765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧



あずさ「ねえ、貴音ちゃん」

貴音「はい、何でしょう」

あずさ「今日は特別ゲストが登場するわ」

貴音「何と…これは期待ですね。一体誰がいらっしゃるのでしょうか」

あずさ「それがねぇ、なんとあの」

貴音「あの?」

あずさ「AN7の菊地真ちゃんと萩原雪歩ちゃんでーす」


貴音「あ、あの2人が…」

あずさ「貴音ちゃん、どうしたの?」

貴音「いえ…大丈夫、なのでしょうか…?」

あずさ「大丈夫よ~、お酒にでも酔ったと思って気楽に行きましょ~」

貴音「…あずさは、強いのですね」



「あずさと~」

「貴音の」

「「迷走RADIOラビリンス~!」」

「ま・よ・ら・ら…?」



あずさ「はい、と言う訳で、本日のゲストの紹介で~す」

真「ドウモミナサンコンバンワ、キクチマコトデス」マッコマッコリーン♪

雪歩「なんか真ちゃん変だね、あ、萩原雪歩です」

貴音「真、何かあったのですか?」

真「ちゃんとしたラジオの出演って久しぶりだから、どうすれば良いのか良く分からなくなりました」

雪歩「酷いよ真ちゃん!まるでAN7がちゃんとしてない…ちゃんとしてないね、良いよ真ちゃん、どんどん言って」

真「良いのかよ!」

あずさ「あらあら、真ちゃん、ダメよぉそんな事言ったら。最近、皆のラジオを聞かせてもらってるけど、ちょっと羽目を外し過ぎよ」メッ!

貴音「い、今のは?」

真「あ、この前のTMNの時の」

あずさ「うふふっ、あの後ね、この番組のディレクターさんが物凄い形相でその音源寄越せって言いに行ったんですって」

貴音「…あのディレクター殿にその様な一面があったとは」

あずさ「ええ~、渡してくれないと次の改変期どうなるか分かってるんだろうな?!って言って大騒ぎだったらしいわ~」

真「まよららのDって怖い…近づかないでおこう」

雪歩「…どうしよう真ちゃん、雰囲気違い過ぎて私頭痛い。帰って良い?」

真「駄目だよ!AN7ならともかくまよららだし」

貴音「…AN7なら良いのですか?」

あずさ「という訳でね、今日のふつおたはこの番組のリスナーさん以外からも届いています」

真「うわ、最初から聞きたくない展開だ…」

あずさ「はーい、まずは茨城県にお住いの適当人間さんからです。これはまよららのリスナーさんですねぇ」

貴音「あずささん、貴音さん、そして真さん雪歩さん、こんばんわ」

雪歩「ほら、この時点でちゃんとしてるもん」

真「しーっ」

貴音「AN7もいつも楽しく聞かせていただいております。まよららとはだいぶ雰囲気が違う番組ですが、その感想をお聞かせください」

真「番組冒頭からだけど違い過ぎて眩暈がする」

雪歩「ね、ちゃんと飲み物とか用意してあるし」

貴音「そちらには無かったですね」

真「まあ、それは雪歩がペットボトルのお茶をあんまり飲まないからじゃ」

雪歩「用意するって言うその誠意が大事」

真「誠意って何だろう」

貴音「…前途多難ですね。はい、続いてのお手紙は…中国ちn///」

あずさ「どうしたの貴音ちゃ…」

雪歩「あ、これ」

真「何でTMNの連中の手紙が届いてるのwww?」

雪歩「はいこれはこうします」

モガガガガガ……

貴音「な、なぜしゅれっだーがこんな所に」

真「いや雪歩w他の番組でこれはw」

雪歩「え―全国のTMNのリスナー、良く聞いておいて。私が出てる番組に関わらず、今後はTMN以外の番組に届いたら容赦なくシュレッダーだから」

真「いやいやいや」

貴音「続いては、らじおねぇむ「アミンゴマミンゴ」さん」

真「貴音、それ頂戴」

モガガガガガが…

貴音「何と」

真「理由は分かってるよねアミンゴマミンゴ、今後僕の出てるラジオに送ってきたら例外なくコレで行きますんで」

あずさ「あらあら。それじゃあ一曲目は、山梨県にお住いの外部出力男子さんから、石川さゆりさんで、津軽海峡冬景色」

真「渋いなぁ」

雪歩「て言うかあずささん軽く流したね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真美「はいさーい、『TOKYO MIDNIGHT』冬の公開イベント『新橋オールスタンディング処刑―クリスマスイブ絶滅市民集会ー』の開催が決定しちゃってたよーん!」

