あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 水瀬伊織

編集

関連SS:千早「お鍋が食べたいわ」
    響「焼肉が食べたいぞ」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:47:40.02 ID:fCguc1zKo

響「こないださ」

千早「え?」

響「こないだ、うちの事務所からあの番組出てたでしょ? ポセイドンさんの、クイズ番組。ポセリーグ」

千早「そういえば出てたみたいね」

響「自分、家で見てたんだけどさ。春香と貴音と雪歩と真とあずささん出てたんだけどね」

千早「ええ」

響「番組の中で、5人が順番にクイズに答えるっていうのあって、その時の問題が『【し】で始まる四字熟語』だったんだけど、ラストの雪歩がさ‥‥うーん」

千早「どうしたの?」

響「これ、話してもちょっと伝わらないかも。多分、録画したDVDが資料として‥‥」ゴソゴソ

千早「‥‥‥‥」

響「‥‥あ、あった。ちょっと待ってね」

千早「ええ」

響「えーと‥‥早送りで‥‥あ、この辺かな」ピッ


天の声『それでは、765プロチームのファイブボンバー、スタートです』

春香『えーと、えーと‥‥七転八倒!』ピンポン

あずさ『し、し‥‥新進気鋭?』ピンポン

貴音『秋風落莫』ピンポン

真『七転八倒は出たから‥‥えー、えー、し‥‥し‥‥あ! 疾風怒濤!」ピンポン

雪歩『しゅちにくりぃん !』ピンポン テレレテッテテー


千早「ふふっ!」

響「しゅちにくりぃぃいん!」

千早「よ、よりによって何故そんな言葉を‥‥それも萩原さんが」

響「この後、散々いじられてたぞ。世界で一番大きな声で酒池肉林って叫んだアイドルとか言われて」

千早「物凄いギャップね。というか、萩原さんのあんなに大きな声、久々に聞いたわ」

響「あはは! それが、よりにもよって、酒池肉林なんだ」

千早「ふふっ」

響「‥‥さて」

千早「‥‥‥‥」

響「暇だね」

千早「‥‥帰れば?」



続きを読む

編集

ピ・ピ・ピ・ポーン

小鳥「みなさんこんばんわ!今夜もはじまりました水瀬伊織選手権、1週勝ち抜きで暫定水瀬伊織、3週勝ち抜きでガチの水瀬伊織になれるというこの選手権大会、本日が最終日となりました!」

小鳥「本日はグランドチャンピオンシップなので、えー、本日勝った方がもう伊織ちゃんです。3週勝ち抜きにならなくても、もうその子が伊織ちゃんです!抗議は受け付けません!」

小鳥「水瀬伊織になれる、っていうのがよくわからないっていうお便りもいただいているんですが、なれるんです。公認の水瀬伊織ものまね芸人とかじゃなく、水瀬伊織になれちゃうんです!」

続きを読む

編集
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 02:15:28.86 ID:NKOR2HtY0
あなたは今幸せ?
そう問われたとしたら、この私ーー水瀬伊織はこう答えるでしょうね。

「ええ、幸せよ」

世界にとって自分なんてなんてちっぽけだと教えられ、それでも捨てきれなかったプライドと支えてくれる仲間、時には引っ張られ、引っ張ったパートナーが私の周りにいてくれて、一つの夢が終わって、また新しい夢を追いかけ始めた私をあたたかく見守ってくれる、そんな人たちが私の周りにはたくさんいてくれた。
これを幸せじゃないだなんて、とても言えない。

