あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 如月千早

編集
1: ◆0lcgcQtP4I 2014/05/12(月) 20:36:24.75 ID:BXJzhaQw0
春香「えっ…でも…」

千早「なにかしら?何か変なところでもある?」

春香「変というか…千早ちゃん、今週の髪型、月曜日は普通だったのに、日に日に変えていって今日(金曜)すごいことになってるよ。」

千早「…春香…私、曜日によってイメージする数字とかが違うと思うのよね。具体的には、月曜が0で日曜が6、のように。春香はどう思うかしら?」

春香「千早ちゃんはハルヒ知ってるんだなって思うな。」

千早「知らないわ」
続きを読む

編集
1: ◆0lcgcQtP4I 2014/05/12(月) 01:11:58.99 ID:BXJzhaQw0
春香「えっ、でもこのクッションだんご大家族だよね?」

千早「知らないわ。これは人からもらったものだから。」

春香「へー、そうなんだ。」

千早「そうよ、でも気に入ったから毎年私の誕生日に欲しいわね。」

春香「やっぱりCLANNAD知ってるよね?」

千早「だから知らないわよ。そんな人生みたいなアニメ。」

春香「絶対知ってるよね!?私アニメって言ってないし、人生なんて知らなきゃでてこないよね!?」

千早「しつこいわね春香、私は知らないって言ってるでしょ?だからこの話はもう終わりよ。」

春香「えー、でも絶対知ってるよ…」ボソ
続きを読む

編集
1: ◆RY6L0rQza2 2015/08/17(月) 21:05:21.80 ID:kOVaQeaTo
スーパーでお昼ご飯の材料を買って、いざ外に出ようとした所で、雨がざんざんと降っているのが見えた。

最近、こう言う突然の雨が多いのよね。夏だからかしら?

スーパーの店員が慌てて傘立てと売り物の傘を用意しているのを横目に、雨が弱まるタイミングを待つ。

別に、家までかなり近いから、私単身ならそのまま帰ってもよかったんだけど、今日のお昼ご飯を犠牲にするわけにはいかない。

続きを読む

編集
1: saga 2015/08/12(水) 19:47:58.49 ID:OBMLWs870


千早「と、常々思っていたのよ」

美希「あんみん?」

千早「美希はいつも気持ちよさそうに寝ているわ」

美希「そうかな?」

千早「そうよ、幸せそうな寝顔、口の端から垂れる透明な滴……」

美希「えっと///」

千早「なぜ!! なにゆえあんなに安らかに眠れるの!!?? 教えて美希ぃ!!」ガシッ

美希「ど、どうしてって言われても、眠いからとしか言えないの」

千早「私も眠い時は眠いわ……今、この瞬間も眠い」

美希「じゃあ寝れば良いの」

千早「それが出来れば寝てるっちゅーーのーー!!!! ちゅーのちゅーのちゅーーーーのーーーー!!」

美希「……」

千早「んはっ!! ご、ごめんなさい、最近良く眠れなくて……ストレスが溜まってて……」

美希「んん~~じゃあ、美希が千早さんのために一肌脱ぐの!!」

千早「え!?」

美希「ミキは眠れないって言うのがどういう事か、あんまり解らないけど、千早さんがあんみん? 出来るように精一杯サポートするの!!」

千早「ありがとう美希!!」ダキッ

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 02:44:45.53 ID:9qu4Gxb7o
「あっ、あっ」

プロデューサーが、白い水たまりの中で四つん這いになっている。はだけたワイシャツから出ている乳頭から、スプリンクラーのように母乳を撒き散らす。

「違う…違うんだ千早、これは…あっ」

プロデューサーが言い訳の言葉を喋ろうとする度に、母乳はピュッと途切れ、感じて言葉が出なくなる度に、再び噴水のごとく吹き出し始める。

私はしゃがむと、水たまりの中に手を入れる。そして、プロデューサーが胸に仕込んでいたブラジャーを、両手で拾い上げた。

ブラはプロデューサーの母乳でグショグショに濡れており、拾った私の手がベトベトになる。

「………」

左手にブラジャーを持つと、右手を見つめた。母乳が手から腕を伝い、肘から水滴となって落ちた。

ぺろり。

指を舐めると、舌の先から、ほのかな甘みと僅かな酸味が感じられた。

続きを読む

編集
バレンタインの日には、想い人にチョコをあげるなんて思い付いた奴を咎める気は無いが、
あいつに吹き込んだのは一体どこのどいつだ。

近づいてきたと思えば遠ざかって、
背中に隠したものをチラつかせては躊躇う。

続きを読む

編集
1: ◆RY6L0rQza2 2015/02/25(水) 20:04:18.92 ID:mA9JqB8io
「お疲れ様でした」

レッスンを終えて帰路に着く。始めた時はまだ登り切っていなかった太陽は既に沈んでいて、人工の明かりが街を照らす。

すっかり遅くなってしまった。いくらライブを控えているからとはいえ、空が真っ暗になるまでレッスンをするのは自分でもどうかと思った。

続きを読む

編集
1: ◆RY6L0rQza2 2015/02/14(土) 18:11:59.06 ID:wfc0hg1+o
今日はバレンタインデー。私、如月千早も例に漏れずバレンタインデーを満喫していた。いや、満喫させられていた、と言うべきか?

昨日、私のオフの前にと事務所の皆から貰ったチョコレート達。私もお返しにチョコを渡したけど、事務所のみんなと交換するチョコはやはり数が多い。

食べきれるかしら……などと思いながら、春香の手作りチョコケーキを最初に頂いてみる。

上に生チョコが掛かっていて見た目はとても甘そうだけど、そこはお菓子作りが趣味と公言する春香だ。

見事にくどくない甘さを表現している。思わず私もフォークが止まらなくなる程に、美味しい。

続きを読む
アクセスランキング