響「ちょっ、真美それ自分のあいさつ」

真美「詳しい事は、その内どっかで発表されるっぽいから、確認よろよろ―」

響「大雑把すぎるだろw」



美希「あふぅ、星井美希なの。ミキ、最近思うんだけど皆ラジオ番組に出ててズルいって思うな。だからミキもラジオのパーソナリティやっちゃうの!詳しい情報はBBSラジオ公式ツイッターとかでどんどん出てくるから、楽しみにしててね!」


――――――――――――――――――――――――


あずさ「と言う訳で、いつものコーナー、行きますよ~」

雪歩「ああ、イッキーm」

真「違う!それはTMNだから!」

貴音「ええと、では行きます」

あずさ「あずさお姉さんと~」

貴音「貴音ぇねと~」

雪歩「雪歩姐さんと~」

真「真お姉ちゃんの~!」

「「「「お悩み相談室~」」」」

真「ねえ雪歩、お姉ちゃんだって!お姉ちゃん!」

雪歩「はいはい良かったね」

真「酷っ?!」

貴音「真、何がそう嬉しいのです?このコーナーは」

真「だって!うちとかあっちだと、絶対真姫とかまこちん(あらあら)とか言わせるし!」

雪歩「だから真ちゃん、それは、ピーオーだから」

真「絶対他意があるだろう!早乙女(うふふっ)、覚えてろよ!」

あずさ「あらあら真ちゃん、お口が悪いわよ~」

真「あ…すみませんあずささん、思わず…ボク、アイドルなのに…」

あずさ「うふふっ、そういうこと。と言う訳でこのコーナーは、リスナーの皆のお悩みを、私たちお姉さんが解決してあげようと言うコーナーです」

貴音「それでは最初のお便りを…えーと、良かった、これはうちのリスナーさんですね。臀部ちゃん、いつもありがとう」

真「臀部…」

貴音「あずさお姉ちゃん、貴音ぇね、それに雪歩姐さん、真お姉ちゃんこんばんわ!」

雪歩「はいこんばんわ」

真「お姉ちゃん…」

貴音「最近思うのですが、765プロの皆さんの本当の姿って、ラジオのこの時なのでしょうか、それともテレビやライブの」

雪歩「テレビです」

真「早っ!」

雪歩「臀部ちゃん、ラジオにはね、構成作家っていう人が居て、大筋を作ってるんだよ」

真「ぶっちゃけた!」

あずさ「雪歩ちゃん」

雪歩「だからね、この場の雰囲気が私達の素だと思っちゃ駄目」

あずさ「ゆーきーほーちゃーん」

雪歩「ひっ…」

あずさ「はい、と言う訳で臀部ちゃん、ラジオでの私達とテレビやライブでの私達、両方見て楽しんでもらえると幸いかな~って」

貴音「そうだね、臀部ちゃんいつもありがとねー」

あずさ「はい、続いてのお便りは、『俺のHOTステーション』君から」

真「うちのリスナーだ…雪歩ダメダメ!それはシュレッダーじゃない!」

雪歩「そうだった」

あずさ「もう、雪歩ちゃん、早とちりはだめよ~」メッ!

