前作:P「え~それでは第一回・・・」



P「765プロ性教育を始めます!」

小鳥「キターーーーーーーーーーーー!!キタコレキタコレ!!」

真美「チョリーーーーッスァ!!」

亜美「テンション上がってきたぁーーー!!」

やよい「今日もみんなと一緒にせー教育の勉強がんばりましょー」

伊織「悪夢だわ・・・」


P「あれれ、どうした伊織元気がないぞ?」

伊織「当たり前でしょ・・なにが面白くてこんな授業また受けなきゃいけないのよ」

P「でもあずささんから聞くところによると前回はノリノリだったって」

伊織「そ、そんな訳ないでしょ!」

真美「男のナニを?」

亜美「女のオマーン国の湖に?」

伊織「こ、こう・・・」カクカク

やよい「伊織ちゃん!ハイターッチ!」

伊織「いぇい!・・・・・ってやらせるんじゃないわよ!」

P「よし、問題ないな、さ~て今回の先生を呼ぶぞ~。765プロ性教育第二回の先生は~・・」

小鳥「は~い二度目の正直!性の具現結晶!なにをかくそうこの私小t・・」

P「ではなく!」

小鳥「ピヨヨッ!?」

あずさ「はーい、私でーす!」ボインボイン

真美「出た!性の最先端を行くあずさねぇちゃんだ!」

亜美「今日もボインボインだねぃ」

やよい「今回もあずささんがせーについて教えてくれんですか~?」

伊織「欝だわ・・・」

P「ではあずささん、後はおまかせします」

あずさ「はい~おまかせください~」

小鳥「あの~プロデューサーさん・・・」

P「あれ、小鳥さんまだいたんですか?だめですよ、盛り上げ役は早めにきりあげなきゃ」

小鳥「誰が盛り上げ役ですか誰が!・・・いやそうじゃなくてですね。今回は言わせていただきますよ!あずささんよりも私のほうが絶対性教育の先生に向いていますってね!」

P「へ~、じゃあ小鳥さんは何を教えられるんですか?」

小鳥「よっくぞ聞いてくれました!女と男のあぐわいなどもう古い!男と男、女と女!同姓同士の同姓同士による同姓同士のためのまぐわい方をですね・・」

P「はーい邪魔になるんでもう出て行きましょうね~」グイッ

小鳥「えっ?えっ?なんでどうして?あ~れ~・・・・」ズルズル~

あずさ「は~い、では性の具現結晶(笑)がいなくなったところで授業を始めましょうか~。みなさん、今日からは本格的に性について学んでいきますからね~」

亜美「ほ、本格的な性教育・・・ごくり」

真美「こ、これでさらに真美達はアダルティなレディに・・・ごくり」

伊織「レディを舐めるなよ双子」

やよい「まぁまぁ伊織ちゃんせっかく皆一緒なんだから楽しくやろう?」

伊織「ま、まぁやよいがそういうなら・・。今日こそはやよいを毒牙から守らないと・・」ブツブツ

あずさ「こら~私語をつつしみなさ~い。さて今回は前戯~ディープキス~について学ぶんだけど・・この中でキスしたことある人~?」

亜美「はいはいはい!は~い!」

伊織「えっ!」

真美「そりゃあるでしょキスの一回や二回」

伊織「えっえっえ!」

やよい「まぁキスぐらいなら・・」

伊織「や、やよいまで・・・・・」

伊織「・・・・・も、もちろん私もあ、あるわよ、キスぐらい・・」

あずさ「じゃあ~伊織ちゃんにキスについて語ってもらいましょうか~」

伊織「な、なななななんでそうなるのよ!」

あずさ「ん~・・伊織ちゃんはこの中で一番経験豊富そうだからかしら~。まさかしたことないわけじゃないんでしょ~?」

伊織「そ、そりゃあまぁ・・。で、でもでも、双子だってあるみたいだしここは譲って・・」

亜美「あ、私ほんとはしたことないんだよね~」

真美「あ、そうなんだ!私もあせってあるっていっちゃたよ~」

伊織「おんどりゃ双子・・・・」

やよい「わ、私もほんとはしたことないです・・////」

伊織「やよい・・よかった・・」

あずさ「あら~みんなキス経験ないのね。ならやっぱり伊織ちゃんしかいないわ。さぁ伊織ちゃんどうぞ!」

