あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 水瀬伊織

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 02:02:15.18 ID:9ynZPQSA0

P「旅は良い……俺は車窓の外を流れる景色が好きなんだ。見慣れぬ街、見慣れぬ山々、見慣れぬ田園風景が次々と車窓を横切り後方へと消えて行く。徐々に傾く太陽が刻々と違った風景を映し出す……そんな光景が大好きなんだ」

あずさ「のどかな風景ですねぇ……」

P「そうでしょう、あずささん」

伊織「悦に入ってるところ悪いんだけどね、ちょっと聞いて良いかしら?ほんの些細なことなんだけど」

P「んー、何だ伊織。俺は今、この旅情溢れる車窓の風景を目に焼き付けているところだ。何が不満だ?隣にはあずささん、目の前には伊織、そして窓の外には無限に広がるかのような山々が」

伊織「そんな事聞いてんじゃないわよ!私が、今、あんたの口から聞きたいのは、ここは一体どこだって事!!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:00:11.29 ID:LeV7KawX0

響「ごめん、聞き間違いかな。もう一度言ってくれる?」

伊織「だからアンタが言うこと聞かなかったらそれ飲ませるって言ってんのよ!」ムニィー

響「やめて自分のほっぺはそんな伸びないかなーってうぎゃあ!」


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 22:24:18.11 ID:yr5islgU0


小鳥「プロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「プロデューサーさんは765プロにとってかけがえのない人です

P「はぁ」

小鳥「皆にも、私にも優しいし、仕事もとってきますし、本当にとっても良い人だと思うんですけど……」

P「けど?」

小鳥「……ひとつだけ……ひとつだけ!! 言わなきゃって思う事があるんです!!」

P「あー……すいません、音無さん、僕、アラサーはちょっとギリギリ三塁線抜けるんですよ」

小鳥「守備範囲を絶妙に抜ける技巧派年齢みたいな言い方やめてくれません? 違いますよ!! 告白とかそう言うんじゃなくて!!」

P「え? じゃあ何ですか?」

小鳥「プロデューサーさん、伊織ちゃんにだけ厳しすぎません!?」

P「え?」

小鳥「プロデューサーさんがメインでプロデュースしているアイドルで実績だって家で一番ですが、他の子に比べて伊織ちゃんへの当りが厳しすぎるように思うんです」

P「……………………ソレ、気付いちゃいました?」

小鳥「気づきますよ! こっちとしては可哀そうで見てられないんですよ、正直」

P「……まぁ、伊織には特別厳しく接してる事は事実です、ですが、それは」

小鳥「伊織ちゃんのためを思っての事、それは解っていますが……」

P「僕の趣味で……仕方なく」

小鳥「それにしても伊織ちゃんが可哀そうで……って、え? は? 何て?」

P「僕の、趣味で、仕方なく」

小鳥「…………ど、どう言う事です?」

P「音無さん、僕ね? ……伊織が露骨に嫌がる顔が、好きでたまらないんです」
続きを読む

編集
1: ◆b2/ys3/tgw 2015/01/05(月) 12:04:20.17 ID:jwK+wAjeo
一人の、女の子

桃色のワンピースを纏い、

栗色のロングヘアをなびかせる

胸元には大事そうに抱えたウサギのぬいぐるみ

少しくたびれて、継ぎはぎが目立つ

ボロボロという訳ではないが、大切にされていることがわかる

歩き方一つにもにじみ出る気品は気高く

何処かの国のお姫様、高貴な家柄のお嬢様

そんな印象を周囲に与える


続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/26(土) 23:09:36.89 ID:qJhNir7b0
※タイトルはミリマス楽曲ですがミリマスは一切関係ありません。
※書き溜めがあるのですぐに終わります。
※このSSは濃厚ないおたかSSです。

短いですが、どうぞお楽しみください。

続きを読む

編集
春香「いや~~~~~さいっこうだったね紅白」

千早「うん……観客も私達のステージ喜んでくれたのかしら……」

春香「喜んでくれたんじゃないかな。千早ちゃんもみんなの笑顔みたでしょ?」

千早「えぇ、……うん、そうね。……私、ステージから見える景色がほんとうに大好き…」

春香「熱いサインライト、綺麗なサイリウム、観客達の笑顔………どれも綺麗…っていうのかな」

千早「どれも歌を歌うことだけが生き甲斐だった私にもっと素晴らしいモノを与えてくれたわ」

続きを読む

編集
千早「地球を犯せ!地球を犯せ!地球を犯せ!マリアナ海峡にお前のバベルの塔を挿し込んでやれ!フゥーーーー!」

春香「アァァァァァァ!!!!!!地球は母!我らの母!これはいわゆる近親相姦オウイェ」

伊織「・・・・・なにあれ」

小鳥「あれはね、デスメタルにはまった千早ちゃん。と、それに感化された春香ちゃん」

伊織「それはそれはなんつー…」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 00:51:34.32 ID:70Zhx5xD0

伊織「は? 打ち上げって仕事のあとのお疲れ様会のこと?」

P「だから、伊織を打ち上げたいんだ!!!」

伊織「百歩譲って打ち上げるのは良しとして、どこによ?」

P「宇宙に決まってるだろっ!!!!!!」ガシッ

伊織「宇宙ねぇ……」

P「そう! ロマン溢れてるだろ!? なっ? なっ?」ユサユサ

伊織「アンタさぁ……?」
続きを読む
アクセスランキング