あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:ジャンル > コメディ・シュール

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/22(土) 15:34:06.33 ID:Zjm3VaMso
春香「そうなんです……。信じられない話かもしれませんが……」

P「うーん……本当に信じられない話だなぁ。詳しく話してくれるか?」

春香「はい!」

P「ところで春香、少し小さくなってないか?」

春香(81)「はい……。2cmほどですけどよく分かりましたね」

P「……。遮って悪かった、話してくれ」

春香(81)「はい」


続きを読む

編集

出囃子:虎退治


律子「梅雨は嫌ですね。蒸し蒸しとして暑い季節になってまいりました。東京は葛飾じゃ、
6月になると菖蒲祭りの時期になります。
梅雨どき、傘を指してこう、堀切菖蒲園を歩いていって、茶屋で団子を一齧りするなんてのが、
江戸っ子の嗜みです。
さて、まあ年頃の娘ら3人で菖蒲を楽しみにくる、なんていう、ちょっと色がないお話でございます」

続きを読む

編集
律子「みんな、準備はいい?」

律子「いよいよ、他のプロダクションとの大規模な合同ライブが始まるわ」

律子「貴方たちには、ステージのことだけに打ち込んでもらうため」

律子「ギリギリまで、海外合宿に取り組んでもらったわ」

律子「そして今日、日本に戻ってきて、いよいよライブを迎えるわけだけど」

律子「この先なにがあっても、動じない自信が、貴方たちにあるかしら」

律子「……そこまで言うのなら、はっきり言うわ」


続きを読む

編集
◆オーディション

自分、沖縄から上京してきてアイドルをやってるんだけど、
ある日オーディション会場で事故にあいそうになったんだ
ステージの上でパフォーマンスしようとしたら、照明の器具が降ってきて、床はぐっちゃぐちゃ
もしあそこに立ってたら死んでいたかも…

それから毎週オーディションを受け続けたけど、毎回照明は落ちてしまう
しかも回を重ねるごとに、確実に自分の立っていた場所に近づいてくる…
怖くなった自分は同じ事務所のTさんに助けてくれってお願いしたんだ
Tさんは「ほう」ってそっけなく聞いてたんだけど、自分のオーディションに来てくれることになった

オーディションの日、いつも通りステージの前で名前を言ったんだ
「我那覇響です! よろしくお願いします!」
すると審査員の男がピクリと身体を動かしたような気がした…
何かがおかしい、そう思って舞台袖のTさんをちらりと見た
心得た、と言ったようにTさんは「破ぁーーー!!」と叫んだ

するとTさんの手からカーマインレッドの光線が飛び出し、あの怪しい審査員の身体を貫くと、
照明の器具がばったばったと落下してきた!
すべて落ちたあとで「これで安心ですね…」と片手でどんぶりを持ってラーメンをすするTさん
月生まれってすごいぞ…そのとき初めてそう思ったんだ

続きを読む

編集
1: ◆pwdE.DQjP. 2016/02/20(土) 22:37:24.65 ID:1AbcxC0L0
律子「どうせろくなもんじゃないんですよね?」

P「何をおっしゃるうさぎさん」

律子「うさぎ?」

P「……これがジェネレーションギャップか」

律子「それよりどんなレッスン内容なんですか? コストは? 計画書は?」

P「……プレゼンをしよう」

律子「考えてないんですね」

P「いや! 内容は考えてる! コストとかはこのレッスン内容が気に入ってからで……ね?」

律子「……分かりました。 ではどうぞ」
続きを読む

編集
1: ◆1qWFc3G9Mc 2015/11/27(金) 21:52:46.31 ID:5mu+GPp7o
P「いったい誰の仕業だ?」

真美「亜美だよ……」

P「また亜美がおかしくなってしまったのか……」

真美「おかげで昨日双海家も臭かったんだよ!なんとかしてよ!」

P「なんとかって言われても……」

真美「な、なんとかしてくれたら……ま、真美の胸、触ってもいいから……」

P「全力で消臭しようじゃないか」
続きを読む
アクセスランキング