【閲覧注意】
※鬱展開や、グロ描写の苦手な方はご注意下さい。


―――地下室―――

春香「アツい……デす……」

P「大丈夫か春香、水、飲むか?」

春香「だいジょうブ……」

P「無理せず、喉が渇いたら言うんだぞ?あ、あとあまり立ち歩かないようにな。ただでさえお前はコケやすいんだから」

春香「ワかり……まシた……」


千早「アおい、おいいイヒ……」

P「おお、千早。蒼い鳥か?また上手くなったな」ナデナデ

千早「ヒアぁ……」

P「ボルトは……うん、大丈夫だな。ああ、練習もほどほどにな」

千早「いヒあイあァ……」


美希「ハニーぃ」ギュッ

P「おっとっと!いきなり抱きつくなよ美希」

美希「エヘヘ……スきー」

P「ありがとな。俺も好きだよ、美希」ポンポン

美希「エヘヘー……」

P「ちょっと糸がほどけてきてるな。後で縫い直さないとな」

美希「エー……ヤだやダ」

P「我が儘言うな。すぐ終わるから」


雪歩「プロでゅーサー……オちゃ、ドウですカぁ……?」カタカタ

P「お、ありがとな雪歩。いただくよ」

雪歩「ドウ、ですカァ……?」カタカタ

P「うん、いつも通り美味しいよ。後で春香にも持って行ってくれるか?」

雪歩「ハイぃ……」カタカタ


真「おっトッと……」グラッ

P「大丈夫か真?!」ガシッ

真「ごめンナさい……ぷロでューサー」

P「リハビリか?」

真「ハい!ちョっトはあルけルよウにナッたんデすヨ!」

P「本当か!?あ、でもあんまり無茶するなよ?」

真「ワかっテますヨ!」ガッチャガッチャ


やよい「ウっうー!プろデューさー!ハイ」

P「ターッチ!」

やよい&P『いぇいっ!』

P「今日はかすみちゃんから手紙をもらってきたぞ」

やよい「ホんとウですカ!?ぷロデューさー!」

P「ああ。みんなの事を見終わったら読んでやるからな。待っててくれ」

やよい「アりガとうゴざいマすー!」


伊織「……」

P「どうした?元気ないな」

伊織「……もウ、どうデもいイワよ」

P「そんな事言うなよ。ほら、オレンジジュース買ってきてやったぞ」

伊織「アりがト……」

P「元気出せ、な」ポンポン

伊織「……」ジュルジュル


亜美「ニイちゃんニイちゃん!マたソト、デたいナ!」

P「うーん。ごめんな。まだ都合がつかないんだ」

亜美「エー」

真美「ワガままイったラだメダヨ、あミ」

亜美「……ワかっタ」

P「ごめんな。また貸切にして水族館かどっかに行こうな」

亜美「ウん!」

真美「マみモ……」

P「もちろん一緒だよ」

真美「やっタ!」


響「ハむゾうー!」

ハム蔵「……ジュイ」コソッ

響「ア、そんナとコにカクれてたノか!ダめだゾ!」

P「ははは。響は本当にハム蔵と仲がいいな」

響「アたりマえダぞ!はムゾうハしンゆウだカらナ!」

ハム蔵「……ジュイ」ウツロメ


P「入るぞー」ガチャ

貴音「あぁああああああ!!」ガガガガガッ

P「おっとっと。落ち着けー。トイレか?」

貴音「がああぁう……」ブンブン

P「違う?ならなんだ?」

貴音「うぐぅがぁぁぁ……」

P「ああ、腹が減ってんのか。わかった。ラーメンの出前頼んでおくな」

貴音「あがぅぐうううう」フラッフラッ

P「もうちょっとだけ待っててな」


あずさ「プロでゅーサーのメには……ナにがウツってマすカ?」

P「世界一の美人ですよ」

あずさ「あラアら……モう、プろデューさーったラ」

P「本当の事ですから」

あずさ「プろデューさー……イま、傍ニ、イマすか?」

P「ここにいますよ」ギュッ

あずさ「フふふッ……」


律子「プろデューさーどノ」

P「律子か、どうした?」

