☆シャッフルSS☆



「ただいまー。あら、千早ちゃんだけ?」

「はい、律子は竜宮のみんなを迎えに行きました」

「律子さんに留守番頼まれちゃったの? ごめんなさいね待たせちゃって」

「いえ……あの、音無さん? ちょっと話を聞いてもらってもいいですか?」

「え? うん、ちょっと、買ってきたお茶とか給湯室においてくるから待ってて」

「すみません」

「はい、おまたせ! それで? 改まって、千早ちゃんが私に質問なんて珍しいわね?」

「実はちょっと……悩んでいることがあって……」

「そういえば、ソロライブが決まったんですってね! そのことかな?」

「それとは少し違うことなんですが」

「……うむ! 不肖、この音無小鳥が力になれるなら相談にのるわよ!」

「しあわせって、何なのか、どういうものなのか分からなくなってしまって」

「ち、千早ちゃん? それって……」

「音無さん! しあわせってなんだか教えていただけますか?」

「ちょ、ちょ……」

「あ……えーと、私の歌ってしあわせを追い求めるテーマのものが多いじゃないですか」

「あ!? うん。『蒼い鳥』とかそうよね」

「私も自分なりに心をこめて歌ってきたつもりなんですが、ふと、しあわせってなんだろうと思うようになったんです。以前の私なら歌さえ歌っていれば、それだけ でしあわせでした。でも、今はそれだけがしあわせじゃないと気付いて。そうすると以前のようには歌えてないような気がして」

「うんうん。若いっていいわねー」

「音無さん?」

「それは、千早ちゃんがいろんなことを経験して、しあわせの価値が広がってきたからよ」

「そう……なんでしょうか?」

「小さな子供の頃は、プリンを食べたり、面白いお話を聞いただけでしあわせだったでしょう?」

「……」

「それが、千早ちゃんは『歌』になって、そしてまた更に違うものも含めて、しあわせと感じられるようになっていってるのよ」

「私の、しあわせ……。今の私はみんなと。765プロのみんなと一緒にトップアイドルを目指すことが楽しい。春香や美希達と一緒に」

「それが、千早ちゃんの『しあわせのお皿』のようなものになっているんじゃないかな? 昔は小さいお皿だったけど、今ではみんなをすくえるぐらいに大きくなったんだと思う」

「でも、そうしたら私は? 私の歌は?」

「大丈夫! 今のしあわせをそのまま千早ちゃんの歌にのせれば、大丈夫よ! 昔の歌い方とは変わってしまうかもしれないけれど、きっと前よりいい歌になるわ」

「そう……でしょうか?」

「そうだ! せっかくだから、一曲、私の歌を披露してもいいかな?」

「お、音無さんの歌ですか!?」

「みんなには内緒よ! プロデューサーさんにも。この歌のタイトルは「しあわせ」を漢字一文字にしたもの……。それを、私の今のしあわせをこめて歌うね」

「ぜひ、きかせてください!」

「じゃ、失礼して……」







~♪









「ずっとずうっと~幸あれ~♪」

「……」

「ど、どうだった?」

「心が暖かくなるような歌ですね。すごくいいです!」

「いやあ、千早ちゃんに褒めてもらえるとうれしいかな」

「この、しあわせの歌は、音無さんの歌だったんですよね?」

「まあ、女には色々過去があるのよ。それにね、昔はこんな風には歌えなかったの」

「え?」

「みんなと出会えて、みんなとしあわせを共有できたから、こんなふうに歌えたのよ。千早ちゃんやアイドルのみんな、律子さんやプロデューサーさんや社長のおかげね」

「音無さん……。それで私にきかせてくれたんですね」

「現役アイドルに、歌をきかせて……ってちょっと恥ずかしいけれど。歌の悩みには歌で応えるのがいいかなって」

「ありがとうございました。私のために」

「いえいえ。それにね」

「?」

「今の『しあわせ』に関して言えば、千早ちゃんは私のライバルかなって」

「そ、それって……」

「私も千早ちゃんに負けたくない、ってつい歌っちゃったのかもね~」


ガチャリ


「只今戻りましたー。お、千早、待たせてゴメンな」

「!」

「プロデューサーさんおかえりなさい! じゃあ千早ちゃんをきちんと送ってあげてくださいね」

「音無さん、すいません、千早を送ったらすぐ戻ってきますんで!」

「事務仕事まだだいぶ残ってますからね~」

「それでは、音無さん。相談にのっていただいてありがとうございました」

「千早ちゃんも気をつけて帰ってね、あと」

「?」

「がんばってね、ライバルさん」

「ん? 二人で何の内緒話してるんだ?」

「女同士の秘密です! ねっ! 千早ちゃん?」

「え……ええ。プロデューサーには内緒です」

「うーん。気になる」



その日、車で送られる途中、私はプロデューサーにわがままを一つお願いした。







「しあわせのうた」 完