伊織「くっ・・。ま、まず、キスっていうのは相手のからだに唇で触れて愛情や敬意を示す行為であって・・」

亜美「いおりんいおりん、それコトバンクに載ってることまんまだよね」

伊織「う、うるさいわね・・。え、え~とキスする時は勢いをつけると歯がぶつかって危ない・・・とか」

真美「なんか本で読んだような言い方だね」

伊織「・・・・・・・・・」

あずさ「はい、伊織ちゃんありがとう。さぁディープキスについて学ぶわけだけど舌をつかうわけだから舌の準備体操が大事よ。舌の準備体操・・・・そう!発音練習ね!」

伊織「なんでそうなるのよ・・・」

あずさ「リピートアフターミー。・・・・・ディィィーップ・・」

亜美・真美・やよい「ディープ!」

伊織「ディ、ディープ・・・」

あずさ「あらあら伊織ちゃん元気がないわ・・もしかして英語苦手?」

伊織「そんなわけないでしょ。小さいころから英語とは縁があるわよ」

あずさ「ほんとに?じゃあディープの意味分かるかしら」

伊織「舐めないでよね、深いよ深い。」

あずさ「よくできました!ではみんな、リピートアフターミー。・・・・あっ//
/そ、そこはダメッ・・・くぅっ・・!ふ、ふかぁぁぁ~~~~い////」

伊織「ちょっ・・!」

亜美・真美「あっ///そ、そこはダメッ・・・くぅっ・・!ふ、ふかぁぁぁ~~
~~い////」
/」

伊織「やめなさいそこの双子!」

やよい「あっ///そ、そkっ・・うぅ・・噛んじゃいました・・」

あずさ「こら~伊織ちゃん。なんでリピートしないの?」

伊織「で、できるわけないでしょ!こ、こんなの///」

あずさ「だ~め、ほらもう一回。一人でやってもらうわ。リピートアフターミー」

あずさ「あっ///そ、そこはダメッ・・・くぅっ・・!ふ、ふかぁぁぁ~~~~
い////イクッイクイクっいっちゃう~!」

あずさ「はい」

伊織「さりげなく語句増やすんじゃないわよ!嫌よ、こんな事絶対に言わないん
だから!」

やよい「伊織ちゃん駄目だよ・・先生の言うこと聞かなきゃ・・私、伊織ちゃん
なら絶対うまく言えると思うです・・」

伊織「そんな目で見ないでよやよい・・。わ、分かったわよ!やればいいんでし
ょやれば!見てなさい、やるからには本気なんだから!」

亜美「んっふっふ~ほんといおりんはやよいっちには弱いよね~」

真美「ちょろりんだよちょろりん」

あずさ「では伊織ちゃん張り切ってどうぞ」

伊織「・・・ふぅ~。・・・・あっ///そ、そこはダメッ・・・くぅっ・・!ふ、
ふかぁぁぁ~~~~い////イクッイクイクっいっちゃう~!」

全員「・・・・・・・」

伊織「・・・・・・・。・・・ど、どうなのよ///何か反応しなさいよ//」

亜美「・・・・負けたね」

真美「うん、負けちゃったよ」

やよい「伊織ちゃんすごいです・・」

あずさ「うんうん、思ったとうり伊織ちゃんとっても色っぽかったわよ。私女性
だけどムラムラしちゃったもの」

伊織「・・・やったわ!・・・いや、やってねぇぇぇぇぇぇぇ!」

亜美「ねぇねぇいおりんいおりん、今どんな気持ち?」

真美「あずさおねぇちゃんをムラムラさせてどんな気持ち?」

伊織「不快しかないわよ!」

あずさ「深い・・・だけに?」ニヤニヤ

伊織「えっ・・」

亜美「・・・・寒いね」

真美「うん寒い・・いおりん笑いをとるのはまだまだだね」

やよい「伊織ちゃん寒いです・・」

伊織「別に掛けてねぇよ!・・・もういやだこの授業」

あずさ「はいはーい、じゃあ舌の体操も終わったところでディープキスのやり方
について学びましょう」

あずさ「ディープキスとはお互いの口に舌を入れるキスのこと、つまりお互いの
舌を絡ませあうってことね」

やよい「し、舌をですか・・」

真美「はーい、ディープキスってフレンチキスってもいうんだよね~」

亜美「またの名をベロチュ~とも呼ぶ~」