律子「タのマれテたけイさン、おわリまシタ」

P「悪いな、そんな体なのに仕事手伝ってもらって……」

律子「イいんデす……ナにモかンガえズにスミまスかラ……」

P「……そっか」

律子「エっと、マずさンしゅツが―――」


小鳥「……おはようございます。プロデューサーさん」

P「おはようございます、小鳥さん」

小鳥「……みんなは?」

P「ええ、いつも通りですよ。あ、でも美希の糸が解けかけてたんで、後で縫い直すの手伝ってもらえますか?」

小鳥「はい……」

P「小鳥さん?どうしました?顔色が悪いですよ?」

小鳥「いえ、大丈夫です……」

P「それじゃあ俺は部屋に戻るので、また」スタスタ

小鳥「(……プロデューサーは、一日の大半はあの場所で過ごすようになっていた)」

小鳥「(対して私は……一時間たりとも、あの場所にはいられなくなっていた)」

―――深夜 小鳥の自室―――

春香『どうして?』

小鳥「っ!?」

千早『なんでこんな事したんですか?』

美希『小鳥、痛いよ、助けて、助けて』

雪歩『熱いです熱いです熱いです熱いです熱いですぅ!!』

真『こんな醜い姿じゃ、もうお姫様にも王子様にもなれないです』

小鳥「……あ、ああああああ」

やよい『もう私は弟にも妹にも会えないんです』

伊織『あんたのせいよ』

亜美『ピヨちゃん、生きてるのって幸せ?』

真美『ピヨちゃん、私達の分生きてるのは、幸せだよね?』

響『ピヨ子もこっちに来るといいさー』

貴音『小鳥嬢、こちらに来てください』

小鳥「嫌、嫌」

あずさ『逃がしませんよ』ガシッ

小鳥「離してっ!」

律子『……』

小鳥「律子、さん……」

律子『助、けて」ガシッ

小鳥「ひぃっ……」

律子『タすケて』ドロッ

小鳥「あ、あ、あ……」

律子『コとりサん……たスケて……』ベチャッグチャッ


小鳥「嫌あああああああああああああああああ!!!」バッ

小鳥「はっ、はっ、はっ……」

小鳥「……」

小鳥「睡眠薬……」シャカシャカ

小鳥「んぐ……げほっ」ゴクッ

小鳥「ごめんね、ごめんね、みんな……」グスッ

―――地下室―――

小鳥「大丈夫、やよいちゃん……痛くない?」

やよい「ダいジョうブでスー」

小鳥「……」シュルシュル

やよい「……こトりサん」

小鳥「何かしら」

やよい「ワたし、シってマすよ」

小鳥「え?」

やよい「イおリチゃンかラ、きイタンでス」

小鳥「っ」


やよい「ワたシ、モう、カすミにも、チョうスけニも、こうタロうにも、コウじにモ、コうゾうニも、アエなイんデスよネ?」


小鳥「それ……は……」

やよい「こノきズも……ナオらナイんでスよネ」

小鳥「ごめん、ね、ごめんね……」

やよい「アやマらナいでクダさイ……コとリさンノきもチ、わカりマスかラ」

小鳥「うぐっ、ひぐっ……」

やよい「ダいジョうブ、でスかラ……」ナデナデ

―――事務所 屋上―――

小鳥「……」キィ……

小鳥「(もう……私はダメだ)」

小鳥「(二度と、あの場所には立ち入れない)」

小鳥「(もう一度立ち入れば……次こそ、壊れてしまう)」

小鳥「(自分の都合で蘇らせたのに、自分の都合でそこから逃げるなんて)」

小鳥「(私はなんて身勝手で―――嫌な女だろう)」カツカツ

小鳥「(ごめんなさい神様、こんな私は許さなくていいですから。地獄に落ちても構いません)」ビュオオオオ……

小鳥「(だけど、あの子達の事は……もう許してあげてください)」

小鳥「さようなら、私の未来」フワッ

小鳥「(願うなら)」

小鳥「(どうか、幸せな未来があの子達と……あの人に待っていますように)」

小鳥「(      )」



オイ、ヒトガオチテキタゾ!!

