あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 四条貴音

編集

美希「あのね、ミキやってみたいことがあるの」

貴音「マクラなしですか。して、そのやってみたいこととは?」

美希「悪代官」

貴音「……もう一度お願いできますか」

美希「あくだいかん!」

貴音「大きい声で言って欲しかったわけではありません。そうですか、悪代官ですか」

美希「だから、ミキが悪代官の人になるから、貴音は越後屋さんやって」

貴音「お待ちなさい、美希」

美希「ダメ?」

貴音「ダメです。そもそも悪代官と越後屋だけでは話が終わりません」

美希「そっかぁ。やっぱり正義のお侍さんが出てきて、ズバーッてやらないとね」

貴音「そうです、制裁なき勧善懲悪に盛り上がりはございません」

美希「じゃあしょうがないから、貴音は越後屋とお侍さんやって」

貴音「私の負担高すぎませんか?」



続きを読む

編集

 ある朝目が覚めたら、響の家に泊まりに来ていた貴音が幼女になってしまっていました。
 行くあてのないたかねは、なりゆきで響と同居することになりまして……

 目次

 ◆その1

 ◆その2

 ◆その3

 ◆その4

 ◆その5

 ◆その6

 ◇番外編

編集




【すねーく・れっぐす】



※※※

 これらは番外編であり、いわゆる埋めネタです。

 いろいろな事情で本編からは省くことにした没ネタや
 本編終了後の日常ネタ的なもの等等、時系列も統一されていないごった煮です。

 パラレルということで、箸休め程度にお楽しみください。

 (なお、言うまでもないことかとは思いますが、
  snake legsでは「蛇足」の意味になりませんのでご注意ください。)

※※※
続きを読む

編集
←その5







たかね「――びき、ひびき。おきてください! ひびきーっ!」




  響「ん、ううん…… わかった、わかったぞ、すぐ起きるって、たか、ね…… ……!?」

たかね「あっ、ようやくおき…… ぷっ! どうしたのですか、ひびき。おくちが、ひらいたままですよ」

  響「たかね…… たかね!? たかねぇっ!!」

たかね「ひゃあっ!? ひびき? ど…… どうか、したのですか?」

  響「たかねだ、たかね、よかった…… ウソじゃなかった! ちゃんと、たかねはここにいるじゃないか!」



たかね「…… ふふ、とうぜんでしょう。わたくしは、とけていなくなったりしない、ともうしましたよ?」

  響「うん…… うん、そうだよねっ…… あはは、自分寝起きでちょっと混乱してたぞ、ごめんごめん」

たかね「まったくもう…… さあ、ひびき! びみなあさごはんを、おねがいします!」

  響「まかせといて、びっくりするくらいおいしいの作ってあげるから!」


  響「そうだよ、やっぱりなんかの間違いだったんだ、今までのは全部、悪い――」

続きを読む

編集
←その4



  響「じゃあみんな、おつかれー! 自分たちはお先に失礼するぞー」

 雪歩「あれっ…… 響ちゃん、もう帰っちゃうの?」

  響「うん、冬休みもそろそろ終わっちゃうし、今日はたかねのことかまってあげるつもり!」

 伊織「なるほど、そういうこと。よかったじゃないの、たかね」

たかね「……ええ、そうですね」

 伊織(あら……? てっきり大喜びしてると思ったのに、意外と反応薄いわね……)