伊織「あいつらはどこでそんな単語覚えてくるのかしら」

やよい「う~想像がつきません・・舌って味を感じるところですよね。相手の舌
を味わうってことですか・・?」

あずさ「いいえ、味わうのは快感よやよいちゃん。いずれ分かるわ想い人どうし
舌を絡めあう瞬間にほとばしる激しいエクスタシーが!ね?伊織ちゃん、ね?」

伊織「いや、ね?って言われても」

やよい「想い人かぁ・・じゃあ伊織ちゃんとディープキスすれば、私もかいかん?
って味わえるのかなぁ・・」

伊織「ちょ、ちょっとやよい・・そ、それは///」

亜美「ん~それはどうかな~?ね?伊織ちゃん、ね?」

真美「ん~どうでしょうな~?ね?伊織ちゃん、ね?」

あずさ「あらあら~ここはビシッっと答えてあげなさい?ね?伊織ちゃん、ね?」

伊織「う、うるさいわね///分かってるわよ・・もう//」

やよい「伊織ちゃん?」

伊織「え~と、そ、その///あ~もう!・・・・・・・えぇそうね、もしもやよいと私
がディープキスしたら快感が得られると思うわ・・・たぶん」

やよい「たぶんなの・・・?」

伊織「い、いや絶対!絶対快感くるわ!ノンストップエクスタシー間違いなしよ!」

あずさ「もうイキっぱなし?」

伊織「えぇえぇそりゃあもう!イキっぱなしで常時ヘブン状態・・・・・・・・はっ!」

亜美「ほぉほぉ、いおりんの性欲は底なしですなぁ」

真美「もういおりんじゃないね、ぜつりんだねぜつりん」

ぜつりん「私としたことが・・また流されてしまったわ」

やよい「私はうれしかったよ伊織ちゃん」ニパー

伊織「っ/////ま、まぁそれならいいんだけど///」

あずさ「はいはい次はディープキスの舌の動きを学びましょうか。はい伊織ちゃん舌を出して」

伊織「・・・・・・・・ほらっ」チロッ

あずさ「あらあらそんなんじゃだめよほらもっとこう前に突き出して・・」ンベェー

亜美「おぉエロイ・・」

伊織「・・・・・・・・」ンベェー

あずさ「チャンス!!」エロン‥‥

伊織「ふぇっ///ふぇぇぇぇぇぇぇ!?」

真美「あ、あずささんが伊織とベ、ベロチュー・・・・してない!?」

亜美「こ、これは・・あずさねぇちゃんの舌がいおりんの舌スレスレの所を嘗め回している!」

やよい「いおりちゃんも驚きのあまり舌を動かせないみたいです!」

あずさ「ほらほうよ、ふこしでもひたをふごかひたらわたひのひたとあたったふから」レロレロレロレロレロレロ

伊織「エーーーーーーーー!エーーーーーー!」

亜美「あ、いおりんの舌力が限界のようであります真美提督!」

真美「うむ、これは時間の問題かもしれませんな亜美提督」

やよい「伊織ちゃんの舌頑張って!」

伊織(あぁ・・あずさの吐息が直に口の中に入ってくる///も、もう限界舌がお、落ちちゃう・・・こ、このままじゃあずさとべ、ベロチュー・・・)

あずさ「・・・・はいおしまいっと」

伊織「ふぇ?お、おひまい?」

あずさ「えぇ終わりよ。ありがとうね伊織ちゃん。必死に舌をうごかさまいと我慢してた伊織ちゃんの顔かわいかったわ~」

伊織「う、うるさいうるさ~い///」

あずさ「みんなディープキスのやり方はわかったかしら~。本番では相手も舌をうごかすだろうからそこは相手に合わせるなり自分のペースに合わせてもらったりしてくださいね」

あずさ「さて、今日の授業はこれで終わりなんだけど何か質問はあるかしら」

真美「もぉ~終わりか~」

亜美「亜美達また一歩アダルティになったね」

伊織「やっと終わるのね・・・」

やよい「あ、あの~。前回から気になってたんですけど・・・前戯ってなんですか?」

伊織「興味津々なやよいをみるのがつらい・・」

あずさ「いぃ~質問ですね↑そうね、じゃあ次の授業ではそこも含めて説明しましょうか。ではでは~次のテーマ、前戯~いろんな所を舐める~で会いましょう」

伊織「自主休講ワンチャン!」