あなたは今寂しい?
そう問われたとしたら、私の答えは真逆になるわね。

「ええ、寂しいわよ」と。

20も後半の、そろそろ曲がり角が気になるそんな女が年甲斐もなくセンチメンタルになるのは、今日のお昼に親友から貰った1本の電話がきっかけだったわ。

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 22:46:43.45 ID:3ZufQTr00



カチャ


バタン



P「うぃ~~ただいま~と言えど、返事する人は無しっとぉ」

P「うっはー、今日も歩き倒しで疲れたなぁ」

P「足もクタクタだよ」

P「よいしょっと……」ヌギッ

P「……ん? …………うわ、俺の靴、かかとの部分、結構削れてんなぁ」

P「こいつも買い替えかなぁ……」ヒョイッ

P「うわ、ソールも大分すり減ってんなぁ」


P「……」

P「……」クンクン


P「ほっ!!………………」ガクンッ




……

…………

………………



P「……………………」

P「………………っっぶはぁ!!!!」

P「は…………っはぁ!! ぜーはーぜーはーぜーはー!!!!」


P「くっさ………………」

P「え…………くっっさ!!!!」

P「くっせぇ!!!!!! 何だコレ!!!!!!!!」





続きを読む

編集
伊織「私もこの名前で何年も生きてるんだから、伊織ンピックなんてダジャレはもう聞き飽きてるんだけど、まあいいわ。で、何をやろうっての?」

P「ええとだな。まずは競泳」

伊織「まんまね」

P「ということでこれを着てくれ」

伊織「競泳水着ね。まあいいけど。本当は真が着るほうが似合うんじゃないの?」

P「いいからいいから」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 15:36:45.79 ID:MY/dACDu0
~TV局スタジオ~

スタッフ「はいオッケーでーす! お疲れ様でしたー!」



律子「本日はどうも、お疲れ様でした」ペコリ

ディレクター「竜宮小町ちゃんいいねー、勢いがあって。これからもよろしく頼むよ」

律子「はいっ、ありがとうございます!」


亜美「りっちゃーん、早く行こうよー!」フリフリ

律子「ごめーん、先に車で待っててー!」


あずさ「律子さんの言う通り、先に行ってましょう。えぇと、確か駐車場は……」テクテク

伊織「わーっ、あずさそっちじゃないわよ! こっち!」

あずさ「あら~?」



続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「どうも~! ベッキーです~~!」
伊織「本気でやめろ! いきなり本当に」

春香「いやはやどうもどうも~」
伊織「本当、ありがとうございます、どうも~」

春香「と言う訳でね、ハルカなるイオリな訳ですけどもはい~」
伊織「頑張っていきますよ~今回も~」

春香「私らもね、こんな漫才なんてやらせて頂いていますけどもはい」
伊織「はい」

続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「どうも~~! 島村卯月です~!!」
伊織「いや、天海春香なんですけどねアナタは」

春香「いや~~~~いやいやいやいや」
伊織「どうもどうも」

春香「と言う訳でね~~本当、1回ちゃんとしよっ!? 伊織!!」
伊織「完全に私のセリフなんだけどね~はい、それは」

春香「まぁまぁ、そんな訳でね、ハルカなるイオリな訳ですけどもはい」
伊織「どうも、本当にありがとうございます」

春香「頑張っていきましょう、ええ、本当に」
伊織「それはもう本当に頑張りましょうね」

続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「いやはやいやはやいやはや」
伊織「どうもどうも、本当ありがとうございます」

春香「ハルカなるイオリですよ、ハルカなるイーオーリーっ!!」
伊織「結構忘れ去られていますけどね、こうやって二回続けて言うのがね、春香の特徴でしてね、ええ」

春香「いやーもう頑張っていかないとですね」
伊織「いや、本当にもう頑張りましょう」

春香「伊織なんてね、もう、オデコツヤッツヤですから、今日の日のために」
伊織「私のオデコはまぁ、常にツヤッツヤな所はありますけどもね、はい」

春香「こうすると、キュッってなりますから」ググググ
伊織「痛い痛い痛い痛い!!!! ならないわよ!!」

春香「そんな訳でね~頑張っていきましょう本当に」
伊織「そうですね~」

続きを読む

編集
パチパチパチパチパチパチパチパチ



春香「はいはいいはいはいはい」
伊織「どうもどうも、いや、本当にありがとうございます」

春香「この道を行けば何処へ向かうのか」
伊織「芸への道は果てしない」

春香「いつか辿り着く安息の地」
伊織「心の庵を目指して」

春香「ハルカなる!」
伊織「イオリ!!」
続きを読む
アクセスランキング