あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 765プロ

編集
1:以下、新鯖からお送りいたします:2013/09/02(月) 20:30:44.37 ID:SIGDeCkN0

美希「わぁ~綺麗なお家だね~デコちゃん!」

伊織「デコちゃん言わないの。バンガローよ。ウチの管理物件で、今は誰も使ってないから、一泊だけ貸してもらえることになったの」

P「すまない、伊織。助かったよ」

伊織「いいのよ、皆で来れて、しかも周囲の目も気にならない場所なんてそうそう無いんだから」

律子「でも、よくみんなのスケジュールを調整できましたね、プロデューサー」

P「あはは、大分社長に無茶を頼んだけれど」




高木「音無くーん、君も行ってしまうとは…いやはや」

Prrrrr

高木「おお、電話だ…はい、765プロでございます……ああ、どうも、いつもお世話になって――――」
続きを読む

編集

P「765プロ性教育を始めます!」

小鳥「ピューピューパフパフ!!」

真美「待ってました!」

亜美「亜美昨日から体がウズウズして眠れなかったよ~」

やよい「え、え~とせいきょういく?ってよくわかんないけどがんばりまーす」

伊織「ねぇ、ひとつ質問してもいいかしら?」
続きを読む

編集

--------------------------------------------------


事務所に居るときの兄ちゃんは、いつも、決まった時間にコーヒーを飲む。

朝事務所に来た時と、お昼を食べた後。

私は兄ちゃんがコーヒーを飲む姿が好きだ。


--------------------------------------------------

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/17(土) 23:18:31.39 ID:INbFfTfT0

あずさ「何だかロマンチックじゃないですか~」

P「そうですね、でも花言葉ねぇ、どんなのがあるんですか?」

あずさ「そうですねぇ、たとえば今の時期なら『ひまわり』とか」

P「ほぉ」

あずさ「ひまわりの花言葉は『あなただけを見つめます』ですね」

P「ひまわりらしいですね。花自体はやよいのイメージなんですけど」

あずさ「うふふっ、やよいちゃんにも、いずれそう言う人が出来ればいいですねぇ」

P「複雑だなぁ、それは」

あずさ「あらあら」

P「やよいのイメージに合う花言葉は…元気」

あずさ「元気いっぱい、という事なら菜の花ですかねぇ~」

P「おお、それだ。色も黄色やオレンジで丁度良い」

あずさ「ではやよいちゃんは菜の花で~」
続きを読む

編集

1 : ◆tQlkWc7J6s :2013/11/02(土) 23:36:57.09 ID:0ijYlNk50

律子「いや、いきなりなんですか…」 

P「正直に言おう……今まで我が765プロは色々なアーティストの曲をカバーしてきた」 
P「そろそろカバーアルバム出してもいいと思うんだ!!」 

小鳥「それは私も常々思っていたんですよ!」グワッ 

律子「ッ!ビックリした…音無さん、急に会話に大声で参加してこないでください」 

P「どうしてうちのアイドルはこれだけ優れていながらカバーアルバムを出していないのか、その疑問を共有してくれている人がこんなにも近くにいるなんて」 

小鳥「就業中隙を見ては脳内で、カバーアルバム出すとしたら誰がどの曲歌ったら良いかなーなんて考えていた甲斐がありましたよ!」 

律子「そんな時間があるなら仕事ちゃっちゃと終わらせとけば定時に帰れると思うんですけど…」 

続きを読む

編集

前作:美希「弱点」


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/27(火) 20:45:14.33 ID:Qn8+777u0

P 「みんなレッスンお疲れ様!午後に仕事のあるものは今の内に昼飯に行っておけよ。」

レッスンが終わって事務所に戻るとプロデューサーが迎えてくれました。
事務所で昼食をする時、私はいつもある場所へ足を運びます。
誰にも気付かれない様事務所の扉を開け外に出て階段を上る。
私が目指す場所、それは。


――――――屋上。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/17(土) 22:40:41.54 ID:eGFiGEYP0

美希「おはようござ…あれ?」

いつもより早く起きたので珍しく早く事務所に来てみると普段ならいるはずの小鳥やプロデューサーの姿が無かった。

美希「コンビニにでも行ってるのかな?まあいいの。」

そもそも早く来たのは事務所で寝るためである。
事務所にいるのなら寝ていても遅刻にはならない。
さっそくいつものソファーに腰を下ろし寝転がる。

美希「今は朝だから朝寝?あ、二度寝かな?」

誰に言うでもなく呟き目をつぶりそのまま眠りに就こうとした時だった。
事務所の奥から話し声が聞こえる。

続きを読む

編集



貴音「美希、響、

   『うるてぃま4 くえすと・おぶ・じ・あばたー』

            なる、古のげえむを知っていますか?」

美希「貴音がなんか変なこと言い出したの……」

響「知らないぞ? ファミコンのゲーム?」

続きを読む
アクセスランキング