 律子「正月休み終わりがけで交通量も増えてきてるし、気をつけて帰りなさいよー」

 小鳥「今日もお疲れさまでした、響ちゃん」

あずさ「また明日ね~、響ちゃん。たかねちゃんも、ばいばい」

  響「うん、また明日! たかねもほら、ちゃんとあいさつしよう?」

たかね「あ…… そうでした。みな、おつかれさまでした」
続きを読む

編集
←その3



【おおかみ少女】

  響「すごいよっ、たかね! 早く起きて、早く早く!」

たかね「…… んん…… いちおう、たずねますが、なにがあるのですか」モゾモゾ

  響「雪だよ! きれいに積もってるんだ、ホワイトクリスマスになったぞ!」

たかね「ひびき。わたくし、きょうというきょうは、だまされませんよ」

  響「今までさんざん引っかけたのは悪かったってば。今日こそは、ホントにホントだから!」

たかね「ふっ…… そのてにはもう、かかりません。わたくし、きょうこそはひゃああっ!?」

  響「えーい、それなら実力行使! このまま抱えて窓際まで連れてってやるさー!」

たかね「ひ、ひきょうなっ!? くちでかてないからと、ちからにうったえるなど、やばんで……」




たかね「…… ふわあぁ、すごい!! いちめん、まっしろです!!」

  響「ねっ、言ったとおり自分、今日はウソついてないでしょ?」

たかね「ひ、ひびき、はやくおそとへでましょう! いっこくもはやく!」

  響「まずはご飯食べてからね。これだけ積もってたら、すぐにはとけないから大丈夫」
続きを読む

編集
←その2



【ろんぐ・たいむ・のー・しー】



 貴音「お久しゅうございます、響」

  響「…… あれっ…… えっ、た、貴音!? 貴音じゃないか! いつの間に元に戻ったのさ?」

 貴音「はて、元に戻った、とは……? わたくしが、何かに変わってでもおりましたか?」

  響「え、ええっ……? じゃあ、あの小さいたかねは貴音じゃなかったの!?」

 貴音「ふふっ、もう、いったい何を言っているのです。響のほうが、よほど小柄でかわいらしいというのに」

  響「うがーっ!? やっと戻ってきたと思ったら、気にしてることを!」

 貴音「相も変わらず、響はにぎやかですね。さあ、では一緒に事務所へ参りましょう」
続きを読む

編集
←その1



【五つ子のたましい】



  響「たかね、たかね。朝だぞー、起きてー」ユサユサ

たかね「ぐう…… ふにゃ、すー……」

  響「ちっちゃくなっても、寝起きの悪さは一緒なんだな…… たーかーねってば!」

たかね「…… ん…… ぅむ、む」

  響「もう朝だよ、ごはんの時間だぞー」


たかね「…… ごはん……」ムクリ


  響「食事だって言ったら起きるとこまで一緒かー、ぶれないなぁ」

続きを読む

編集

  響(……ん、 ……あー、朝かぁ)


  響(今日はオフだし…… さむそうだし、まだ寝てよ……)


  響(そうだ、貴音…… は、もう起きたのかな? いないや)


  響(起きてるなら、早く朝ごはん作ってあげなきゃ……)


  響(でも、ちょっとだけ…… あと5分だけごろごろしたら、起きよ)


<ガシャーン

  響「!?」ガバ
続きを読む

編集
◆オーディション

自分、沖縄から上京してきてアイドルをやってるんだけど、
ある日オーディション会場で事故にあいそうになったんだ
ステージの上でパフォーマンスしようとしたら、照明の器具が降ってきて、床はぐっちゃぐちゃ
もしあそこに立ってたら死んでいたかも…

それから毎週オーディションを受け続けたけど、毎回照明は落ちてしまう
しかも回を重ねるごとに、確実に自分の立っていた場所に近づいてくる…
怖くなった自分は同じ事務所のTさんに助けてくれってお願いしたんだ
Tさんは「ほう」ってそっけなく聞いてたんだけど、自分のオーディションに来てくれることになった

オーディションの日、いつも通りステージの前で名前を言ったんだ
「我那覇響です! よろしくお願いします!」
すると審査員の男がピクリと身体を動かしたような気がした…
何かがおかしい、そう思って舞台袖のTさんをちらりと見た
心得た、と言ったようにTさんは「破ぁーーー!!」と叫んだ

するとTさんの手からカーマインレッドの光線が飛び出し、あの怪しい審査員の身体を貫くと、
照明の器具がばったばったと落下してきた!
すべて落ちたあとで「これで安心ですね…」と片手でどんぶりを持ってラーメンをすするTさん
月生まれってすごいぞ…そのとき初めてそう思ったんだ

続きを読む
アクセスランキング