ダレカ、キュウキュウシャヲ!!

ビルノナカノニンゲンヲダレカヨンデコイ!!


―――病院―――

医師「即死でした……頭に外傷はなかったのですが、体内の臓器がいくつか落下のショックで破裂して……」

P「……」

医師「……あの、大丈夫ですか?」

P「大丈夫ですよ」

医師「そ、そうですか……あの、それであの子達の世話は変わらず……」

P「はい、俺が続けます」

医師「わかりました。では私はこれにて……」

P「……」

P「どうして、ですか。小鳥さん」

P「一緒に世話をするって、アイツ等をいつか救ってやるんだって」

P「約束したじゃないですか」

P「……はははっ……」


P「
 
 
 
 
 
 
                                            許さない」


―――???―――

小鳥「(ああ、ここが地獄ですか)」

小鳥「(もしかしたら天国かもしれないですね……そんなワケないですけど)」

小鳥「(なんだか凄く、体中が痛いです)」

小鳥「(あと……息もしづらい)」

小鳥「(流石は地獄ですね)」

小鳥「(腐敗臭と血の匂いが部屋の中に充満して―――部屋の中?)」

P「おはようございます、小鳥さん」

小鳥「(P、さん?)」

P「随分長く眠っていましたね。丸一日くらいですか。もっとも俺が上手くできなかっただけかもですが」

小鳥「(どうして?ここは本当は天国?)」

P「何キョロキョロしてるんですか?そんなに久しぶりでもないでしょう?」


P「この地下室に来るのは」


小鳥「(地下、室……!?)」

小鳥「あ、あ……」

小鳥「(声が上手く出ない……!!)」

P「ああ、無理に声出さない方がいいですよ。今の小鳥さん、息ですら以ての外なんですから」

小鳥「あ……あ……?」

P「なんで?ですか。小鳥さん臓器全部破裂しちゃったんですから、肺もないに決まってるじゃないですか」

小鳥「(まさか、まさか)」バッ

ベゴッ

小鳥「あ……!?」

P「ああ、ダメですよそんな押し込んだら。骨も臓器も筋肉もないんですから、皮膚が破けちゃいますよ?」

小鳥「―――」

P「それとですね、小鳥さん」スタスタ


P「死んだ程度で、逃げられると思ったんですか?」ボソッ


小鳥「は……は……」

小鳥「(はは、はははははっ……)」

小鳥「(あの日死んだのは、あの子達と私だけじゃなかったんだ)」

小鳥「(あの子達と私と、もう1人)」

小鳥「(Pさんだったんだ……)」

P「暫くは俺が小鳥さんの面倒をつきっきりで見ますから。その体だとリハビリしないとみんなに挨拶もできないでしょう?」

小鳥「(……なら、もう、いっそ)」フラッ

P「あれ、大丈夫ですか?そのままぐしゃって倒れるのだけは勘弁してくださいよ?」

小鳥「(何もかも、壊れてしまえばいい)」グラッ

P「ほらだから言ったじゃないですか―――」

小鳥「(私の心も)」ガシッ

P「う、げ……?!」

小鳥「(みんなの心も)」ガッ

P「こ……とり……さ……?」

小鳥「(Pさんの、心も)」ギリギリギリギリ



かつてそこには、アイドルプロダクションがあったらしい。

しかしその場所はもう、廃ビルとなってしまっている。


その廃ビルのどこかに、地下室への入口があると言われている。

だが、もし入口を見つけてもその場所には決して立ち入ってはならない。


そこには―――人ならざる人が、今も生き続けているから。


ギィィィィィ……


              アツイデス、ノドカワキマシタ……         アヒィアイィ        ハニー……ドコ?
          
マタクビガ          ヤットアシガウゴキマシタヨ        カスミ……コウジ……    バカ、ヘンタイ、シネ

   ネェネェアソボ?      ハムゾウーイヌミー        アアアアアアアアア       ドコイッタンデスカ……?    

シゴトシゴト……  ピヨピヨ






P「765プろだクしょンヘ、よウコそ!」





おわり