」



オールナイッ765ッ!!



--------------------------------------------------



雪歩『毎週毎週夜も遅くからダラリと喋らせて頂いています』

真『こんな時間に聴いていただきありがとうございますww』

雪歩『雪歩と真の』

雪歩・真『オールナイト765!!』



雪歩「え~神奈川県レイディオネーム【春香族】さん」

真「春香は何かの部族の長だったの?」

雪歩「真ちゃんの「うわっ」発言、幻滅しました、春香さんのファンやめます」

真「wwww ボクに何かあると春香のファンが減るよねww」

雪歩「流行だね」

真「ゴメンねww 春香ww」

雪歩「さて、まだまだありますよ罰ゲームはがき、続いていきたいと思います」

真「もう良いってー」


ドコドコドコドコドコドコドコドコ♪

デケデン!!!!


雪歩「1人AN7放送!!」

真「え!?」

雪歩「これは、たった1人でAN7を放送するって事だね」

真「いや~~~~地味にコレはキツイよ?2時間あるんだよ?2時間」

雪歩「うん」

真「それに毎回雪歩の声を楽しみにしてくれてる人も居るしさ」

雪歩「うん、まぁ、コレ、私のリクエストなんだけどね」

真「お前ぇがサボりたいだけじゃねぇか!!!! ふざけんな!!!!」


--------------------------------------------------


雪歩「え~~、続いてですが、コレが一番リスナーからの要望が多かったです」

真「もう、その情報の時点で嫌な予感しかしないよ……」


ドコドコドコドコドコドコドコドコ♪

デケデン!!!!


雪歩「【真・マコイチのオールナイト765】を放送」

真「無理だって~~!! え? これに要望が集まっていたの!?」

雪歩「凄いきた、この番組内でのマコイチ人気は凄い、正直真ちゃんより人気ある」

真「何でパーソナリティーの実父の人気がパーソナリティ超えてんだよww」

雪歩「私としても、コレは中々良いんじゃないかなって思うんだけど」

真「父さんをここへどう呼ぶかだよね」

雪歩「こう、寝ている内にこっそり」

真「拉致かよww!! この番組のスタッフどんな能力持ってんだよ!!」

雪歩「とりあえず、マコイチに話しといてください」

真「しません!!」


--------------------------------------------------


雪歩「では最後の罰ゲーム案となりました」

真「偉く長かった気がします」

雪歩「それでは最後の案はこちら!!」


ドコドコドコドコドコドコドコドコ♪

デケデン!!!!


雪歩「っっwwwwwww ごめんwwwww」

真「ちょっと、雪歩、何なの? ちゃんとして?」

雪歩「いや、ごめん……っwwwダメだ、読めないwwwww」

真「え~~何なの? ……………………」

真「はぁ~~~~~~~~~~……」

雪歩「真ちゃんwwwお願いしますwww」

真「まこちんPO名義でCDを出す」

雪歩「っっwwwwwwwwwwwwwwwwww」

真「ヤダって!! 絶対嫌だよ!!」

雪歩「なんなら今日決まったまこちん子でも良いよwwwww?」

真「どっちもお断りだよ!! ちんぽもちんこもお断りだよ!!」

雪歩「ヤメwwwwww お腹痛いwwwwwwww」


--------------------------------------------------


雪歩「え~~……っww」

真「まだ引きずってんの!?」

雪歩「出揃いましたね」

真「えっと?」


1:TMNブースに乱入

2:リスナーの家へ1日メイドさんとして仕える!!

3:1人AN7放送

4:真とマコイチのAN7放送

5:まこちんPO、または、まこちん子名義でCD発売


雪歩「どれが良いかね?」

真「どれもきっっっっついなぁ!!!!」

雪歩「私的には4,5辺りが良いと思うんだけど」

真「現実的に考えて1,3辺りじゃない? 4は絶対無理だと思うんだよね」

雪歩「ではこの5つの案への投票を今から開始します、FAX、はがきでどの罰ゲームが良いかどれか一つを書いて送ってきてください」

真「もう、ここで4だけは絶対ヤメろ!! とか言うと4に人気が集中しちゃうんで口を噤むけどさ」

雪歩「ふっww」

真「本当に!! 常識の範囲内で考えろよ!! 解ったなリスナー達!!」

雪歩「一曲行きます……え~T-SQUAREで『TRUTH』」

真「コレF1のテーマ曲じゃねぇか!! ヤメろーーーー!!!!」

雪歩「っwwww」



オ~~~~~~~ルナイッ765ォ!!!!