雪歩「ごめんなさいあずささん…お願いですからその目は止めて下さい」

真「ではこれはボクが読みます…お姉さんたちこんばんわ!あっ、雪歩姐さん、遅くまでお疲れ様です」

雪歩「何で私だけ別枠みたいなの」

真「さ、さあ?んーと…貴音ぇね、以前AN7に出演された時にはどうも失礼しました」

貴音「ああ、あの時の」

あずさ「お尻で押しつぶしてくださいって言う」

貴音「聞いておられたのですか?!」

あずさ「分かるわ~」

貴音「あずさ…///」

雪歩「えーと、すんませんお二人さん、惚気ならあとで」

真「えーっと!それで、今回は極めて真面目なお話なのですが。今度はあずさお姉ちゃんのおっぱいの事を考えると夜も眠れません」

あずさ「あらあらまあまあ///」

雪歩「はい、シュレッダーですね」

あずさ「ちょっと待って、雪歩ちゃん…えーと、HOTステーション君。私の、その、胸だけじゃなくて、歌や踊りも見てもらえると嬉しいかなぁ、って。それで、私のファンになって貰えるともっとお姉さん、嬉しいなぁ」

真「おお、大人な対応」

雪歩「流石ですぅ!」

あずさ「と言う訳で、今日の相談室はここまで~」

貴音「お姉さんたちへの相談のお便り、待ってるよ~」

雪歩「以上、お姉さんたちによるお悩み相談室でした」

真「雪歩は何一つ解決してないけどね!」

貴音「それでは、ここで一曲、石川県にお住いの「ベータマックス」さんより、竜宮小町で「七彩ボタン」です!」

あずさ「あらあら~」

―――――――――――――――――


北斗「チャオ☆全国の北斗ファンの皆。伊集院北斗です。今夜もZUKKONを楽しみにしてくれているレディ、そしてボーイにお知らせだよ。今度の収録では 僕の所属するユニット、ジュピターから天ケ瀬冬馬君がゲストに来てくれるんだ、これはみるしかないね。それじゃあ、次の放送をお楽しみに!」


『作りたいのは確かな技術と明るい未来。水瀬重工業』


―――――――――――――――――


貴音「前から気になって居たのですが。どうしてこのようなラジオ番組に、伊織の実家の会社が?」

あずさ「それがね、会長さんのお孫さんが、大ファンらしいのよ~」

真「え、それだけ?」

あずさ「ええ、それだけ♪」

雪歩「うちでもそこまでしないのに」

真「流石は天下の水瀬財閥…」

貴音「そう言えば、お二人は『オールナイト765、これで売れれば奇跡だね!』の宣伝をしなくてよろしいのですか?」

真「あー」

雪歩「まだ中身が決まってないんですぅ」

貴音「何と」

あずさ「前から思ってたのだけれど…大丈夫?」

雪歩「本気で心配されてます。AN7制作陣しっかりしろ」

真「そうですよ、あずささんもっと言ってやってください」

あずさ「えーと、AN7のディレクターさん、めっ!」

真「ちょっと聞きました?あずささんの生「めっ!」ですからね!」

雪歩「ごめんなさいあずささん勿体無い事を」

あずさ「あらあら」

貴音「と言う訳で、そろそろお終いのお時間と相成りましたが、真、雪歩…頑張るのですよ!」

真「どうしよう、真面目に心配されてる。と言う訳で今後も何とか頑張りまーす。まっこまっこりーん菊地真と」

雪歩「AN7とTMNリスナーは自重しろ。まよららスタッフの皆様お騒がせしました~萩原雪歩と~」

貴音「…来週は更に混沌としそうですね。今宵も良い夜をお過ごしください、四条貴音と」

あずさ「え?貴音ちゃんそれってどういう意味?ジューシーポーリーグッナ~イ三浦あずさでお送りしましたー」


「「「「ばいばーい!」」」」





「この番組は、日本コロ○ビアと」

「明るい日本の未来を築く、水瀬重工業と」

「餃子の○将、博多ラーメン一○堂の提供でお送りしました」



真「ねえ、これって放送できるのかな…」

雪歩「もしできなかったら、それは私達をゲストに呼んだ迷らら制作陣の所為だから」

真「うわー、言い切っちゃった」


関連SS次作:あずさ「今日はあのゲストが登場よ~」貴音「まことですか…?」「「迷走RADIOラビリンス~!」」