--------------------------------------------------



雪歩『未だに荻原と菊池ではがき送ってくる奴居るからな~』

真『萩原と菊地で、どうか!お願いします!!』

雪歩『雪歩と真の』

真・雪歩『オールナイト765っ!!』



真「そういえばさ、CD出すよね、この番組」

雪歩「CM録ったねぇ、なぜかこの番組のCMでは流れないけども」

真「内輪で冷戦状態かよww」

雪歩「CMでは台本読んだけど、基本的に生放送なのに未公開部分とか無いよね」

真「この番組TMNと違ってイベントとかもやらないしね」

雪歩「どうすんの?」

真「どうするんだろうね?」

雪歩「………………」

真「………………」

雪歩「どうすんのww?」

真「どうするんだろうねwwww?」

雪歩「え~~と言う事で、謎に包まれたAN7のCD『オールナイト765、これで売れれば奇跡だね!』が……えww!?」

真「もう予約始まってんのww? 中身決まってないのにwwww!?」

雪歩「との事です、え~~~~……っと、お楽しみにwwww」

真「何をだよww」


--------------------------------------------------


真「って言うかCDなんて出したら絶対に雪歩のお父さんが買うじゃん」

雪歩「ソレなんですよ、真ちゃん」

真「うん」

雪歩「一大事です、それが一番の懸念材料なんです」

真「どうするの?」

雪歩「この後2時間ばかり時間あるかな?」

真「え? 5時から? ん~~まぁ、寝て学校行こうとは思ってたけど」

雪歩「また会議室で寝るの? 椅子並べて」

真「家に帰ってたら寝る時間なくなっちゃうんだよwwww ほっとけww」

雪歩「アイドルが、ジャージでラジオ局の会議室で椅子をベッドにして寝るの?」

真「状況描写を詳しく言い直すなww この前普通に会議しててびっくりしたww」

雪歩「どっちが悪いかといわれれば10:0で真ちゃんだけどね」

真「いや、本当に、スイマセンwwww」

雪歩「いや、話はそっちじゃ無いんですよ」

真「うん」


--------------------------------------------------


雪歩「今からラジオ録るから」

真「は?」

雪歩「2時間『雪歩と真のオールナイト765~クラシックの調べにのせて~』を録る」

真「え? いや、何で?」

雪歩「お父さんへのダミー用」

真「かんっっぜんっっに私用じゃねぇかwwww やだよww 眠いしww」

雪歩「お願い!! 本当にお願い!! 真ちゃん、お願いだよぅ!!」

真「おぉぅ……くそ、ここでいつもの雪歩出すのは卑怯だろ……」

雪歩「ダメ? ねぇ……ダメかなぁ?」

真「いや……その……い、良いけどさ……」

雪歩「本当!! 真ちゃん大好き!!」

真「いや、あの……う、うん」

雪歩「じゃあ、番組終わったらすぐ準備してください」

真「変わり身早ぇww!! くっそ!!!!」

雪歩「あ、そうか、このブース北斗さんが使うのか」

真「あ、そういやそうだったね」

雪歩「今日はZUKKON放送しなくて良いんじゃない?」

真「とんでもねぇ事言ってんなwwww ダメだよww!!」


--------------------------------------------------


雪歩「まぁ、とりあえずダミーCDは近々録ると言う事で」

真「ノーギャラでスタッフまで巻き込んで本当にこの人はもう……」

雪歩「気付けばお別れの時間だね」

真「今回の放送、ボクに得になる事なんっっっも無かったなぁ!!」

雪歩「え~レイディオネーム【アワビくちゅくちゅ前戯民】」

真「これは……TMNだねww」

雪歩「TMNとAN7の前面戦争が始まったわけですが今のお気持ちはどうでしょうか?」

真「あ~~」

雪歩「まぁ、まず、前面戦争の前面が間違っている時点で程度の低さを露呈しているよね」

真「いやww まぁ、外れてはいないんじゃないのww?」

雪歩「私はね、真ちゃん」

真「ん?」

雪歩「他のレイディオとは仲良くやって行きたいって、常々思っているんだ」

真「あ、そうなの?」

雪歩「うん、やっぱりさ、同じ局の、同じ事務所の仲間の放送じゃない?」

真「そうだね」

雪歩「そんな、戦争なんて、悲しい事、言わないで欲しいなって、思うんだ」

真「雪歩……」

雪歩「だから【アワビくちゅくちゅ前戯民】さん戦争なんて言わず、AN7と仲良くしてくれると、嬉しいですっ!!」


モガガガガガガガガガガ…………


真「仲良くとかそんな気全然ねぇぞコイツwwwwwwww」」


--------------------------------------------------


雪歩「まぁ、と言うよりも、こう、カテゴリーが違うと言うか」

真「カテゴリー」

雪歩「TMNはバラエティーじゃない?」

真「AN7もそうなんじゃないの?」

雪歩「AN7は教養だから」

真「マジでwwwwww!?」

雪歩「道徳の時間に流す番組を目指してます」

真「保険体育だよww!! ちん子とか言ってんだからさwwww!!」

雪歩「もうそもそもそういった事をシモネタと見る真ちゃんに問題あるよね」

真「ボクのせいなの!?」

雪歩「と言うわけでね、住み分けと言いますか、TMNとAN7は畑違いなんで、どちらかと言うと千早ちゃんの番組に近いから」

真「千早に怒られるよww?」

雪歩「品行方正な番組AN7もこれからもよろしくお願いします」

真「お願いしますww」


--------------------------------------------------


雪歩「オールナイト765、この番組は」

真「961プロ、876プロ、765プロ、秋月電気店、萩原工務店、以上各社の提供で東京ブーブーエスラジオスタジオをキーステーションに全国36局ネットでお送りしました!!」

雪歩「え~罰ゲームのFAX続々と届いております」

真「引くくらいね」

雪歩「今の所、一番人気は……【真・マコイチのオールナイト765】で79枚ですね」

真「本当に馬鹿かお前ら!! 父さん絶対来ないからな!!」

雪歩「いや、本当の所を言うと【リスナーの家へ1日メイドさんとして仕える】が一番来ているんです、が」

真「が?」

雪歩「え~~……一名の方が50枚くらい連続してFAXを送っておりまして……」


『うわっ……』


真「違うww!! 今のボクの声じゃないからね!? いや、ボクの声なんだけど、ボクが今だした声じゃ無いと言うか!!」

雪歩「と言うわけで、連続投票は省くので、そこんところよろしくお願いしますww」

真「これは? 来週まで?」

雪歩「そうだね、それで決まって、罰ゲーム執行することにする…………あ!!」

真「え?」

雪歩「プロデューサーの罰ゲーム忘れてた!!」

真「一生忘れてろww!! 巻き込むな!!」

雪歩「いや、真ちゃんたっての希望だからコレは確実にやります、こちらもおはがき、お待ちしております」

真「ごめんねww プロデューサー」


--------------------------------------------------


雪歩「来週は? 通常放送だよね?」

真「ゲストとかはいなかったと思うけど?」

雪歩「やっぱりね、真ちゃんと一緒が一番やりやすい」

真「え? 何イキナリ、そんな」

雪歩「いや、何だかんだ言ってもさ? この二人が落ち着くよね」

真「まぁね、ゲストが来ていただけるのも嬉しい事だけど、この二人だと帰ってきた!! って言うかさ」

雪歩「うん」

真「やっぱり、こう、正面に雪歩がいると、ボクも饒舌になっちゃうって言うか」

雪歩「うん」

真「そういう、点では、本当に雪歩とラジオが出来て良かったって、ボクも思うよ」

雪歩「まぁ、私はそこまでは思わないけども」

真「もう良いよ!!!! くっそ!!!!!!」

雪歩「それではww オールナイト765本日は萩原雪歩と」

真「菊地真が喋っておりました!!」

雪歩「罰ゲームを期待して待て!!」

真「常識の範囲内ではがき送って来いよーー!!」





北斗「チャオ☆」

北斗「いつも二人とはブース入れ替えの時にすれ違うんだけどさ」

北斗「雪歩ちゃん、さっきはスミマセンでしたとか」

北斗「そういう事まったく言わないんだよね~HAHAHAHAHA☆」

北斗「そんなフランクなエンジェルちゃん達、お疲れ様☆」

北斗「それじゃあ、始めよう!!」

北斗「伊集院北斗の今夜もZUKKON!!」



関連SS次作:響「TOKYO MIDNIGHT!」真美「そんな昔のことは忘れたぜの巻」